転職エージェント

総務の転職におすすめのエージェント6選紹介|未経験者には難しい?転職に有利な資格や気になる年収事情も解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
未経験から総務に転職してみたいです。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
総務に転職したいなら、おすすめの転職エージェントがあるよ。

総務へ転職する場合は転職エージェントの利用がおすすめです。希望条件に合った求人を提案してくれるので、効率よく転職活動を進められるでしょう。そこで本記事では、総務の転職におすすめの転職エージェントを6つご紹介します。

そのほかにも、総務転職におすすめの資格や総務の仕事内容などを詳しく説明します。総務への転職を考えている人は、ぜひ最後まで記事を読んでみてください。

目次
  1. 未経験者は難しい?総務転職の実情&ポイント解説
  2. 総務の仕事内容は?
  3. 総務の転職に有利!スキルや資格紹介
  4. 総務職の男女別・世代別の平均年収公開!
  5. 総務転職のメリット紹介
  6. 総務転職のデメリットは?
  7. 総務転職におすすめの転職エージェント
  8. 総務転職に関するよくある質問
  9. 総務への転職は転職エージェントの利用がおすすめ

未経験者は難しい?総務転職の実情&ポイント解説

総務への転職は未経験者にとって難しいのでしょうか。ここからは、総務転職の実情とポイントを解説します。

  • 第二新卒なら未経験でも転職しやすい
  • 30代・40代の転職は経験者採用が多め

それぞれ詳しく確認していきましょう。

20代|第二新卒なら未経験でも転職しやすい!

後輩ちゃん
後輩ちゃん
20代の転職は比較的有利なんですね。

20代で総務の転職を目指す場合、第二新卒なら未経験でも転職しやすいでしょう。なぜなら、第二新卒は実績・経験よりもポテンシャルを評価されるからです。

第二新卒であればほかの職種からの転職であっても、採用の可能性は十分あります。ただし、なぜ未経験から総務を目指そうと思ったのか論理的に伝えなくてはいけません。

志望動機があいまいなままだと、採用側が不信感を抱いてしまいます。第二新卒が採用されやすいからといって油断することなく、採用側に伝わりやすい志望動機を考えましょう

30・40代|経験者採用多め!未経験者は?

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
30代・40代になると、即戦力としての働きが期待されているよ。

30・40代の転職は経験者採用が多い傾向にあります。総務として働いた経験はもちろん、部下・後輩のマネジメント経験があると採用可能性は高まるでしょう。

一方、未経験から転職する場合は20代と比較するとややハードルが高い傾向です。30・40代は即戦力としての働きが期待されているため、30・40代からの未経験転職は採用意欲が低下してしまう企業も少なくありません。

しかし、資格や実績があればアピールできるチャンスはあります。未経験の転職だからといって諦めることなく、資格取得や実績づくりを怠らないことが大切です。

【ポイント】未経験歓迎の求人へ積極的に応募!

未経験から総務を目指すなら、未経験歓迎の求人へ積極的に応募するとよいでしょう。未経験歓迎の求人であれば採用のハードルが比較的低く、ポテンシャルを重視してくれます。

転職サイトや転職エージェントなどのサービスを利用すると、未経験歓迎の求人を多数閲覧できます。まだ転職サービスに登録していない人は、この機会に登録してみてください。

総務の仕事内容は?

総務の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。総務のおもな仕事内容は以下のとおりです。

  • 備品の管理・購買
  • 福利厚生制度の実施・社内行事の運営
  • 来客・電話対応
  • その他(法務・労務管理・採用業務 など)

それぞれ詳しく確認していきましょう。

備品の管理・購買

後輩ちゃん
後輩ちゃん
従業員にとって働きやすい環境づくりが大切なんですね。

総務の仕事の代表例として、備品の管理・購買が挙げられます。例えば、ボールペンやコピー用紙、名刺などの消耗品を管理するのが仕事です。

社員から要望があれば追加で発注するのはもちろん、備品が尽きてしまわないように残量をチェックします。社員が仕事をしやすいよう、細心の注意を払って気配りすることが大切です。

また、パソコンやデスクなどのOA機器やオフィス家具も管理します。台帳に個数や状態を記載し、管理していく方法が一般的です。もし故障や不備が生じた場合は、業者を呼んでメンテナンスしてもらうこともあります。

福利厚生制度の実施・社内行事の運営

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
社内行事を円滑に進められると、総務としてやりがいを感じられるよ。

福利厚生制度の実施・社内行事の運営も総務の仕事内容に含まれます。おもな社内行事のひとつに社員旅行が挙げられるでしょう。

社員旅行の行き先や旅程の企画をしたり、飛行機・新幹線の手配やホテルの予約なども行います。社員が安心して社員旅行を楽しめるように、計画的に準備をする必要があるでしょう。

また、株主総会の企画・運営も総務のメイン業務です。年に1回開かれる株主総会は、企業にとって重要なイベントのひとつです。総務は会場の手配を済ませるほか、当日の運営も行う場合があります。

来客・電話対応

後輩ちゃん
後輩ちゃん
総務は会社の窓口なんですね。

企業へ来客があった場合は、まず総務が担当します。応接室まで来客を案内するほか、お茶出しも仕事内容に含まれます。来客に対して失礼がないように、礼儀・マナーを徹底する必要があるでしょう。

また、電話対応も総務のメイン業務です。企業が記載している代表電話番号は総務へつながる場合が多いため、総務が電話対応をしなければなりません。なかにはクレームの電話がかかってくることもありますが、毅然とした対応が求められます。

その他(法務・労務管理・採用業務 など)

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
総務の仕事はさまざまな種類があるんだね。

そのほかにも、総務の仕事は多岐に渡ります。人事部がない会社では、従業員の労働時間を管理し、給与計算を行うのも総務の仕事に含まれる場合があるでしょう。新しく社員が入社した際は、社会保険の手続きも総務が行います。

また、採用業務も総務が担うことも少なくありません。採用媒体の選定や応募者の管理、面接日時の設定や面接官のスケジュール調整など幅広く対応する必要があります。

そのほかにも、法務がいない企業では契約書の作成・管理を行うのも総務の仕事です。専門的な知識が必要となるため、正確な対応が求められるでしょう。

総務の転職に有利!スキルや資格紹介

総務の転職に有利なスキルや資格はどのようなものがあるのでしょうか。スキル・資格はそれぞれ以下のとおりです。

【スキル】

  • タスク・スケジュール管理能力
  • コミュニケーション能力

【資格】

  • 日商簿記
  • 社会保険労務士
  • 人事総務検定

それぞれ詳しく確認していきましょう。

スキル①タスク・スケジュール管理能力

後輩ちゃん
後輩ちゃん
マルチタスクをこなすには必要な能力ですね。

総務として仕事を進める際、タスク・スケジュール管理能力が重要です。総務は会社全体をサポートする業務なので、全体を見回す力が求められます。

そのため、タスク・スケジュール管理能力があれば仕事がしやすくなるでしょう。特に、複数の仕事を順番にこなしていくマルチタスク能力は不可欠です。

1つのことだけに注目して仕事を進めてしまうと、大事な要件を取りこぼしてしまう恐れがあります。総務として働く場合は、常に全体像を意識しながら仕事を進めるとよいでしょう。

スキル②コミュニケーション能力

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
さまざまな人と接する総務には、コミュニケーション能力が必須だよ。

総務は多くの社員と連絡を取りながら仕事を進めます。そのため、コミュニケーション能力があれば、すぐに仕事へ活かせるでしょう。

ただし、ここで言うコミュニケーション能力は必ずしも自分の話を他人に伝える力とは限りません。なぜなら総務は他部署の人から要望を聞き、実行に移していく仕事がほとんどだからです。

総務は話す力と同様に聞く力も重要視されます。人の話を聞くことが得意な人は、総務としてすぐに活躍できるでしょう。

資格①日商簿記

後輩ちゃん
後輩ちゃん
経理業務を行うとしたら、簿記の資格があると便利ですね。

日商簿記とは企業の経理業務に必要な知識を得られる資格です。例えば、日々の経営状態を記録・管理する際も簿記の知識は役立ちます。

特に、経理担当者がいない企業の場合、総務が経理業務を担うこともあるでしょう。その際、簿記の知識があれば迷うことなく業務を進められます。

日商簿記は1級・2級・3級とわかれており、自分のレベルに合わせて受験可能です。2級・3級はインターネット受験もできるので、トライしやすいのも魅力といえます。

資格②社会保険労務士

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
バックオフィス業務を極めたい人は、社会保険労務士の取得がおすすめだよ。

社会保険労務士は従業員の採用から退職にいたるまで、労務と社会保険に関するさまざまな手続きに対応できるプロフェッショナルです。

例えば、労働社会保険手続き業務や労務管理の相談指導業務、年金相談業務などの業務を担当できます。社会保険労務士の資格を得ると、労務分野のスペシャリストとして重宝されるでしょう。

なお、社会保険労務士は国家資格なので、資格取得はややハードルが高く感じられます。社会保険労務士の資格を取得するためには、長期的な学習プランを計画することが大切です。

資格③人事総務検定

後輩ちゃん
後輩ちゃん
総務としてレベルアップしたいから、受けてみようかな。

総務のスペシャリストを目指したいなら、人事総務検定の資格取得を視野にいれてみてください。人事総務検定では人事総務の知識や法律知識を体系的に学べます。

また、3級/担当者レベル・2級/主任レベル・1級/課長レベルに分かれているのも特徴です。自分のレベルに合わせて受験しやすいので、未経験から総務を目指したい人にも向いているでしょう。

人事総務検定は3級・2級に限り、特別講習が実施されています。労働保険や職場のメンタルヘルスチェックなどの項目をしっかり学べるので、業務に活かせるでしょう。

総務職の男女別・世代別の平均年収公開!

dodaの「平均年収ランキング」によると、総務全体の平均年収は487万円です。男女別の平均年収は下記の表を参考にしてください。

男性 545万円
女性 393万円

男性平均年収のほうが、女性よりもおよそ150万円ほど上回っている結果になりました。女性は出産・育児などのライフイベントによって時短勤務を選択する人が多く、男性よりも年収が下がってしまう傾向があります。

一方、世代別の平均年収は以下のとおりです。

20代 365万円
30代 459万円
40代 546万円
50代~ 701万円

総務の平均年収は50代以降がボリュームゾーンです。理由のひとつとして、50代以降になると課長・部長クラスに昇進し、その分年収もアップしていることが挙げられます。

総務として年収をアップさせたいなら、昇進・昇格を目指して日々の業務に取り組むことが大切です。

※参照:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_02

総務転職のメリット紹介

ここからは、総務に転職するメリットをご紹介します。気になるメリットは以下のとおりです。

  • 資格が必要なく始めやすい
  • 多くの部署と連携がとれ、繋がりができやすい

それぞれ詳しく確認していきましょう。

資格が必要なく始めやすい

後輩ちゃん
後輩ちゃん
資格があるに越したことはありませんが、特別なスキルがなくても始めやすいのは嬉しいですね。

総務の仕事は資格が必要ないため、比較的仕事を始めやすいというメリットがあります。日商簿記や人事総務検定などの資格はあれば有利なものの、必ずしも応募資格として求められるわけではありません。

また、専門スキルや知識なども必須ではないので、どの年代からでも転職しやすいでしょう。特に、第二新卒の若手であればポテンシャルを評価されるため、未経験からでも転職しやすい利点があります。

多くの部署と連携がとれ、繋がりができやすい

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
社内で幅広く人間関係を築けるのも、総務として働く醍醐味だね。

総務の仕事上、多くの部署と交流する必要があります。例えば、営業部の備品申請や経理部で財政状況の整理など、関わる部署は多種多様です。

そのため、会社内でヨコのつながりができやすいメリットがあります。会社内で人脈を築けるので、コミュニティの範囲を広げたい人にも向いているでしょう。

また、他部署の人と交流をしておくと、多くの人から頼られる存在になります。「総務部の◯◯さんだ!」と認識されることも増え、大きなやりがいを得られるでしょう。

総務転職のデメリットは?

一方、総務に転職することでデメリットが生じることもあります。考えられるデメリットが、仕事がルーティンワークになりやすい点です。

総務のおもな仕事は備品管理や発注になるため、決められた仕事を決められた通りに行います。イレギュラーの仕事発生はほとんどなく、人によっては物足りなさを感じてしまうでしょう。単調な仕事であっても、モチベーションを維持し続けることが大切です。

総務転職におすすめの転職エージェント

ここからは、総務転職におすすめの転職エージェントを6つご紹介します。気になる転職エージェントは以下のとおりです。

それぞれ詳しく確認していきましょう。

リクルートエージェント|業界No.1の求人数と転職支援実績

リクルートエージェント
名前 リクルートエージェント
求人数 315,964件
おすすめ度
特徴 業界最大級の非公開求人
オンライン面談 あり
公式HP https://www.r-agent.com/

さまざまな求人を閲覧したいならリクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントでは公開求人12万件・非公開求人18万件以上を取り揃えています。

特に非公開求人は他社の転職サイトに掲載されていない求人が多く、ライバルの少なさがメリットです。募集人数が少ない総務は競争率が激しくなりがちですが、非公開求人なら少ないライバルのなかで転職活動できるでしょう。

また、専属キャリアアドバイザーによる転職サポートも魅力です。はじめて転職活動を行う人はリクルートエージェントの利用を検討してみてください。

 

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

\ 転職成功者はみんな使っている /

doda|業界トップクラスの求人数100,000件

doda
名前 doda
求人数 134,033件
おすすめ度
特徴 業界最大級の非公開求人
オンライン面談 あり
公式HP https://doda.jp/

効率よく転職活動を行いたいならdodaがうってつけです。dodaは転職サイトと転職エージェント両方の機能があり、自分の転職活動スタイルに合わせて利用できます。

例えば、求人情報を見比べたい人は転職サイトとして利用するとよいでしょう。公開求人が9万件以上もあるため、興味が湧いた求人があれば迷わず応募することをおすすめします。

また、自分に合った求人が見つからない場合はエージェントサービスを利用してみてください。専属エージェントが希望条件をヒアリングしたうえで求人を提案してくれるので、自分にぴったりの求人が見つかるでしょう。

 

【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...

パソナキャリア|転職後の年収UP率は67.1%!

名前 パソナキャリア
求人数 37,292件
おすすめ度
特徴 各業界に精通した転職コンサルタント
オンライン面談 あり
公式HP https://www.pasonacareer.jp/

転職後に年収アップを希望している人は、パソナキャリアの利用がおすすめです。2018年の調査によると、パソナキャリアを利用した3人に2人が年収アップを実現しています。

また、安定したサービスを希望している人も、パソナキャリアの利用を検討してみてください。大手人材会社パソナが運営しているので、求人の質にも長けています。非公開求人も多数取りそろえているので、自分に合った求人が見つかるでしょう。

各業界に精通した転職コンサルタントが在籍しているため、転職相談をしやすいメリットがあります。もちろん総務職をはじめとしたバックオフィスへ転職する際も、コンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

 

パソナキャリアの評判・口コミは最高?最悪?パソナキャリアのオリコン満足度1位のサポートは本当か手厚いサポート力が魅力のパソナキャリアですが、ネットでの評判は良いモノも悪いモノもあり、どの情報を信頼すればいいか分からないもの。実際にパソナキャリアを使った筆者が、体験談を含めて口コミ評価をご紹介します。転職エージェント選びの参考にしてみてください。...

マイナビエージェント|サポートが手厚く20代転職に強い

名前 マイナビエージェント
求人数 60,514件
おすすめ度
特徴 履歴書添削・面接対策などサポート内容が充実
オンライン面談 あり
公式HP https://mynavi-agent.jp/

あらゆる条件を絞って求人を探したいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントでは「年間休日120日以上」「リモートワークあり」などの条件から、理想の働き方を実現しやすい求人を探せるでしょう。

また、マイナビエージェントではキャリアアドバイザーのほかに、企業の人事担当者とやりとりをするアドバイザーが在籍しています。企業の雰囲気や人間関係など、求人票には掲載されていない情報を把握しているのが特徴です。転職後のミスマッチを防ぎたい人は、マイナビエージェントの利用を検討してみてください。

そのほかにも、応募書類の添削や模擬面接を実施しています。キャリアアドバイザーと2人3脚で転職活動を進められるでしょう。

 

マイナビエージェントはひどいって本当?マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|マイナビ利用者にインタビュー マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職...

type転職エージェント|マンツーマンサポートで大手求人も多数

名前 type転職エージェント
求人数 22,036件
おすすめ度
特徴 マンツーマンのサポート
オンライン面談 あり
公式HP https://type.career-agent.jp/

実績のあるサービスを求めているなら、type転職エージェントがうってつけです。type転職エージェントは転職支援実績は31万人以上を誇り、利用者の87%が満足しています。

豊富な転職ノウハウを扱っているので、未経験から総務へ転職するのが不安な人でも活用しやすいでしょう。type転職エージェント独自で取り扱っている求人も多数あり、スピーディーに転職活動を行いたい人にも適しています。

専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンで選考対策を行ってくれるため、はじめての転職でも心強い味方になってくれます。総務職への転職で不安なことがあれば、キャリアアドバイザーに相談してみてください。

spring転職エージェント|面談率100%!

名前 spring転職エージェント
求人数 17,512件
おすすめ度
特徴 一気通貫コンサルティングサービス
オンライン面談 要問い合わせ
公式HP https://www.springjapan.com/

腰を据えて長く働ける職場を探すなら、spring転職エージェントがおすすめです。spring転職エージェントでは、求職者のやりとりと企業の人事担当者とのやりとりをあえてコンサルタントが兼任しています。

企業の人事担当者とコンサルタントがやりとりすることによって、企業の採用像がより明確になるでしょう。採用像が明確になると、コンサルタントも求人紹介しやすくなります。機械的にマッチしやすい求人紹介ではなく、腰を据えて働ける求人の提案が強みです。

さらに、コンサルタントは各職種のプロフェッショナルといえます。総務への転職で不明点や悩み事が生じたら、すぐに相談にのってくれるのもメリットです。特に、未経験から総務へ転職したい人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

総務転職に関するよくある質問

最後に、総務転職に関するよくある質問をご紹介します。総務への転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

志望動機のおすすめの書き方は?

採用側にあなたが総務として働いているイメージを持ってもらえるような、志望動機を書き進めることが重要です。

例えば、事務やコミュニケーションを活かした仕事の経験があればアピールしましょう。その際、簿記をはじめとした資格があればアピール材料になり得ます。

また、前職の具体的なエピソードをもとに、総務の仕事にも活躍できる旨をアピールするのもおすすめです。具体的なエピソードがあれば、採用側もあなたが働くイメージを持ちやすいでしょう。

総務職の残業は多い?

総務の残業は比較的少ない傾向にあります。総務の仕事は基本的にルーティンワークが多く、イレギュラーな事態が発生しにくいでしょう。

また、仕事内容を自分で調整できるため、残業時間をコントロールできるのも特徴です。仕事とプライベートを両立しやすく、ワークライフバランスを重視したい人に向いています。

総務の残業時間が多いか気になる人は、事前に企業へ問い合わせてみるのもおすすめです。その際、熱意がきちんとあるとアピールしたうえで、質問してみましょう。

総務職の求人は多い?

総務の求人は少ない傾向です。総務のような管理部門は人数をさほど必要とせず、少人数でも十分仕事を遂行できます。

また、残業時間が少なくて働きやすい総務は欠員が出にくく、新規募集をかける企業は珍しいでしょう。そのため、総務の求人に候補者が殺到することも多く、ライバルと差をつける必要があります。

ライバルと差をつけるためには、資格を取得するのがおすすめです。資格取得が必須でない総務でも、業務に直結する資格を取得していれば採用側の目に留まりやすくなります。特に未経験から総務を目指す人は、ぜひ資格取得にチャレンジしてみてください。

総務への転職は転職エージェントの利用がおすすめ

今回は総務の転職におすすめの転職エージェントや転職に有利な資格、総務の年収事情などをご紹介しました。

総務になるためには特別な資格は必要ではありません。しかし、未経験から総務を目指す場合は資格を持っておくと、ライバルと大きく差をつけられるでしょう。

また、はじめて転職活動を行うなら転職エージェントの利用がおすすめです。自分に合った求人を紹介してくれるので、転職活動を効率的に進められる魅力があります。

ぜひこの記事を参考にしながら、総務への転職を効率的に進めてくださいね!

\ 転職成功者はみんな使ってる /

【皆使ってる】内定欲しい方必見の転職エージェントおすすめ15選|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
経理の転職におすすめのエージェント6選|第二新卒なら未経験も歓迎?志望動機のおすすめの書き方も解説 経理職は女性が多く活躍し、将来のスキルにもつながる人気の職業です。しかし、経理職の転職は「経験者歓迎」のイメージがありません...
おすすめの転職求人サイトランキングを公開|年代別・業種別のおすすめ転職サイト解説|女性が利用したいサイトは? 転職を考えたなら、転職求人サイトまたは転職エージェントの利用がおすすめです。求人数が豊富、ジャンルに特化したサイトなど、...

 

ABOUT ME
表 歩美
2年間で2回転職をした経験を活かし、就活・転職分野をおもに執筆しています。読んでくれる人に寄り添った文章を心掛けています。