転職コラム

あなたが満足度の高い転職を実現するための11の方法

あなたが満足度の高い転職を実現するための10の方法

転職が当たり前の時代になり、転職サイトなどで気軽に転職先を探す人が増えてきています。

では、転職した全ての人が、転職に満足しているかというと答えは「イエス」とは言えないのが実状のようです。転職してわずか数ヶ月で再び転職したいと悩んでいる人も実際に存在します。

転職では、採用試験から転職先企業に馴染むまで相当なエネルギーを必要とします。転職前は「最後の転職にしたい、今度は長く勤めたい」と考えていても、満足できずに悩んでしまうケースもあるのです。

転職は、人生をより充実させるためのひとつの選択肢です。しかし、満足できない転職をしてしまうと、充実した人生を送ることが難しくなってしまいます。

この記事では、あなたが満足できる転職を実現するための11のポイントをまとめました。参考にしてみてください。

\転職成功者のほとんどが利用!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

1、価値観、目指す方向を明確にしよう

1、価値観、目指す方向を明確にする

転職に満足するためには、仕事に対する価値観と目指す方向を明確にする必要があります。転職者に「こだわり」がなければ、価値観と目指す方向が曖昧なものとなり、職場環境の変化や人間関係がうまくいかないことで満足感が失望感に変わってしまうでしょう。

外部の環境に左右されないためにも、「なりたい自分」「なるべき自分」を明確にしましょう。

入社後違和感を抱いて転職に満足できない人の多くは、何をもって満足するのか理解していません。労働環境や待遇面については、入社前と話が違うという例外はあっても、おおむね事前に確認できるはずです。

内定を取ることが目的で、企業の求人条件に合わせて漠然と転職活動をした人は、どの企業に入社しても満足感を得ることはできないでしょう。

目指す方向に向かってチャレンジしていかなければ、企業の実態や既存社員との人間関係が満足感に大きな影響を及ぼします。

あなた自身の価値観、目指す方向が明確で、信念を持って仕事をおこなえば、きっと転職に満足ができるはずなのです。

\転職成功者のほとんどが利用!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

2、就社ではなく就職のために転職しよう

2、就社ではなく就職のために転職しよう

やりたいことにこだわらず、企業ブランドに憧れて転職をしても、継続的な満足感は得られません。企業名にこだわる転職は就職ではなく、会社に入ることが目的の就社です。

大企業であれば、関係会社、子会社も多く、憧れの企業に入社しても、その先同一の企業で勤務できる保証はありません。会社名で企業を選択する人は、出向や転籍を命じられると再び転職を考えるはめになるかもしれません。

一時的には、憧れの企業へ入社できた喜びから満足感を得られますが、就社の転職は長続きしないでしょう。企業に対して漠然とした憧れだけで入社をすると、理想と現実のギャップを感じたときに、失望してしまうのです。

職を極めていくことは、企業に左右される部分は少なく、あなた自身の自覚と努力で可能です。どんな仕事でもいいから有名企業、大企業に入りたいといった志向は、スペシャリストとしての考え方ではありません。

職務経験のない学生であれば、就社をして方向性を考える時間もありますが、企業は転職者に対して就社を求めているわけではありません。

転職では、今までの職務経験を強みとして、企業貢献することから満足感を得ることができるのです。

 

3、職務経歴書を書くことは、応募企業向けのカタログの作成をするということ

3、職務経歴書を書く事は、応募企業向けのカタログの作成

転職に満足するためには、「なりたい自分」「なるべき自分」を実現できる企業へ転職することが前提にですが、転職で採用されるためには、職務経歴書と面接が重要なポイントとなります。

特に転職では、職務経歴書から自社が求める人材と合致するスキルや能力を満たしているかを見極めます。応募企業への熱意があっても、職務能力が合致しなければ採用には至りません。

職務経歴書を作成する前に、求める社員のタイプをイメージしたうえで、応募企業がどのような職務能力を求めているかを考え、そして、それに合致する人材であることを職務経歴書でアピールしましょう。

職務経歴では、応募企業に向けてカタログを作成するつもりで、あなたという商品を積極的に売り込みます。

カタログには、商品のウリとなる強み、特徴が記載されているはずです。採用担当者が職務経歴書を読んで自社に欲しい人材だと思うために、今までの職務経験を通じてウリとなる部分を強調しアピールします。

転職に満足するためには、やりたいことが実現できる企業の採用試験を突破する必要があるのです。

 

4、面接官と言葉のキャッチボールをおこない、企業を見極めよう

4、面接官と言葉のキャッチボールをおこない、企業を見極める

転職に満足するためには、自分に合う企業かどうかを見極めなければいけません。面接は、応募企業を知るうえで絶好のチャンスです。

転職者の面接では、面接官からの定番質問に回答するだけでなく、回答のなかで面接官が興味を示すキーワードを投げかけましょう。面接官と言葉のキャッチボールをおこなうことで、面接官から多くの言葉を聞き出すことができます。

応募者と面接官の関係は、どちらが優位というのではありません。企業はあなたのスキル、経験、パーソナリティを、あなたは入社して貢献したい企業かどうか、見極める場なのです。

面接官が興味を示すためには、自社に必要な人材だと思わせなければいけません。そのためには、職務経歴書と同様にあなたのウリとなる強みをアピールし、求める人材と合致することを面接官に理解してもらいましょう。

転職に満足するためには、面接官から応募企業の社員像、入社後の存在価値を判断し、入社するべき企業か判断すことが大切です。

面接官の言葉、表情からワクワクとした気持ちを感じることが、転職後の満足感につながるのです。

 

5、自ら選んだ企業が自分に最も合う企業だと信じよう

5、自ら選んだ企業が自分に最も合う企業だと信じよう

企業にはそれぞれ一長一短がありますが、転職先に選んだ企業は、第一志望でなくても、最終的にあなたが決断をして選んだ企業です。

選んだ企業が自分に最も合う企業だと信じなければ、転職に満足することはできません。後悔や不信感を持ちながら仕事をしても、モチベーションが上がらず、社員同士の良好な人間関係も構築できないでしょう。

転職者のなかには、合わなければまた転職すればいいと考えている人がいますが、自ら企業に歩み寄り自分に合う企業だと自覚しなければ、再度転職をしても満足感を得ることは難しいでしょう。

自分に合う企業は、人それぞれの志向や価値観の違いで異なります。無駄な仕事などそもそもありませんが、転職先で雑務しかやらせてもらえないと嘆いている人は、何気ない業務から将来につながるチャンスがあることに気づいていません。

チャンスや出会いは偶然ではなく必然的なものだと考えれば、自らの意志で選んだ企業が自分に最も合う企業だと確信できるはずです。

自分に合う企業だと信じている人は、前向きに仕事をおこない、充実感を得ることができます。

\転職成功者のほとんどが利用!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

6、既存社員に共感し信頼関係を構築しよう

6、既存社員に共感し信頼関係を構築しよう

転職で満足感を得ることには、既存社員との人間関係が大きく影響します。やりたいことが実現できる企業であっても、既存社員に受け入れられなければ、精神的な苦痛があり実力を発揮できません。

転職に成功するために、既存社員と良好な人間関係が保てるように最大限の努力をしましょう。特に入社時期は、既存社員の性格や社内での位置づけも不明確なので、聞き役に徹することが大事です。

あなたの過去の経験を自慢し、実績を出そうとあせって行動すると、既存社員の協力を得られず、社内で浮いた存在になってしまいます。

転職当初は、外部の人間だという認識が既存社員に少なからずありますが、転職者から歩み寄る姿勢を示しましょう。

彼らが今まで培ってきた業務を批判してはいけません。良好な人間関係を構築するためには、相手に共感することが大切なのです。

聞き上手に徹すると、相手は気持ちよく会話ができ、信頼関係を築くことができます。意見を求められることがあっても、企業や特定社員の批判は避けて、新入社員としての謙虚さを持って行動しましょう。

人間関係がうまくいかなければ、優秀な人材でも「なりたい自分」「なるべき自分」を実現することはできません。

 

7、専門分野でオンリーワンの存在になろう

7、専門分野でオンリーワンの存在になろう

評価されたい、必要とされたいという気持ちは誰にでもあります。意気揚々と転職をしても、職務能力を評価されず、やりたい仕事ができなければ、満足感は得られません。

既存社員から職務能力で一目置かれることで、良好な人間関係を構築できるケースが多いです。転職者は、求める職種のスペシャリストとして採用されることが多く、前職の経験を活かして、即戦力として仕事を行うことを期待されています。

上司は、入社時に転職者の実務能力を見極め、自社で使える人材かどうかを判断しますが、同僚も転職者の職務能力について大変興味を持って見ています。

スキルや知識が際立っていても、謙虚な姿勢で既存社員と接することを心がければ、短期間で良好な人間関係を構築することができます。

転職者で嫌われるタイプは、能力がないのに自分を誇示し、能書きや自慢話が多い人です。専門分野を極め、企業で必要とされるオンリーワンの存在になれば、あなたの評価が高まるだけでなく、必要とされている存在感を実感することで大きな満足感を得られます。

求められる職務能力をブラッシュアップすることを怠ってはいけません。

 

8、自分の考えに固執せず、柔軟に対応しよう

8、自分の考えに固執せず、柔軟に対応しよう

やりたいことを実現できる企業に転職すれば大きな満足感を得られますが、企業は社員のやりたいことを実現するために存在しているわけではなく、利益を生み出さなければ存続できません。

入社後、新たな適正を見出されて、入社前に考えていた仕事と違う業務を命じられることがありますが、このことをチャンスと捉えるか否かで、その後の人生が変わります。

柔軟性なく固執した考え方は、せっかくのチャンスを見過ごす結果にもなりかねません。目標や夢を抱くことは大切なことですが、必ずしも思い描いた通りにはいきません。

予期せぬ出来事を新たなチャンスとして捉えると、気持ちが前向きになり、受身の仕事から攻めの仕事に変わり、満足感が得られます。

多くのことを吸収していく姿勢では、今まで経験したことのない発見があり、仕事の幅が広がります。「~でなければならない」という思い込みが強い人は、転職先企業で実績を出すことが難しくなります。

「郷に入らば郷に従え」という気持ちで柔軟に対応することが、予想しなかったキャリアアップにつながります。

 

9、現状に満足せず、常に次のステップを目指そう

9、現状に満足せず、常に次のステップを目指そう

転職が成功したという達成感を味わうことを否定しませんが、転職が終点だと考えた時点で、今後の成長は期待できません。転職したことに満足し、向上心がなくなれば、そこから先の進歩はないでしょう。

自分に合う企業を見つけ、日々の仕事に充実感があれば、転職に満足している人だと言えますが、現状の満足感にいつまでも浸っていては、近い将来、満足しない状況に陥っていまいます。

次のステップを目指していくことが、仕事をおこなううえでの本当の満足につながります。既存社員と良好な人間関係を構築でき、実務能力を評価されたからといって、安心しているようではいけません。

世の中の変化に伴って、業務内容も進化していきます。伸びる人材は、常に先を見つめて前進していく人です。

転職というステップを無事にクリアしたら、次にやるべきことが見えてくるはずです。転職はあなたの目標に到達するための通過点に過ぎません。

転職の満足感を次のステップのバネにしていくことで、満足感はより高まるのです。

\転職成功者のほとんどが利用!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

10、転職成功は、企業依存ではなく自ら構築するもの

10、転職成功は、企業依存ではなく自ら構築するもの

転職に満足していない人は、企業が何もしてくれない、待遇面が悪い、労働条件が違う等、企業への不満を真っ先にあげますが、満足を得るためには、企業依存の考え方を改めなければいけません。

企業が与えてくれると考えている限り、何度転職を繰り返しても、満足感は得られないでしょう。企業が転職者に与えるのは労働に対する報酬です。報酬による満足感は一時的なもので長続きしません。

転職の満足感は、将来の糧になる貴重な経験を、前向きに仕事に取り組みながら得ていき、自己成長していくことで味わうことができます。やらされているといった受身の姿勢でいる限り、満足感は得られません。

企業は社員にチャンスを与えますが、チャンスを掴めるかどうかは、社員の能力と行動にかかっています。企業依存の考え方で転職をすれば、他人依存型の仕事しかできず、うまくいかないときは責任転嫁してしまうでしょう。

企業を介して自己成長させてもらっているという考えで、積極的に行動していく人こそが、転職をして満足する人なのです。

 

11、満足度の高い転職をするなら転職のプロに相談しよう

11、満足度の高い転職をするなら転職のプロに相談しよう

満足度の高い転職を成功させたいのなら、転職エージェントに登録をしてみてください。

転職エージェントに登録をすることで、応募書類添削サービスや面接練習サービスなどを受けることができます。

特に、転職活動を進めることにおいて、多くの人は、応募書類作成と面接に不安を抱いているように感じます。応募書類と面接は、採用に直結しますから、それだけ悩みやすいものなのでしょう。

もちろん、応募書類や面接についての書籍はたくさん販売されているため、情報を手に入れることは簡単です。また、ネットにも、応募書類や面接についての情報が掲載されています。

つまり、応募書類や面接についての情報は簡単に手に入るのにも関わらず、不安になってしまう人が多いということです。

しかし、転職エージェントを活用している人の多くは、応募書類や面接についての不安が少ない傾向があります。

転職エージェントは、日々たくさんの転職希望者の支援をしています。このような、実績のあるサービスから応募書類や面接のサポートを受けることができるわけですから、不安が緩和されるのではないでしょうか。

また、転職エージェントを活用すれば、求人紹介をしてもらうこともできますよ。自分に合った求人紹介をしてもらえるので、転職活動の効率化にもつながるはずです。

もちろん、転職における悩み相談にも応じてもらえますので、転職活動におけるさまざまな不安を緩和させることにも役立ちます。

ほとんどの転職エージェントは、無料で利用することができます。また、多くの場合は、転職エージェントが主体となって、あなたの転職活動を誘引してくれることでしょう。

転職活動をすることを決めているのなら、ぜひとも転職エージェントを活用してみてください。

\転職成功者のほとんどが利用!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    業界最大級の求人数!転職者の約8割が利用

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    ビズリーチ
    ハイクラス向け!年収UPしたい方におすすめ

    ビズリーチ

    詳細を見る

  3. No.3
    マイナビエージェント
    20代に強い!未経験が可能な求人も豊富!

    マイナビエージェント

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。