転職コラム

【大手メーカー営業転職】食品原料メーカーの転職事情や日系と外資の違い、20代での転職活動についてインタビュー

「20代での転職にためらう」「食品業界や営業職などが気になる」「日系か外資か転職先に迷っている」という方の参考になる内容を中心にインタビューしました。

今回は食品添加物商社や民間の信用調査会社、外資系食品原料メーカーと複数の会社を経験した方へインタビューです。食品業界や営業職、外資系への転職を考えている方は参考にしてください。

20代で外資系食品原料メーカーの営業職へ転職された山田さんへのインタビュー

山田さん インタビュー 写真

山田さんは、食品業界2社と民間の信用調査会社で働いた経験があります。外資系と日系の働き方の違いにも詳しく、社風から転職のコツまでインタビューさせていただきました。

山田さんのプロフィール
名前 山田さん
年代 20代
今までのキャリア 日系の食品添加物商社(X社)

民間の日系信用調査会社(Y社)

大手の外資系食品原料メーカー(Z社)
インタビュー目次

「30代で下っ端!」外資系食品メーカーの営業職として働く山田さんの現状

久保:山田さん、はじめまして。本日はよろしくお願いします!

山田さん
山田さん
はじめまして!こちらこそよろしくお願いします!

久保:では、早速インタビューいたします。現在は関東圏にお住まいとのことですが、仕事の関係上で決められたのですか?

山田さん
山田さん
妻の勤め先の近くなので、今の地域に住んでいます。また、自宅から現職(Z社)の勤め先まで1時間位で通勤できる、という理由もあります。 

久保:通勤距離は重要ですよね!現職(Z社)ではどんな業務をされていますか?

山田さん
山田さん
外資系食品原料メーカーのZ社で、食品添加物の食品香料をお客様に販売する営業まわりをしています。普段接するのは食品メーカーの開発職の方です。 

久保:営業をされているんですね。現職(Z社)にはいつ転職されましたか?

山田さん
山田さん
2022年の2月に現職に転職しました。まだ転職してから1年たってないくらいですね。

久保:入社して1年未満ですと、山田さんは社内でどういった立場になりますか?

山田さん
山田さん
営業の中では一番下っ端の年下です。

久保年下なんですね!現職(Z社)の会社全体の平均年齢はどんな感じですか?

山田さん
山田さん
若い方だと30代前半の方が普通で、あとは50代、60代の方が多いイメージです。平均では40代となりますね。

「人たらしで自由な人が多い!?」外資系食品メーカーの社風・雰囲気

久保:現職(Z社)の社風はどんな感じですか?

山田さん
山田さん
外資なので比較的自由な社風です!社員数が少ないので社員同士の仲が良く、バランスの良い会社かなと思います。

久保:素敵ですね。食品原料メーカーの営業にはどんな方が多いですか?

山田さん
山田さん
人たらしというか、接しやすい方が多い印象はありますね。

久保:さすが営業職です!現職(Z社)に転職して1年未満ですが、関係の作りやすさはありますか?

山田さん
山田さん
気楽に話しかけてもらえますし、関係は作りやすいと思います。リモートもそれなりにありますが、結構気にかけてもらっているなと感じます。

久保:働きやすそうな環境ですね。日系企業(X社・Y社)から外資系企業(Z社)へ転職されて変化したと感じる点は何ですか?

山田さん
山田さん
現職(Z社)では公用語が英語になっているので、そこは大きく違うかなと思います。日本支社には日本人しかいないので、日本語ばかりですけど(笑)

久保:使用言語の変化は大きそうですね!他にも変化はありますか?

山田さん
山田さん
今まで日系のオーナー企業(X社・Y社)に勤めていたので、良くも悪くも社長の力が強かったです。

現職(Z社)はアメリカで上場している会社なので、勝手な経営はできないというか(笑)。日本の意向が反映されないこともありませんが、アメリカからの意見が反映される会社だと感じます。

久保:外資ならではですね。転職で給料はどう変化しましたか?

山田さん
山田さん
固定給はそんなに変わらないのですが、ボーナスは減りました。

久保:1社目(X社)から2社目(Y社)の転職では給料に変化がありましたか?

山田さん
山田さん
転職後は給料が一度がつんと下がって、2社目(Y社)の給料が1社目(X社)を超えたくらいでまた転職しました。

「出社義務はあってないようなもの!」外資系食品メーカーに転職後の働き方の変化

久保:転職後、働き方に変化はありましたか?

山田さん
山田さん
前職(Y社)ではリモートワークが月1、2回程度でしたが、現職(Z社)では週1、2でリモートワークなのでプライベートの時間が計算しやすくなりました。昼休みがゆっくりとれるようになったので、お昼ごはんを食べれます。

ただし、現職(Z社)はアメリカ時間に合わせた会議に出席しなければなりません(笑)

久保:外資ならではの生活スタイルの変化ですね。現職(Z社)ではリモートワークが進んでいるんですか?

山田さん
山田さん
出社しない人は、本当に出社しないです。私は週1、2くらいリモートワークしています。

久保:出社に関して厳しい取り決めがないんですね!

山田さん
山田さん
一応、週2で出社という決まりはあるのですが、開発部隊が別にあったり、リモートオフィスが別にあったりとか…。週2で出社という決まりはあってないようなものですね(笑)

久保:すごいですね!

山田さん
山田さん
理想の働き方に近づけて良かったです!前職(Y社)は昼休みがなくて、ランチを食べる暇がなかったです。そのストレスで5キロ増えちゃいました(笑)

久保理想の働き方というと、これからどんなキャリアを考えていますか?

山田さん
山田さん
ざっくりいうと、食品業界に携わっていたいなと考えています。あとは中小企業診断士の資格を取ったので、それも少し活かせればいいかな。

久保中小企業診断士の資格は現職(Z社)とシナジーが効くのですか?

山田さん
山田さん
現職(Z社)ではシナジーがきかなくて(笑)2社目(Y社)でシナジーを生み出すために中小企業診断士の資格を取りました。

中小企業診断士の資格は副業で活かしてもいいのかなと思っています。

久保:きっと活かせますよ!他に現職(Z社)にはどんなキャリアを目指して入って来る人が多いですか?

山田さん
山田さん
日系の食品添加物系出身の方が多く、スキルアップのため現職(Z社)に入社したという方が多いです。食品会社から食品会社に転職している方々なので、今後も食品に携わるのかなという印象があります。

「給料は良いけど日本支社ならではの悩みも…」外資系食品メーカーの魅力と苦労

久保:現職(Z社)の魅力は何ですか?

山田さん
山田さん
ニューヨーク市場に上場している世界トップクラスの会社なので、人材や予算といったリソースが入りやすいので大規模な仕事を裁量持ってできることは現職(Z社)の魅力だと思います。

日本の同業他社と比較すると給料面が良い、中小企業のように働き方の自由度が高いなどのメリットもあります。

久保:給料面が良いのは嬉しいですね!逆に現職(Z社)に転職して、苦労はありましたか?

山田さん
山田さん
人の入れ替わりが激しい会社なので、指導係の年齢の方が辞めてしまわれていました。やるべき仕事がよく分からないままアサインされてしまって、入社早々に引き継ぐことになったため大変でした。

世界情勢的に日本の立場は強くないので、入社して早々に値上げに付随する騒動(値上げで営業する商品の価格が高騰して売れにくくなったこと)に巻き込まれたなという感じもあります。

久保:世界情勢が市場に影響するんですね。

山田さん
山田さん
そうですね!日本市場よりも早く、ダイレクトに影響します。

「外資系なら英語力は欲しかった…」外資系食品メーカーへの転職に必要なスキル・資格

久保:そもそも営業は未経験でしたか?

山田さん
山田さん
いいえ、1社目(X社)からずっと営業職です。

久保:同じ営業職であっても、前職(X・Y社)との違いを感じますか?

山田さん
山田さん
1社目(X社)と2社目(Y社)は売るものこそ違えど、「とりあえず売れるもの売ってこい、ねじ込め」という、どぶ板営業でした。新規顧客獲得に関して、評価されていました。

久保:ハードな営業スタイルですね。

山田さん
山田さん
逆に今は「新規顧客はいらない」と言われています。私は今3社しか顧客を抱えていないのですが、3社に対して「いかに深くコミュニケーションをとるか」「いかに関係を広げていけるか」を重視しなさいと指導されています。

現職(Z社)では、企画力というか、0から提案する力を求められているなと思います。

久保:同じ営業でも性質が全く違いますね!現職(Z社)への転職時に何か特定の経験・スキル・資格は必要でしたか?

山田さん
山田さん
選考では必要ありませんでしたが、英語力はあった方がよかったなと思います。

久保:外資だと語学は重要ですよね。他にこれが役に立ったという経験・スキル・資格はありますか?

山田さん
山田さん
中小企業診断士の資格はかなり評価してもらえました。

また、1社目(X社)と3社目(Z社)が内容的に近いので、1社目(X社)の経験が重視されたと思います!

「前職の商材を売るのがしんどくて…」信用調査会社の営業から現職へ転職した理由

久保:前職の信用調査会社(Y社)から食品原料メーカー(Z社)の営業へ転職しようと思ったきっかけは何ですか?

山田さん
山田さん
信用調査会社(Y社)が思ったよりもしんどかったというのもあるんですが、信用調査会社(Y社)では自分の強みや得意な部分が活かせないと入社直後から感じていて…。

営業職自体は良かったんですけど、売るものへの納得感がなかったという背景があります。

久保:肌に合う合わないはありますよね。前職(Y社)ではどういった商品を売られていましたか?

山田さん
山田さん
前職(Y社)では中小企業の信用調査を行い、他社にその内容を販売していました。いわゆるデータの販売です。無形商材を売る営業でしたので、自分で調査をしつつ、営業をかけていました。

BtoBで信用調査は一般的ですが、その他の業種ではなかなかきかない言葉ですよね(笑)

久保勉強になります!2社目(Y社)の信用調査してデータを売る業務は、どうでしたか?

山田さん
山田さん
だまして売るようなことが普通にありましたし、心が痛みましたね。

「いらない」と言われているのに土下座して頼み込む同僚もいました。私は土下座はしませんでしたが、そういう勢いで営業をしていました。営業契約がとれないと、社に帰ってからめちゃくちゃ怒られるという(笑)

久保ハードですね。現職(Z社)での業務はどうですか?

山田さん
山田さん
現職(Z社)ではやりたいことができています!

久保:安心しました!これまでの経歴をみると1、2、3社(X・Y・Z社)とも全部系統が違うなという印象ですが、そうなった理由はありますか?

山田さん
山田さん
1社目(X社)から2社目(Y社)の転職では、X社に居続けることの将来がなんとなくみえてきてしまいました。また、X社が食品だったので、食品以外の業界について知りたくなりました。

ただ、現職(Z社)の食品業界に戻る時、「自分にはやっぱり食品業界がよい」という想いがありました。言い方を変えれば2社目(Y社)で痛い目をみたとも言えますが(笑)

「株式会社コアで希望に合った求人に出会えた」現職への転職で利用したエージェント

久保:コロナ禍の転職活動でしたが、何かハードルになった点はありますか?

山田さん
山田さん
1次面接がなかなか通らなくて…。対面でないと伝わりづらい部分があると思いました。

久保:オンラインだと印象や魅力が伝えづらいですよね。逆に有利になった点はありますか?

山田さん
山田さん
よくないことなんですけど、仕事中に面接を受けられたのは有利でした!

久保:コロナ禍の転職は一長一短ですね!転職エージェントは何社利用しましたか?

山田さん
山田さん
3社利用しました。ビズリーチ・株式会社コア・リクルートエージェントを利用しました。ビズリーチは無料プランの利用です。

久保:どうやって株式会社コアのことを知りましたか?

山田さん
山田さん
ビズリーチから株式会社コアを紹介されました。株式会社コアから現職(Z社)を紹介されたので、直接的にお世話になったのは株式会社コアです。

久保:株式会社コアの特徴や強みは何ですか?

山田さん
山田さん
食品添加物のトップ企業を紹介していただいたので、理系の専門的な転職に強い会社なんだろうなと思います。

久保:株式会社コアの求人数はどうでしたか?

山田さん
山田さん
紹介される企業は2社のみで、厳選されているなと思いました。もう1社の選考はあまり良い噂をきかなかったので、辞退しました(笑)

久保:株式会社コアでは企業紹介以外にどんなサービスを受けましたか?

山田さん
山田さん
選考の対策、年収交渉などのサービスを受けました。職務経歴書の中身をしっかりみてもらえ、丁寧なアドバイスをいただけました。

久保:ビズリーチやリクルートエージェントの利用はいかがでしたか?

山田さん
山田さん
ビズリーチからスカウトは何社かありましたが、あまり利用できていませんでした。

リクルートエージェントから数社応募し、面接には進みました。実際に応募して、内定したのは株式会社コアで紹介された現職(Z社)1社のみです。

久保:なるほど!現職(Z社)に対して選考前後、入社前後でギャップはありましたか?

山田さん
山田さん
そこまで大きなギャップはありませんでした。

久保:転職をする際に意識されていたこと、重視していた点は何ですか?

山田さん
山田さん
食品添加物、食品業界は意識していました。あとは給料も重視していました。

「高い専門性と深い知識が大切」メーカー・製造業への転職を目指す人へのメッセージ

久保:メーカー・製造業への転職を目指すにあたって今からできることは何ですか?

山田さん
山田さん
専門性を高めることが大事だと思います。自分の扱う商材に対する知識の広さではなく、深さが大事だと思います。

久保:自身の転職活動が成功した要因は何だと思いますか?

山田さん
山田さん
1社目(X社)で得た強み、2社目(Y社)で得た強みをそれぞれ活かせたのかなと思います。面接官であった今の上司には、それぞれで得た強みを評価されました。

久保:転職時の面接官が今の上司なんですか?

山田さん
山田さん
そうですね!転職時の面接官が今の上司というのは、外資あるあるです(笑)

久保:それは働きやすそうですね!最後の質問になりますが、正直転職して良かったですか?

山田さん
山田さん
そうですね!今の段階では良かったと思います!
キャリアクラス転職インタビュー記事一覧
【比較】営業転職でおすすめの転職エージェント9選|営業に強い総合型と特化型のエージェントをそれぞれ紹介 営業職はニーズが多く、転職先を見つけやすいのが特徴です。国内の労働者数のうち、約10%が営業職として働いています。 ...
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されていま...
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...
外資系転職でおすすめの転職エージェント一覧を公開|20代・30代・40代と年代別にも解説 { "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", "...
20代におすすめの転職エージェント・サイト22選|未経験業界〜20代後半までおすすめのエージェントを紹介 転職エージェントを利用すれば、求人紹介・書類添削・面接対策などのさまざまなサポートが無料で受けられます。企業との面接スケ...
ABOUT ME
久保真樹
ウェブココル株式会社の久保真樹(くぼまさき)です。キャリアクラス転職のディレクターを務めています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。