転職コラム

市役所が激務で辞めたいと感じた時に取るべき行動|おすすめの転職活動やエージェントを紹介

市役所の仕事が激務で辞めたいと悩んでいませんか。

市役所の仕事は量が多く、煩雑で大変であるにもかかわらず、市民にクレームを言われるなど報われないことも多いですよね。

結論から申し上げると、市役所を辞めたいと考えたら転職エージェントに無料登録して転職活動を始めることをおすすめします。

市役所を辞めたいと感じたときに考えるべきことや、市役所からの転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
市役所の仕事が辛い方は、今後の可能性を広げるためにもぜひ最後まで読んでみてください。

【激務】市役所を辞めたいと感じる理由

【激務】市役所を辞めたいと感じる理由

市役所を辞めたいと感じる主な理由は以下のとおりです。

市役所を辞めたいと感じる理由
  • 業務量が膨大すぎてきつい
  • 市民の方々への窓口対応に苦戦する
  • 煩雑な業務が多い体制で大変
  • 人間関係が悪く辛い
  • 業務量が多いわりに給料が少ない

仕事の量が多いこと・そのわりに給料が少ないことに不満を感じる人が多い傾向にあります。自分は公務員に向いていない市役所を辞めたいと感じる理由について深掘りしていきしょう。

業務量が膨大すぎてきつい

市役所が激務になる理由の一つとして、そもそも業務量が膨大であるというものがあります。

市役所の業務量が膨大になる理由は以下のとおりです。

  • 9時〜17時までひっきりなしに市民が来庁する
  • 市役所の人員が減少傾向にある
  • 非効率な仕事の進め方が多い

これらの理由から定時までに仕事が終わらず、残業になることもあります。なかなか終わらない仕事を常に抱えているのは精神的にもきついですよね。

参考:総務省

市民の方々への窓口対応に苦戦する

市役所にはさまざまな市民が訪れます。特に対応に苦戦するのが生活保護課・児童福祉課などの社会福祉関係窓口です。

これらの部署では、金銭の支給を求める市民が大勢やってきます。しかし、金銭を支給するには法律で定められた条件をクリアしなければならず、申請した全員の申請が通るわけではありません。

そのような事情や法律の決まりを理解せずに「どうしてお金をくれないんだ!」とクレームを言われたり、ときには暴力を振るわれたりする可能性もあり、窓口対応に苦戦するのです。

しかし、仕事の性質上、市役所側は市民を選べません。態度が悪い市民でも平等に接しなければならず精神がすり減ります。

煩雑な業務が多い体制で大変

市役所の業務は量が多いうえに、仕事の進め方や組織体制も煩雑です。

たとえば、一つひとつの手続きが一人の市役所職員で完結することはまずありません。書類を作成した職員→直属の上司→さらにその上司と最低でも2〜3人の承認を経て手続きが完了します。

またデジタル化が進んでおらず、紙ベースでの業務も非常に多く残っています。

このような非効率さに嫌気がさして辞めたいと感じる人は多いでしょう。

人間関係が悪く辛い

すべての市役所に当てはまるわけではありませんが、人間関係の悪化で市役所を辞めたいと感じる人もいます。

特に市役所では、部署異動のスパンが2〜3年です。人間関係が悪くて居心地が悪いにもかかわらず、2〜3年は我慢しなければいけない可能性があります。

もちろん上司などに相談すれば対応してくれることもありますが、同じ市役所職員として働いている限り、違う部署でも関わりがあることはあります。

苦手・嫌いな人がいる職場でずっと働き続けるのは精神的にきつく、市役所を辞めたいという気持ちに繋がるのです。

【必見】10年間も職場に馴染めないのは変!?あなたはなぜいつまでも居心地の悪いままなのか 「入社して10年経つのに、職場に馴染めない…」このように考えている方はいませんか?入社してから間もないのならまだしも、10年...

業務量が多いわりに給料が少ない

市役所は業務量が多いわりに給料が少なく、給与面に不満を抱えて辞める人もいます。

令和2年における市役所職員の初任給は以下のとおりです。

卒業区分 全都道府県平均
大卒 184,539円
短大卒 165,284円
高校卒 152,868円

※一般行政職員の初任給
※参考:総務省「令和2年地方公務員給与実態調査結果

これに残業代や交通費が加わっても、若手職員のうちは20万円台前半でしょう。

膨大な業務量や大変な市民対応をしているわりに給料が少ないと給与面に不満を感じる人がいてもおかしくありません。

給料が安いモチベーションが上がらない会社の特徴|忙しいのに給料が低いときの対処法も公開 「給料が安くて仕事のモチベーションが上がらない」このように悩んでいませんか?仕事はお金がすべてではないものの、あまりに低いと...

市役所が激務で辞めたいと感じた時に考えるべきポイント

市役所が激務で辞めたいと感じた時に考えるべきポイント

市役所が激務で辞めたいと感じたら、以下の3点を考えましょう。

市役所が激務で辞めたいと感じた時に考えるべきポイント
  • 今度どのようなキャリアプランを歩むのか考える
  • 退職する時期としてベストなタイミングを検討する
  • 守らなくてはいけない家族を退職後にどう守っていくのか考える

市役所を辞めるのはもちろん自由ですが、辞めた後のことまでしっかりと考えることや、残っている人に迷惑をかけない形で退職することが大切です。

今度どのようなキャリアプランを歩むのか考える

市役所を辞めたいと思ったら、辞めた後のキャリアプランについて考えてみましょう。

民間企業に転職するのか、別の公務員に転職するのか、フリーランスになるのかなど、選択肢はたくさんあります。数ある選択肢の中で後悔しないためには、自分がやりたいことや自分に合っている仕事を見つけることが大切です。

自分ではやりたいことや強みがわからないという方は、転職エージェントに登録してキャリア相談をしてみるのも一つの手です。

公務員から民間に転職を考えている人に「後悔しない転職の極意」をお伝えします 社会貢献度が高く、福利厚生が充実しているイメージが強い公務員。しかし公務員の中には、保守的な人間関係になじめない、仕事のやりがい...

退職する時期としてベストなタイミングを検討する

市役所を辞める時期については慎重に考えましょう。

一番迷惑をかけない退職時期は、年度末、つまり3月31日付けの退職です。事前に年度末に退職することを役所が把握できていれば、新規採用の人数などを調整して人員不足に対応できます。

年度途中での退職も当然できなくはないですが、引き継ぎや人員調整を考えると避けたほうが無難です。

【在職中か?退職後か?】転職活動を始めるタイミングは「時間」と「お金」で見極める 「在職中に転職活動をするか?退職後に転職活動をするか?」 転職を考えたときに、どちらのタイミングで転職活動を始めた方が良い...

守らなくてはいけない家族を退職後にどう守っていくのか考える

結婚して子どもがいる人は、家族についても考えなければいけません。

特に子どもは進学などのタイミングで大きなお金が必要になります。将来的に必要になるお金を計算したうえで、転職先を慎重に選びましょう。

民間企業では公務員のような手厚い福利厚生がないことも多くあります。住居手当を配偶者の会社で申請できないかなど、家族と相談しながら転職を進めていきましょう。

https://www.career-class.com/talk-your-family-changejob/

市役所を退職した後の主なキャリア

市役所を退職した後の主なキャリア

市役所を辞めたあとの主なキャリアをご紹介します。

  • 民間企業への転職
  • ほかの公務員への転職
  • フリーランスになる

「市役所の人間関係が悪くて辞めたいけど、安定した地位は手放したくない」という方は、ほかの公務員へ転職するとよいでしょう。

「市役所の仕事の進め方が嫌」「もっと自分の可能性を広げたい」という方は民間企業への転職がおすすめです。公務員から民間企業への転職は難しいため、転職エージェントを活用するとスムーズに転職を進められます。

団体で仕事をするのが嫌という方はフリーランスになるのがおすすめです。ただし、フリーランスは市役所職員とは真逆で、給料や働く時間が一定ではありません。安定した働き方に慣れている公務員からフリーランスになるとギャップがかなり大きいでしょう。

市役所を辞める前にしなければいけない事前準備

市役所を辞める前にしなければいけない事前準備
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
先を読んだ行動が大切です。
市役所を辞める前にしなければいけない事前準備
  • 在職から転職活動をする
  • 転職先が決まってから退職の旨を伝える
  • 退職までの流れを確認する

市役所を辞める決意が固まったら、まず転職活動を始めましょう。内定をもらってから退職の意思を伝えると引き留められることなくスムーズに進められます。

また、事前に退職までの流れを確認しておくと安心です。

在職中から転職活動をする

市役所を辞める決意が固まったら、さっそく転職活動を始めましょう。公務員には失業保険がないため、市役所を辞めてから転職するまで期間が空くと収入がなく大変です。

仕事をしながら転職活動を進めるのはハードなので、転職エージェントを活用するのがおすすめです。面接の日程調整の代行や企業情報の提供など、転職活動に必要なことをサポートしてくれます。

転職エージェントの最大手であるリクルートエージェントは在職中でも利用可能です。内定までのサポートはもちろんのこと、内定をもらった後も円満退職のためのアドバイスを教えてくれます。

転職先が決まってから退職の旨を伝える

上司に退職の意思を伝えるのは、転職先が決まってからのほうが安全です。

転職先が決まる前に伝えてしまうと、転職を引き留められたり「公務員を辞めるのはもったない」など、転職活動のモチベーションを下げられたりする可能性があります。

転職先を決めたうえで退職の意思を伝えれば、上司も引き留めようがありません。市役所に迷惑をかけないように、転職先が決まったら早めに退職の意思を伝えましょう。

【勇気は不要】退職を切り出せない人に仕事を辞めるときの言い方とタイミングを伝授! 退職すれば、周りに迷惑をかけてしまう… 上司から何と言われるか怖い… 退職理由をうまく伝えられるだろ...

退職までの流れを確認する

転職活動を始める前に、退職までの大まかな流れを確認しておくと安心です。年度末に退職する場合の流れをご紹介します。

退職までの大まかな流れ
  • STEP1
    上司に退職の意思を伝える
    直属の上司に退職の意思を伝えましょう。この時点で転職先が決まっていると引き留められることなくスムーズに進みます。
  • STEP2
    人事課との面談
    人事課と面談が入ることもあります。引き留められるというよりは、なぜ退職したいのかという理由を深掘りされるでしょう。
    市役所としても、定年前の退職者をなるべく減らすために辞める理由を知りたいのです。
  • STEP3
    退職予定者向けの説明会など
    主に定年退職者に向けて年金や退職金などの説明会があります。
  • STEP4
    内示が解禁されたら周囲に退職することを伝える
    翌年度の異動内示が解禁されたら、周囲の人に退職することを伝えましょう。
  • STEP5
    引き継ぎ

    翌年度の担当者に引き継ぎをおこないます。
    通常よりも丁寧に引き継ぎをおこない、翌年度に担当者が困らないようにしましょう。

  • STEP5
    退職
    退職日には挨拶回りをしましょう。お世話になった人たちにきちんと退職を伝えることで、スッキリとした気持ちで転職先に向かえます。
転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

市役所が激務で辞めたいなら、転職エージェントへの登録からの早期の内定獲得が安心

市役所が激務で辞めたいなら、転職エージェントへの登録からの早期の内定獲得が安心

市役所から民間企業への転職では転職エージェントの利用が必須といえます。その主な理由は以下のとおりです。

  • 無料で転職活動のサポートが受けられる
  • 民間企業への就活経験がない人でも安心
  • 転職サイトでは得られない求人情報がたくさんある

転職サイトに登録して自分で求人を探す方法もありますが、転職エージェントを活用したほうがより早く転職活動が終わる可能性が高くなります。

また転職エージェントのキャリア相談で「なぜ市役所を辞めたいのか」「自分は今後何をしたいのか」を真剣に考えるので、転職活動への本気度が上がっていくのもメリットです。

転職エージェントはすべて無料で利用できるので、早期の内定獲得を目指すなら必ず登録すべきです。

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

市役所からの転職を安心して進められるおすすめの転職エージェント

市役所からの転職におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

どちらも大手の転職エージェントなので、必ず登録しておきましょう。特にリクルートエージェントは求人数が業界最大級なので、業界を問わずさまざまな求人紹介が受けられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1・非公開求人数40万件以上を誇る最大手の転職エージェントです。

業界を問わない総合型の転職エージェントなので「市役所を退職後に何がしたいかわからない」という方も安心して利用できます。

リクルートエージェントは拠点数が多いことも特徴です。以下の16か所に拠点を構えています。

リクルートエージェントの拠点 東京・札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡

そのため、ほかの転職エージェントよりも地方の求人を多くもっています。市役所を辞めても、地元(またはその場所)で働き続けたいという方にもおすすめです。

\業界No.1実績/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

マイナビエージェント

マイナビエージェントマイナビエージェントは、未経験や第二新卒を歓迎する求人が1万件以上と多く、20代〜30代に特におすすめの転職エージェントです。

実は、市役所や公務員の業務を民間企業に直接活かすことは難しいといわれています。マイナビエージェントは前職での経験やスキル以外にもポテンシャルを重視する求人が多いため、市役所からの転職でも使いやすいでしょう。

またマイナビエージェントは初めての転職の人に向けたアドバイスも豊富におこなっています。民間企業への就活経験がない市役所職員でも安心です。

\転職が初めてでも安心/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビエージェントはひどいって本当?マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|マイナビ利用者にインタビュー マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職...

市役所職員からの転職はエージェントの利用がおすすめ

市役所が激務で辞めたいと思ったら、転職エージェントを利用して転職活動を始めましょう。

「せっかく公務員になれたのに辞めるのはもったないかも」と悩むかもしれませんが、市役所仕事が辛いと思いながら働くことは精神的にも悪い影響を及ぼします。

転職エージェントを利用して、さまざまな求人を知ることで、市役所よりもよい条件の転職先が見つかる可能性もあります。まずは今後の可能性を広げるためにも、転職エージェントに無料登録してみましょう。

最初に登録する転職エージェントとしては、業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

\業界No.1実績/
無料登録をする
(公式サイト)