無職・フリーター

フリーターって負け組なの?正社員になれば人生逆転できる理由を教える!

フリーターは負け組なのでしょうか?

あなたは今現在、フリーターをしていると思います。ご自身のことを、「負け組」だと思われますか?フリーターを続けていると、今後の人生に対して不安を抱いてしまいますよね。しかし、フリーターから正社員になることができれば、人生逆転をすることは可能です。

確かにフリーターは、自由で時間に縛られず新しい働き方の一つだと思います。しかし、今は良くても長い目で見たときに、人生においては負の影響を与えてしまいます。

中高年になり、子どもの見本となるべき親が定職についていないと子供に何を語るのだろうかと思います。今自分で焦りがある人はしっかりとお金をためてそれらを自分の転職、自分磨きのために使うべきです。

あなたは今のまま、フリーター生活を続けていていいのでしょうか?フリーターでは結婚もできませんし、社会的にも認められないまま歳ばかりとってしまいます。はっきり言って、フリーターではあなたの人生がヤバイのです。

では一体どうすればいいのでしょうか?それは、フリーターから正社員になることです。今回は、フリーターが負け組だと言われる理由と、あなたがフリーターから正社員になれば、人生逆転をすることができる理由を説明します。

目次
  1. フリーターが負け組だと言われる9つの理由とは?
  2. 「フリーターは負け組である」は違う!?
  3. 正社員になることで人生逆転を実現できる
  4. 正社員になることで人生逆転できる13の理由
  5. フリーターから正社員になるのなら、若いほうがいい
  6. ただし就職活動においては焦りは禁物である
  7. フリーターだった理由はきちんと用意をしておこう

フリーターが負け組だと言われる9つの理由とは?

フリーターは、勝ちか負けかでいうとやはり負け組なのかもしれません。フリーターを勝ち組という人は聞いたことがありません。

では、なぜフリーターは負け組みだと言われてしまうのでしょうか?ここでは、フリーターが負け組みだと言われる理由を見ていきましょう。

フリーターが負け組な理由1.職場の後輩との年齢差

私が実際にフリーターをしていて負け組だと感じた点は様々あります。そのなかで一番自分のことを負け組だと感じたことは、人間関係に関してです。

アルバイトの仕事は、自分が歳を取るにつれて新人も若くなります。だんだん後輩と年齢差が離れていくのは非常につらいです。彼らは新卒での就職を控えた学生さんであり、私と全然立場が違うという現実。

さらにジェネレーションギャップもあり、会話も噛み合いません。だんだん敬遠されるようになりました。そしてだんだん私の頭が薄くなり始めました。若禿げです。

ハゲでフリーターとは死にたくなるくらい恥ずかしかったです。普通の人間はこんなことで悩んだりしません。こんな悩みは負け組の悩みです。

フリーターから脱出して正社員になった方が良い10の理由。今すぐフリーターから正社員を目指せ! あなたがフリーターから脱出して正社員になった方が良い理由は何だと思いますか? 私自身が実際にフリーターから脱出して正社員に...

フリーターが負け組な理由2.人生を楽しめていないから

フリーターをしているというだけで人生を半分も楽しめていないと思うからです。実際に私はフリーター時代は何をやってもなかなか楽しいと思えず、休日は家でずっと寝て過ごしていました。

正社員になってからは一転してよく外出するようになりましたね。やっぱりフリーターは人生を楽しめないんだなと思わされた出来事でした。フリーターが人生を楽しめないのは、やはりお金の面で不安が常にあるためです。

なかなか好きなようにお金が使えない点で、フリーターは負け組でしょう。給料を貰っても将来への不安から全然お金を使おうという気になりませんでしたね。

そして自分に対する投資にもお金を使えないため、様々なチャンスを潰してしまっているのです。

フリーターが負け組な理由3.世間体が悪いから

フリーターが負け組だと思うのは、世間体が悪いからです。私個人としては、フリーターでも何かしら仕事をしていれば問題ないと思っています。そこまで正社員にこだわることはないと思うのすが、世間体を考えるとそうもいきません。

やはり、どこに行っても正社員、もしくは同等の自営の方、役職者が世の中には認められると思います。すなわち、それ以外のフリーターと呼ばれる人たちは、世間から認めてもらえないので負け組でしょう。

フリーターは世間体が悪い。世間の目が冷たい中でフリーターを脱出し生き抜く方法とは? フリーターに向けられる世間の目は冷たいです。はっきり言って、フリーターは世間体が超悪い…。やはり世間的には「フリーターは良くない...

フリーターが負け組な理由4.「社会人経験なし」と見なされるから

フリーターはサービス業などでは、沢山仕事に入ってくれる上に時間も臨機応変に対応出来ることが多く、シフト制の仕事では大変助かっていると思います。

しかし、職歴にはアルバイトもしくはパート勤務だったということになるので、世間的には社会人経験無しと見なされることがほとんどなのです。

現在勤務している会社にそのまま社員となるのではあれば今までの実績が手元にあるため、即戦力になる存在だと理解してくれることが多いでしょう。しかし、他の企業に就職したいとなると話はとても難しくなってしまいます。

まず新卒、既卒の枠を超えていた場合は、中途入社という形になり、社会人経験が応募に必要な資格となる企業がいくつもあるでしょう。この時点でそのような企業には応募しにくいので、選択肢は減ります。

このことがフリーターが不利になってしまい、負け組となってしまう理由でしょう。

フリーターは何歳まで許される?フリーターのまま30歳になると正社員が難しくなる! フリーターは何歳まで許されるのか…。 現在フリーターとして働くあなたは、いつまでフリーターでいても大丈夫なのか心配になって...

フリーターが負け組な理由5.社会的身分が低いから

フリーターが負け組だと思われる理由は、社会的身分が低いからです。フリーターの場合は、社会的身分が保証されていません。そして何の肩書きもない。

例えば食事会に行き職業を紹介するときに「公務員です」「大手企業に勤めています。」というだけで、きちんとした人だ思ってもらえます。しかし、「フリーターです」と言うと劣った人としか見て貰えず、劣等感があるでしょう。

また賞与などの時期になり周りが騒いでいる時でもフリーターの自分はそんなのとは無縁であり、昇給もないといった点ではすごく劣等感を感じるはずです。

フリーターが見下される5つの理由とは?実際に見下された私の体験談 フリーターは見下されるのでしょうか? 7年間フリーターをしていた私の実体験としては、「見下されます」というのが答えです。今...

フリーターが負け組な理由6.収入の限界があるから

フリーターは時給で働いています。そのため、おのずと稼ぎの限界がありますね。

就職なり、企業なりしている人と比べると圧倒的に収入の限界が低いです。また、伸ばそうと思っても体を壊してしまうレベルの働き方になってしまいます。

実際週に5~6日、8時間労働をしても、収入は月に13万円程です。これだと一人暮らしでは、生活費だけでいっぱいいっぱいになってしまうでしょう。

そして、フリーターは他の稼ぎ方を試すような時間も余力もありません。フリーターでいる限り貧乏なので、負け組です。

フリーターが負け組な理由7.企業にとって使い捨てだから

フリーターというのは、結局は会社や企業に良いように使われる、いわば「使い捨ての人材」です。

待遇を見れば社員との差は一目瞭然でしょう。いくら時給が高くて沢山働いて社員と同じくらい稼げたとしても、ボーナスは無いですし、もし家族が出来ても扶養手当や社会保険も効きません。

要は、「働けなくなったら会社は生活を保障してくれないよ、さようなら」という扱いなのです。

会社や勤務時間によっては社会保険に入れず、老後に厚生年金の受給が見込めません。フリーターが負け組だと思う理由は、まず社会的保障がないということです。労働災害以外で長期入院等の必要が生じた場合に金銭面で苦労しやすくなります。

私の体験談を例に上げますが、カラオケでアルバイトをしていた時に自宅で大火傷を負い、3週間ほど休まざるを得なくなったことがあります。その時は本当にお金の工面が出来ず入院費用などで両親に援助を受けました。

このように、大怪我などをしてしまえば生活が一気にピンチになってしまうリスクがあります。

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...

フリーターが負け組な理由8.フリーターではまともな恋愛が難しいから

フリーターでは生活に困ることがある、という点で負け組かもしれませんね。安定した収入がないことで社会的な信用が得られず、人としてもしっかりしていない、稼ぐ気のない人と見られます。

そのため、好きな人ができたとしても恋人候補から外されやすい場面も多いでしょう。実際職業を聞かれてフリーターと言うと、気を遣われるような雰囲気になることは多々あります。

フリーターでは恋愛の土俵に上がらせてもらえないのです。

フリーター男は恋愛する資格がないの?フリーターは正社員を目指して恋愛しよう! フリーターの男性は"恋愛する資格がない"と思いますか? 「自分はフリーターだから」 「フリーターでは女性に好かれない」 ...
フリーターの男性が恋愛対象にならない10の理由。女性の本音をすべて聞かせます フリーターの男性は女性にとって恋愛対象になるのでしょうか? 女性目線で見ると、フリーターの男性とお付き合いすることに戸惑い...

フリーターが負け組な理由9.結婚できないから

フリーターでは、結婚するにも圧倒的に不利だからです。

正社員として会社に勤めている知り合い達が結婚して家庭を持っていく中で、フリーターの自分ではそれができませんでした。恋人はいたものの、フリーターでは「結婚しよう」なんてとても言えません。

それに対して焦りや不安を感じていた時期に、幼馴染が結婚したという話を人づてに聞きました。その際には強い劣等感を感じて、フリーターは負け組だと思いましたね。

さらに、フリーターでいたことが原因で、その彼女からもフラれてしまいました。

フリーターの彼氏と結婚できる?女性の本音をすべて教えます! 「フリーターの男性とは結婚できません」 そのように考える女性は多いもの。やはり、結婚となるとある程度お金が必要になります。...

「フリーターは負け組である」は違う!?

「フリーターは負け組である」は違う!?

ここまでは、フリーターが負け組だと言われる理由を見てきました。

しかし、本音を言えば「フリーター=負け組」と私は思いません。また、実際にはほとんどの大人も、「フリーター=負け組」だなんて思ってはいません。

確かに、インターネットの掲示板などを見てみると、「フリーターなんて負け組だよな(笑)」というような意見も書かれています。しかし、匿名投稿であるインターネットの掲示板の意見なんて、参考にすべきではないでしょう。

私自身もフリーターをしていましたが、若いうちに社会の厳しさを身をもって知ることが出来たので、貴重な経験をしたと思います。二度としたいとは思いませんが、この経験が現在の糧になっていることは確かです。

実際に、私はさまざまな社会人と、話をする機会があります。そんななかで、「フリーター」の話題が出ることもあります。しかし、ほとんどの社会人は、フリーターのことを負け組だなんて思っていないのです。

フリーターでも、これからの人生で何が起きるか分かりませんよね?今フリーターだというだけでバカにする人は、視野の狭い人だと言えるでしょう。

もちろん、私は人事の人と話をする機会もありますが、ほとんど人事の人は、フリーターのことを悪くは言っていませんよ。

それどころか、70%以上の人事の人は、「フリーターでも意欲があるのなら、正社員として採用したい」と考えているような気がします。決して、フリーターだからと言って、正社員になることができないわけではないのです。

ただし、「フリーターを正社員として採用するのなら、若い人のがいい」という意見が多いことも事実です。つまり、フリーターから正社員になりたいと考えているのなら、若さが有利になると言うことですね。

あなたは、「フリーターである自分は負け組だよ」だなんて、ネガティブな感情を抱いていませんか?確かに、フリーターであることに、後ろめたさ感じてしまう気持ちはわかります。しかし、フリーターであることに、後ろめたさを感じて、何か得られるものはあるのでしょうか。

先述したように、フリーターだからと言って、正社員になることができないわけではありません。であるならば、「正社員になる」という目標を掲げて、就職活動をすべきだと言えるでしょう。

フリーターから正社員になりたいのなら、若さが大変な武器になります。あなたが、フリーターであることに、後ろめたさを感じている間にも、時間は確実に流れているのです。

それならば、後ろめたさを感じている間にも、就職活動を進めたほうが、人生にとってプラスになるに違いありません。

フリーターでいるとヤバい23の理由。一生フリーターでいいの?正社員になるために大切なことを教える フリーターがヤバいことに、あなたは気付いていますか? 思うような仕事につけなくて、仕方なしにフリーターをしている人もいるか...

正社員になることで人生逆転を実現できる

正社員になることで人生逆転を実現できる

フリーターから正社員になることで、さまざまな恩恵を受けることができます。フリーターの頃には「ウソだろ」と思えていたようなことでも、正社員になることで受けることができるのです。

せっかく、生まれてきているわけですから、たくさんの幸せを掴み取りたくはありませんか?確かに、「夢を追いかける」「やりたい仕事がある」という理由で、フリーターをしている人も大勢います。

「夢を追いかける」「やりたい仕事がある」など、フリーターでいることに明確な意味があるのなら、フリーターを続けてもいいでしょう。

例えば、夢を追いかけるためにフリーターをするなんて、とても立派なことですよね。仮に、夢を実現することができたら、「正社員じゃなくフリーターを続けて正解だった」と思えることでしょう。

しかし、「何となく」という理由で、フリーターをしている場合はどうでしょうか。実際に、「就職活動が面倒だから何となく…」「仕事が楽だから何となく…」という理由で、フリーターをしている人も大勢います。

そして、「就職活動が面倒だから何となく…」「仕事が楽だから何となく…」という理由で、フリーターをしている人の多くは、「できれば正社員になりたい」と考えているものです。

あなただって、「できれば正社員になりたい」と考えているのではありませんか?「できれば正社員になりたい」と考えているのなら、正社員を目指して就職活動をすべきなのではないでしょうか。

先述したように、フリーターから正社員になることも充分可能です。つまり、「できれば正社員になりたい」という思いを叶えることは、充分可能なわけです。だからこそ、就職活動をしないのはもったいないのではないでしょうか?

フリーターから正社員の就職は難しい?成功できた13の秘訣を教える あなたはフリーターから正社員への就職を目指していますね? 私はフリーターから正社員の就職に成功して生活が変わりました。世間体も良く...

正社員になることで人生逆転できる13の理由

正社員になることで人生逆転できる理由14選

ここからは、正社員になることで人生逆転できる理由を、13個紹介していきます。「正社員になりたい」と考えている人は、ぜひこの先も読み進めてみてください。

きっと、「正社員になれば、こんな幸せを実現できるんだ」と前向きな気持ちになることができるはずです。そして、この記事を読み終えた頃には、「正社員になってやる!」という意気込みを持つことができているでしょう。

フリーターから脱出して正社員になった方が良い10の理由。今すぐフリーターから正社員を目指せ! あなたがフリーターから脱出して正社員になった方が良い理由は何だと思いますか? 私自身が実際にフリーターから脱出して正社員に...

正社員で人生逆転できる理由1.収入が増える

フリーターと正社員との違いとして、真っ先に思い浮かぶのが、「収入」のことなのではないでしょうか。実際に、フリーターと正社員とを比べた場合、正社員のほうが収入が高い傾向にあります。

ただ、若いうちは月給だけを比べると、フリーターと正社員の収入は大差ない場合が多いでしょう。しかし、正社員の場合は、ボーナス(賞与)がありますね。この、ボーナスが加算されることによって、正社員のほうが収入が高い場合が多くなります。

例えば、「月収20万円のフリーター」と「月収20万円の正社員」がいるとしましょう。一見、「月収20万円のフリーター」と「月収20万円の正社員」を比べてみると、年収は同じように思えますよね。

「月収20万円のフリーター」の年収は、240万円となります。一方で、「月収20万円の正社員」には賞与もあります。例えば、「月収20万円の正社員」が4か月分の賞与を受け取っている場合の年収は、320万円となります。

この場合、「月収20万円のフリーター」と「月収20万円の正社員」ではありますが、賞与があることによって、「月収20万円の正社員」のほうが80万円も年収が多いことになるのです。

また、正社員として働いていれば、昇給によって徐々に月収は上がっていきます。一方で、フリーターですと、なかなか時給は上がりません。(仮に時給が上がったとしても微々たるものですよね)

この、「昇給によって徐々に給料が上がっていく」ということも、正社員であるがゆえの幸せであると考えられるでしょう。

正社員で人生逆転できる理由2.収入が安定する

フリーターである場合、病気で仕事を休んでしまうと、その分だけ収入が減ってしまいますよね。また、簡単に解雇されやすいのも、やはりフリーターのほうでしょう。

一方で、正社員の場合は、病気で仕事を休んでも、大きく収入が下がることはありません。また、正社員は簡単には解雇されないので、路頭に迷うことも少ないでしょう。

長期的に仕事を休まなければならない場合も、フリーターですと、休んだ分だけ収入は減ってしまいます。一方で、正社員であれば、長期的に仕事を休むとしても、保険を活用することで一定の金額は受け取ることができます。

特に、生活がかかっていると、収入が安定しているかは大変重要なことですよ。もちろん、フリーターとしての収入がある程度あるのであれば、自立をすることは可能でしょう。

しかし、病気などの理由で休日が多くなり、収入が大きく減ってしまうと、家賃すら支払えなくなってしまうかもしれません。一方で、正社員であれば、フリーターのように収入が大きく減ることは、あまり考えられないのです。(長く働けなくなったりしたら話は別ですが)

正社員で人生逆転できる理由3.昇給によって徐々に給料が上がる

正社員ですと、1年で数千円から一万円程度のペースで、昇給をしていきますね。一方で、フリーターの場合は、このような昇給はありません。

確かに、フリーターでも時給が上がることはありますが、1年で数十円程度と微々たるものでしょう。正社員とフリーターとを比べた場合、昇給については天と地の差があるのです。

仮に、正社員として働いており、1年あたりの昇給額が5千円であるとしましょう。この場合は、1年働けば月収が5千円、10年働けば月収が5万円増えるということになりますね。

勤続年数が増えれば増えるほど、同年代のフリーターとの収入に差が開いてゆくのです。確かに、若いうちは、正社員もフリーターも、月収には大差ないように思いがちです(それでも賞与がある分だけ正社員のほうが収入は上がる傾向にありますが…)。

しかし、若いうちは収入に大差がないとしても、勤続年数が増えれば増えるほど、確実に収入に差が開いてくるのです。仮に、40代以降の正社員とフリーターとを比べた場合、数百万円の年収の差が生まれることも珍しくないですよ。

もちろん、フリーターであっても、一生懸命に働いていくことでしょう。ただ、一生懸命に働いているのにも関わらず、フリーターであるがゆえに、年収が大きく少ないのは、悔しい気持ちになるはずです。

フリーターから正社員になって人生変わった体験談。勇気を出して本当に良かった! フリーターから正社員になって、人生が変わりました。 大げさではなく、本当の話です。 正社員になったことで、胸を張って...

正社員で人生逆転できる理由4.退職金を受け取ることができる

仮に、正社員として20年以上勤めた場合の退職金の平均は、1000万円から2000万円程度といったところでしょうか。また、勤続年数が短くても、勤続年数に見合った退職金を受け取ることができるはずです。

例えば、退職金が1500万円であったとしましょう。この場合は、「正社員であったがゆえに、退職金として1500万円もらうことができた」ということですね。

一方で、フリーターですと、退職金をもらうことはできません。どれだけ仕事で評価されても、どれだけ勤続年数を重ねても、フリーターである場合は退職金をもらうことができないのです。

勤続年数は同じでも、フリーターであるがゆえに、退職金がもらえないなんてバカバカしくありませんか。だからこそ、正社員になりたいという考えがあるのなら、早いうちに正社員になってもらいたいのです。

正社員として長い期間勤めることができれば、1000万円以上の退職金をもらうことができます。まだ、早い話かもしれませんが、退職金があるだけで、老後の裕福度も変わってくるものですよ。

退職金の注意点としては、「退職金がない正社員求人もある」という点が挙げられます。このような、「退職金がない正社員求人」の会社に入社しても、退職金を受け取ることはできません。

もしも、「絶対に退職金をもらいたい」と考えるのなら、応募前の段階で「退職金制度の有無」をしっかりと確認しておきましょう。

求人票を見ていくことで、「退職金制度の有無」を確認することができるはずです。ただ、「退職金制度の有無」は、求人票の目立たないところに書いてあるんですよね。そのため、じっくりと求人票を見て、確実に「退職金制度がある」とわかったうえで、応募をしていくことが大切です。

正社員で人生逆転できる理由5.「簡単には解雇されない」という安心感がある

正社員として勤めていれば、滅多なことがない限り解雇をされることはありません。一方で、フリーターですと、簡単に解雇されてしまうこともあります。

近年は人手不足が叫ばれているため、フリーターであっても解雇されることは少ないでしょう。しかし、このような売り手市場がいつまで続くかはわかりません。

今後、AIやロボットの普及により、フリーターの多くは解雇されるという考えもあるようです。もちろん、正社員であっても、社会情勢の影響で解雇されてしまうことはあるでしょう。しかし、正社員が解雇されるのが当たり前の情勢ですと、フリーターの状況はさらに危なくなっていることは言うまでもありません。

今後、どのような社会情勢になるかはわかりません。ただ、「どのような社会情勢になっても、フリーターよりも正社員のほうが解雇されにくい」というのは、確実に言えることなのではないでしょうか。

正社員で人生逆転できる理由6.将来の可能性を広げることができる

例えば、あなたが転職をしたいと考えるようになったとしましょう。転職をする場合は、職務経歴が大変重要になってきます。

もちろん、フリーターとしての経験も、職務経歴としてアピールしていくことができるでしょう。しかし、正社員としての経験のほうが、確実に職務経歴として評価される傾向にあるのです。

転職をしたいときに、いい会社に転職できる可能性が高いのは、正社員のほうです。特に、40代以降の転職ともなると、「正社員としての経験が必須」と考えている人事も多いものですよ。

また、独立をする場合も、正社員であるほうが有利に働くこともあります。例えば、人脈という観点から考えた場合、「正社員のほうが優れた人脈を持っている傾向にある」と考えることができるのではないでしょうか。

優れた人脈が、独立を成功へと導いてくれることは言うまでもありません。将来の可能性を考えた場合、正社員であるほうが、さまざまなことに成功していく可能性が高いのです。

正社員で人生逆転できる理由7.社会的な信用を上げることができる

社会的な信用があれば、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることができますね。ほしいものがあっても、所持金に余裕がないときもあるものです。しかし、そのようなときでも、社会的な信用があれば、購入することができるのです。

例えば、家を購入するときはどうでしょうか。ほとんどの人は、ローンを組んで、家を購入することになるはずです。しかし、フリーターである場合は、社会的な信用が低いため、ローンを組むことができないかもしれません。つまり、フリーターである場合は、家を購入するのは難しいのです。

このように、フリーターのままですと、ほしいものを手に入れることができない機会が増えてくるのです。一方で、正社員であれば所持金に余裕がなくても、社会的な信用があるために、ローンなどを組んで購入することもできるのです。

大卒フリーターになる6つの原因とメリット・デメリット。手遅れになる前に正社員になろう! 大学を卒業してフリーターをやっている人には、さまざまな事情があるはずです。 就職活動がうまくいかなかった… 就活...

正社員で人生逆転できる理由8.仕事の質を高めることができる

正社員であれば、年齢に見合った仕事をすることができます。例えば、若いうちは雑用ばかりでも、年齢を重ねるに連れて、責任感を必要とする仕事を任されていくものです。

「正社員の経験を重ねるに連れて、仕事の質は高まっていく」とも考えることができますね。この、仕事の質が高まるということは、仕事のやりがいにもつながるものですよ。

一方で、フリーターの場合はどうでしょうか。年齢を重ねたとしても、仕事の内容は大きく変わることがないはずです。特に、40代以降になってゆくと、「仕事が体力的に辛い」という状況にもなりかねませんよ。

若いころは問題なくこなせていた仕事でも、歳を重ねるに連れて、体力が厳しくなっていく可能性が高いでしょう。正社員を続けてゆけば、仕事の質を高めていくことができるので、体力的に厳しいと感じることは少ないはずです。

正社員で人生逆転できる理由9.生活の質を高めることができる

正社員になることで、収入を増やすことができます。言うまでもなく、収入が増えれば、お金を多く使うこともできますよね。そして、お金を多く使うことができるわけですから、生活の質を高めることもできるのです。

例えば、フリーターのままですと、食費を極力抑えなければいけないのではないでしょうか。また、賃貸のレベルだって下げざるを得ないはずです。

一方で、正社員の場合はどうでしょうか。正社員であれば、毎日とまではいかなくても、食事で贅沢をすることが可能なはずです。また、フリーターよりも収入が多いわけですから、賃貸のレベルだって上げることができますよね。

ほかにも、車・服・ペットなど、正社員で収入が多いために、生活の質を高めることができるものです。せっかく、生きているわけですから、生活の質が高いに越したことはありませんよね。

正社員にさえなれば、フリーターのころと比べて、生活の質を高めることができるのです。ただ、結婚をしたり、子育てをしたりすると、正社員であっても自由に使えるお金は減ってしまいますね。しかし、自由に使えるお金は減るとしても、結婚生活や子育てができる毎日は幸せなものですよ。

フリーター生活に「うんざり」している人へ。うんざりなら環境を変えて正社員になろう! あなたは今、フリーター生活でうんざりしていますね。 私のフリーター生活は、大学を卒業し、とあるお弁当屋にアルバイト勤務した...

正社員で人生逆転できる理由10.遊びの質を高めることができる

正社員になることで収入が増えるわけですから、遊びの質も高めることができますよね。生きるうえでは、もちろん仕事も大切ですが、遊びも同じくらい大切なのではないでしょうか。正社員であるほうが充実させることができるのです。

例えば、あなたの趣味が旅行であるとしましょう。もちろん、フリーターであっても、旅行を楽しむことはできるでしょう。しかし、正社員になれば、もっと旅行を楽しむことができるようになるのです。

例えば、正社員になればお金に余裕ができるわけですから、ご当地グルメを惜しみなく食べまくることができるのではないでしょうか。また、正社員になれば、旅行にいける回数も増やすことができるでしょう。今まではバス移動だったのが、正社員になってお金に余裕があるために、新幹線移動に変更することもできるはずです。

せっかく、生まれてきたわけですから、思いっきり遊びも楽しみたくありませんか。正社員になることができれば、そんな遊びも思いっきり楽しむことができるのです。

また、「正社員になれば趣味を今以上に楽しむことができる」という気持ちは、就職活動を続けるモチベーションにもなるものですよ。ぜひ、正社員になって、遊びも思いっきり楽しめる毎日を送れるようにしてください。

正社員で人生逆転できる理由11.結婚や出産など、人生イベントを楽しむことができる

フリーターのままですと、結婚をすることができませんよね。もちろん、フリーターのままですと、子育てもすることができないでしょう。このように、フリーターを続けてしまうと、人生イベントも楽しむことができないのです。

家の購入だって、フリーターのままですと難しいでしょう。ほかにも、車の購入など、フリーターのままですと、さまざまな人生イベントを楽しむことができません。

一方で、正社員になってしまえば、人生イベントを楽しむことができます。正社員になることで、結婚や子育てを行えるようになるのです。もちろん、収入にもよりますが、正社員であれば、家の購入だって夢ではありません。

おそらく、20代のうちですと、「人生イベント」と言われても、そこまでピンとはこないでしょう。しかし、ピンとはこないまでも、「結婚してみたいな…」「マイホームがほしいな…」といった気持ちを抱いている人は多いはずです。

ただ、「結婚してみたいな…」「マイホームがほしいな…」といった気持ちは、フリーターであるうちは叶えることができません。

出会いはいつ訪れるかわからないものですよ。「人生イベントを楽しめる身分になる」ということを目標に、正社員を目指してみてもいいのではないでしょうか。

【体験談】手取り12万円で一人暮らしの内訳を公開。結婚も貯金も無理だから転職すべし! 正社員なのに、手取り12万円…。 その給料じゃ結婚とか無理でしょ! 同じ職種でも条件がいいとこなんて...

正社員で人生逆転できる理由12.会話が楽しくなる

例えば、同窓会に顔を出すだすでも、フリーターですと肩身が狭い思いをしてしまうはずです。ほかにも、親戚の集まりや、初対面の人との会話でも、やはりフリーターであるがゆえに、肩身が狭い思いをしてしまうことでしょう。

大人の会話においては、「どんな仕事をしてるの?」という話題が、よく提供されますよね。そんな、「どんな仕事をしてるの?」という話題になったときに、自分自身がフリーターですと、自信を持って答えることができませんよね。

正社員にさえなってしまえば、肩身が狭い思いをすることはありません。「どんな仕事をしてるの?」と聞かれても、自信を持って「仕事の話」をすることができるでしょう。

せっかく、人と会話をするわけですから、仲良くなるきっかけにしたいですよね。やはり、フリーターよりも正社員であるほうが、会話自体も楽しめるため、素晴らしい人間関係につながりやすいのです。

正社員で人生逆転できる理由13.フリーターより断然モテる

13.モテる

フリーターのままですと、好きな女性ができても、自分に自信を持つことができませんよね。「フリーターである俺と付き合ってくれるわけがない…」といった具合に、自分に自信を持つことができないはずです。

せっかく、好きな女性ができたのにも関わらず、アプローチすらすることができないのは、かなり悔しいのではないでしょうか。一方で、正社員になれば、恋愛においても、自分に自信を持つことができるでしょう。

つまり、正社員になることができれば、好きな女性に対して、自信を持ってアプローチをすることができるようになるのです。

これからの人生を思い描いてみてください。フリーターであるがゆえに、恋愛すらまともにできないのは、「もったいない人生」だと思いませんか。特に、20代という多感な時期に、恋愛すらできないのは、相当にもったいないことだと私は思います。

正社員にさえなってしまえば、そんな恋愛も思いっきり楽しむことができるわけです。「女性と付き合いたい」と考えるのならば、やはり正社員を目指すべきでしょう。

フリーターの男性が女性にモテない理由とは?モテるための10の行動をあなたに教える! フリーターは、残念ながら女性にモテません。 悲しいことですが、これが現実です。では、なぜフリーターの男性はモテないのでしょ...

フリーターから正社員になるのなら、若いほうがいい

フリーターから正社員になるのなら、若いほうがいい

フリーターから正社員になることは可能です。ただ、フリーターから正社員を目指す場合は、若さが大変有利になることを忘れてはいけません。「正社員になりたい」と考えているのなら、「1日も無駄にはできない」という気持ちで、就職活動に挑むべきでしょう。

時間って、あっという間に過ぎてしまいますよ。「まだフリーターでいいや…」という具合に、何となく過ごしていたら、あっという間に数年もの歳月が過ぎているものです。

あっという間に数年もの歳月が過ぎてしまったら、その分だけ就職活動は不利になってしまいます。だからこそ、「まだフリーターでいいや…」なんて考えを持たずに、「1日も無駄にはできない」という気持ちで、就職活動に挑んでもらいたいのです。

フリーターは何歳まで許される?フリーターのまま30歳になると正社員が難しくなる! フリーターは何歳まで許されるのか…。 現在フリーターとして働くあなたは、いつまでフリーターでいても大丈夫なのか心配になって...

ただし就職活動においては焦りは禁物である

ただし、就職活動においては、焦りは禁物である

「1日も無駄にはできない」という気持ちで、就職活動に挑むことが大切です。ただし、「1日も無駄にはできない」という気持ちは大切ですが、焦りは禁物でしょう。

焦って就職活動を進めても、ろくなことはありません。きちんと、適職診断・応募企業の決定・応募書類の作成・面接など、すべきことを確実に行っていくべきなのです。

「1日も無駄にはできない」という気持ちを持ちつつも、「じっくりと就職活動を進める」という気持ちも持って、就職活動に挑むようにしてください。

「今すべきこと」をきちんと見極めて、後回しすることなく就職活動に取り組めば、効率よく就職活動を進めていくことができるのでしょう。

じっくりと、自分が活躍できそうな会社を見極めてください。仮に、自分に合わない会社に入社してしまうと、せっかく正社員になったのに、辞めざるを得なくなってしまうかもしれませんよ。

もちろん、正社員になることが大切です。しかし、正社員として長く勤め続けることのほうが、より大切なことなのです。

フリーターが焦りと危機感を感じる理由とは?苦しい状態から抜け出す8つの対処法 フリーターでは「焦り」や「危機感」を感じるのも当然のことでしょう。 「このままではマズイ…」 「これからどうなるのだろう…」 ...

フリーターだった理由はきちんと用意をしておこう

フリーターであった理由は、きちんと用意をしておこう

フリーターから正社員を目指して就職活動を行う場合は、「フリーターであった理由」をきちんと用意しておくことが大切です。

面接においては必ずと言っていいほど、「フリーターであった理由」を答える機会があるはずです。また、応募書類を書く際にも、「フリーターであった理由」を書くことで、書類選考を突破しやすくすることができるかもしれません。

もちろん、説得力のある「フリーターであった理由」を、用意しておくことが大切です。例えば、「正社員になるのが面倒でフリーターを続けていました」なんて、バカ正直な「フリーターであった理由」を用意してしまったら、一向に採用をもらうことはできないでしょう。

さまざまな角度から自分を見つめてゆき、じっくりと考えていけば、説得力のある「フリーターであった理由」を用意することができるはずです。

また、「フリーターであった理由」を用意することができたら、何も見ずに言えるようにしておきたいですね。先述したように、面接においては必ずと言っていいほど、「フリーターであった理由」を答える機会があります。

「フリーターであった理由」を自信を持って答えられるようにするためにも、何も見ずに言えるように準備をしておきましょう。

 

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。