選考対策

【転職】最終面接の合格フラグはコレ!失敗した場合の挽回方法も紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
最終面接、合格のフラグが知りたいです!
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
不合格フラグの挽回方法とセットで覚えておくといいよ。

最終面接まで進むと、合格への期待は自然と高まりますよね。

一般的に、最終面接の合格率は50%前後といわれていますが、会社によっては最終面接はほぼ全員合格だったり、2〜3割は落としたりとさまざまです。

しかし、せっかくあと一歩のところまできたのだから、なんとかして合格を勝ち取りたいですよね。

最終面接中に合格のヒントとなるのが、面接官の言動から感じられる合格フラグです。

合格フラグは絶対ではありませんが、目安として理解しておけば、面接中でも落ち着いて対処することができます。

そこで本記事では、合格フラグ不合格フラグの紹介にくわえ、不合格フラグを万が一見つけてしまった場合の挽回方法についても紹介します。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

転職の最終面接における合格フラグ

最終面接は基本的に、社長や役員など上層部が面接官となります。

トップとの面接と聞くと、緊張してしまう人もいるかもしれませんが、あくまで今までと同じように、自分の意見をしっかり伝えるようにしましょう。

ここでは、最終面接で目安となる合格フラグを6つ紹介します。

その場で内定と言われる

頻度は低いですが、最終面接中に直接採用を言い渡されることがあります。

その意図としては、以下の理由があげられます。

  • これまでの選考でほぼ採用が決定しており、最終面接の面接官も採用したいと判断した
  • 優秀な人材と判断されており、他社にとられないための囲い込みをしたい
  • 社長あるいは役員が、非常に気に入ったためぜひ入社してほしいと考えている

面接中に内定をもらった場合、まずは感謝の気持ちを伝えることが大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
そのうえで、内定承諾の場合は入社後の仕事への前向きな気持ちの表明、内定を保留したい場合は、その理由をきちんと伝えよう。

面接時間が長い

面接時間が予定の時間より長い場合、合格が期待できるといえます。

面接官からの質問が多い、また、あなたの話をじっくりと聞いてくれていることは、あなたに興味を持ってくれている証拠だからです。

面接時間が長引くということは、忙しい社長や重役クラスの人が、他の仕事よりもあなたとの面接を優先してくれているということになります。

したがって、かなり確度の高い合格フラグと考えていいでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
また、志望動機や入社後のビジョンなどの定型質問以外の話題は、結果的に面接時間が長くなるのでプラスの傾向と考えられますね。

話す内容に強く共感してくれる

最終面接では、職務レベルの話ではなく、あなたの考え方や姿勢が会社のビジョンや方針にマッチしているかが見られています。

あなたの発言に対して会社の方針が合っていると判断されれば、結果的に面接官はあなたの発言を肯定的に聞いてくれるはずです。

面接官から「うちに合っている」という発言があれば、かなり採用に前向きと考えられます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
最終面接前には会社の経営方針や企業理念を再確認し、自分の考えと関連づけて発言できるようにしっかり準備しておこう。

入社後の具体的な話をされる

「君には○○課で活躍してもらいたい」「××部で前職の経験が活かせると思うよ」など、入社後の具体的な配属先の名前が出る場合、かなり高い合格フラグだといえます。

また、面接中に社員を紹介される場合があります。

これは、入社後の配属先の上司である場合が多く、顔合わせの意味合いもあると考えられます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
不合格にしようと考えている人材に対して、これらの対応をするとは考えにくいですし、この場合は合格を期待していいフラグですね。

入社することのメリットを伝えられる

「福利厚生が整っていて、働きやすい職場だよ」「うちの会社ならその夢を実現できるよ」など、入社することはあなたにとってメリットがあるという趣旨の発言がある場合も、合格フラグの一つです。

面接は、会社があなたを選ぶ場であるのと同時に、あなたが会社を選ぶ場でもあるのです。

魅力的な人材であれば、面接官はあなたが他社からも声がかかっている可能性を考えます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
面接官は自社の魅力を伝えることで、入社意思を高めようとしているんだ。

他社の選考状況を聞かれる

最終面接で「弊社以外に選考が進んでいる会社がありますか」と聞かれる場合、この質問は合格フラグといえます。

最終面接で他社の選考状況を聞かれた場合、会社はあなたを逃したくない人と考えており、他社よりも先に内定の通知を出そうと考えていると判断できるのです。

しかし、1次や2次でのこの質問は、必ずしも合格フラグとはいえません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
他社の選考状況は、合否に関係なく全員に聞く方針の会社もあるんですね。最終面接以外でのこの質問に対しては、ぬか喜びしないように注意します。

もしかしたら不合格? 最終面接でのお祈りフラグ

最終面接中に見つけたら危険信号ともいえる不合格フラグを4つ紹介します。

面接官が塩対応

最終面接では、あなたが一緒に会社を運営していきたい人材かを見られています。

あなたが熱心に志望動機や入社後のビジョンについて語っても、「面接官の態度がそっけない、冷たい」と感じられる場合は、残念ながら、面接官が自社には合わないと判断したのかもしれません。

しかし、面接官がもともと感情が表に出にくいタイプである場合もあるため、諦めずに対応しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
わざと厳しい態度をとる圧迫面接の場合もあるため、気落ちせずに面接を続けることが大切だ。

定番の質問のみ

志望動機・前職での経験・入社後の抱負など、いわゆる鉄板の質問しかされず面接が終了する場合です。

質問内容はある程度定番のものがあるので、それしか聞かれなくても即不合格フラグというわけではありません。

しかし、これらの定番の質問は、当然今までの選考ですでに話しているはずです。

最終面接では、そこからさらに深掘りした内容や、今まで聞いていないような新しい情報から、あなたが自社に合う人材か、判断する場合が多いです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
深堀りもされず、質問の広がりもないというのは、興味がないサインかもしれません。

面接時間が短い

面接時間が予定されていた時間より極端に短い場合は、合格の可能性は低いと考えたほうがよいでしょう。

忙しい中、面接官はあなたに聞きたいことがあるから面接をしているはずです。

それなのに面接が早く終わるということは、最終面接中にあなたがマイナスの言動をし、その時点ですでに不合格と判断されていると考えられます。

面接開始時と終了時で面接官の態度が違う

最初は和やかなムードだったのに、面接が終了するころには不機嫌そうだったり、冷たい態度を取られる場合は、かなり明確な不合格フラグとなります。

このフラグがたった場合、合格の可能性はほぼないと考えたほうがよいでしょう。

仮にも最終面接まで残ったのですから、基本的にはあなたは自社にとって有益な人材と判断されていたはずです。

それにもかかわらず、あからさまに面接官の態度が異なる場合、早々に不採用という判断を下されたか、もしかしたらあなたが失礼な言動をしたのかもしれません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
合格ムードただよう面接だったとしても、選考中ということを忘れず、ビジネスマナーなど、基本の徹底はきちんとしよう。

最終面接中に不合格フラグがたった場合の対処法

万が一、最終面接中に面接官がそっけない対応をとっていたり、あなたの話をつまらなさそうに聞いていると、不安になってつい焦ってしまいますよね。

しかし、不合格かもしれない言動があっても、それが絶対というわけではありませんし、必ずしもその時点で不合格が確定したわけではありません

面接は、途中で気を抜いてしまってもだめなのと同じで、最後まで諦めず取り組むことが大切です。

ここでは、不合格フラグがたった場合の挽回方法を紹介します。

気にしすぎない

面接中に、合格フラグや不合格フラグを見つけることに必死になってしまっては元も子もありません。

適度に気をつけて、合格の可能性を探ることはよいですが、フラグに一喜一憂せず、目の前の面接官ときちんと向き合うことが肝心です

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
不合格フラグだと思っても、面接官はそんなつもりがないこともあるから、気にせず最後まで面接に取り組もう。

逆質問で熱意を伝える

面接中に不合格フラグを見つけた場合、大きなチャンスとなるのが逆質問です。

自由度の高い逆質問では、応募者の個性や考えによって内容がまったく異なるため、面接官の印象を大きく左右することができます。

面接の最後に「なにか質問はありますか?」と聞かれたときに慌てないように、逆質問の内容は複数個用意しておくことが必要です。

最終面接は、社長や役員など、トップクラスの人が担当する場合が多いので、今までの面接で行ったような実務レベルの質問内容ではないものを用意しておきます。

具体的には、会社のビジョンや今後参加したいプロジェクトについてなど、社長や重役でなければ答えられない質問を考えておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
質問の前に「さしつかえない範囲で教えていただきたいのですが」と一言添えると、気遣いのできる人という印象を与えられるよ。

面接対策なら、転職エージェントを活用して

1次面接や2次面接では、実務経験やスキルが重視されるのに対し、最終面接では入社への意欲や将来のビジョン自社に合う人材であるかをチェックされます。

また、多くの場合、上層部が面接官となるのも特徴です。同じ面接といえど、チェックポイントと相手が変わると、必然的に準備の仕方や気をつけるポイントも変わってきます。

自分1人で準備するとどうしても視野が狭くなりがちなので、客観的な意見をもらうことが重要です。

しかし、身近に協力者がいない、職場に転職活動を知られたくないという場合は、転職エージェントを活用することをお勧めします。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントでは、選考の度合に合わせた面接対策も行ってくれるよ。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職面接のノウハウをしっかりと持った転職エージェントを活用して、希望の会社への内定を勝ち取りましょう!

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。