転職コラム

施工管理から転職を考えている20代におすすめの転職先を紹介|異業種にキャリアチェンジできる?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
施工管理から転職ってできますか…?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
いろいろな業種に転職できる可能性があるよ!

施工管理とは、建設現場の全体的な管理を行い、現場の技術者たちを監督する仕事です。

一般的には肉体労働や残業の多いハードワークとして知られており、異業種に転職を考える人も多々います。

本記事では、施工管理から転職を考えている20代の方向けに、おすすめの転職先をご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

本記事でわかること
  • 施工管理からおすすめの転職先
  • 施工管理が転職しやすい理由
  • 施工管理からの転職でおすすめのエージェント

20代で転職するなら、20代の若手を対象とした転職エージェントのマイナビジョブ20’sがおすすめです。

未経験歓迎の求人が多いため、異業種への転職ができる可能性も高くなっています。

マイナビジョブ20\業界大手のマイナビが運営!/
マイナビジョブ20’s
公式HPを見る

20代が施工管理から転職する主な理由

20代が施工管理から転職する主な理由

以下では、20代が施工管理から転職を検討する主な理由をご紹介していきます。

実際にどのような悩みがあって転職するのでしょうか。

残業や休日出勤が多い

施工管理の仕事は多岐にわたるため、残業や休日出勤が多くなります。

基本的に建設現場では職人さんたちよりも早く出勤し現場の掃除、作業中は指示を出すために現場で走り回り、職人さんたちの手伝いをすることも多いです。

さらに定時後は残った事務作業をするので、残業や休日出勤が日常茶飯事で肉体的な負担が大きくなります。

仕事に忙殺されてプライベートの時間も少なく、転職を検討する人が多いです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
やることがとにかく多いんですね…

人間関係が悪い

施工管理とはいっても現場の職人さんたちの直属の上司ではないので、年上の人に指示をするのにも気を遣います。

職人さんたちもガテン系の方が多く、人間関係がうまくいかないと大変です。

さらに自分の会社の中では下っ端で、現場ではベテランの職人さんたちとの板挟みになってしまうため、精神的につらく感じる人が多いのでしょう。

大変な割に顧客から直接感謝を伝えられることも少ないのでやりがいを感じる機会も少なく、転職を検討する理由の1つになっています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
多くの人を管理するのは大変な仕事だよね…

自分に合っていない

どの業界でもあることですが、自分に合っていない仕事に就いてしまうと苦労が堪えません。

モチベーションも上がらずどんどん苦しくなるだけなので、早めに転職を検討しましょう。

施工管理は事務方のイメージが強いですが、実際には肉体労働も多く残業や休日出勤がしばしば発生するため「思っていたのと違う」と感じる人も多いです。

転職の際はしっかり自己分析や業界研究をし直して、自分に本当に合った業界・企業に転職できるように行動しましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
無理して続けても苦しくなってしまいます

新しい業界へ挑戦したい

自分の価値観は日々変わるものです。就職してからほかの仕事に興味を持ち、新しい業界へ挑戦したいと考える人は多くいます。

別の業界へ転職したいと考えるなら、できるだけ年齢の若いうちに行動しておきましょう。

20代のうちは市場価値が高いので転職しやすいですが、30代以降になると転職のハードルが上がります。

とはいえ、未経験で転職するのは新卒や経験者に比べて不利であるのは間違いないので、転職エージェントを利用するなど入念な準備をして臨みましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職は20代のうちが有利だよ

20代で施工管理から異業種にキャリアチェンジはできる?

20代で施工管理から異業種にキャリアチェンジはできる?

20代で施工管理から異業種へのキャリアチェンジは十分可能です。

むしろ、転職する人の割合は20代の方が多く、30代の転職は伸びしろの期待される20代に比べてハードルが上がってしまうのは否めません。

特に未経験で異業種にチャレンジする場合は若い世代との戦いになるため、転職を決断したらすぐにでも動きましょう。

新卒や第二新卒との差を埋めて転職を有利に進めたいなら、転職エージェントに相談して選考通過率を上げるのがおすすめの方法です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
未経験職種に転職したいなら早く動いておきましょう

施工管理が転職しやすい理由は?

施工管理が転職しやすい理由は?

施工管理の仕事は大変な反面、さまざまな能力が身につくのでかなり転職はしやすくなっています。

どのような能力が転職で活かせるのか以下で解説していきますので、強みとしてしっかり理解しておきましょう。

マネジメント能力がある

施工管理の詳しい仕事内容は主に以下の4つです。

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 原価管理

このように多岐にわたる仕事内容はすべて環境づくりや管理に関わる仕事で、これ以外にも現場ではリーダーシップを発揮しなければいけません。

多くの業務をこなしてあらゆるマネジメント能力がつくので、マネジメント能力を買われて転職が有利になります。

また、現場で多くの労働者を管理できるほどのリーダーシップは、どの業界でも通用する能力です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
将来の管理職としての能力を期待されるかもしれませんね

計画力やスケジュールの調整能力がある

施工管理の重要な仕事である工程管理は、工期の調整をする仕事です。

工期をしっかり守って予定通り現場を回すには計画やスケジュール調整が必要なため、施工管理を経験するとそれらの能力が身についていきます。

そうした能力は、異業種でも納期を守ることや業務を達成するのに重宝されるはずです。

転職の際は工程管理をする中でどのようにこなしていったのかを明確に強みとしてアピールできるよう準備しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
スケジュール管理能力はどんな仕事でも必要だよ

コミュニケーション能力がある

コミュニケーション能力は抽象的なスキルでアピールする人も多いため、通常選考の場で差をつけるのは困難です。

しかし、施工管理の経験に絡めて「〇人の現場で管理をしていた」など具体的に説得力も持たせられますし、実務的な視点からアピールできれば強みになります。

施工管理の仕事は大変というイメージもありますし、転職エージェントと相談しつつ実務も絡めた強みをアピールできれば差別化ができ、より選考が有利になるでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
説得力を持たせつつアピールしよう!

20代で施工管理から転職する人におすすめの転職先

20代で施工管理から転職する人におすすめの転職先

20代で施工管理から転職するなら、どんなところが良いのでしょうか。

施工管理で得たスキルはさまざまなところで活かす機会がありますが、今回はその中から特におすすめの転職先をご紹介していきます。

ディベロッパー

ディベロッパーは土地開発のプロジェクトマネジメントや品質管理、マンション開発などを行う「土地や街の開発事業者」のことを指します。

ディベロッパーの不動産業界の中での立ち位置は売主側です。

依頼主側で働けるだけでなく、残業や休日出勤の多い施工管理に比べてディベロッパーは定時に帰社できることも多く、ワークライフバランスが取れています。

また、土地開発事業者は大手企業であることも多いので、大手企業に転職できれば大幅な年収アップも狙えるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
大手企業が多いから、労働環境の改善が見込めるね

不動産

不動産は、仲介業者として家や建物を個人に売買する仲介業者で、大きく「売買仲介」と「賃貸仲介」に分類されます。

不動産営業は外回りで大変とよく言われますが、肉体労働もなく施工管理で鍛えた体力があれば問題はないでしょう。

さらにコミュニケーション能力、建築物への知識も十分活かせるため重宝されるはずです。

施工管理と違って頻繁な勤務地の移動に悩まされる心配もなく、生活設計に苦労することもありません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
対顧客でコミュニケーション能力を活かせます

設備管理

設備管理の仕事は病院や学校、ビルなどの建物に設置されている設備を管理する職業です。

施工管理の仕事をしていた人なら建物の構造にも詳しく、学んだ知識も活かしやすい職業と言えるでしょう。

設備管理は日勤の仕事と夜勤の仕事があり、日勤は設備点検が多く、夜勤は有事に備えて宿直という形の業務が多いです。

施工管理のように重労働ではありませんし、勤務形態も過酷ではありません。

また、設備についてより専門的な知識もつけられます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
建物に関わりつつも労働環境を変えられるよ

都市再生機構

独立行政法人都市再生機構は、国土交通省所轄の独立行政法人です。

都市再生機構の事業は主に以下の3つです。

  • 都市再生
  • 賃貸住宅
  • 災害復興

都市再生は民間事業者などと協力して地域活性化や防災性の向上、賃貸住宅では公的な賃貸住宅の管理、災害復興では自然災害の復旧支援および復興事業などを行っています。

転職は狭き門になるかもしれませんが、施工管理の仕事であればすべての事業で建築物の知識が活かせるため、活躍できる可能性は高いでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
公的機関への転職も魅力的ですね!

資材メーカー

資材メーカーの主な業務内容は設計や研究から生産、営業まで幅広いです。

施工管理の仕事に携わっていた人なら、原価管理で材料のやりくりをすることもあるので、直接関わりのあった業界への転職になります。

資材についての知識もあるため転職もしやすく、仕事に慣れるまでに時間はかからないでしょう。

施工管理と違って極端な残業や肉体労働も多くないため、安定した生活設計を立てられます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
直接関わりのある業界だから馴染みやすいね

20代で施工管理からの転職を成功させるためのポイント

20代で施工管理からの転職を成功させるためのポイント

ここからは、20代で施工管理からの転職を成功させるポイントについて、具体的に解説していきます。

現在転職を考えている人には必見の内容になっているので、ぜひチェックしておきましょう!

実績や経験を棚卸ししてわかりやすく説明する

転職の際は前職での実績や経験を見られる場合が多いです。

選考では施工管理者時代の実績や経験を棚卸ししてわかりやすく説明できるよう、転職活動をするいちばん最初にまとめておきましょう。

まずは紙などに一通り書き出してみると、自分の持っているスキルが明確になります。

そこから精査して、面接官に伝わりやすくもっとも自分をアピールできる形にしていきましょう。

実績をただアピールするだけでなく、その実績を作るに至った経緯と自身の行動を伝えられるよう意識してください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自身のスキルのアピールは必須です!

転職理由を明確にする

選考では必ず転職理由を聞かれますし、未経験の業界であれば異業種を希望する理由も聞かれます。

質問されて焦らないように、前もって転職理由は明確にしておきましょう。

そもそも「転職理由」は「退職理由」と違い「どうして転職したいか」について聞かれているので、まずは質問の意図に気をつけてください。

転職理由はマイナスな理由だと印象が下がってしまいかねません。

マイナスな理由であっても前向きな理由に変換して話せるように、事前によく練って置く必要があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
書き出すとわかりやすくなるよ

20代に強い・希望業界に強い転職エージェントを利用する

本記事をご覧いただいている20代の方の中には、転職経験がない方も多くいると思います。

全員が同じラインで就活をしていた新卒の時と違い、転職は実績も経験も異なるライバルに勝って内定を手にしなければいけません。

そのため、新卒就活以上に自己アピールをしっかりする必要があります。

ライバルたちに差をつけて転職を有利に進めるなら、転職のすべてをサポートしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

また、転職エージェントを利用すれば非公開求人に応募できるほか、選考対策も徹底的に行ってくれるため、内定率が各段に上がります。

特に、20代に特化しており自分の志望業界に強い転職エージェントを利用しましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
志望業界の内定率を上げるなら転職エージェントを利用しましょう!

施工管理からの転職する20代におすすめの転職エージェント

ここからは、施工管理からの転職を狙っている20代におすすめの転職エージェントをご紹介します。

どちらも20代向けの転職エージェントなので、ぜひ利用して転職のプロにサポートしてもらいましょう。

マイナビジョブ20’s|未経験可能求人が豊富にある!

エージェント名 マイナビジョブ20’s
おすすめ度
料金 無料
求人数 公開求人:非公開
非公開求人:非公開
(2022年11月25日時点)
今の求人数:公式HP参照
対象年代 20代
対応エリア 全国
オンライン面談 可能
得意分野 IT、営業、メーカー、レジャー
公式HP https://mynavi-job20s.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社
マイナビワークス
拠点 新宿・横浜・名古屋
大阪・神戸
書類添削の有無 あり
面接対策の有無 あり
スカウト機能の有無 あり
連絡手段 電話、メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
  • 既卒・第二新卒の20代に特化した求人の紹介
  • 相談から内定後のフォローまでサポート
  • 求人数が多く対応地域も全国

マイナビジョブ20’sは既卒や第二新卒、20代に特化した転職エージェントです。

20代を専門に29万人以上の利用者をサポートしてきたため若手の転職事情については熟知しており、的確な転職サポートをしてくれます。

全求人が20代を対象としており、その中でも未経験可能求人が全体の70%以上と豊富にあるため、異業種への転職も十分に可能なのも大きな魅力です。

紹介求人も正確な適性試験やアドバイザーからのサポートであなたに合った企業を紹介してくれ、定着率は93.6%とミスマッチが少なくなっています。

大手マイナビ系列の転職エージェントで信頼性や各業界へのパイプも抜群なので、転職の入り口としてぜひ登録しておきましょう。

\20代の転職に特化!/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビジョブ20'sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは?第二新卒特化型エージェントとして有名な「マイナビジョブ20's」の評判、口コミを体験談付きで紹介しています。質の高いキャリアコンサルタントや無料で受けられる適性診断は評価が高いですが、実際の評判や口コミは?また、そのほか大手エージェントと求人数も比較。ほかと比べてどうなのかを調査しています。...

KSキャリア|建築・建設業界内の転職をしたい20代向け

エージェント名 KSキャリア
おすすめ度
料金 無料
求人数 非公開
対象年代 20〜40代
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
得意分野 不動産・建設業界
公式HP https://ks-career.co.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 KSキャリア
株式会社
拠点 東京都中央区
八重洲2-4-1
住友不動産
八重洲ビルB1F
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無 ×
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
  • 不動産・建設業界に特化
  • 最短2週間で転職可能
  • 利用者の入社半年後の定着率が92%

施工管理の経験やスキルを活かして建築・建設業界内の転職をしたい20代の方は、不動産・建築業界に特化したKSキャリアを利用しましょう。

運営の親会社がケイアイスター不動産株式会社で、ほかの転職エージェントよりも業界内の事情に精通しており強いパイプも持っています。

そのため、建築業界に有利になるための書類添削や受かりやすい選考対策をレクチャー可能です。

また、企業ニーズも熟知しており転職する人に最適な企業が紹介できるため、ミスマッチが少なく定着率は92%と高い水準を誇ります。

建築業界に精通したアドバイザーがあなたの前歴からあなたに合わせた強みを引き出してくれるので、建築業界を希望する人は利用して間違いのないエージェントです!

\不動産・建設業界へ転職!/
無料登録をする
(公式サイト)

KSキャリア株式会社の評判・口コミはやばい?実際に利用した方の口コミを調査 { "@context": "https://schema.org", "@type": "FAQPage", "...

よくある質問

よくある質問

ここからは、施工管理から転職する上でよくある質問にお答えします。

転職を始める前に不安を解消しておきましょう。

施工管理からIT業界への転職はできる?

施工管理からIT業界への転職は可能です。

IT業界は門戸が広く未経験歓迎の求人も多いため、異業種の中でも挑戦しやすい業界と言えるでしょう。

現在は学べる環境も整いやすいので、特に転職エージェントやスクールでスキルをつけながら転職活動を進めれば、より優良な企業も狙えます。

【今がチャンス!】IT転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト10選|IT向け転職エージェントの特徴を紹介 IT業界は人材が不足しており、転職先を見つけやすいのが特徴です。求職者1人に対して求人数6.82件という、他の業種よりも...

施工管理から異業種に転職しやすいベストなタイミングは?

転職市場では30代よりも20代の方が将来性も期待され市場価値が高くなっているので、転職を決断したらできるだけ早く動きましょう。

特に未経験業界を希望するなら、吸収力のある20代のうちに転職しておくのがベストです。

この記事をご覧いただいている方は早ければ早いほどいいので、選考を受けたり転職エージェントに登録しておくのをおすすめします。

20代におすすめの転職エージェント・サイト22選|未経験業界〜20代後半までおすすめのエージェントを紹介 転職エージェントを利用すれば、求人紹介・書類添削・面接対策などのさまざまなサポートが無料で受けられます。企業との面接スケ...

20代でもハイクラス向けの転職エージェントは利用できる?

20代でも年収アップを目指してハイクラス向けの転職エージェントは利用できます。

ただし、ハイクラス向けの転職エージェントを利用するためには年収に条件などがあるため注意しましょう。

本サイトではおすすめの転職エージェントをご紹介しているので、興味のある方はぜひそちらも合わせてご覧ください。

20代でハイクラス転職を目指す人におすすめの転職エージェント・サイト11選 近年、キャリアをバリバリと築いていきたい20代を中心に、若手のハイクラス転職が人気を博しています。 しかし、一般的...

まとめ

施工管理は業務の中でさまざまな知識や経験ができるため、転職においてはどの業界にとっても魅力的なスキルが身についています。

仕事が辛かったり不満があって転職を検討している人は、市場価値の高い20代のうちに転職活動を始めましょう。

仕事で忙しい中でも転職活動を楽に進めたいなら、転職エージェントのマイナビジョブ20’sに登録するのがおすすめです。

未経験歓迎の求人も豊富に扱っているので、ぜひ自分のやりたい仕事にチャレンジして充実した生活を送れるようになりましょう!

\20代の転職に特化!/
無料登録をする
(公式サイト)

ABOUT ME
九条辰季
東京生まれ東京育ち、日本大学芸術学部文芸学科卒。政治・就職・転職・ゲームなど幅広い分野で活動中の雑食webライターです。youtube動画や漫画のシナリオも書いています。趣味はキャンプ・バレーボール・ゲーム。 大学在学中からラジオ局ライターとして勤務し、国家公務員を経て現在はライターに出戻り。読者の日々が彩り豊かになるような文章を目指して執筆しています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。