無職・フリーター

「フリーターから抜け出したい」あなたがスムーズに正社員になれる方法を教える

フリーターから抜け出したいとあなたは考えていますね。

そう考えていても、フリーターからなかなか抜け出せないのは何故でしょうか?”フリーターになる人”と一口で言っても、「明確に目標がある人」がいれば、「特に深い理由は無い」という人もいると思います。

私はどちらかと言うと後者の方で、明確な理由はないままフリーターを続けていました。その中で周囲からだんだんと取り残されていってるように感じ始め、劣等感を抱くようになりましたね。

例えば、友人が結婚するとか子供が生まれたとか、マイホームを買うなど、そういった話を聞いた時には「みんなどんどん先に行くなぁ…」と自分との差を感じました。

そういった中で、「自分だけ目的もなくフリーターを続けていて大丈夫なのか」という焦りが出てきたのです。考えれば考えるほど将来に強い不安や焦りを感じるようになったので、それはフリーター脱出を決意する大きな理由になりました。

それでも、就職活動にはかなりのエネルギーがいるため、すぐにはフリーターから抜け出せませんでした。私の個人的意見ではありますが、求人情報を見るだけでくたくたに疲れ果ててしまいます。

そして、連絡をとり、履歴書・職務経歴書の作成。スーツの準備、日時の確保。面接のイメージトレーニング。当たり前の流れではありますし、一度経験すれば慣れてきますが、最初はしんどかったのです。この一連の行動が面倒くさくて、その最初で諦めてしまいがちでした。

そんな私を救ってくれたのが、「フリーター向けの転職エージェント」です。これに登録したことで、就職活動が一気に加速しました。フリーターに特化しているため、サポートが充実しています。書類を一緒に作成してくれて、効果的な自己PRも一緒に考えてくれました。

面接練習、日程調整、年収交渉、企業へのアピール、内定後のフォローと徹底的にサポートしてくれたので心強かったです。

これらすべてを無料でおこなってくれるので、フリーターから抜け出せない人におすすめの方法になります。フリーターに特化した転職エージェントを利用すれば、かなり楽に就職活動を進めていくことができるでしょう。

経歴に自信がなくても大丈夫です。ぜひ活用して、勇気を出してフリーターから抜け出してくださいね。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

フリーターでいるとヤバい23の理由。一生フリーターでいいの?正社員になるために大切なことを教える フリーターがヤバいことに、あなたは気付いていますか? 思うような仕事につけなくて、仕方なしにフリーターをしている人もいるか...
目次
  1. フリーターからなかなか抜け出せない9つの原因とは?
  2. フリーターを抜け出して正社員になったら変わることとは?
  3. 一度正社員として働いてみませんか?
  4. 「フリーターから抜け出したい」けど何をしたら良いか分からない人へ
  5. 「今」この時に積極的に就職活動を行おう
  6. 10年後は今より正社員になりにくいかもしれない…
  7. アルバイトの経験も就職活動でアピールできる!
  8. 応募書類をきちんと作成しよう!
  9. 説得力のある「正社員じゃなかった理由」を伝えられるようにする
  10. 将来のビジョンを伝えられるようにする
  11. フリーターに特化した転職エージェントに相談する

フリーターからなかなか抜け出せない9つの原因とは?

ここでは、フリーターから抜け出せない原因をみていきましょう。

フリーターから抜け出せない原因1.慣れた環境だから

慣れた環境を変えることは、とても億劫に感じてしまいます。フリーターは気楽です。アルバイトだけなら責任もないし、休みも好きなように取れます。仕事も難しい事はありません。嫌になったら辞めればいいだけです。

これがフリーターを続けてしまった大きな理由だと思います。高校卒業から25歳まで、ズルズル続けていた生活を改めるには、かなり大変でした。更に時間が経てばたつほど、億劫さが増します、就職に対して恐れを抱くようになりました。

ある意味悪循環です。実家暮らしだったこともあり、経済的には全く問題がなく危機感を感じにくかったので、余計に問題を先延ばしにしていました。

フリーターから抜け出せない原因2.就職活動が面倒だから

就職活動が面倒なことも大きな理由です。まず求人を探すのが億劫で、履歴書を書いてスーツを着ていくのも面倒でした。

そして面接を受けて色々聞かれたり、落とされると自尊心が傷つきます。自分のちっぽけなプライドが、フリーターから抜け出すのを阻んでいましたね。

フリーターから抜け出せない原因3.「まぁいっか」という気持ちに負けるから

フリーター期間が長いと、面接で「なぜフリーターだったのか」と理由を聞かれら困ると思い、就職活動を避けるようになります。なんと答えて良いのか分からないため、面接が億劫で、なかなか正社員への応募が出来ずにいました。

また、フリーターでも実家暮らしで食べるのには困っていなかったので、履歴書に記入する志望動機も自己アピールも考えることすら面倒くさく感じました。フリーターの現状に甘んじ「まぁいいか」と思い、その日暮らしを続けてしまったのが原因です。

フリーターから脱出して正社員になった方が良い10の理由。今すぐフリーターから正社員を目指せ! あなたがフリーターから脱出して正社員になった方が良い理由は何だと思いますか? 私自身が実際にフリーターから脱出して正社員に...

フリーターから抜け出せない原因4.緊張感がないから

フリーターをしていると緊張感が失われていきます。だんだん部屋が汚くなってだらしなくなったり、髪の毛が伸びっぱなしになっていても「ま、いっか」と思ってしまったり…。

そうなると、きちんとした場所へ出掛けるのが億劫で仕方なくなってしまうのです。フリーターをしているときは、周りから「あいつはフリーターだから」と笑われているように感じて自分を卑下することもありました。

それでも、ぬるま湯に浸かっているようなフリーターの状態で、そこから抜け出すのが面倒くさかったのです。「フリーターでもいいじゃないか」と開き直っている一面もありましたね。だからこそ、ぐずぐずしてしまって就職活動への一歩が踏み出せませんでした。

フリーターから抜け出せない原因5.新しい環境へ飛び込む不安

フリーターからなかなか抜け出せず、就職活動に踏み出せない原因は、新しい環境へ飛び込むことへの不安などがあります。自分の時間に融通が利いたり、バイト先である程度の立場を担っているのに、そこから抜け出すのが怖いわけです。

また、「今まで何とかなってきたから、これまでも何とかなる」という根拠のない自信。特に「今までフリーターだった自分が正社員として雇ってもらうことが果たしてできるのか…」という不安が大きいです。

実際はそういった人でも採用するような会社は現在増えており、経験よりもやる気を重要視する会社が非常に多いので安心してください。

転職したいけどまず何から始めればいいの?初めての転職の不安を解消する転職講座 転職活動をするのが初めての場合は、「何から始めればいいんだろう」と悩んでしまいがちです。 しかし、「何から始めればいいんだ...

フリーターから抜け出せない原因6.フリーターが気楽だから

抜け出せないのは、フリーター生活が絶妙に楽だからだと思います。絶妙にというのは、ストレスが完全に0ではないけど、そこまで嫌なことがあるわけではないということです。

続けていて気持ちが気楽で、「抜け出さないといけないのはわかっているけど…」フリーターをやめるという決断ができません。フリーターでいることは、ぬるま湯に浸かっているような状態で心地がよいので、なかなか抜け出せなくなってしまうのです。

フリーターって楽なの?楽ではあるが大変だった私の体験談を本音で話す! フリーターが「楽」だというのは本当なのでしょうか? フリーターは、簡単な仕事を基本的に任せられるので全く仕事経験がない人で...

フリーターから抜け出せない原因7.変化することへの恐怖

変化することへの恐怖があるため、フリーターをなかなか抜け出せないのだと思います。

今のアルバイトを辞めて新しい仕事を探すとなると、かなりの勇気とエネルギーを使います。そのせいで、今のままでいいと思ってしまうフリーターが多いのです。

飲食の正社員を辞めたい13の理由。実際に飲食業で働いていた私の体験談 飲食の正社員を辞めたいと思っていますね? 「辞めたい!」という理由はさまざまあるでしょう。 人と同じ様な休みが取...

フリーターから抜け出せない原因8.責任を持ちたくないから

一番は責任を持ちたくない、縛られたくないというのがありました。

就職して正社員になれば、簡単にやめたりできないし、特別な資格もないので肉体労働や年下の人間に今さら色々教わるのも恥ずかしく、なかなか踏ん切れませんでした。

フリーターでは、働きたければ時間を増やし、働きたくなければ時間を減らすことができます。そしてバイトのミスの責任は結局は社員がとるわけです。

そのため責任感も正社員よりは劣ります。また、就職の際の面接で空白期間をどう説明したら良いのかもわからないので、そのままずるずるフリーターを続けていました。

フリーターから抜け出せない原因9.なんとなく

なんとなくフリーターを続けてしまっているからだと思います。

フリーターでいることでも、自由なことやとりあえず収入があること、責任が少ないのでストレスも少ないなど、ある程度の満足感は得られます。責任感がなく、作業時間の短いため非常に楽です。

多少、フリーターであることに不安を感じつつも、このままフリーターの状態で続けられるならそれでもいいかな、と思ってしまうのでしょう。就職活動は面倒だし、新しい世界は踏み出すのは勇気がいるので、躊躇してしまうのです。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

フリーターを抜け出して正社員になったら変わることとは?

フリーターを続けている限り、不安からくる精神的ストレスが無くなることはないため早く就職することをおすすめします。「このままでいいのか」と自分に対して疑問を持ち始めた時こそが、就職活動を開始するのに1番良い時期なのですから。

やはり早く就職活動をすることで、良い条件で就職出来る可能性が上がるため、出来るだけ早く始めるべきでしょう。あなたの将来のためにも…。

フリーター生活に「うんざり」している人へ。うんざりなら環境を変えて正社員になろう! あなたは今、フリーター生活でうんざりしていますね。 私のフリーター生活は、大学を卒業し、とあるお弁当屋にアルバイト勤務した...

正社員になったら変わること1.経済的に安定する

まず最初に「経済的な安定」が挙げられるでしょう。やはり生きていく上では必要です。正社員になれば、もらえるお金が格段に跳ね上がります。趣味などに使えるお金も増えるので楽しみも増えますよ。

フリーターはどうしても弱い立場にあって、給与面でも正規職員と比較して非常に低い水準に置かれています。多くのお金を稼ぐことだけが人生の目的ではありませんが、お金が生活を安定させてくれるのも確かです。

正社員になったら変わること2.世間体が良くなる

フリーターで世間体を気にしながら生活していると、自分に自信がなく、何に対しても楽しみ切れません。友人と遊んでいても、「正社員として仕事していないのにこんなことしてていいのかな」と思ったりしてきます。

フリーターから正社員になると、世間体は抜群に良くなります。今まで、劣等感で悩んでいたことが、ほとんどなくなるのです。やはりそういった負のマインドから解き放たれ、明るくなれるのも正社員になるメリットでしょう。

正社員になったら変わること3.不安から解放される

 

フリーターは安定もしないし、風邪などで休めばその分給料に響きます。やはり正社員はそうした不安から解放されるというメリットが大きいです。

たしかに、長期の旅行などはいけないですが、選ぶ会社によっては有給を長く取れるところもあるので、必ずしも自由でなくなるわけではありません。

また、働いてみると、正社員でもバンドをやっていたり、物づくりをしていたり、趣味の範囲を超えて活動している人もいます。やりたいことができなくなるわけではないので、寧ろ安定した収入を得ながら自分の活動ができるでしょう。

正社員になったら変わること4.キャリア形成できる

キャリア形成という観点からは、正社員として働いた経験が評価されます。

フリーターでは、キャリアを積み上げていくことができません。将来的に目指したい職種などがあるとしたら、そこに近づくためにも正社員として働いていくことが重要です。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

一度正社員として働いてみませんか?

もしフリーターに不安に感じているなら、一度思い切って正社員として働いてみるのも手です。正社員と一言でいっても、雇用体系や勤務時間は企業によって異なります。働いてみて初めてわかる事の方が、現実的には多いです。

もしも「合わない」と感じたならば、正社員として働きながら他の分野に挑戦する事をオススメします。経済的に安定した上での挑戦なので、精神的な負担は最小限で済むでしょう。

正社員として働くことで、周囲とのコミュニケーションを取り戻すことが出来るので、フリーター期間の遅れを取り戻すことが出来ますよ。

正社員になって、他にやりたいことがあれば平行しながら進めれば良いのです。そうすれば、心理的にも安定します。「ずっとこの仕事をしなければ」と気負わなくてもいいんです。

次のステップアップに活用するという視点が大切になってきます。正社員を経験して、実務で自分のアピールポイントを増やしていきましょう。あなたがフリーターから抜け出して、充実した毎日を送れることを願っています。

フリーターの10の問題点とは?今のうちに正社員を目指そう! フリーターでいることの何が問題なのでしょうか? 私はフリーター歴10年になります。フリーターは、いまの日本では社会的にあま...

「フリーターから抜け出したい」けど何をしたら良いか分からない人へ

フリーターから抜け出したいけどどうすればいいかわからない…。

そのような人でも簡単に就職できる方法を教えます。正社員になったことがない人でも、「今」なら簡単に正社員になることができますから安心してください。では、どのようにすれば、簡単に正社員になることができるのでしょうか?

「今」はとても正社員になりやすい時期だと言えます。この、「今」をチャンスだと捉えることが、簡単に正社員になるための第一歩です。新聞やニュースなどを見ている人であれば、「現在の社会は人手不足である」ということを理解していることでしょう。

実際に、現在の社会は人手不足です。そして、現在の社会が人手不足であるということは、「正社員になりやすい」と考えることができます。つまり、人手不足である「今」この時というのは、簡単に正社員になれるチャンスの時期であるということです。

今後、いつまで人手不足が続くかはわかりません。もし、人手不足でなくなったら、今よりも正社員になるのが難しくなってしまうかもしれませんよ。だからこそ、人手不足である「今」をチャンスだと捉えて、就職活動をするべきなのです。

「今」この時に積極的に就職活動を行おう

「今」この時に積極的に就職活動を行おう

正社員になる決心をしたら、地に足の着いた就職活動を行っていきましょう。転職エージェントに相談して、就職活動の味方を付けることも、正社員になるためには大切なことです。転職エージェントを利用すれば、応募書類をきちんと作成する手助けをしてくれます。

このように、地に足の着いた就職活動を行うことで、より正社員に近づくことができるはずです。よく、「正社員を目指すのはもう少し後でいいや…」と、就職活動を後回しにする人がいるものです。しかし、先述したように、「今」は正社員になりやすい時期です。

「今」は正社員になりやすい時期なわけですから、「今」この時に積極的に就職活動を行うべきなのではないでしょうか。これから先、社会情勢の変化によって、正社員になりにくくなってしまうかもしれません。

もし、今後正社員になりにくくなってしまったら、「あの時に正社員になっておけばよかった…」と悔やんでも悔やみきれないでしょう。

何度も言いますが、「今」はとても正社員になりやすい時期です。つまり、「今」この時に就職活動を行えば、比較的簡単に正社員になることができます。だからこそ、あなたにはチャンスを逃さずに「今」この時に積極的に就職活動を行ってもらいたいと思います。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

10年後は今より正社員になりにくいかもしれない…

AI・ロボットの普及により、「人手が少なくても会社を存続させられる時代」が来るかもしれません。もし、10年後に「人手が少なくても会社を存続させられる時代」が来たら、どうなってしまうでしょうか。おそらく、会社に必要な労働者は少なくなるわけですから、正社員になりにくくなってしまいますよね。

もちろん、今もAI・ロボットは存在します。しかし、まだほとんどの会社は、多くの労働者を必要としています。そのため、「今」この時は、AI・ロボットが普及した時代に比べて、正社員になりやすい時期であるのです。

例えば、あなたが「事務職」を希望するとしましょう。「今」であれば、「事務職」の求人はたくさんありますよね。しかし、AI・ロボットが普及をすれば、事務職の求人は減り、就職しにくくなってしまうかもしれません。

企業が多くの労働者を必要としている今のうちに正社員になるほうが、「簡単に正社員になれる」ということですね。

フリーターでいることに疲れた9つの理由。正社員を目指さないと未来は暗い! フリーターでいることに疲れました。 一言で言えば、自分の境遇が嫌になったからです。給与や社会的信用や保証のなさなど、その他...

アルバイトの経験も就職活動でアピールできる!

あなたが正社員になったことがなくても、仕事をした経験があるのなら、就職活動でアピールをすることができます。例えば、フリーターとして働いた経験だって、就職活動ではアピール材料になるのです。

特に、同じような職種の正社員求人に応募をする場合は、職務内容を積極的にアピールしましょう。その経験が「即戦力」と評価されて、採用に近づくことができるかもしれません。

また、異職種の正社員求人への応募であっても、実績や成果などを臆せず積極的にアピールすれば、採用に近づくこともあるはずです。「アルバイトだから」とアピールしないのはもったいないことです。少しでも役に立ったと思える経験があるのなら、自信を持ってアピールしていきましょう。

[template id=”10278″]

応募書類をきちんと作成しよう!

自分をアピールするためには、応募書類をきちんと作成しなければいけません。つまり、履歴書と職務経歴書をきちんと作成するということですね。

応募書類をきちんと作成できている求職者は、実は意外と少ないのです。例えば、消せるボールペンで書類を作成したり、私服で撮った顔写真を履歴書に貼ったり(スーツが基本です)。

このように、基本的な部分で落とされてしまう人もいます。だからこそ、あなたが応募書類をきちんと作成することは、簡単に正社員になることにもつながるのです。

就職エージェントを利用することで、応募書類の添削を受けることができますよ。また、同時にインターネットや転職関連本などを参考にして、きちんと応募書類を作成するようにしてください。

書類選考を通過すれば、正社員として採用をされるために必ず面接を受けなければいけませんね。そのため、正社員になりたいと考えるのなら、面接もきちんとこなすことも大切です。

面接では緊張をしてしまうものですが、事前に転職エージェントの手を借りて、きちんと練習をしておけば、緊張した中でも、きちんと面接をこなすことができるでしょう。

https://www.career-class.com/work-experience-unstable-resume/

説得力のある「正社員じゃなかった理由」を伝えられるようにする

企業はフリーターに対して、採用することに不安を感じる傾向にあります。例えば、「何で正社員にならなかったんだろう」「人格的に問題があるのかな」といった具合にです。そのため、面接においては、説得力のある「正社員じゃなかった理由」を伝えられるようにすることが大切です。

説得力のある「正社員じゃなかった理由」を伝えられることこそが、簡単に正社員になるための近道でもあります。だからこそ、企業側が納得をするような、説得力のある「正社員じゃなかった理由」を伝えられるようにしてください。

この理由は、転職エージェントに相談することで一緒に考えてくれるはずです。これまで多くのフリーターを正社員に導いてきたプロですから、二人三脚で取り組むようにしてくださいね。

「フリーターから抜け出したい」あなたがスムーズに正社員になれる方法を教える 「フリーターから抜け出したい」とあなたは考えていますね。 そう考えていても、フリーターからなかなか抜け出せないのは何故でし...

将来のビジョンを伝えられるようにする

企業から「将来のことを考えていない」と判断されると、不採用になってしまいます。そのため、将来のビジョンをきちんと考えておくことも大切です。

面接においては、「入社したらどのような社会人になりたいですか?」といった具合に、将来について聞かれるものですよ。また、「30年後はどのようになっていたいですか?」という具合に、遠い将来のことについて聞かれることも多々あります。

このように、面接で将来のことについて聞かれて、きちんと答えることができなかった場合は、「将来のことを考えていない」と判断されることでしょう。

一方で、「将来のビジョン」をきちんと考えていれば、面接で将来のことを聞かれた際に、きちんと答えることができるはずです。面接では将来のことについてよく聞かれるからこそ、「将来のビジョン」をきちんと伝えられるようにしておくべきだと言えます。

将来に対するビジョンを明確に答えられる人は、ライバルから一歩抜きん出ることができます。そのため、正社員になる可能性がグッと高まるのです。

フリーターに特化した転職エージェントに相談する

フリーターから正社員になるために、あなた1人だけで就職活動をするのは、なかなか難しいことです。数多くの求人からあなたに合った企業を見抜くだけでも大変でしょう。

間違った就職活動をしてしまうと、ブラック企業に入社してしまうかもしれません。そのため、フリーターに特化した転職エージェントを利用することが最も有効な戦略となります。

就職エージェントを利用すれば、就職に関するアドバイスを受けることができます。もちろん、応募書類添削や面接練習など、様々な角度から転職支援を受けることもできます。また、あなたに合っている求人を、紹介してもらうことができるのです。

その多くは優良企業で、未経験からでも着実に成長していける環境が整っています。ぜひ、自分に合っている就職エージェントを利用して、優位な形で就職活動を進めるようにしてください。(フリーターの就活を得意としていない転職エージェントも存在するので、きちんと見極めるようにしてくださいね)

では、どのような就職エージェントを選べば良いのでしょうか?まず、フリーターに特化した転職エージェントで、多くの就職実績があるサポート力のあるエージェントを選ぶことが必要です。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。