無職・フリーター

フリーターが辛い5つの理由とは?歳を取るほどますます辛くなる現実

フリーターを続けていると、だんだん辛くなってくるのが現実です。

特に、歳を取れば取るほどそのことを実感してくるでしょう。周りの同年代の正社員と比べて、フリーターである自分が惨めに感じている人も多いはずです。

正社員よりも融通が効く、仕事が楽だ…そのようなことを言い訳にして、フリーターを選ぶ人もいますが、果たして「フリーターの方がいい」のは本当なのでしょうか?

確かにフリーターの仕事は正社員と比べて責任がなく、比較的楽な仕事が多いです。しかし、裏を返せば「誰でもできる仕事」「スキルが身につかない仕事」だと言えます。また、親戚が集まる正月などには、「まだフリーターやってんの?」などと言われ、気まずい思いをしているかもしれません。

そして、低賃金でボーナスもなく旅行や趣味にお金を使うことがなかなかできません。フリーターのままでは結婚もできないでしょう。将来の不安や世間体などに悩むこともあります。

フリーターでいることは、とても辛いことなのです。そのように、「フリーターが辛い」ということに気づいたあなたは、一体どうすればいいのでしょうか?そこで今回は、フリーターが辛い理由そこから抜け出す対処法を紹介していきます。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
目次
  1. フリーターが辛い5つの理由
  2. 「フリーターが辛い」のなら、まずはこれをしよう!
  3. フリーターが辛いときに考えるべき7つのこと
  4. 正社員を目指して就職活動を始めよう!
  5. 「不採用は当たり前」と自分に言い聞かせる

フリーターが辛い5つの理由

フリーターでいるのは、想像以上に辛いことなのです。フリーターのあなたが、そのことを一番感じているかもしれません。ここでは、フリーターが辛い理由を見ていきましょう。

フリーターが辛い理由1.世間体が悪い

フリーターは、はっきり言って世間体が悪いです。フルタイムでアルバイトとして働いていても、「一人前」とは認めてくれません。「学校を卒業したあとに定職に就かずフラフラしている」というのが、世間のフリーターに対する評価なのです。

やはりフリーターは社会的に信用がありません。ローンが組めなかったり、結婚を諦めたりせざるを得なくなります。周りからはどこか人間として欠陥があるんじゃないかと思われることもあるでしょう。クレジットカードも作れません。

また、申し込み書など自分の職業欄を記入する際、”フリーター”であると記入するのは辛いものです。「フリーターをしている」というあなたに対して、内心バカにしている人さえいます。そのことを気にして、友人と疎遠になってしまう人もいるでしょう。

フリーターでいることに恥ずかしさを感じながら生きるのは、とても辛いことなのです。ずるずると長年フリーターを続けてきて歳を取ると、やはり周囲から「その歳でフリーターなの?」という目で見られるようになるのも辛いですね。

フリーターは世間体が悪い。世間の目が冷たい中でフリーターを脱出し生き抜く方法とは? フリーターに向けられる世間の目は冷たいです。はっきり言って、フリーターは世間体が超悪い…。やはり世間的には「フリーターは良くない...

フリーターが辛い理由2.貧乏である

フリーターでは、満足な給料をもらえません。ボーナスもありません。時給1000円で8時間×週5日働いたとしても、月収17万円ほど、年収は200万円程度でしょう。故にフリーターは貧乏な人が多いです。

ひとり暮らしをしていれば、貯金をする余裕もありません。また、海外旅行や趣味にお金を使ったりすることも厳しいはずです。彼女ができても、デート代さえ渋ることになります。

貧乏暮らしで貯蓄ができず、将来の生活が不安です。なんとか日々の生活は成り立つかもしれませんが、自分や親族が病気になったり被災したりしたときに、金銭面の問題で辛い状況を打破するのが難しくなるのではないかと不安を抱えています。

フリーターが辛い理由3.頑張って働いても暮らしが楽にならない

フリーターが非常に辛いと感じるのは、いつもお金がカツカツの自転車操業で、なかなか貯金ができないことです。頑張って働いてもお金が溜まらず不安になります。例えば、突然盲腸になって入院することになったら、一週間で15万円は飛んでいくでしょう。

フリーターではそんな貯金はないわけですから、どんなにお腹が痛くても、家族や友人に頼ることができなければ満足な治療を受けることもできないのです。

フリーターがお金を稼ごうと思ったら、バイトを掛け持ちしたり労働時間を増やすしかありません。休めばそれだけ給料が減りますから、正社員がG.Wやお盆、正月などの長期休暇で休んでいる間も必死で働くことになります。

週6日で働いたとすれば、年間休日は52日です。それだけ働いても、そんなに暮らしが楽になるわけではありません。疲れるだけで、実入りは少ない…貧乏暇なし状態になってしまうのです。

そして、フリーターを頑張ったとしても、大したスキルが身につかないので、社会人として成長していくことができません。「フリーターを掛け持ちして、超頑張りました!」と偉そうに語ったところで、「なんで正社員になって頑張らなかったの?」と言われてしまうのがオチでしょう。

ちなみに、正社員であれば、平均年間休日が114日です。しっかりと長期休暇は休めるし、有給もあります。ボーナスももらえるので、フリーターとの差はますます広がっていくばかりなのです。

 

フリーターが辛い理由4.周りとの格差

同級生や仲の良い友人と自分の立場や収入を比較してしまい辛い気持ちになることもあります。同い年の友人たちが、会社で順調に実績を積んでステップアップしたり、家族を持っている姿を見たり、噂に聞いたりすると自分が惨めになるでしょう。

社会的地位や収入など外面的なものを比較して落ち込むのはもちろんのこと、それらを得るために必死に生きてきた人たちと、怠惰な自分を比較して恥ずかしくて情けない気持ちになります。親戚の集まりに行った時も肩身が狭かったり、友達に会ってもなんとなく見下されてる気がして辛かったです。

また、フリーターをしているならば、学生のアルバイトと一緒に働くことも多いでしょう。学生はあなたのことを「就活に失敗した人」として見ているかもしれません。また、「自分はああなりたくないから、就活を頑張ろう」と内心思っているかもしれませんよ。

露骨に態度に出す人はあまりいないでしょうが、フリーターである以上、そう思われても仕方がないのです。また、年齢が上がるにつれて、周りとの空気感やノリについていけなくなり、職場にとけ込めなくなることも出てくると思います。

アルバイトとして入社した高校生や大学生が卒業し、人生の次のステージに進んでいく姿を見て、自分と比べて、不安になるでしょう。学生アルバイトの人たちが就職活動を始めた時は自分に対して劣等感を抱くことも多かったです。

あなたは、いつまでも気楽な学生アルバイトと同じ内容の仕事をしているだけで、いいのでしょうか?「フリーターが辛い」と感じているならば、正社員として一人前の大人を目指しましょう。自分に自信がついて、生き方が変わるはずです。

フリーターが辛い理由5.生きていることが辛くなる

フリーターで気持ちが追い込まれてしまうと、生きているのが嫌になるかもしれません。親との関係も悪化して、親戚の集まりにも顔を出しにくい。学生時代の友人と会う時も、フリーターということで引け目を感じ、暗い気持ちで過ごすことが多かったです。

こんな状況では、かなり精神的に追い込まれてしまうでしょう。「このまま30歳を過ぎてもバイトだったらお先真っ暗なのかな」と考え込んでしまいます。若いときは「まだ大丈夫かな?」と思いますが、フリーターのまま20代後半に差し掛かると、絶望感が襲ってくるのです。

「フリーターが辛い」のなら、まずはこれをしよう!

ここからは、フリーターが辛い人に向けて、「今すぐにしてもらいたいこと」を紹介していきます。もし、「フリーターが辛い」と感じているのなら、すぐにでも参考にして、「すべきこと」をしてください。今後歳をとっていくと、ますますフリーターであることに辛さを感じてしまうからです。

行動をしなければ、「フリーターが辛い」という状況から抜け出すことはできませんよ。ここから紹介することは、今からでも実行できることです。ぜひ、記事を読み進めて、すぐにでも取り掛かってください。

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...

1.「フリーターが辛い理由」を紙に書き出す

「辛い…」と頭で感じているだけでは、現状を打開するのは難しいでしょう。まずは、あなたなりの「フリーターが辛い理由」を紙に書き出してみることをオススメします。今すぐにでも、紙とペンを用意して、「フリーターが辛い理由」を、紙に書いてみてください。

どのようなことでも構いません。とにかく、あなたの頭に思い浮かんだ「フリーターが辛い理由」を、紙に書いていくのです。誰かに見せるものでもないので、自分の正直な気持ちを、紙にぶつけてみてください。「フリーターが辛い理由」は箇条書きにすると、読み返しやすいですよ。

2.「なぜ辛いのか」を整理する

「フリーターが辛い理由」を箇条書きにしたら、次は「なぜ辛いのか」を考えてみてください。物事に辛さを感じる場合は、「なぜ辛いのか」を考えることが大切です。「なぜ辛いのか」を考えることで、頭の中を整理することができますから。

「フリーターが辛い」と感じているのなら、「なぜフリーターが辛いのか」ということを考えることが大切です。

3.今思っていることを友達などに相談する

辛いときには、友達などに相談をしてみると、辛さが軽減するものです。たとえ、悩みが解決しないとしても、悩みを人に話すことで、悩みは和らいでいくものなのです。

だからこそ、「フリーターが辛い」と感じているのなら、友達などに相談をしてもらいたいと思います。相談をする相手は、「遠慮なく話せる人」がいいでしょう。また、「遠慮なく意見してくれる人」を相談相手にすることも重要です。

そうすることで、自分の思いや悩みを、遠慮なくぶつけることができるでしょう。また、自分の思いや悩みに対して、的確なアドバイスを受け取ることができるはずです。

4.一旦フリーターから離れることを模索する

「一旦辛さから離れてみる」ことでも、辛さを癒すことができます。つまり、「一旦フリーターから離れてみること」で、フリーターの辛さを一時的に癒すことができるのです。

シフト調整をしてもらって、アルバイトを1週間程度休んでみてはどうでしょうか。そして、1週間程度の休みを利用して、旅行でもしてみるのです。もちろん、休んだ間は給料が出ませんから、旅行のための貯金をしておかなければなりませんが…。

フリーターから離れて、何も考えずに旅行をすることで、フリーターの辛さを、一時的にでも癒すことができるでしょう。また、頭の中をクリアにすることもできるはずです。旅行中に、「正社員になろう」と一念発起するかもしれません。一旦フリーターから離れることで、自分を冷静に見つめ直す時間を取りましょう。

フリーターが辛いときに考えるべき7つのこと

次に、「フリーターが辛い」と感じているときに、考えるべきことを紹介していきます。もちろん、辛さから抜け出すためには、行動をすることが大切です。しかし、何もかも考えずに行動をしてしまっては、空回りになりかねません。

今後、フリーターから抜け出すためには、「しっかり考えること」も大切なのです。ここからは、あなたが「考えるべきこと」をお伝えします。

フリーターが辛いときに考えるべきこと1.「フリーターを続ける悲惨さ」について考える

「フリーターが辛い」と感じているわけですから、おそらく、フリーターを続けることに対しては、将来に対して悲惨さを感じてしまうことでしょう。

しかし、ここはあえて「フリーターを続ける悲惨さ」について、考えてみてもらいたいのです。「辛さが続くこと」を考えることで、「現状から抜け出したい」という気持ちが芽生えてきます。

つまり、「フリーターを続けることの悲惨さ」を考えることで、「フリーターから抜け出したい」という気持ちを芽生えさせることができるということなのです。一度、「フリーターを続ける悲惨さ」について、真剣に考えてみてください。

フリーターが辛いときに考えるべきこと2.フリーターから抜け出す方法を考える

「フリーターを続ける悲惨さ」を実際に考えてみた人は、「フリーターから抜け出したい」という気持ちを抱くことができたのではないでしょうか。「フリーターから抜け出したい」と思えたら、次は「フリーターから抜け出す方法」を考えるときです。

では、「フリーターから抜け出す方法」とは、どのような方法なのでしょうか。おそらく、答えは「フリーターを辞める」になるはずです。単純な話ですが、フリーターを抜け出すためには、フリーターを辞めればいいのです。

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...

フリーターが辛いときに考えるべきこと3.「正社員になること」について考える

フリーターを辞めてしまえば、「フリーターの辛さ」から抜け出すことができる、と先述しました。しかし、フリーターを辞めてそのままでは、生活をしていくことができませんよね。

もちろん、フリーターが辛いわけですから、フリーターを辞めることが大切です。しかし、フリーターを辞めると収入が無くなるわけですから、「フリーターを辞めた場合」のことを考えることも大切です。

では、フリーターを辞めた場合、どのように収入を得ていくべきでしょうか。おそらく、ほとんどの人は、「正社員になる」という答えを出すことができるはずです。

フリーターの10の問題点とは?今のうちに正社員を目指そう! フリーターでいることの何が問題なのでしょうか? 私はフリーター歴10年になります。フリーターは、いまの日本では社会的にあま...

フリーターが辛いときに考えるべきこと4.適職について考える

「正社員になれれば、どんな仕事でも構わない」という考えではいけません。やはり、自分に合っている仕事があるものです。自分に合っている仕事に携わってこそ、充実した正社員としての社会人ライフを送ることができます。

仮に、自分に合っていない仕事に携わってしまったら、どうなるでしょうか。もしかしたら、嫌になって正社員を辞めてしまい、フリーターに戻ってしまうかもしれませんよね。

きちんと、自分に合っている仕事について、考えるようにしましょう。例えば、フリーター向けの就職エージェントに相談すると、あなたに合っている仕事を見つけてくれますよ。

よい転職先に出会うために。最適な転職先を見つけるために心掛けておくべき9つのポイント 転職活動が新卒のときと大きく違っているのは、自分の希望する会社の求人に出会うチャンスが限られている点です。 新卒の...

フリーターが辛いときに考えるべきこと5.「フリーターを続けるほど辛くなる」こと理解する

あなたは、「フリーターが辛い」と感じています。であるならば、「フリーターを続けるほど辛くなる」ことは言うまでもありません。この、「フリーターを続けるほど辛くなる」ということを、改めて頭の中で理解するようにしてください。

年齢が上がるほどますます辛くなるのがフリーターです。今抜け出さないと、泥沼にはまってしまいます。年齢を重ねるほど、フリーターであることに、どんどん恥ずかしさが増してくるでしょう。

周囲の友人との所得格差が広がり、話が合わなくなってきます。旅行や趣味にお金を使えず、貧乏生活で、人生が味気なく感じるでしょう。周りは正社員として働いているのに、自分はフリーター…そのことを気にして、友達と疎遠になる人も珍しくありません。

お金がないことがますます辛くなり、とても惨めな気持ちになってきます。結婚もできない、子育てもできない、フリーターでは人生に制限がかかるのです。

「フリーターを今後も続けると、さらに辛くなるんだ…」と自分に強く言い聞かせてください。そのようにすることで、フリーターであることに対して、大きな危機感を感じることができるでしょう。

フリーターであることに対して、大きな危機感を感じることができれば、就職活動を進めるモチベーションにつながります。就職活動を効率よく進めていくためには、フリーターであることに危機感を感じることがとても大切なのです。

フリーターでいることに疲れた9つの理由。正社員を目指さないと未来は暗い! フリーターでいることに疲れました。 一言で言えば、自分の境遇が嫌になったからです。給与や社会的信用や保証のなさなど、その他...

フリーターが辛いときに考えるべきこと6.就職活動の計画を立てる

実際に就職活動を進める前に、就職活動の計画を立てるようにしましょう。意外と、就職活動では、すべきことが多くありますよ。また、就職活動の経験は少ないはずです。そのため、行き当たりばったりに就職活動を進めても、上手にいくことはありません。

就職活動を成功させるためには、就職活動の計画を立てることが、大変重要なのです。就職活動についての書籍を読んでみて、就職活動の進め方をまとめてみるといいでしょう。

また、ネットを参考にしてみても、就職活動の進め方を理解することができるはずです。このように、書籍やネットを参考にすることで、就職活動の計画を立てることができるでしょう。

フリーターが辛いときに考えるべきこと7.就職活動の支援者を見つける

1人で就職活動を進めてしまうと、「本当に採用をもらえるのかな…」と、不安を感じてしまいがちです。また、1人で就職活動を進めてしまうと、非効率な就職活動になってしまいがちです。

たとえ、就職活動の計画を立てていても、初めてのことの連続ですので、非効率な就職活動になる可能性は大いにあります。

そのため、就職活動を進める際には、支援者を見つけることも大切です。例えば、転職エージェント、ハローワークのスタッフなど、就職活動の支援者はたくさん存在するものです。

就職活動の支援者がいれば、就職活動に対する不安を軽減させることができますよね。特に、就職活動に関する疑問を相談することができるということは、とても大きなことではないでしょうか。就職活動の支援者がいれば、効率的な就職活動を進めることもできるはずです。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...

正社員を目指して就職活動を始めよう!

就職活動を進めるにあたっては、モチベーションを保つことが大切です。もちろん、就職活動を始めて間もない頃は、やる気に満ち溢れていることでしょう。しかし、就職活動を続けて、数ヶ月程度経ってくると、モチベーションが低下してしまう人は多いものです。

フリーターであっても、生活自体はできているわけですからね。そのため、「生活もできてるし、今すぐに正社員になる必要はないや…」という具合に、モチベーションは低下してしまいがちです。

言うまでもなく、モチベーションが低下してしまうと、採用からは遠ざかってしまうことでしょう。だからこそ、就職活動においては、モチベーションを保つことが大切なのです。

先述したように、フリーターであることに対して、大きな危機感を感じることができれば、モチベーションにつながることでしょう。例えば、「このままフリーターを続けたら悲惨なことになる」と自分に言い聞かせれば、モチベーションを保つことができるのではないでしょうか。

また、正社員になるメリットを考えることでも、モチベーションを高めることができます。例えば、「正社員になれば給料も上がり異性にもモテる」と自分に言い聞かせれば、モチベーションを高めることができるのではないでしょうか。

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

「不採用は当たり前」と自分に言い聞かせる

就職活動においては、不採用になることが当たり前にあります。特に、「正社員→正社員」の就職活動に比べて、「フリーター→正社員」の就職活動は、不採用になりやすいものです。

ただ、就職活動を進めて、実際に不採用にたくさんなってしまうと、気持ちが滅入ってしまうものなんですよね。だからこそ、「不採用は当たり前」と自分に言い聞かせることが大切です。

「不採用は当たり前」ということを理解していれば、不採用が多くなってしまっても、気持ちが滅入ることはありませんよね。実際に、不採用は当たり前のことなわけですから、自信を持って不採用を受け入れるようにしましょう。

ただ、数ヶ月も採用がもらえない状況ですと、あなたの希望が就職市場にマッチしていない可能性が考えられます。この場合は、希望条件(希望給料・希望職種など)を見直すことで、採用されやすい状況を作ることができるはずです。

わからないことや悩みはフリーター向けの転職エージェントに相談してみるといいですよ。相談をすることで、的確なアドバイスをもらうことができます。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。