無職・フリーター

既卒フリーターは正社員になれる?若さは最大の武器になる!

既卒フリーターは正社員になれる?チャンスは無限。若さは最大の武器になる!

新卒で正社員になれなかったら、「もうまともな会社で正社員になることができない」と悲観していませんか?

しかし、実際には卒業してから数年以内なら、優良企業の正社員になるチャンスはまだまだ十分にあります。正社員になることにおいて、若さは最大の武器になりますから、あなたが若いフリーターであるのなら、その「若さ」を武器に、正社員を狙っていくことができるのです。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...

既卒フリーターにはまだまだチャンスがある

既卒フリーターにはまだまだチャンスがある

既卒フリーターになってしまったことで将来を悲観している人もいるかもしれません。しかし、最近では既卒者でも、3年以内であれば、新卒向け求人に応募することができますし、中途採用でも積極的に既卒者を採用している企業が増えてきています。

その背景には、若手の人材不足があり、企業としても若手確保のための「欲しい」人材なのです。既卒フリーターであっても絶望することはありません。求人はたくさんあり、道は無限に開けているのですから。

就職活動で若さは最大の武器になる

就職活動で若さは最大の武器になる

フリーターから正社員を目指す場合には、就職活動をしなければいけません。この就職活動においては、若さが断然有利になります。つまり、就職活動を進める場合は、若さが最大の武器になると言うことです。ここからは、そんな就職活動で若さが最大の武器になる理由について、紹介していきます。

若いほど、フリーターから正社員になりやすい

若ければ若いほど、フリーターから正社員になりやすい傾向があります。概ね、25歳位までなら、「簡単にフリーターから正社員になれる」と考えていいでしょう。また、25歳から29歳位であっても、比較的簡単にフリーターから正社員になれるものなのです。

「20代のフリーター=正社員になりやすい」とも考えることができるかもしれません。もし、あなたがまだ20代で、「正社員になりたい」と思っているとしましょう。この場合は、すぐにでも正社員を目指した就職活動を進めてください。若ければ若いほど、フリーターから正社員になりやすいのですから。

フリーターが辛い5つの理由とは?歳を取るほどますます辛くなる現実 フリーターを続けていると、だんだん辛くなってくるのが現実です。 特に、歳を取れば取るほどそのことを実感してくるでしょう。周...

30歳を超えると、一気に正社員になりにくくなる

ちなみに、30歳を超えると、一気に正社員になりにくくなります。「フリーターから正社員を目指す場合、20代と30代とでは泥沼の差がある」と言うことです。特に、「30歳なんてまだ先だよ…」と考えているあなたは、かなり要注意と言っていいでしょう。

時間なんて、あっという間に過ぎてしまいますからね。実際に、私も「何となくフリーターをして30歳になってしまった人」を、たくさん見てきました。本当に、何となくフリーターをしていると、気づいたら30歳になってしまいますよ。

「正社員になりたい」と考えているのなら、何となくフリーターをするような日々を送らないでください。そして、フリーターを続けつつも、危機感を持って、正社員を目指す就職活動を進めるようにしましょう。

フリーターの将来は悲惨?30歳になる前に一刻も早く抜け出そう! フリーターの人生は悲惨なのでしょうか? 今フリーターをしているあなたは、「このままフリーターを続けたら悲惨な人生になるのか...

企業から許容されやすい

「若いフリーター」であれば、企業は許容してくれます。世の中には、「若いフリーター」がたくさん存在しますから。そのため、企業も「若いフリーターであれば問題ない」という具合に、許容をしやすいものなのです。

ちなみに、私には人事職の知人が数人います。その、人事職の知人のほとんどは、「若いフリーターであれば、正社員として雇うことも積極的に考える」と言っていました。「若いフリーター」が企業から許容されやすいわけですから、就職活動も優位に進めることができるでしょう。

学生時代の出来事をアピールできる

正社員を目指して就職活動をする場合には、自分をアピールしていかなければいけませんね。ただ、フリーターですと、自分をアピールできる職務での実績は、なかなか見つからないのではないでしょうか。

しかし、フリーターであっても、学生時代に頑張ったことであれば、簡単にアピールすることができるはずです。20代のフリーターであれば、学生時代の出来事をアピールしても、企業には自然に伝わるもの。

一方で、30歳以降になってまで、学生時代の出来事をアピールしてしまうと、「今更感」が出かねません。言うまでもなく、「アピールできる点が多い人」「上質なアピール要素を持っている人」の方が、採用されやすいものです。

そのため、若いうちに就職活動を行って、学生時代の出来事をアピールできるということは、とても大切なことになります。

意欲が採用につながりやすい

30歳以降のフリーターですと、職務経歴をアピールしていかないと、なかなか採用に近づくことはできません。一方で、20代など若いフリーターであれば、意欲が採用に大きくつながることがあります。

もちろん、若いフリーターだって、職務経歴や学生時代の出来事をアピールしていくことは大切です。しかし、若いフリーターであれば、アピールできる点が劣っているとしても、意欲次第で採用に近づくことは充分に可能になります。

企業は若いフリーターに対して、「まだ若いから、じっくりと教育していけるな」と考える傾向にあるのです。そのため、就職活動の時点で職務経歴などが劣っていても、意欲があれば、ポテンシャルを見て「将来的に活躍してもらえる」と思わせることができるでしょう。

面接対策が簡単である

30代以降のフリーターに対して企業は、「難アリ」という認識を持ってしまうものです。例えば、「10年以上もフリーターをしてるなんて、人間性に問題でもあるのかな?」という感じに、企業は30代以降のフリーターにネガティブなイメージを持ちがちです。

では、若いフリーターのことを企業は、どのように思うのでしょうか。おそらく、若いフリーターのことを企業は、「よくあることだ」と思うはずです。20代でフリーターをしていても、珍しいことではありませんよね。この、「20代のフリーターは珍しいことではない」ということは、企業も重々承知しています。

20代のフリーターが面接に来たとしても、企業は「よくあることだ」と思い、深く追求をしない傾向にあるのです。そのため、20代のフリーターであるのなら、面接に行ったとしても、質問などで「フリーターだったこと」について深くは追求されない傾向にあります。

新卒と同等条件での入社を目指すことができる

特に、25歳位までですと、新卒と同等条件で正社員として入社をすることができるかもしれません。大学新卒後3年以内の人を、「第二新卒」なんて言ったりもしますよね。このように、大学新卒後3年以内(概ね25歳以下)の人であれば、新卒扱いをしてくれる企業も珍しくないのです。

例えば、新卒と同等条件で入社できれば、4月に一斉に新卒の人と働くことができます。また、社員教育や研修なども同条件で受けられるでしょう。

第二新卒はポテンシャル採用が重視!就職しやすい業界や転職を成功させるポイント、おすすめの転職エージェントを紹介新卒入社後2〜3年である第二新卒の転職では、スキルや経験よりも特性や潜在的な能力を重視するポテンシャル採用が広がっています。 自分...

正社員になった後も、若さは最大の武器になる

正社員になった後も、若さは最大の武器になる

フリーターから正社員になった後の方が、人生においては大切な時期と言えます。正社員として長く勤めることで、フリーターにはないメリットを享受できるからです。

フリーターから脱出して正社員になった方が良い10の理由。今すぐフリーターから正社員を目指せ! あなたがフリーターから脱出して正社員になった方が良い理由は何だと思いますか? 私自身が実際にフリーターから脱出して正社員に...

また、正社員になった後のことを考えてみても、若さは最大の武器になるものです。ここからは、正社員になった後も、若さが最大の武器になる理由について紹介していきます。

生涯賃金が高くなる

フリーターと正社員の給料を比べると、正社員の方が給料は高いですよね。つまり、早く正社員になればなるほど、生涯賃金は高くなるということです。

もちろん、正社員として入社をしても、最初の頃は「給料が低い」と感じるかもしれません。しかし、正社員として働いていけば、昇給があるため、徐々に給料は上がっていきます。

言うまでもなく、昇給の回数が多ければ多いほど、生涯賃金は高くなりますね。だからこそ、なるべく若いうちに正社員になれば、フリーターよりも圧倒的に充実した社会人ライフが送れるようになります。

教育に力を入れてもらえる

若い中途採用者に対して企業は、「育てていきたい」と考えています。たとえ、フリーターから正社員になったとしても、若いのであれば、「一から育てて、しっかりと活躍して欲しい」と企業は考えます。つまり、若いうちに正社員になれば、充分な社員教育や研修を受けられるということです。

充分な社員教育や研修を受けることで、あなたは余裕を持って仕事に取り組み始めることができるでしょう。一方で、30歳以降の中途採用者に対して企業は、「即戦力として働いてもらいたい」と考える傾向にあります。

そのため、30歳以降に正社員になってしまうと、いきなり実践となり、忙しすぎる毎日を送るという状況にもなりかねません。ですから、若いうちに正社員になることがとても重要なのです。

社内での居場所を確立できる

世の中の30代の正社員は、バリバリと仕事をこなしています。そんな中で、フリーターだった30代が正社員として入社をしたら、どうなるでしょうか。おそらく、バリバリと仕事をしている同年代(30代)との空気差に、戸惑ってしまうことでしょう。

もしかしたら、同年代の正社員と溶け込むことができずに、孤立をしてしまうかもしれませんね。一方で、世の中の20代の正社員の多くは、まだ発展途上の段階です。

そのため、フリーターだった20代が正社員として入社をしても、簡単に溶け込むことができるはずです。このように、若いうちに正社員になれば、社内の居場所も難なく確立することができるでしょう。

携わる職種や業種についての、深い知識を得ることができる

職種や業種に携わっている期間が長ければ長いほど、その分野の深い知識を得ることができますよね。つまり、正社員に早くなって、職種や業種に長く携わることができれば、その分だけ深い知識を得ることができるということです。

そして、深い知識を得ることができれば、より重要なポジションを任されることでしょう。もちろん、深い知識を得ることで、大きな昇給や昇格を実現させることだってできるかもしれません。

もしも、20代に正社員になって、60代まで勤め上げたらどうなるでしょうか。きっと、誰にも負けない深い知識を得ているはずです。

天職に出会える可能性が高い

もちろん、正社員として入社しても、仕事が合っていないと感じることがあるかもしれません。例えば、「この職種は自分には合っていないな…」と言った具合にです。

しかし、若ければ、「合っていない仕事」に携わってしまっても、大きな問題はありません。若ければ、新しい職種や業種に転職することも、充分可能ですからね。

つまり、若いうちに正社員になれば、仮に「仕事が合っていない」と感じても、新たに「合っている仕事」を見つけるチャンスがあるのです。そのため、「若いうちに正社員になれば、天職に出会える可能性が高い」とも考えることができるでしょう。

よい転職先に出会うために。最適な転職先を見つけるために心掛けておくべき9つのポイント 転職活動が新卒のときと大きく違っているのは、自分の希望する会社の求人に出会うチャンスが限られている点です。 新卒の...

キャリアアップを目指すことができる

キャリアアップを目指した社会人生活が、生きるモチベーションになることも少なくありません。キャリアアップを実現させるということは、仕事力や人間力を向上させることにつながります。そして、「仕事力や人間力が向上している」と感じることで、より仕事へのモチベーションを高めることもできるのです。

フリーターを続けてもキャリアアップはできません。若いうちに正社員になることで、キャリアアップのチャンスが広がります。

仕事を通した交友関係を築ける

「仕事を通した交友関係なんて必要ない」という考えもあることでしょう。ただ、私は仕事を通した交友関係に意味を感じたことがあるので、ここでは紹介させていただきます。

私は若い頃に、仕事を通して出会った同年代の友人がいます。とは言っても、職場の休み時間に、軽く会話をする程度の仲です。たまに、仕事が終わったら、カフェに行って仕事の愚痴などを言ったこともありましたが…。

同年代の友人なので、お互いに若く、仕事に対する希望や不安なんかを、共有することができました。私にとって、「仕事の話をすることができる同年代」という存在が、とても大きかったんですよね。

特に、若くてお互いに社会人として成長段階だからこそ、「仕事を通した交友関係」は比較的簡単に築くことができました。30代・40代になってしまうと、なかなかこのような関係を築くことが困難になってきます。

あくまでも、私の経験談ではありましたが、若いうちに「心許せる同僚がいる」というのは素晴らしい経験になると思いますよ。

就職エージェントを活用すれば就職活動で困らない

就職エージェントを活用すれば就職活動で困らない

フリーターから正社員になる場合は、若さが最大の武器になります。また、フリーターから正社員になった後も、若さが最大の武器になるのです。

時間というものは、あっという間に過ぎていくもの。「若くないと正社員になりにくい」と危機感を持って、就職活動に挑んでください。「気が向いたら就職活動すればいいや…」なんて思っていたら、あっという間に30代になってしまうでしょう。

だからこそ、既卒フリーターのあなたには、一刻も早く積極的に就職活動を進めてもらいたいと思います。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
大卒フリーターになる6つの原因とメリット・デメリット。手遅れになる前に正社員になろう! 大学を卒業してフリーターをやっている人には、さまざまな事情があるはずです。 就職活動がうまくいかなかった… 就活...
フリーターから正社員になって人生変わった体験談。勇気を出して本当に良かった! フリーターから正社員になって、人生が変わりました。 大げさではなく、本当の話です。 正社員になったことで、胸を張って...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。