無職・フリーター

フリーターで税金の支払いがきついと感じた体験談

あなたは、フリーターで「税金の支払いがきつい」と感じていませんか?

所得税・住民税・国民健康保険・国民年金など…。フリーターの少ない給料の中から、これらを捻出するのは、正直めっちゃキツイですよね。今回は、フリーターで「税金の支払いがきつい」と感じた私の体験談をお話します。

あなたがフリーターで「税金の支払いがきつい」と感じているなら、参考になる話だと思いますよ。正社員は色々な税金をお給料から天引きしてくれますが、税金の支払いに関して無知だった私は、フリーターの期間に様々な税金を滞納してしまいました。

払込書が届いても放置、督促のハガキもあまり気にせず、電話がかかってきて初めて自分で支払わなければいけないとわかりました。

その後分納の手続きをして1年間かけて支払ったのですが、同じ時期に奨学金の滞納分も分納することになったので、生活費で自由になるお金が全てそれらに消えました。

バイトを増やし、納税のために働いているような毎日でとてもきつかったです。自分の無知が招いたことなので勉強と思って頑張りましたが…。手元にお金があると、それを全部使っていいという錯覚に陥りがちです。

そういった支払いも後から来るということを覚悟しておかないと、しんどい思いをすることになります。そのことを頭に入れておくのが良いでしょう。国保、年金の支払いは実際にきついと感じています。

毎月30000円近く固定で持っていかれてしまうので、月収が16万程度の自分にとっては結構しんどい出費になりますね。前年の収入で、税金の額が変わります。ただ、正社員のように収入が固定でもなければ、前年より多くなることも少ない。

収入が増えることより減る確率の方が高いため、前年の収入を基準にされるときついです。住民税も自主徴収のため会社で払われるより高い。体調不良などで働けないときは当然給料もかなり下がるので、体調を崩したらまず考えるのはお金のことになってきます。

どんなに具合が悪くても休めなくなるのです。お金がなくなってしまうので、自転車操業のような状態になってしまうでしょう。税金のことを思い出し、もろもろの税金各種を払えるよう備えておくことが大切です。フリーターの時は税金に関わらず、お金の支払いには本当に苦労しました。

正社員で働くのとは、そもそももらえるお金が違うのですから。ボーナスなんてありません。なので、滞納しがちになるのは、国民健康保険と国民年金です。催促通知が来るといつでも暗い気持ちになりました。

アパートの家賃、生活費、携帯代を払うと、とてもそれらまでは賄いきれませんでしたね。市役所からの通知をしばらくは無視していましたが、ずっとそういうわけにも行かなくなって、市役所に相談して、分割にしてもらったりしていました。

とはいえ、分割ですから、払うことには変わりありません。溜まったものが減るわけでもありませんから。夜勤をしたりして、寝ずに働いていましたね。税金の支払いのために…。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...

【体験談】実際にフリーターでどのくらい税金を支払っていたのか?

払込書を無視していた私は、住民税、国民健康保険、国民年金を1年間滞納していました。分納の手続きをして支払うことになりましたが、通常払う税金プラス滞納分をを支払うので、毎月5万近くが税金の支払いで消えました。

元々漫画喫茶のバイトをしていたのですが、夜は居酒屋でのバイトも始めて、納税に追われる日々でした。

住民税年間で18万ぐらい。

「均等割」と言って年収が低くとも最低負担(応益負担)しなくてはならない額があり、市民税が高いので有名な横浜在住であり、辛いものがあります。約15,000円の分納です。

国民健康保険料は、2万円弱。

こちらも年収に比例しますが(ある程度の控除後の10%弱)、やはり会社の補助がないためかなり高いです。年で総額25万弱、毎年6月から10ヵ月に渡り毎年2万円弱ずつ払っています。健康で大して医者に行かないので皆保険制度が逆に呪わしくなります。

国民年金保険料は、1万6千円くらいです。

これが一番きついですね。(払いたくないという意味で)年金不安から払っていない人も多く、税金系より取り立てはさほど厳しくありません(払わなきゃ返って来ないだけ)。

ただ老後のこともあるので、私は今の所頑張って払っています。地味に所得税が毎月3000円ほどかかっているのも、ボーナスがない自分にとっては痛いなと感じています。

アルバイト先で今後社会保険に加入させてくれるという話が出てきているので、少し希望は見えているのですが…。もう少し自分の税金の負担が減って、自由に使えるお金や貯蓄を増やしたいなという事は常に感じます。

フリーターで税金が払えないときの対処法は?

「税金が払えない!」と感じたときはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、フリーターで税金が払えないときの対処法を考えていきます。

フリーターで税金が払えないときの対処法1.次の月に回す

今月は本当に無理と感じた時は、支払いを次の月に回していました。国民年金保険料を後回しにして、支払が遅れてしまうことが時にあります。すると、回収代行業者から「督促」の電話が入ります(借金の取り立てのような厳しい感じではありませんが)。

多少遅れても、追徴利息などはすぐには付かないため、収入を待って払ったりします。しかし来月になれば、また厳しい状況で払えなくなりますね。1ヶ月~2ヶ月くらいなら督促が来ても差し押さえなどが実行されることはありません。

そこからまたズルズルといってしまってはいけないのですが、ダメな時は次の月に回して、お給料が入ったらまず支払いをしていました。

フリーターだと、体調不良で数日休んでしまったり、どうしても休まないといけないとなった時に当然お給料が減ります。なので、その後はがっつりシフトを入れて、前の月分もきちんと払えるように調整していましたね。

ある程度かかる金額を把握していたので、手持の貯金から支払っていました。それでも結構な金額なので、バイト代だけでは大変でしたね。

フリーターで税金が払えないときの対処法2.働く時間を増やすこと

どうしてもカツカツで税金が払えないという事になったら、まずは働く時間を増やすことです。しかし、これは最終手段だと思っています。疲れてヘトヘトになって、生活のクオリティが下がってしまうからです。

バイトを増やすよりも、「正社員になる」ように動いたほうが建設的でしょう。ナイトワークで数日でお金は作りましたが、その時は体力的にもきつかったです。毎月少しずつ貯金をしていれば良かったです。

でも、フリーターなので収入も毎月の差があるため、貯金できる時が限られています私の場合は、将来税金や他の固定費を払えなくなるというリスクを減らすために、副業を始めました。

確かに収入が増え、月に3万ほど貯蓄のペースが上がったのですが…。収入が増えたことによって、払う税金も増えてしまったのが悩みどころでもあります。

フリーターで税金が払えないときの対処法3.親に借りる

その他、どうしても足りない場合は恥ずかしながら親に借りたりすることもあります。差し押さえはもう止める事ができない所まできてしまっている…。

なんの手の打ちようもなく、一人暮らしで生活費として残るお金が無くなってしまった為、お恥ずかしいですが親に助けてもらいました。こうなる前に、役所で相談をするべきでしたね。

フリーターで税金が払えないときの対処法4.役所に相談に行く

転職後、国民年金は、若年者控除という制度を教えてもらったので、申請しました。就業するまでの短い期間でしたが支払わない(=将来もらえる額が減る)策を取りました。住民税は、支払い書を持って、区役所に相談に行きました。

結果、3ヶ月納期ではなく、毎月の支払いに分割してもらいました。しかし、支払遅延料がかかったので、実際30万円以上払っていたと思います。

フリーターで各種税金を放置するとどうなる?

フリーターで各種税金(所得税・住民税・国民健康保険・国民年金など)を放置するとどうなるのでしょうか?払込書をそのままにしておくと、督促の払込書をハガキが来ます。そのまま支払わないでいると、違う色のハガキで同じような督促状が届きます。

それでも支払わないでいると警告文が届き、このまま払わないと差し押さえします等の具体的な処置が提示されます。そして、それぞれの機関から督促の電話がかかってきます。さらに放置していると、給料が差し押さえになって銀行口座から滞納分全額が引かれるということです。

残高が足りないと口座も使えなくなりますし、次の月生活ができなくなります。健康保険はきちんと支払わないと、協会けんぽから脱退になります。

国民健康保険は2年と1か月の支払猶予はありますが、ちゃんと申請しないと3ヶ月後くらいに支払っていない分の明細と金額と、支払うよう文書が届きます。

私は以前、一度住民税を放置していたことがありました。たまたま別の地域に引っ越すタイミングだったので、督促も無視していたのですが、後日区役所から連絡があり住民税が未払いであるとのこと。

改めて納付書を送るとのことで、さらにそれを無視していると、なんと、給料が振り込まれる口座が差し押さえられたのです!

当時その口座以外にお金の当てが全くなかったため、恥を覚悟で親に連絡をしました。理由を説明して支払いをお願いして、何とかなりましたが…。当たり前に生活するだけも自分でできないのか、という情けなさを痛感した出来事でしたね。

税金を放置すると、支払わなくてはいけない額がどんどんと貯まるということを痛感しました。年金以外の税金は、滞納すると差し押さえがきます。自分だけではなく、家族にまで迷惑をかける可能性があるでしょう。

どちらにしても、税金からは逃げられません。払えない場合は、市役所の担当者に相談しましょう。「少しずつでも払っていく」と、税金を払い続ける意志を示していく事が大事です。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
フリーターでみじめだった私の体験談。早く抜け出さないと惨めな人生を送ることになる! あなたは、フリーターとして働くことは「惨め(みじめ)」だと思いますか? 私は、フリーターはみじめだと思います。フリーターは...
フリーターが焦りと危機感を感じる理由とは?苦しい状態から抜け出す8つの対処法 フリーターでは「焦り」や「危機感」を感じるのも当然のことでしょう。 「このままではマズイ…」 「これからどうなるのだろう...
フリーター生活が「つまらない」9つの理由。そう感じたときこそ抜け出すチャンス! フリーター生活で「毎日がつまらない」と感じていますね。フリーターがつまらない原因は、概ね以下のようなことでしょう。 単...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。