退職交渉

仕事を辞める勇気を持てない7つの理由とは?あなたに仕事を辞める勇気を持つ方法を教える!

あなたは仕事を辞めたいのに、「仕事を辞める勇気」が出ないと悩んでいませんか?

悩んでいるときは本当に深刻に思いつめてしまうし、未来も分からず不安になってしまうでしょう。それならと現状の職場の良いところを見ようと、あなたは頑張ってみたりするかもしれません。

しかし、きっと心の中の決意は「辞めたい」に固まっているのではないでしょうか?仕事を辞めたい理由にもよりますが、仕事を辞めたい、と思っているのであれば辞めるべきだと思います。

やりたくもない仕事をしているのは時間の浪費です。職場の人間関係に悩み、毎日家を出るのが憂鬱だ、というのであればすぐに辞めた方がいいでしょう。

今の時代、選ばなければ仕事はいくらでもあるし、転職までのつなぎで短期バイトなどをして生活費を捻出することはできるはずです。体に不調があり、それが職場のせいなのであればすぐに辞めましょう。命が一番大事です。

転職したい会社があるが、今の会社とどちらがいいか悩んでいるのであれば、冷静に仕事内容・給与・福利厚生・アクセスなどを表を作って比較しましょう。どうしても譲れないポイントを明確化することも必要です。

比較した結果、同じような条件だった場合は、内定をもらったら思い切って転職してしまって良いでしょう。自分で勝ち取った進路ですから、一から仕切り直しで頑張るというのもやりがいがあると思います。

その際、今の会社の同僚に迷惑をかけると必要以上に不安にならなくても大丈夫です。辞めるなと上司から圧力をかけられることもありますが、辞めることは権利です(辞めたい一ヶ月前には報告するなど、最低限の決まりは守りましょう)。

淡々と「〇〇月〇〇日をもって辞めさせていただきます」と伝えれば良いのです。よほど単なるわがままでない限りは、辞めたい理由を話したら理解してくれます。事務的に引き継ぎをこなして、辞めましょう。

もう過去の所属団体になるのですから、過去のことを心配して不安になるのは勿体ないです。それよりも、これからのあなたの未来のことを考えましょう。

あなたが勇気を持って、仕事を辞める決断を下せるように、心から応援しています。

[template id=”8828″]

目次
  1. 仕事を辞める勇気が出ない7つの理由
  2. あなたが「仕事を辞める勇気」を持つべき理由とは?
  3. 仕事を辞める勇気を持つ10の方法
  4. 「仕事を辞める勇気」を持って退職した私の体験談
  5. それでも「仕事を辞める勇気が出ない」という人へ

仕事を辞める勇気が出ない7つの理由

仕事を辞める勇気が出ない理由はなぜなのでしょうか?まずは、仕事を辞める勇気が出ない理由を一緒に考えていきましょう。

仕事を辞める勇気が出ない理由1.お金の不安があるから

私が仕事を辞める勇気がなかった一番の大きな理由は、お金です。すぐに次の仕事が見つかるかも分からないので、当面の生活がとても不安でした。

家族がいれば、お金の問題はさらに大きなものになります。子どもに必要なものを買い与えるためにも、将来の学費の為にも、たくさんのお金が必要になるからです。

お金の問題は、生活のことを考えると容易に判断できないことでしょう。家族を養っている人ならなおさらですよね。

仕事を辞める勇気が出ない理由2.職場の人に言いにくいから

「職場の人に言いにくい…」と考えたり、辞めたい理由があっても、「他の部分でその職場以上に居心地がいいところがないかもしれない…」と考えるから、辞める勇気が出ないのでしょう。

特に人間関係に関しては入ってみないと分からないので、過去に人間関係で辛い思いをしていたりしたら、辞めてよそで毎日嫌な思いをしたくないという気持ちがあるはずです。

良好な人間関係の中であれば、辞めたいということを言う勇気もなかなか出てきません。それとは逆に、人間関係に悩んで仕事を辞めたい場合ならば、話を切り出すことを恐れている場合もあり得ますね。気兼ねしている相手にネガティブな話を切り出すのは気分が重いものです。

仕事を辞める勇気が出ない理由3.現状がひとまず安定しているから

仕事を辞める勇気が出ない理由のひとつとして、「現状がひとまず安定している」ことが挙げられます。今の仕事を辞めなければ、とりあえず「仕事をしている」という世間体は保てますし、お給料を貰えるので生活する上での心配はありません。

また、仕事を辞めたことがない人にとっては、「仕事を辞める」ということは全く未知の領域です。未知の領域に足を突っ込むには、下調べをしたり、今まで考えたことがないことを考えたりする必要があります。その面倒くささもあって、仕事を辞める勇気が出ないのではないでしょうか。

仕事を辞める勇気が出ない理由4.キャリアが途絶えてしまうから

また、キャリアが途絶えてしまう事にも不安を覚えました。転職して新しい職場にいけば、今まで努力して積み上げてきたキャリアを失う可能性もあります。特に、未経験職種に転職すれば、なおさらでしょう。

もし、人間関係が嫌で退職する場合、うまく次の職が見つかったとしても、また一から人間関係を築いていかなければなりませんので、それを考えるとなかなか勇気が出ないのかもしれません。

仕事を辞める勇気が出ない理由5.漠然とした不安があるから

仕事を辞めて、これから先生活していけるのだろうかという漠然とした不安が、仕事を辞める勇気が出ない最も大きな理由でしょう。

仮に転職をしても今よりも条件がよくないかもしれない。人間関係で嫌な思いをするかもしれない。そういったことを考えると、仕事を辞めたいと思っていてもなかなか実際に動き出すことは難しいものです。

そういった未来への不安はもちろん、せっかくキャリアを築いたのにまた一から始めるということに億劫になっているというのも、原因のひとつになることもあります。職歴が多いと、「すぐ辞める人」という印象が付くのも不安のひとつでしょう。

また、転職するとして、それは今の仕事よりもっときつい仕事かもしれません。今の仕事で「人間関係が上手くいかない」という悩みがあったとして、次の職場でも同じことになるのではないか、根本的な解決にならないかもしれないのではないか、という不安があるでしょう。

仕事を辞める勇気が出ない理由6.次の仕事がすぐに見つかるか不安だから

今の仕事を辞めた後のビジョンを持つことができていない、というのが大きいのではないでしょうか。生活が懸かっているので今後の見通しが立っていない状態で仕事を辞めるのは不安になりますよね。

仕事を辞める勇気が出ない理由は数えきれないほどあると思いますが、その中でもスムーズに再就職先が決まるかどうか、そして再就職したとして現状よりも良い仕事につけるかが分からない、という不安があげられると思います。私自身がそうでした。

転職活動は新卒採用と違って現職の仕事で働きながら就職活動を行うため、それを考えると億劫になり中々辞められません。

再就職先が決まったとして、今辞めたいと思っている原因となったものが再就職先では大丈夫なのかどうかは実際のところ入社してみないと分かりません。

もしかしたら現状のほうがマシなのかもしれないと考えて現状の我慢を選択する…これらの理由により中々退職に踏み切れないという方は多いと思います。

仕事を辞める勇気が出ない理由7.「情」が沸いているから

在籍期間にもよりますが、情のようなものが沸いていることが挙げられると思います。少なからずとも世話になった人がいたり、切磋琢磨した同期がいたりすると、なかなか退職を言いづらくなるでしょう。

そうなると辞めたくても、退職を口に出すことを憚られてしまうことがあります。どうしても知っている人に迷惑を掛けてしまうのではないかと考え出すと、このままでも良いのではないか、今の会社でまだまだやるべきなのではないかと考えてしまうのです。

今の職場の人たちに引き継ぎなどで迷惑をかけることも、勇気が出ない原因になります。

[template id=”10140″]

あなたが「仕事を辞める勇気」を持つべき理由とは?

では転職を考えている人が、仕事を辞める勇気を持つべき理由は何でしょうか?ここでは、その理由について詳しく考えていきましょう。

仕事を辞める勇気を持つべき理由1.何も始まらないから

転職したいのであれば、仕事を辞める勇気を持たないことには何も始まらないからです。辞めたい仕事とはいえ、今いる場所は慣れた環境。そこから全く未知の会社に飛び込むのは当然勇気がいります。

しかし、それを乗り越えてようやく、求める環境ややりたい仕事に近づくことができるのです。転職を考えているということは、現状の仕事に満足していない、あるいは何かしらの不満があるということではないでしょうか。仕事というのは、短い人生の中でも多くの時間を占めています。

仕事に不満を持ったままでは、人生の貴重な時間を犠牲にすることになってしまいます。もし、やりたいことがあるのに、今の生活が惜しくて仕事が辞められなければ、きっと後悔してしまうはずです。人生を、後悔の少ない、より良いものにするためには、決断することも大切になるでしょう。

仕事を辞める勇気を持つべき理由2.自分のためにならないから

体は資本です。きつい仕事でどこか体を壊してしまったら、その後の転職や人生で損します。また、体だけでなく心も病んでしまったらしばらく仕事どころか何もできなくなってしまうかもしれないので、そういったことも考えると勇気が出てくると思います。

内心「嫌だなぁ、辞めたいなぁ」と考えている人が低いモチベーションで仕事を続けるのは、会社のためにもなりませんし、何より自分のためになりません。「せっかく正社員なのにもったいないなぁ」と考えている人は今すぐに考え直した方が良いです。

今は正社員だから大丈夫、という時代ではありません。大企業の正社員でもばんばん首を切られる時代であり、近い将来AIの発達によって多くの仕事が奪われると言われています。あなたにしか出来ない仕事を探してください。

仕事を辞める勇気を持つべき理由3.悩んでいるうちに時間が立ってしまうから

悩み続けているその時間に行動に移していたら、きっと何かは変わっていたはずです。分かりやすい例でいうとお給料に満足できず転職を数ヶ月悩み続けていたとして、行動に移していたらもっと多くのお給料をもらえていたかもしれません。

転職はある程度の飛び込む勇気も必要になります。先の見えないことばかりで不安になって悩み続けてのループでは何も変わりません。そんな時は例えばこの案件が終わったらとか、この資格を取ったらとか、区切りを考えるといいです。

それと現実的な問題ですが、転職活動には年齢制限的なものが設けられている場合があります。悩んでいるうちにそういった制限に引っかかる可能性もあるので計画性も大切です。

仕事を辞める勇気を持つべき理由4.今の仕事を惰性で続けてしまうから

転職活動を進める際に、今の仕事が気にかかって集中できなくなるためです。業務を進めていれば、毎日必ず解決すべき問題が発生してきます。その時、仕事を辞めるという意思を明確に持っていないと、今の仕事に意識が向くようになるでしょう。

そうなれば就職活動に対する集中力が保てず、今の仕事を惰性で続けるという流れになりがちです。仕事を辞めると決めて、勇気を持ちましょう。

そうすれば次の就職先を探すことにエネルギーを振り分けることが自然とできるようになります。転職するのであれば、今の仕事は辞めなければなりません。それは、当然のことでしょう。

[template id=”10140″]

仕事を辞める勇気を持つ10の方法

では、仕事を辞める勇気を持つにはどうすれば良いのでしょうか?仕事を辞める勇気を持つ方法を紹介します。

仕事を辞める勇気を持つ方法1.未来を想像してみる

例えば仕事を辞めたいと思った理由が単発的な何かが原因となっている時や、少しストレスが溜まってしまって嫌になったという時、少し心と身体を休めて乗り越えられるのであれば正直仕事を辞める必要はないと思います。

ただ本当につらくて、毎日仕事に行くのが嫌で、自分の身体が拒絶してしまうのに仕事を辞める勇気が出ない方は一度5年後、10年後を想像してほしいです。

今勤めている会社であなたが生き生きと仕事をしている姿が浮かぶでしょうか。姿が浮かんだ方はもしかしたらまだ頑張りたいという気持ちがあるかもしれません。

浮かばない、そんな先のこと想像できないというあなたは今の仕事に対しての熱意や、やる気がもう持てないのかもしれません。現状を続けたとして将来が見えるのかどうか、現状を変えようと思えるほどまだ前向きに取り組めるのか、一度考えてみるといいと思います。

これ以上、この中に(この職場に)居たいか、考えてみてください。私ははっきりとNOだったので辞めました。

仕事を辞める勇気を持つ方法2.知識を蓄える

「仕事を辞めること」に対する知識を蓄えることです。仕事の辞め方、辞めるときに必要な手続き、辞めたあとどうしたら良いかなどを調べてみましょう。「仕事を辞める勇気を出す=仕事を辞める」に直結させる必要はないのです。

仕事を辞めるにはどうすればいいのか、仕事を辞めるとはどういうことなのか、という知識を自分の中に蓄えていけば、だんだんと仕事を辞めるということが現実的な話になっていき、勇気を出しやすくなります。

辞める勇気を持つ方法は、次に進む不安材料を消すことです。例えば、次の仕事が決まるか不安なら在職中に次の仕事を決める。ハローワークなどで雇用保険がもらえるか確認しておく。もちろん自分の貯金額も把握しておきましょう。

仕事を辞める勇気を持つ方法3.自信を持つこと

自分に自信を持つことです。仕事を辞める勇気が出ないのは、少なからず自分に自信を持てることが出来ないからだと私は考えます。自分を卑下して、こんな自分に今の仕事を辞めて一体何ができるんだろうと思い悩むこともあるかもしれません。

しかし、それではずるずると今の嫌な仕事を続けることになってしまいます。低いモチベーションで仕事を続けることは会社にとっても自分にとってもマイナスでしかありません。自分が本当にしたいことはなんなのかということを常に考え続けてください。

仕事を辞める勇気を持つ方法4.どうしたいのかを明確にする

自分がどうしたいのかを明確にすることが第一歩だと考えます。

  1. 本当に仕事を辞めたいのか。それとも続けたいのか。
  2. 仕事を辞めたい原因はどこにあるのか。それを解決する方法は存在していないか。
  3. 仕事を辞めた後、次は何をしたいのか。

上記のことを考えて、理論を固めてはいかがでしょうか。言葉として考えをまとめる。そうすることで自分の気持ちと向き合う材料が揃います。

楽に考えることです。「会社、周りの人に迷惑をかけてしまう」というのは、本人だけが思っていることかもしれませんし、そもそも会社というものが1人社員が抜けたからといって業績悪化する訳がありません。私はこう楽に考えて、会社を辞めました。

仕事を辞める勇気を持つ方法5.転職先を決めてしまうこと

転職先を決めてしまえば、辞める期日も決める必要があります。辞めることの期限を自分で設けることで、辞めざるを得ない状況にしていってしまえば、退職することを口に出さないわけにはいかなくなります。

そのためには転職サイトにまずは登録してみたり、転職エージェントに相談をしてみたりして、とにかく動いてみることです。自分の未来を思い描き、情報収集を行い、行動を起こすことで、自然に辞める方に転がっていきます。

仕事を辞める勇気を持つ方法6.一歩を踏み出してみる

仕事を辞めたらどうなるか分からないから怖い、だから勇気が出ないということもあります。なので、まず1歩踏み出してみることが大切です。

その1歩として、自分で仕事を辞めることについて調べてみても良いですし、身近な信頼できる人に相談してみるのもひとつの手です。そうやって、「仕事を辞める」ことへの自信をつけていけば、自然と勇気が持てるようになっていくでしょう。

どうして辞めたいのかを見つめ直し、それでも辞めたいのであれば、辞めたい辞めたいと思っているだけでは、その状況は変わりません。辞める勇気は、自分の欲望に従い、ただ一歩前に進み出すだけのことではないでしょうか。

あまり考え込まず、どうしたら自分が楽しいと思えるのか、笑顔になれるのか、どんな自分になりたいのかを思い描き、あとは踏み出すだけです。自分で自分を奮い立たせるためには、自分自身の未来をどうありたいのかを見つけ出すだけではないかと思います。

仕事を辞める勇気を持つ方法7.貯金をしておくこと

すぐに転職先が見つからないことも考慮して、まずはしばらくの間、食い繋げるだけの蓄えをして、転職活動を始めるようにアドバイスします。

まずは、仕事を辞めても数か月は食べていかれるだけの蓄えを用意しておくことで、転職がスムーズに行かないときでも、焦らずに転職活動が出来ると思います。ですから、辞める前にしっかりと貯金をしておくことです。

そして、転職をした後のワクワクを思い浮かべてみると、後ろ向きな退職ではなく、前向きに捉えることができるようになると思います。

仕事を辞める勇気を持つ方法8.継続できる何かを見つける

自分に自信を持つために、毎日少しずつでよいので何か継続できること見つけてください。毎日本を読む。毎日ブログ記事を作成する。毎日youtubeに動画投稿をする。毎日筋トレをする。なんでもよいです。

本当に小さいことからでも大丈夫です。少しずつ積み重ねて行ったものがあなたのスキルになり、そして自信に繋がります。

仕事を辞める勇気を持つ方法9.自分の将来をしっかりと考える

仕事を辞める勇気を持つためには、自分の将来を考えることが良いと思います。そしてこれは少し冷たい意見になってしまいますが、実際のところ結局仕事は誰が辞めても何とかなります。

何とかしようと周りが動きだします。そして後任の人が採用されたりして自分が抜けた穴も埋められていきます。それを考えると、きっと勇気というか現実的に自分の人生を第一に考えることができるでしょう。

仕事を辞める勇気を持つ方法10.「仕事を辞める」と決める

仕事を辞めると決めて、具体的な行動に移ることです。仕事を辞めた後、自分がどうなるか分からなければ不安が増します。不安をなくすためには、次の就職先を探すために動くことが一番有効だと考えます。

行動を始めれば、不安よりも転職を成功させることの方に意識が向いてきます。仕事を辞めた後、自分が何をしているかという事もはっきりします。そうなれば不安そのものが小さくなる効果が期待できます。

次の仕事にポジティブな期待が持てれば、自然と今の仕事を辞める勇気が持てるようになるでしょう。これからの人生に思いをはせることです。

辞めてどう人生が転ぶか分かりませんが、自ら動き出さないと何も変わりません。不安なまま現状維持を選んで後悔するより、行動して後悔する方がいいと思います。

[template id=”10140″]

「仕事を辞める勇気」を持って退職した私の体験談

私は新卒で入社した企業を1年で退職しました。仕事内容は好きでしたが勤務時間が昼から夜にかけてという仕事で、勤務スタイルに適応できず転職を検討しはじめました。

「石の上にも3年」、3年したら慣れるよと嫌ほど周りから言われました。でも私はその3年がもったいないと思いました。3年間嫌だと思いながら仕事を続けることの意味が分からなかったし、そんな仕事との向き合い方は自分自身も嫌ですし、お客様にも失礼だと思いました。

そう思い悩んだ時点で、自分の中で辞める決意がある程度固まっていると感じたので最終案件をしっかりやり遂げたら退職することにしました。

その後転職をしたわけですが、結論として1年で転職してよかったと思っています。次の仕事は9時から18時の勤務で仕事内容はハードでしたが、疲れてもゆっくりリラックスできる時間が持てるようになりました。転職をしたことで心の余裕が格段に変わりました。

あなたは、その仕事を1年2年と続けられるか考えて下さい。5年後どうなっていたいか考えて下さい。そうするためにはどうしたらいいかを考えて、仕事を辞めることが必要だと思ったら、勇気は出てくると思います。

今から5年後はどうなっていても、もう今に戻ってやり直しはできません。仕事を辞める勇気は、ある日ふっと湧き出るものではありません。湧き出る人もいますが、「仕事を辞める勇気が出ない」と悩んでいる人は該当しないと思っていた方がいいです。

では、仕事を辞める勇気を持つにはどうしたらいいのか。その答えはすなわち、行動することです。といっても、いきなり仕事を辞めてしまうという意味での「行動」ではありません。

仕事の辞め方や、辞めたあとどうすればいいのかなどをきちんと調べたり、信頼できる人に相談したりする中で、「仕事を辞めること」について自信を持っていくのです。そうすれば、だんだんと仕事を辞める勇気が湧いてきます。

また、私自身が未経験であった貿易関連の仕事に、勇気を持って転職活動をしたおかげで、自身のキャリアアップに繋がったこと、そこでの新しい出会いや経験が自分の自信になったことを伝えたいと思います。

やる前に色々悩んだこと、次の仕事についていけるか、人間関係うまくいくか、すぐに就職できるかなどの不安は消えました。逆に、覚えなきゃいけないことで頭がいっぱいです。

また再就職先にも再就職組がたくさんいらっしゃってわざわざ声をかけてくれたり、新しい出会いはあります。手放せば、ちゃんと新しい風が吹くんだなと本当に思いました。

少し古い人なら今より良いところなんかない。とか耐えろとか言うと思いますが、海外では家族を養っている人でも、もちろんシングルの人でも転職は普通です。日本が異常なぐらいです。転職して、なんて自分はグローバルな人間なんだって思いましょう!

もしかしたら仕事を辞めたら会社に申し訳ない、と考えている人がいるかもしれません。そんな人に私から言えるのは、「会社の代わりはいても、あなたの代わりはいない」ということです。

自分の気持ちのままに行動することが大事です。満員電車に揺られながら通勤し、朝早くから夜遅くまで残業している人もいるでしょう。しかし、会社のために尽くしても、会社はあなたを助けてはくれません。いざという時に自分の身を守れるのは自分だけだということを忘れないでください。

[template id=”10140″]

それでも「仕事を辞める勇気が出ない」という人へ

あなたは囚人でもなければインドのカースト制度や江戸時代の農民ではありません。また、現在の日本は自由国家なので転職することによって逮捕や拷問、生命を危険にさらすことなど絶対にありません。

職業選択の自由や契約の解除や解約は、憲法で定められた日本国民の権利です。そのため、転職することは、ごく一般的なことだといえます。

例えば、青信号なのに道路を渡る勇気が出ない、とか選挙で投票する勇気が出ない、などと言っている人がいたらおかしいですよね?

「退職します。憲法で定められた権利です。」で、いいのではないでしょうか。言葉にして数秒です。転職をするには、今の会社を辞めて次のところへ進まなくてはなりません。

そのためには自分で決断を下すべきです。親しい人への相談はいいと思いますが、最終的なジャッジを下すのはあなた自身です。

そのジャッジを下す勇気が無くては、恐らく今の会社を辞めることはできないでしょう。現状を変えたい、他のことをやりたいと強く望むのであれば、辞める勇気は必要です。

ただ、勇気と言いますが、理論的に考えれば、辞めなくてはならないので、退職を言い出さなければ、次に進まないのです。自分がどうありたいかが見えているのであれば、あとはその言葉を会社に伝えるだけです。

それと同時に、転職エージェントに現状を相談してみると、今の自分の状況を客観的に見ることができて、辞める勇気が出てくるはずです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。