転職コラム

外資系企業はしんどい・きついって本当?しんどいプレッシャーを覚悟できていない人はやめとけ

外資系企業には、しんどい・きついというイメージがあるので、転職をためらっているという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、外資系企業がしんどいと言われる理由や後悔してしまうパターンを解説します。

また、外資系企業で働くメリットも紹介するので、外資系企業への転職が自分に向いているのか具体的にイメージしてみてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
外資系企業で働くイメージをつかんで、一歩踏み出してみよう!

\年収800万以上の求人多数あり!
3分で登録!
無料登録する

外資系企業がしんどい・きついと言われる理由

外資系企業がしんどい・きついと言われる理由

外資系企業で働くのがしんどいと言われている理由はなんでしょうか。以下、4つの理由を紹介します。

  • 成果に対するプレッシャーがしんどすぎる
  • 周りが優秀すぎてついていけない
  • いつクビになるか分からない
  • 仕事の規模が大きいので失敗が許されない

成果に対するプレッシャーがしんどすぎる

外資系企業では、常にプレッシャーと戦いながら仕事をしなければなりません。なぜなら、外資系企業の人事評価は、結果のみで判断される完全成果主義だからです。

成果を挙げれば挙げるほど、会社から評価されて給料は上がります。また、昇進なども期待できるでしょう。

しかし、成果を出せないと給料は低いまま、もしくは下がっていってしまいます。さらに、降格や別の部署への異動などを命じられるかもしれません。

そのため、成果を出さなければいけないという多大なプレッシャーを感じながら、働くことになります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
外資系企業は高収入というイメージだけど、高い収入を得られるのは結果を出す人だけだよ。

周りが優秀すぎてついていけない

外資系企業に入社したものの、「周りがあまりにも優秀なので自信を失くしてしまった」という方も少なくありません。

また、外資系企業では会社としての意思決定や業務進行のスピードが早いといわれています。

そのため、業務の進むスピードについていけず、取り残されてしまったように感じる可能性もあります。

優秀な同僚の存在がよい刺激になる場合もありますが、過度なプレッシャーは心身ともに負担になるでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
周りが優秀すぎると自分の実力不足を痛感して、つらくなってしまいますね。

いつクビになるか分からない

外資系企業では、海外の本社の決定により、突然人員が削減されることがあります。事業の不振や日本からの撤退を理由に数十人単位で解雇するということも珍しくありません。

また、成果を評価基準とする外資系企業では、結果を出せない人は最終的にクビになってしまいます。

なぜなら、成果主義の外資系企業では、仕事の過程は評価してもらえないからです。

真面目に働いていたとしても、結果を伴っていない状態が続けば、退職を勧告される可能性があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
安定した環境で働きたいという方にとっては、不安を感じる環境だといえるね。 

仕事の規模が大きいので失敗が許されない

失敗が許されない環境で働くのはしんどいと感じる人も多くいます。

海外に本社があるグローバル規模の企業では、自分が携わる業務やプロジェクトの規模も大きいです。しかし大きなプロジェクトで失敗してしまえば、多大な損失をこうむります。

また、個人主義の外資系企業では、個人の役割が明確で与えられる裁量も大きいです。裁量が大きいということは、その分責任が大きいことを意味します。

そのため、万が一失敗した場合は、かなり精神的にきついでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
個人の役割が明確だと、ミスがあった場合の責任の所在も明確になってしまいますね… 
外資系企業に向いている人・向いていない人を診断!向いている人の特徴を7つ紹介 外資系企業で働くことを希望していても、正直やっていけるか心配という声をよく聞きます。 日系企業と異なり、成果主義や...

外資系企業へ転職して後悔するよくあるパターン

外資系企業へ転職して後悔するよくあるパターン

外資系企業に転職したけど後悔している、という方は非常に多いです。ここでは、外資系企業へ転職して後悔するパターンを3つ紹介します。

  • 予想以上に英語を使う
  • 大変だと分かっていたが思ってたが予想以上にハードだった
  • 予想以上に成果のみで評価される

予想以上に英語を使う

外資系企業では、海外の本社・支社との会議や、メールでのやりとりは英語で行われる場合も多いです。また、同僚や直属の上司が外国人という場合もあります。

職種や部署によっては、毎日英語を使うこともあるかもしれません。さらに、社内公用語を英語に指定している外資系企業もあります。

そのため、どの程度の英語力が必要なのかを正確に理解しておかないと、入社後に後悔することになるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
英語でコミュニケ―ションがとれないと、認識のズレが生じたり、自分の言いたいことが伝えられなかったりして、仕事のミスにつながることもあるよね。

大変だと分かっていたが思ってたが予想以上にハードだった

外資系企業の仕事はハードだと聞いていたけれど、予想以上にきついと感じる方も多いです。

そもそも外資系企業がハードだと言われる理由は以下のような点にあります。

  • 成果を出すためにハードに取り組む
  • 個人の業務量が多い
  • 海外拠点の都合に合わせる必要がある

外資系企業では、能力の高い最低限の人員で業務を回すため、個人の業務量が多いです。

また、業務の都合上、海外の拠点とのオンライン会議などが発生することもあります。時差のある地域との会議では、夜中に対応する必要も出てくるでしょう。

そのため、「ここまでハードだとは入社前には想像もしていなかった」という方もいます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ハードだと言われる理由を理解しておかないと、入社してからつらい思いをすることになりますよ。

予想以上に成果のみで評価される

外資系企業では、数字などの目標を達成したかどうかで評価が決まります。また、評価基準は厳しく、目標達成までの期間も短いです。

さらに、成果を出せない期間が数か月続くと、上司から業務改善プログラムの実施を言い渡されるでしょう。

2週間〜1か月程度の期間を設けて課題が出され、達成できない場合は減給・降格・異動などの処分を受ける企業もあるようです。

外資系企業では短期間で成果を出す必要があるため、想定よりもシビアな環境に戸惑うかもしれません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
シビアに評価されるからこそ、自分から成果をアピールしていくことも必要だよ。 
外資系企業への転職はやめとけと言われる理由5選|外資系企業では当たり前のあるあるとは? この記事では、外資系企業への転職をやめとけと言われる理由から、外資系企業ならではの魅力、外資系企業に向いている人・向いて...

外資系企業はしんどいがメリットもたくさんある!

外資系企業はしんどいがメリットもたくさんある!

外資系企業に勤めるのはハードな面もありますが、メリットも多いです。ここでは、外資系企業で働くメリットを3つ紹介します。

  • 平均給料が日系企業よりも高い
  • 年功序列の文化がないので若くから出世できるチャンスがある
  • 規模の大きい仕事を任せてもらえる

平均給料が日系企業よりも高い

外資系企業に勤める方の平均年収は800万円です。日本の平均年収が400万円前後なので、外資系企業は日本企業の2倍ほどの平均年収があります。

参考:RGF「外資系企業の年収(給料)は本当に高い?

日本の企業よりも外資系企業の方が年収が高いのは、以下のような違いがあるからです。

  • 企業の規模が大きい
  • 退職金制度がない
  • 給与体系が違う

外資系企業は企業の規模が大きく、海外でも収益を上げています。そのため、社員の給料も高いです。

また、終身雇用を前提としていないので、退職金制度がありません。そして退職金がない分、給料を高く設定しています。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
余剰人員を置かず、成果主義で給与が決まるため、人件費が抑えられます。
その分を個人の給料に反映しているんですね。

年功序列の文化がないので若くから出世できるチャンスがある

外資系企業は、実力さえあれば、若くても出世できるチャンスがあります。

日本の企業は、年齢・入社年数を重視する年功序列制です。入社してすぐの社員が重要な業務を任されたり、先輩より先に出世することはほとんどありません。

しかし、外資系企業は能力・成果で評価します。そのため、成果を挙げれば年齢や社歴に関係なく昇進のチャンスがあります。

転職してきた人がいきなり役職に就く・年上の部下がいるといった状況も珍しくありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
外資系企業の成果主義・実力主義は、バリバリ働いて出世したい方には向いているシステムですね。
出世できないとわかったら取るべき行動を紹介|出世できない主な原因についても解説 「成果を出しても出世できない」とわかっている方は多いのではないでしょうか。年功序列で出世できなかったり、上司の好き嫌いで...

規模の大きい仕事を任せてもらえる

外資系企業はグローバルに運営しているので、仕事の規模が大きいです。外資系企業ならではの強いブランド力を生かした、大規模なプロジェクトを任されることもあるでしょう。

日本全国や海外などの広い範囲を股にかけて仕事ができる可能性もあります。

また、事務系の職種でも任される範囲は大きいです。例えば、バックヤード業務では、日本の企業のように総合職・一般職の区別はしません。

会計・総務などの会社運営にかかわる業務の全般を担うので、幅広い業務に携われます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
大規模な仕事や幅広い業務ができるのも大きなメリットですね。

外資系企業へ転職してしんどい思いをしないためには?

外資系企業へ転職してしんどい思いをしないためには?

外資系企業に転職してからしんどい思いをしたり、後悔したりしないためには、以下の2つのポイントをクリアできるかよく考えておきましょう。

  • 想像以上にしんどい・きついと覚悟を持っておく
  • 入社してからも常に勉強し続ける

想像以上にしんどい・きついと覚悟を持っておく

外資系企業に転職する前に、日本の企業と違う点をしっかりと理解し、覚悟を決めましょう。外資系企業では、高い能力と結果を求められます。

また、仕事に対する取り組み方や文化の違いなども理解しなければなりません。例えば、会議一つとっても、日本の企業とは異なります。

黙って聞いているのではなく積極的に議論に参加する姿勢が大切です。ほかにも、残業を多くしている場合には、時間内に業務をこなす能力がないとみなされてしまいます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
働き始めてからのギャップをなくすためにも、転職先の企業については事前にしっかりと情報収集しましょう。

入社してからも常に勉強し続ける

外資系企業に転職できたからといって油断しないようにしましょう。スピーディーに結果を出し、継続して成果を挙げるためにも勉強を続けてください。

外資系企業では、専門性の高さが評価される傾向にあります。そのため、業務に関する知識をブラッシュアップしてスペシャリストを目指しましょう。

また、英語力を磨くことも大切です。英会話力を伸ばせば、社内でのコミュニケーションも円滑になります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
英語で会話する場面に遭遇した際にスッと英語で返せれば、お互いストレスなくコミュニケーションが取れます。 
外資系企業へ転職して後悔する主な理由とは?失敗・後悔しないためにすべきことを紹介 外資系企業には「成果主義で上を目指せる」「プライベートを重視できる」などのイメージがあります。日系企業にはない点に魅力を...

外資系企業に転職したら日系企業に戻れない?

外資系企業に転職したら日系企業に戻れない?

外資系企業に転職したあとに、再び日本の企業に戻ることは可能です。高い能力を持つ外資系企業の出身者にとって、日本の企業への転職は難しくないでしょう。

しかし、外資系企業で働いていたままの感覚で日本の企業へ戻ると、以下のような点に不満を感じる場合があります。

  • 給料が下がる
  • 有給が取りづらい
  • 会社の行事が多い
  • 業務の手順を遵守しなければならない
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ミスマッチにならないようによく検討しよう。

外資系企業へ転職するためにはどうすればよいか?

外資系企業へ転職するためにはどうすればよいか?

外資系企業への転職を目指す方には、主に以下の2つのルートがあります。

  • 外資系向けの転職エージェントを利用する
  • 人に紹介してもらって試験を受ける

それぞれの入社ルートのメリットを紹介します。

外資系向けの転職エージェントを利用する

外資系企業に転職したいなら、外資系企業に強い転職エージェントの利用をおすすめします。

外資系企業への転職を成功させるには、企業の情報収集と外資系企業に合った採用選考の対策が必要です。

外資系企業に強い転職エージェントなら、応募書類の添削や面接対策などもやってくれます。

また、一般に公開されている外資系企業の求人は少なく、競争が激しいです。そのため、突出したスキルのない方にとっては、直接応募して選考を突破するのは難しいでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
外資系企業の求人をたくさん保有している転職エージェントなら、あなたに合った求人を見つけてくれますよ。 

人に紹介してもらって試験を受ける

多くの外資系企業では、リファーラルという制度を設けています。

リファーラルとは、会社が求める条件に当てはまる知り合いを、社員が人事部に紹介する制度です。つまり、現役社員の紹介で採用選考が受けられるわけです。

会社側は採用コストを抑えて、信用できる人材を確保できます。また、候補者側にとっては以下のような点がメリットです。

  • 社員に会社の人間関係や企業風土などを直接聞ける
  • 若干募集要件に満たない部分があっても履歴書を読んでもらえる
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
絶対にこの外資系企業に入りたいという企業がある場合は、知り合いの中に働いている人がいないか探してみよう! 

外資系転職におすすめ転職エージェント

外資系企業への転職を目指す方は、転職エージェントの利用が必須です。ここでは、外資系企業の転職に強い、ハイキャリア転職に特化した転職エージェントを2社紹介します。

  • エンワールド
  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト

エンワールド

エンワールド
エージェント名 エンワールド
求人数 約1,000件以上(2022年9月5日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年齢 20代~40代
対応エリア 全国/海外
オンライン面談
得意分野 ハイクラス/外資系/プロフェッショナル人材
公式HP https://www.enworld.com/

エンワールドは、年収800万円以上のグローバル求人を常時10,000件以上保有している転職エージェントです。日本国内だけでなく海外にも拠点があるため、質の高い外資系求人を抱えています。

しかも、「コンサルタントがグローバル転職ならではの悩みに寄り添ってくれる」と評判が高いです。外資系企業の面接を突破するコツや日本企業との違いなども教えてくれます。

親身なキャリアアドバイスとハイクラス求人を求める方には、エンワールドがおすすめです。豊富な知識を持ったコンサルタントが転職者1人1人に最適な提案をします。

外資系転職を絶対に成功させたいなら、エンワールドに登録しましょう!

\サービス満足度97%/
3分で登録!
無料登録する

エンワールドの評判・口コミを調査|ハイクラス・グローバル転職に強いエージェントの実態とは? エンワールドはハイクラス・グローバル転職を得意とする転職エージェントです。質の高い求人を扱っており、充実したサポートを受...

ビズリーチ

引用:ビズリーチ公式

エージェント名 ビズリーチ
求人数 約75,000件以上(2022年5月29日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年齢 30代~40代がメイン
対応エリア 全国
オンライン面談
得意分野 管理職/役員職/経営企画
公式HP https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、年収600万円以上の方に最も支持されている、国内最大級のハイクラス転職サイトです。

転職したい方と企業・ヘッドハンターが直接やりとりできる場を提供しています。

あなたの情報を見た、外資系企業や日系の大手企業、そして審査を通過した4,900人のヘッドハンターからスカウトが届く仕組みです。

そのため、以下のような方におすすめです。

  • すでに十分な経歴がある方
  • 主体的に効率よく転職活動をしたい方
  • 自分の市場価値を知りたい方
  • 年収アップを目指している方

また、ビズリーチのサービスは、「自分の市場価値が分かってよい」「ヘッドハンターから紹介される求人の質が高い」などと利用者からも好評です。

ハイクラスの外資系企業の案件に強いヘッドハンターも多数いるので、経験を生かして転職したい方は利用してみてください。

\ハイクラス外資系案件多数!/
無料登録をする
(公式サイト)

【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されていま...

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

引用:リクルートダイレクトスカウト公式

エージェント名 リクルートダイレクトスカウト
求人数 約100,000件以上(2022年5月29日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年齢 30代以降におすすめ
対応エリア 全国
オンライン面談
得意分野 コンサルタント/経営企画/管理職/
公式HP https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営するハイクラス向けの会員制スカウトサービスです。

年収800万円〜2,000万円の求人案件が多数あるので、経験を生かして年収アップを目指す方が利用しています。

また、登録後はヘッドハンターや企業からのスカウトを待つだけでよいので、今の仕事が忙しくて転職先を自分で探す時間がないという方にもおすすめです。

3,000人以上のヘッドハンターがいるので、自分では考えていなかったような意外な企業とも出会えるかもしれません。

ヘッドハンターからのスカウトには、好条件の外資系企業の案件がたくさんあるので、利用してみるとよいでしょう。

\登録して待つだけでスカウト/
無料登録をする
(公式サイト)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、ヘッドハンティングを強みとするハイクラス向けの転職エージェントで...
外資系転職でおすすめの転職エージェント一覧を公開|20代・30代・40代と年代別にも解説 { "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", ...

外資系企業はしんどいが魅力の方が大きい!

外資系企業での仕事はたしかにハードです。成果主義や裁量のある環境ではプレッシャーも感じるでしょう。

しかし、自分がより成長できる環境を望む人には、外資系企業が向いています。また、仕事の成果によってのみ評価されるので、若くても高収入・昇進が実現可能です。

ハードな面もありますが、それ以上に魅力の多い外資系企業への転職を検討してみるとよいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
外資系企業への転職を狙う方は、エンワールドに登録して、キャリアアップしましょう! 

\サービス満足度97%/
3分で登録!
無料登録する

▼外資系企業に勤めている方へのインタビュー記事

【外資系転職】外資系企業へ勤めている方にインタビューしてみた!外資系企業の社風や働き方を暴露外資系企業へ転職に憧れている方や外資系転職を目指す人は数多くいます。しかし、実際に外資系企業がどのような働き方でどのようにすれば転職でき...
ハイクラス・外資系向け転職エージェント
外資系転職向けの記事
ハイクラス向けの記事

 

ABOUT ME
かなん
京都府出身のライター・日本語教師。大学卒業後、販促サービス会社の派遣社員として勤務。その後、資格スクール運営会社の総合職に転職。さらに製薬会社営業へのUターン転職も経験しました。それから海外留学などを経て、2021年からフリーランスとして活動中。読む人に寄り添った文章を心がけて執筆しています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。