無職・フリーター

フリーターで後悔した5つの理由。今ならまだ正社員になって人生やり直せる!

あなたは、フリーターで後悔していますか?

私もフリーターをしていたとき、あなたと同じようにとても後悔していました。そんな後悔をバネにして、心が折れてもくじけずに仕事を探し続けた結果、今正社員として働いています。

あなたにも、一度ゆっくりと将来の計画を立ててみることをおすすめします。今すぐに希望の仕事に就くことは難しいかもしれませんが、計画を立て、今置かれている状況を少しづつ改善していくことはできるはずです。

時間もお金もない状況から、とりあえず時間を確保し、その時間を利用して自分の能力を上げ、希望する仕事についてみてはいかがでしょうか?現状維持ではなく、少しづつ変化していくこと。そんなあなたを見て、周りもきっと応援してくれるはずです。

フリーターをしていると若いうちはいいかもしれませんが、年を取ってくるとどんどん周りとの格差が開いていきます。それに色々なものを諦めなくてはいけなくなります。

マイホーム、結婚、自由な老後。周りからの目も冷ややかになりますし、家族からも常に定職につけと言われます。そんな思いをしたくなかったら今すぐにでも就職活動をしましょう。

若いうちなら正社員での採用もしてくれます。年を取るほど難しくなっていくので早いほうがいいです。健康でやる気さえあれば正社員の求人はたくさんあります。

いきなり自分にあった会社や職業は見つからないかもしれません。それでも若い内にたくさん失敗してたくさん学んだ方が自分の財産となります。あなたが今何歳だろうと若ければ若いほど就活は有利だということを忘れないでください。

\フリーターからでも正社員は目指せる!/
無料登録をする
ハタラクティブ

※無理な求人紹介はありません。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
目次
  1. フリーターで後悔した5つの理由とは?
  2. 正社員になれば人生をやり直すことができる
  3. フリーター脱出して人生を立て直した私の体験談
  4. フリーターで後悔している人がするべき7つのこととは?
  5. フリーターの就職活動を成功させるには?

フリーターで後悔した5つの理由とは?

フリーターをしていてどのようなことに後悔を感じるのでしょうか?ここでは、私が実際にフリーターの時に感じた”後悔した理由”を紹介します。

フリーターで後悔した理由1.20代の貴重な時間を捨てたこと

現在、週休二日、有給あり、賞与、昇給ありの正社員として働いていますが、当時は週一日休み、時給800円で働いていました。今考えると、20代という貴重な期間をもう少し有意義に使えたのではないかと、後悔しています。

フリーターをしているときは、生活することに精一杯で気づきませんでしたが、不利な雇用契約によって、将来の可能性を狭められていたのです。

現在30歳ですが、もっと若い頃に本気で就活していればよかったのにと後悔しています。またバイトをするにしてもリーダー職への昇進や正社員登用を狙うなど少しでも先を見据えて行動すべきだったとも思っています。

仕事自体はバイトなので楽だし、残業もないし責任もないので楽でした。しかし、やはり福利厚生の面では正社員に比べると劣ります。

いくら頑張っても昇進などほぼないのに、長くいればいるほど社員並みの業務も与えられる。「貴重な時間を捨ててしまった無駄な時間だったなぁ」と後悔しています。

https://www.career-class.com/freeter-time-wasted/

フリーターで後悔した理由2.収入が少ないから

収入面が一番の後悔です。特にボーナスと退職の瞬間、あと生涯年収を考えた際に、正社員として定年まで働いた場合の圧倒的な年収を考えた時、早めに正社員として定職に付いておけばよかったと後悔しています。

フリーターは、収入が少ないことが問題です。もちろん賞与はなく、いくら仕事の能力が上がっても、昇給はほとんどありません。長期間勤務し、いろいろな仕事を覚え、責任のあるポジションについても、利益は会社に取られ、見返りはほとんどありません。

一生懸命働くことで達成感を得ることはできますが、賞与のある正社員の待遇と比べると確実に損をしています。正社員との年収格差は大きいです。同じように働いていても正社員の半分しかもらえません。

フリーターを5年間続けてきて、同級生との年収の格差に後悔しました。フリーターでは年収200万が限界ですが、正社員として勤務している同級生は同じような職種でも倍の年収をもらっています。フリーターを続けていると漠然と将来の不安に襲われてしまうでしょう。

そして、フリーターとして働くことが馬鹿らしく感じてきます。周りからの冷たい目も気になりますし、家族からは正社員になれと口うるさく言われるでしょう。年を取ってからでは取り返しのつかないことになるので、若いうちに就職活動をすることをおすすめします。

フリーターはボーナスがない。その辛さを元フリーターの私が語る! フリーターにボーナスがないのは辛い! やっぱり6月とか12月とかのボーナスシーズンになると、テレビでも「今年のボーナスは昨...

フリーターで後悔した理由3.フリーターから抜け出しにくいから

給料が少ない状況から抜け出しにくいことを痛感しフリーターであることに後悔を感じるようになりました。アルバイトや非正規雇用であれば、そもそも正規雇用の方々より時給換算での給料が低いの一般的です。

そのうえ、昇給は全くないかあっても時給が10円や20円程度プラスになるだけです。ボーナスなんてもちろんありません。

また、そんな生活から抜け出すために就活しようにも、就活のためにシフトを減らせば元々低い収入がさらに減ることになり、目の前の生活すらままならなくなります。

こうした悪循環が生まれ、常にお金に困っている状況に陥るのです。そこから逃れる難しさに気づいたときに、自分のフリーター生活に後悔することがあります。

フリーターでみじめだった私の体験談。早く抜け出さないと惨めな人生を送ることになる! あなたは、フリーターとして働くことは「惨め(みじめ)」だと思いますか? 私は、フリーターはみじめだと思います。フリーターは...

フリーターで後悔した理由4.生活が乱れたから

シフト制の為、生活が不規則になり、精神的に辛くなることも多かったです。掛け持ちをしていた為、掛け持ちの日は朝9時から夜23時まで働く日も週3~4日ありました。その時は起きて仕事をして寝るだけの生活です。

シフト制の為、連休もなかなか取りづらいのでゆっくり休めず、今思えばもっと早くに決断したら良かったと後悔をしました。フリーターというのは、何も保証もなく親の脛かじっているのと同じです。いつも中途半端で終わってしまう精神力しか身につきません。

実際、私は仕事が嫌になればすぐに辞めてしまいました。フラフラと根無し草のように生きていましたね。好き放題で礼儀知らず、おまけに貯金知らず…今考えたら恥ずかしい限りでした。友達といえば、フラフラ仲間です。フリーターを続けたことに対して、ものすごく後悔しています。

フリーター生活に「うんざり」している人へ。うんざりなら環境を変えて正社員になろう! あなたは今、フリーター生活でうんざりしていますね。 私のフリーター生活は、大学を卒業し、とあるお弁当屋にアルバイト勤務した...

フリーターで後悔した理由5.ダラダラ続けてしまったこと

「フリーターをしている暇があったら、正社員になれるように仕事を探したり、職業訓練に行くなどするほうが有効な時間の使い方だったなぁ」と後悔しています。

フリーターをだらだら続けたことで、自ら将来の可能性を狭めてしまいました。やはり正社員でいたほうが、ボーナスなんかもありますし貯金の貯まるペースも早かったかな?と今になって考えてしまうのです。

また大学生の多いバイト先だったので、フリーターとの自分に将来性の違いを感じて落ち込みました。人間関係にも悩んだ時期があり、そういった意味でも見切りをつけて早く辞めれば良かったととても後悔していました。

\フリーターからでも正社員は目指せる!/
無料登録をする
ハタラクティブ

※無理な求人紹介はありません。

正社員になれば人生をやり直すことができる

フリーターを続けてしまった場合、どうすれば人生をやり直すことができるのでしょうか。答えは「正社員になる」ことです。つまり、あなたがフリーターを後悔しているとしても、正社員にさえなれば、人生をやり直すことができます。

では、フリーターは正社員になることができるのでしょうか。答えは、「イエス」です。フリーターを続けてしまったとしても、優良企業の正社員になることはできるのです。

実際に、私自身がフリーターから優良企業の正社員になったのですから。そのため、自信を持って、「フリーターから正社員になって、人生をやり直すことはできる」と言えます。

フリーター時代には考えられませんでしたが、正社員になったことで結婚することもできました。あなたも正社員になることができれば、人生をやり直すことができるのです。

\フリーターからでも正社員は目指せる!/
無料登録をする
ハタラクティブ

※無理な求人紹介はありません。

フリーターから正社員の就職は難しい?成功できた13の秘訣を教える あなたはフリーターから正社員への就職を目指していますね? 私はフリーターから正社員の就職に成功して生活が変わりました。世間...

フリーター脱出して人生を立て直した私の体験談

私自身がフリーターから正社員になった例を、紹介させていただきます。私は、コンピューター系の専門学校を卒業した後に、フリーターになってしまいました。特にやりたいこともなかったし、就活もめんどくさいと感じて、そのままフリーターになりました。

カフェ店員のアルバイトでしたので、専門学校で学んだコンピューター知識を活かす仕事ではありません。ただ何となく、学生時代から続けていたカフェ店員のアルバイトに従事して、フリーター生活を送っていたのです。

しかし、20代後半になって、私はフリーターであることに死ぬほど後悔しました。周りの同年代は、社会人として成長しています。また、結婚や出産をする同年代も出てきています。そんな中、自分自身はフリーターなわけです。

親戚の集まりなどでも、フリーターであることで顔を合わせづらく、親にも「ちゃんと働け」と毎日言われていました。20代後半でフリーター…その事実に劣等感を感じ始め、私は相当な孤独感を感じていたのです。

決定的だったのが、アルバイトで一緒に働いていた女の子に言われた一言でした。私はその女の子のことが好きで、ある日勇気を出してデートに誘ったのです。しかし、彼女の言葉は「フリーターの人とはありえない」というものでした…。

面と向かってはっきりと言われたので、本当に嫌だったのでしょう。彼女は就職活動中の学生アルバイト。フリーターのことを内心、下に見ていたのかもしれません。これは本当にショックでした。

私はそのとき、フリーターから脱却するために、正社員になる決心をしました。就職活動を支援してくれる「就職エージェント」に登録し、とにかく周りを見返してやりたい!その思いで必死に就職活動を頑張りました。結果として私はIT関係の会社に、正社員として入社することができました。

私はIT関係の業務経験はありませんが、後から人事部に聞くと、若さと意欲が評価されて、正社員としての採用が決まったようです。正社員になったことで、周りの目が変わりました。親も喜んでくれましたし、なにより自信がついて、堂々と日々を送れるようになりました。

その後、会社で出会った彼女と結婚…。あの時、一念発起して正社員になって本当によかったと思います。フリーターのままでは、人生に絶望してそのまま腐っていったでしょうから…。

あなたが現在フリーターで後悔していたとしても、決意さえあれば正社員になることは充分可能です。特に、若ければ若いほど、チャンスの幅も広がります。私にできたのだから、あなたにもできます。人生をやり直したいと思っているのなら、自信を持って正社員を目指してください。

フリーターから正社員になって人生変わった体験談。勇気を出して本当に良かった! フリーターから正社員になって、人生が変わりました。 大げさではなく、本当の話です。 正社員になったことで、胸を張って...

フリーターで後悔している人がするべき7つのこととは?

フリーターを続けたからといって、人生終わりではないということを分かっていただけたでしょうか。私のように、正社員になって人生逆転することも十分に可能なのです。

しかし、あなたがこのままフリーターを続けてしまっては、人生をやり直すことはできません。ここからは、フリーターを続けたことに後悔している人がすべきことについて、紹介していきましょう。

フリーターで後悔している人がするべきこと1.自分の現状を理解する

未来を変えていくためには、現状を理解しなければいけません。ただ何となく、未来を変えようと行動をしても、空回りになりかねませんから。きちんと、現状を理解してから、未来を変えていくための行動をしていくべきなのです。

まずは、フリーターであるという現状を、受け入れてみてください。フリーターであることを受け入れたら、次に、現在悩んでいることを具体的に考えてみてください。

例えば、「なぜフリーターで辛いのか?」「人生やり直すために足りないものは何か?」ということです。このような作業を行うことで、自分が何に苦しんでいるのかという現状を理解することができるでしょう。

フリーターで後悔している人がするべきこと2.「フリーターは自分以外にも多くいる」ことを理解する

自分と同じ境遇の人が多くいることを知れば、気持ちを楽にすることができるのではないでしょうか。フリーターは全国に150万人以上います。「フリーターは自分以外にも多くいる」と、自分に言い聞かせてみてください。気持ちを楽にすることができるかもしれません。

フリーターで悩んでいる人は、あなただけではないのです。このことを理解することで、孤独な気持ちを和らげることもできるはずです。

ただし、「フリーターは自分以外にも多くいる」からと言って、就職活動をサボることはないようにしてくださいね。もし就職活動をサボってしまうと、いつまで経っても人生をやり直すことはできません。

フリーターで後悔している人がするべきこと3.正社員になる決心をする

フリーターを続けてしまった場合は、正社員になることで、人生をやり直すことができます。あなたが現在フリーターで、「人生をやり直したい」と思っているのなら、一刻も早く正社員になるべきでしょう。

ただ、正社員になるためには、就職活動をしなければいけません。そして、就職活動は、簡単にはいかない場合もあります。そのため、人生をやり直すためには、「絶対に正社員になる」と決心して就職活動に挑むようにしてください。

途中でくじけないように「絶対に正社員になる」と決心をすれば、決して簡単ではない就職活動にも挑んでいくことができるでしょう。

フリーターで後悔している人がするべきこと4.適職について考える

あなたの適職を理解せずに就職活動を進めると、非効率な就職活動になりかねません。世の中には、たくさんの求人があります。適職をもとに「希望職種」で求人を絞っていかないと、応募求人を決定するのに相当な時間を要してしまうことになるのです。

また、適職を理解していないと、自分に合っていない職種に携わってしまうことになるかもしれませんよね。仮に、自分に合っていない職種に携わってしまうと、嫌気がさして辞めざるを得なくなる可能性もあります。

就職後にやりがいを感じながら長く勤めるためにも、あなたの適職を考えることが大変重要なことなのです。

マイナビジョブ20'sの適性診断はどんなサービス?他の転職エージェントの適性診断との違いを解説 「自分に合う仕事がわからない」「今の仕事が合わなくて転職したい」このような悩みを抱える転職者は少なくありません。 厚生労働...

フリーターで後悔している人がするべきこと5.興味のある業種について考える

また、興味のある業種について考えることも、大変重要なことです。いくら、適職に就けたとしても、興味のない業種ですと、モチベーションを保つことは難しいですから。

あなたが興味のある業種に就いた方が、長く続けられる可能性が高いでしょう。また、興味のある業種に就いた方がモチベーションを高めることができるため、成果や実績につながりやすいです。

よく、「早く正社員になりたいから、業種は何でもいい」と考えている人がいます。しかし、そのように考えている人ほど、早く仕事を辞めてしまうものです。正社員になった後に、長く仕事を続けられることが重要になります。そのためにも、興味のある業種について考えるようにしてください。

フリーターで後悔している人がするべきこと6.説得力のある「フリーターを続けた理由」を用意する

フリーターから正社員になるときには、説得力のある「フリーターを続けた理由」を用意しておく必要があります。企業はフリーターに対して、ネガティブな考えを抱いています。例えば、「フリーターを続けていたなんて、人間性に問題があるのかな?」と言った具合にです。

実際に、面接では「なぜフリーターだったのですか?」などといった質問を受ける可能性が高いでしょう。そのため、企業があなたに対して「この理由ならフリーターを続けたのも納得だな」と思えるような、納得できる「フリーターを続けた理由」を用意しておくべきなのです。

今一度、「なぜ自分はフリーターを続けたのか?」と、自分に問いかけてみてください。その答えが、説得力のあるものならば、そのまま「フリーターを続けた理由」として企業に訴えるべきでしょう。

例えば、「将来の目標があり、フリーターを続けながら夢を追っていた」などです。このような「フリーターを続けた理由」であれば、説得力がありますので、企業も納得してくれることでしょう。

ただ、「フリーターを続けた理由」を自分に問いかけた場合、説得力のない答えが出ることもあると思います。例えば、「就職活動が面倒だからフリーターになった」などですね。

このように、説得力のない「フリーターを続けた理由」を企業に伝えても、納得してもらうことはできません。この場合は、下記のような説明をしてみましょう。

「正社員になるからには1つの会社で長く働きたいと考えていました。しかし、大学卒業時点で、そのように思える会社が見つからず、そのまま大学時代のアルバイトを続けました。フリーター生活を続けつつも就職活動は続けて、やっと御社のように長く働きたいと思える会社に出会えました」

このように、就職活動を優位に進めるために、無理にでも説得力のある「フリーターを続けた理由」を用意しておきましょう。

フリーターで後悔している人がするべきこと7.就職活動の計画を立てる

就職活動を始める前には、就職活動の計画を立てることが大切です。就職活動においては、すべきことがたくさんあります。もし計画を立てずに就職活動を進めてしまうと、頭の中が混乱してしまうでしょう。そのため、就職活動の計画を立てることは大変重要なことなのです。

また、就職活動の具体的な目標を立てるのもいいでしょう。例えば、「○月○日までに履歴書を完成させる」「○月○日までに採用をもらう」というように。目標を立てて就職活動に挑むことができれば、それだけモチベーションを上げることができるので試してみてください。

\フリーターからでも正社員は目指せる!/
無料登録をする
ハタラクティブ

※無理な求人紹介はありません。

フリーターの就職活動を成功させるには?

ここからは、フリーターが就職活動をする場合の、具体的なアドバイスをしていきます。就職活動の実態を理解しましょう。就職活動を始めれば、いよいよ本格的に正社員を目指して人生を立て直すときです!

1.若さが武器になることを理解する

フリーターから正社員を目指す就職活動は、若さが大きな武器になります。特に20代ですと、正社員になるのにかなり有利になります。仮に職務経歴が劣っているとしても、「若くて意欲がある」ということで採用になるケースも多々あるのです。

「若さが武器になる」ということを、肝に銘じるようにしてください。そして、「歳を取れば取るほど就職活動が難しくなる」ということを理解するようにしましょう。若さを武器にして就職活動をするためにも、就職活動を後回しにしないことが大切です。

既卒フリーターは正社員になれる?若さは最大の武器になる! 新卒で正社員になれなかったら、「もうまともな会社で正社員になることができない」と悲観していませんか? しかし、実際には卒業...

2.長期戦覚悟で就職活動に挑む

就職活動を始めたからといって、すぐに採用をもらえるとは限りません。むしろ、すぐに採用をもらえる人のほうが、珍しいことでしょう。ほとんどの人の就職活動は、数ヶ月単位の長期に渡ります。そのため、長期戦覚悟で就職活動に挑むべきなのです。

「就職先はすぐに決まるもの」と思って、なかなか採用をもらえないと、焦ってしまいますよね。一方で、「就職活動は長期戦」と覚悟しておけば、なかなか採用をもらえないとしても、冷静を保って就職活動を続けることができるはずです。

転職がなかなか決まらないときの10のおすすめ不安解消法 転職活動を進めてはいるものの、なかなか採用をもらえないと、焦ってしまうものです。 実際に私も、転職先がなかなか決まらずに、...

3.不採用になっても落ち込まないこと

また、就職活動においては不採用になっても落ち込まない心構えも重要です。実際に、就職活動においては、採用よりも不採用の方が多いかもしれません。「不採用は当たり前」という気持ちで、就職活動に挑むようにしましょう。

転職活動は落ちて当たり前?転職で落ちる原因と落ちて当たり前な転職にならないための対処方法を紹介転職活動で落ちまくると「自分は社会に必要ないのかな・・・」「このまま転職できないのかな・・・」と不安な気持ちになりますよね。 しか...

4.フリーターの経験も、立派な職務経歴と捉える

フリーターから正社員を目指すとしても、きちんと職務経歴をアピールできるようにしておきましょう。もちろん、若いフリーターであれば、意欲が採用を大きく左右することがあります。しかし、職務経歴をアピールできればさらに採用に近づくことができるのです。

書類選考がある場合は、書類選考の段階で職務経歴をアピールしておきたいですね。職務経歴書や履歴書を活用して、充分に職務経歴をアピールしていくようにしましょう。アルバイトの経験がアピールできるのか?と不安になる人もいるかもしれませんが、十分に自己PRになります。

例えば店員・販売員として働いていた人であれば、正社員と同様に工夫していた点、またそのことが成績や評価にどう結びついてきたのか、ということを応募先のニーズを意識して書くようにすると効果的です。

5.応募書類(履歴書&職務経歴書)を、きちんと作成する

応募書類は、意外と疎かになりがちなポイントです。きっと、「面接で頑張ればいいから、応募書類はテキトーでいいや」という気持ちになってしまうからでしょう。しかし、応募書類は、きちんと作成しなければいけません。

まず、書類選考がある場合は、応募書類が評価されないと面接まで進むことができません。言うまでもなく、書類選考においては、きちんと作成された応募書類を提出することが重要になってきます。

「適当に作成された応募書類」は、採用担当者はすぐに見抜くものです。まず応募書類で一番最初に見られるところは、顔写真です。スピード写真ではなく、きちんと写真スタジオで撮影してもらうことをおすすめします。

6.面接練習を行う

面接練習を行うことも就職活動を成功させるためには重要なことでしょう。よく「面接なんて行き当たりバッタリでいい」と考えている人がいるものです。

しかし、面接では様々な質問を受けることになります。やはり、面接練習をしておかないとボロが出てしまうでしょう。

意欲もやる気もあるのに、面接練習をしていなくて、うまく答えることができずに不採用になってしまうなんて…とてももったいないことです。必ず面接前日には、家族や友人に協力してもらい面接練習を行うようにしてください。

転職者必見!面接で「退職理由」を聞かれた時の受け答え方を知ろう 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞...

7.モチベーションを保ちながら、就職活動を行う

フリーターであっても、現時点では生活ができているわけです。そのため、「今はまだフリーターでもいいや」という具合に就職活動をサボってしまう人が多くいます。

ただ、フリーターのままですと人生をやり直すことはできません。就職活動をサボった期間だけ歳を取っていくわけですから、人生は不利な状況に追い込まれていくのです。

「人生をやり直したい」と思うのなら、モチベーションを保って就職活動を行うようにしてください。「正社員になったら人生やり直せる」「フリーターのままだとさらに辛くなる」と自分に言い聞かせると、モチベーションにつながるでしょう。人生を逆転させるために走り抜けてください。

\フリーターからでも正社員は目指せる!/
無料登録をする
ハタラクティブ

※無理な求人紹介はありません。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。