無職・フリーター

「いい歳してフリーター」の男性を女性はどう見ているのか?女の本音を教えます!

「いい歳してフリーター」の男性を女性はどう思っているのでしょうか?

たとえば、30歳に近い年齢なのに、いまだフリーターを続けていたり、夢を追っているような男性は結構います。そのような男性を、女性は本音ではどう見ていると思いますか?まず第一に、フリーターであるだけで、女性の恋愛対象から外れてしまうことは多いはずです。

フリーターの男性を、結婚相手として真剣に考えられる女性は少ないでしょう。「これからどうするのかな?」「将来のことを考えているのかな?」という厳しい目で見られてしまいます。

あなたが何の根拠もなく、「この先も大丈夫だ」と思っているなら非常にマズイということを知っておくべきです。まずそんな人間だと女性からはおろか、人から信用されることが難しくなってしまうでしょう。

歳を重ねてフリーターをしていること自体は悪ではないですが、今自分がどういう状況に置かれているのかを正しく理解することは大切なことだと思います。

女性のなかには、「夢や目標、やりたいことがあってのフリーターなどの、何かしら信念があるフリーターなら許せる」という人もいるかもしれません。

また、社会人生活に疲れ、会社勤めを辞めて一時的にフリーターになっている男性にも、「長い人生には休憩が必要だ」と感じてくれるような、理解がある女性もいるでしょう。しかし、現実にはそのような女性は少数派。一般的な女性の感覚からいえば、「フリーター=恋愛対象外」なのです。

つまり、フリーターというだけで男として見てもらえないということ。特に、「仕事がしたくないから」という理由や、「特にやりたいことが無いから」と親の脛をかじりながらのフリーターは論外でしょう。

今回の記事では、「いい歳してフリーター」の男性を、女性はどう見ているのか?という女性の本音をお伝えします。「いい歳してフリーターをしている男性」にとっては、耳が痛い話でしょう。その話を受け止めて、しっかり今後の人生を考えていかれることを切に願います。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...

女性は「30歳近くなってもフリーターをしている男性」をどう思うのか?

30歳近くなってもフリーターをしている男性を、女性はどう思っているのでしょうか?正直な気持ちは、

  • いつまでも甘えている
  • 将来のことを考えていない
  • しっかりしてほしい

というものでしょう。やはり女性から見て男性における仕事の比率は高いです。フリーターを続けているだけで、男性として魅力が無いと思われてしまうこともあるでしょう。

そうなった時に自分を変えるために努力するのか、現状を受け入れるのかでは大きくその先が分かれます。自分を変えるために努力して、結果フリーターを抜け出したり大きな功績を残した人というのは女性からは見ても魅力的に見えるはずです。

自分自身のためにも、現状で満足せずに努力を積み重ねていってください。フリーターでいる事自体が悪い事だと思いません。今の時代は働き方も多様化してきていると思うからです。

しかし将来どうなるかも考えずにフリーターを続けていることはマズイのではないでしょうか?しっかり「自分はこれで食べていける」と自信を持って言える収入源を作ることが大切になります。

何か目的があってフリーターをしているのでなければ、将来のことを考えて、持続的に打ち込める仕事を見つけることをおすすめします。それは将来の生活に直結するからです。結婚や子供のことを言っているのではありません。

一人で人生を送るのも一つの考え方です。しかし、何らかの理由で働けなくなる日が誰にでも来ます。その時の保障のために、打ち込めて、しかも税金が払える仕事を見つけること、そして、誠心に働くことを非常に重要になるでしょう。

フリーターであっても、これらのことが満たされているのであれば問題はありません。あとは本人がどのような人生を「幸せ」と感じるかという問題でしょう。

フリーターは何歳まで許される?フリーターのまま30歳になると正社員が難しくなる! フリーターは何歳まで許されるのか…。 現在フリーターとして働くあなたは、いつまでフリーターでいても大丈夫なのか心配になって...

いい歳してフリーターの男性は女性から見て幼稚に見える

いい歳してフリーターの男性は、女性からは幼稚に見えています。フリーターの男性が幼稚に見える理由は、

  1. 社会人経験がないこと
  2. 学びが年齢に追い付いていないこと

が挙げられるでしょう。社会人経験に関しては、就職等で他人に認められる経験をしていないため、責任を持つことを怖がるフリーターの男性も多いのかもしれません。

正社員として他人に認められた経験を持つ人間は、責任を負うことも厭わない姿勢を会社の中で培っていきます。フリーターの男性には、社会人としての基本的なスキルが圧倒的に不足しているといわざるを得ません。

アルバイトと正社員の仕事では、責任感が違います。フリーターしか経験していないと、社会人としての経験が壊滅的に劣ってしまうのです。

また、フリーターをしている時点で、同じ年代の正社員からは遅れを取っています。正社員でないからこそ、同年代と遅れをとっているからこそ、人の3倍は学ぶ覚悟が必要です。同年代の正社員を食うぐらいの実力を身に着けてほしいと考えています。

あなたはなぜ正社員にならないのでしょうか?フリーターでいる自分のこれまでを美化していることや、都合の良い解釈はとても幼稚に見えます。今置かれている自分の現状に目を向けて、少しずつ就職活動を始めてみましょう。

何も出来なかった時期は何もしてこなかった時期でもあります。自分より年下から教えられる立場になるかもしれませんが、妥協することはとても大事です。カッコ悪いことではありません。自分以外の人の考え方に妥協することを覚えましょう。

フリーター男が幼稚に見える10の理由。幼稚なフリーターから抜け出すにはどうする? フリーターの男性はなぜ幼稚に見えるのでしょうか? 1つのことをやり遂げる根性がないように見えるから 女性を養う経...

フリーターの男性が一刻も早く正社員になった方が良い6つの理由

いい年してフリーターの男性に向けられる女性の目は厳しいことを見てきました。そうであれば、正社員を目指した方が人生が良くなるでしょう。ここでは、フリーターの男性が一刻も早く正社員になった方が良い理由を紹介します。

フリーターから脱出して正社員になった方が良い10の理由。今すぐフリーターから正社員を目指せ! あなたがフリーターから脱出して正社員になった方が良い理由は何だと思いますか? 私自身が実際にフリーターから脱出して正社員に...

フリーターが正社員になった方が良い理由1.自信がつくから

あなたは、胸を張って『フリーター』と言えますか?年齢にもよりますが、将来家庭を持ち、家族を養う気持ちがあるならしっかり保証のある会社に勤めた方が良いでしょう。

アルバイトでも働くだけマシかもしれませんが、フリーターは会社にとって良いように使われるだけの存在です。それなら若い健康なうちに、お金を貯めるためにも正社員になって保証などをしっかり受けた方がメリットが大きいですよ。

一番のメリットは、自分に自信がつくこと。フリーターのままでは、「どうせ自分はフリーターだから…」と思ってしまう場面もあることでしょう。フリーターだからというレッテルを取り除いて晴れて正社員になれば、その卑下する内面を自分の自信に変えることができます。

フリーターが正社員になった方が良い理由2.女性から恋愛対象として見られるから

正社員になれば、女性から結婚相手として意識される範囲に入ることができます。フリーターのままで結婚相手として、付き合ってくれる女性はあまりいないでしょう。正社員になることで、女性の結婚相手の条件に入る可能性が高くなります。

将来結婚を前提として恋愛をするならば、相手の女性が子供を産みたいと思ったときに安心して妊娠出産の期間が過ごせるように一定の収入が安定して入ってくる必要があるでしょう。フリーターでその条件をクリアするのは難しいと思うので、正社員になった方が断然良いのです。

よく恋愛等において「お金ではない、愛だ」などと聞きますが、お金がなければ成り立たないのも恋愛なのですから。つまり、お金がない、ギリギリ等では心にゆとりがなく、お互いにぶつかり合う事も多くなり喧嘩となります。

正社員になる事で、自分自身にも自信が持てるようになり、定期的に安定した収入を得ることできますよね。長年勤めあげる事で、昇給なども見込めて、人生に展望が開けてくるのです。

フリーターの男性が恋愛対象にならない10の理由。女性の本音をすべて聞かせます フリーターの男性は女性にとって恋愛対象になるのでしょうか? 女性目線で見ると、フリーターの男性とお付き合いすることに戸惑い...

フリーターが正社員になった方が良い理由3.結婚できるから

フリーターの方が正社員になった方がいい大きい理由…それは結婚をしたいと思った時でしょう。結婚となると、ずっと二人で…とは、いきません。いつかは、子供ができる可能性も視野に入れておかなければ、金銭面でとても苦労します。

では、「子供ができた時に正社員になればいいじゃないか?」と思うかもしれませんが、それでは遅いのです。給料が安定するまでには、数ヶ月から1年くらいはかかります。それに、妊婦健診は、保険も効かないため、お金がかなりかかるでしょう。

将来結婚したいと思っているなら、やはり先のことまで考えて、正社員で勤めた方が幸せになれるはずです。お金の切れ目が縁の切れ目ともよく聞きますよね。不安定な状況であれば、未来も不安定だと思います。

女性も働く時代となりましたが、日本はまだ、男性社会です。女性が妊娠したときにあなたが守れるのは、安定した収入を持っていることが前提になるでしょう。

フリーターの彼氏と結婚できる?女性の本音をすべて教えます! 「フリーターの男性とは結婚できません」 そのように考える女性は多いもの。やはり、結婚となるとある程度お金が必要になります。...

フリーターが正社員になった方が良い理由4.待遇が良いから

フリーターとして働いている先の経営状態が悪くなった時に、一番最初に解雇されるのはフリーターです。同じように会社の経営状態が悪くなって正社員が解雇される場合もありますが、その場合は基本的に退職金が支払われます。

そして、勤務年数に応じた雇用保険にも加入があるので、失業してもしばらくの間お金をもらうことができます。経済的不安を解消するためにも、正社員になった方が良いのです。正社員になるとフリーターには認められない福利厚生が発生します。

ボーナスなども支給される場合が多く、正社員になった方が待遇が良くなりフリーターより不安要素が少なくなるでしょう。収入も安定し、家族や周囲の人からも安心されます。

フリーターが正社員になった方が良い理由5.経験値を増やせるから

フリーターの男性が正社員になった方が良いと思う理由は、たくさんの人と触れ合う機会ができ、自分の世界が広がるからです。働くということは社会との接点を持つということ。

それによって自分とは異なる価値観を持った人や、自分によい刺激や影響をもたらしてくれる人と出会う機会に恵まれやすくなります。正社員という形でどこかの会社に勤めるのは、あなたの経験値を非常に増やすことになるでしょう。

バイトと社員とではやはり責任の大きさも違います。ただお金を稼ぐための仕事ではなく、社会的立場を持って仕事をするというのにも正社員になる意味があるのです。

自分の思うようにならない葛藤や、悩み、息苦しさも、正社員を経験してみないとわからない事だと思います。もちろんいい会社に出会えるかどうかはわかりませんが、ややブラックな会社に就職してしまったとしても、それは経験になりその後の人生の糧になるはずです。

就職する行動力、会社が健全なものかを判断する目、自分の実力を知る力、辞めると決断する勇気…。これらは正社員になるからこそ感じられるものです。

良い仕事に巡り合えたなら、充実感もあり自信がつくでしょう。知らなかった自分の可能性に気づくためにも、正社員にチャレンジすることをおすすめします。

フリーターが正社員になった方が良い理由6.信頼が得られ安定するから

正社員になる大きなメリットは、信頼を得られるということです。正社員として働いているということは、ある程度の社会的地位があるという証明になり、初めて会う人からも信頼してもらいやすくなるでしょう。

正社員になれば、安定した収入があり、保険もあります。それによって女性とのお付き合いに至った場合に、相手側の出費も軽減されるメリットがあるのです。正社員になれば月給自体はあまり変わらなくても、様々な手当てがついたり、福利厚生があります。

またボーナスをもらえることも魅力の一つでしょう。社会的に見ても恋愛の面で見ても、フリーターより正社員の方が信頼されるというのは言うまでもありません。それならばフリーターをやっているメリットは無いと思いませんか?

一生独り身でいいという人もチラホラ見るのですが、そういう人はフリーターでも誰にも責められる必要はないと思います。ただ恋愛もしたいとなると、急に”フリーター”という肩書きが自分の足を引っ張るのです。

いい歳をしてフリーターをしている男性は魅力がない

「30歳近くなってフリーターをしている男性に魅力を感じるかどうか」という質問を女性にしたなら、ほとんどの女性が「魅力を感じない」と答えるでしょう。厳しいと感じるかもしれませんが、それが現実です。

いい歳をしてフリーターをしている男性は、魅力的とはいえません。「付き合ってみなくては判断できないじゃないか」と男性は言うかもしれませんが、付き合う段階にもたどり着けないのです。

いい歳してフリーターをしている男性には、「ちゃんと将来の事、考えてる?」と思うのが普通の女性の感覚でしょう。フリーターで年を取るたびにお金の問題がのしかかってきます。ライフプランをしっかり考えるならば、フリーターで生きていくという選択肢はできないはずです。

生きていくことは「働くこと」だといえます。そして、生きていくためにはお金は必要不可欠です。今後、あなたの人生で養っていくべき家族が増えるかもしれません。

それは、結婚なのか親の老後なのか分かりません。そんなときに、お金がないと自分も惨めになりますし、相手を幸せにすることはできません。人生なにがあるか分かりません。そんなときにお金は必ず必要となります。

そのとき考えるではなく、今行動することが大切でしょう。自分の将来にしっかり責任を持てるような生き方をしてください。もしフリーターを続けるという選択をするのなら、その選択に責任をもつことです。

「親がこう言ったから」と行動するのではなく「自分はこう決めたから行動する」と、責任を持って就職するなりフリーターを続けてください。そういった能動的な姿勢でいる方が、人生は絶対に楽しいはずです。

現在親の援助を受けて生活できているフリーターの方は、親への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。親との関係を良好に保つことも、その生活を続ける上では大切だと思います。

今、あなたは幸せですか?幸せなら、それで十分です。どうか人生を楽しんでください。もし幸せでないなら、自分を変えて幸せになる意志はありますか?人間は、なりたい自分にいつからでもなれるのです。あなたのことを応援しています。

フリーターの男性が女性にモテない理由とは?モテるための10の行動をあなたに教える! フリーターは、残念ながら女性にモテません。 悲しいことですが、これが現実です。では、なぜフリーターの男性はモテないのでしょ...

将来を考えて本気で行動しよう!

あなたはフリーターをこのまま続けて、将来どうするのでしょうか?30歳になっても40歳になっても、高校生や大学生に混じって誰にでもできる簡単な作業仕事をするのですか?正社員であれば、同級生のみんなはそこそこ責任のある仕事をして部下もできているでしょう。

ちょっと良いお店にみんなを連れて行っておごってあげられるような立場になっています。いい歳してフリーターでいることは、とても情けないという自覚を持ったほうが良いです。今はまだ大丈夫だと思っていても、すぐ年を取り後戻りができなくなります。

支えてくれるご両親や家族がいても、どんどん年を重ねていずれサポートを受けられない時期が来るでしょう。そんな時に、あなたはどうするのですか?何か考えや思いがあってフリーターをしている人もいます。しかし、残された時間は意外に少ないのです。

今すぐ行動に起こすべきではないでしょうか。正社員になるまで、自立しているとはいえません。自分でお金を稼ぐ必要性を自覚しましょう。成人して何年も経っている中で、未だに親に生活の面倒を見てもらっているのならば、間違っていることを気づいてほしいです。

自分も年齢を重ねた分、親も同じだけ年齢を重ねています。本来なら親自身のために使えるべきお金を、フリーターである自分の生活費として使っていることを、どう感じていますか?

いざ、親に何かあったときに動けなかったらと思うと怖いはずです。後悔先に立たず。親への感謝があるのであれば、まず動き出してみてください。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。