無職・フリーター

無職生活を充実させるための8つの方法とは?

無職になると、あなたは精神的に落ち込んでしまうでしょう。

そんな中で、無職生活を充実させるにはどうすれば良いのでしょうか?私が無職の時に行っていたことで1番充実していたことはジムに通っていたことです。

たくさんの人と知り合うことが出来て体を動かせるのでとにかく充実していました。お金のやりくりをしてでも通う意味がある場所だと思いますよ。

本当にいろんな人がいろんな形で利用している場所です。気が強い人が多いですがそれも刺激になります。体を動かしているとやる気が湧いてきて仕事も出来るようになります。心と体はちゃんと繋がっているんだとはっきりと分かる場所でした。

そして、充実できない生活を充実できるようにするには、やはり就活をまず頑張るようにすることです。もちろん頑張ってばかりでは疲れるので、時々休息するようにします。この両方がうまく連動すれば、就活も結果を出せるようになるでしょう。

失業給付をもらっていると、ついそれに頼りがちになってしまい、そのままずるずるといってしまうこともあります。しかしそれでは充実した生活とはいえません。生活にめりはりをつけ、ちゃんと給料をもらえる生活を目指すようにしましょう。

無職の状態だと何をやっても楽しくなくなります。自分が好きなことでさえも、思い切り楽しむことができなくなってしまうのです。

そんな人生なんて、誰だって嫌でしょう。なので、充実した生活を送れるようになるためにも、何とかして無職を脱出しましょう。お金のためというより、好きなことをたくさんするために仕事をする。この考えを持てれば、状況は改善するはずです。

[template id=”8763″]

無職で充実できなくなる8つの理由

なぜ無職になると、充実した日々を送れなくなるのですか?まずは、無職になって「充実」できなくなる理由を紹介します。

無職で充実できなくなる理由1.収入がないから

収入がなくなることで、これからの生活を考えて出費への抵抗感が芽生えるからです。

仕事をしていたときは、収入が月末にあるから、と軽い気持ちで値の張らないものならば買えましたが、無職になると、何か手にとるたび、これは本当に必要なのかと考えて欲しいという気持ちを抑え込んでしまいます。

無職で充実できなくなる理由2.毎日同じ繰り返しだから

一番の理由は、毎日が同じことの繰り返しになることだと思います。このことが自己肯定感を低下させて、自己嫌悪に陥ることでやる気を失わせるのです。

私自身も最初の頃はやる気があり、早く無職をやるぞと頑張って職探しをしていました。しかし、なんども不採用となるとハローワークから遠ざかるようになり、やる気が低下していきました。

やはり不安な気持ちが奥底にずっと付きまとうので、何をやっても安心できません。最初の頃は勉強しに図書館に行くのにもなぜか罪悪感がありました。外食も100円程度のものでも、悪いことをしているような気分になるのです。

また生活リズムが狂うことで、1日の長さがわからなくなり充実感が感じられなくなるということもあります。昼までずっと寝ていると、まだ1日の時間が残っていても、まるで1日全部を無駄にしてしまったような気分になることもありましたね。

無職で充実できなくなる理由3.メリハリがないから

無職になって充実できなくなる理由は、忙しい毎日の中でポカっと空いた時間に好きな事をするのと比べると、無職だと毎日暇で好きなことをしてもそれが特別に思えないからでしょう。

また、無職だと時間的な縛りがないため身体もあまり動かさないのです。身体を動かすことは充実につながります。
仕事にしろ遊びにしろ心地よい程度に身体を動かして疲れるのは、頑張る時間と休憩の時間、とメリハリがつくのです。

無職だと自分から何かしないと頑張る時間がないからそのまま楽な方に流されると休憩がずっと続くことになってしまいます。充実するには生活にメリハリが必要です。

無職で充実できなくなる理由4.友人に誘われなくなるから

無職になって充実できなくなる理由としては、無職だとお金がないだろうと、周りの友人知人に誘われなくなる点です。周りの友人知人はみんな働いていて、自分だけが無職の場合には、なんだか仲間はずれになった気持ちになる事も多いでしょう。

実際に収入がないから、生活保護をもらっていたとしても、ぎりぎりの生活しか送れないので、友達と飲み歩いたりするといった贅沢はできません。

車も所持するのが難しくなると、自然と行動範囲も狭まれてくるので、ドライブして気晴らしする事もできなくなります。徒歩や自転車中心の生活になるので、新しく就職先を探す場合でも、自家用車が必要な営業職や遠方への車での通勤が必要な職場では、勤務する事は難しいでしょう。

無職で充実できなくなる理由5.やるべきことが見つからないから

無職になると「充実」できない、最大の理由はやるべきことが見つからないことです。もちろん無職の場合は就活が一番やるべきことなのですが、それも毎日というわけではありません。

仕事は基本的に、毎日同じことをするのが基本ですが、それがないため生活の軸がぶれ、何をするべきかを見定めにくくなるのです。

ですからまず就活を軸にすえ、面接のない時は転職サイトをチェックするなり、ハローワークに行くなりして、目的を定めて行動するようにしましょう。暇だからと何もせずにぶらぶらしてばかりいるのは、一番よくありません。

無職で充実できなくなる理由6.周りとペースが合わないから

無職になると充実した日々が送れなくなる理由は周りと生きるペースが合わないからです。周りは仕事をしていて朝起きて帰りは夕方か夜でしょう。

仕事の休みは職種によりけりですが、生活のペースが周りとまったく合わなくなるから充実した生活が出来ないんですよね・・・。

昼間からパチンコ屋に出入りしている人たちを見ているとみんな気力がないように見えます。ひとりで遊びに行ける場所は限られていますから、何をしても充実感は得られないでしょう。

無職で充実できなくなる理由7.劣等感があるから

周りの人は働いているのに、自分は働いていないという劣等感が生じるからです。自由な時間がたくさんあっても、つい周りの目を気にして働いていないと気づかれないようにしてしまいます。

具体的には、ツイッターなどの投稿を他の人が働いているだろう時間には避けたり、昼間に同じ店には毎日行かない様に気を遣ってしまいます。

無職で充実できなくなる理由8.無職だから

無職が生活を充実させてもいいのかと考えてしまうようになるからです。就職して仕事を頑張っている中で自分の好きなことをしているのであれば、充実しているなと心から感じることができるでしょう。

しかし、無職は仕事をしていないわけです。そんな人が充実させていいのかと思ってしまいます。そんなことよりも無職から脱出し正社員になることが大事ではないかと考えてしまうのです。

[template id=”10189″]

無職生活を充実させる8つの方法

どうすれば、無職でも日々を充実させることができるのでしょうか?ここからは、無職生活を「充実」させる方法を紹介していきます。

無職生活を充実させる方法1.体を動かすこと

無職生活を充実させる方法は体を動かすことですよ。例えばスポーツに打ち込んでみると良いでしょう。フィットネスクラブに通うといろんな人が世の中に入るんだと分かるし自分の世界が広がります。

フィットネスクラブには時間帯によって集まる人が違います。平日の昼間は主婦が集まり夕方からは仕事終わりの若い人が集まってきます。定年退職した人年金暮らしの人もたくさん来ていますよ。そういう人と話をすると働くことだけが人生じゃないとはっきりと気づくでしょう。

無職生活を充実させる方法2.筋トレと読書

無職生活を充実させるには、筋トレと読書をしろと言いたいです。私は筋トレで心と体を鍛えることができました。読書をすることで知識を蓄えました。家でゴロゴロとテレビを見るなら読書をしてウォーキングしてストレス発散することが手取り早いです。

私は無職になっに当初は家とハローワークの往復の毎日でありました。そんなつまらない毎日を送っていましたが「本」を読むこと「運動」することがきっかけでそんな毎日は終了します。

ずっと本を読む習慣もなく、むしろ本を読むことを軽蔑さえしていた私は充実する日手に入れたのです。運動も学生時代以降離れてしまい、体はなまっています。筋トレをしても筋肉痛がひどくなるけど、なぜかスカッとストレス解消にもなり、自信が満ちてきます。

体だけを鍛えず、時間がある時は読書をして過ごします。この時が人生で一番本を読んだ時で、ハローワークやジムの帰りに本屋に寄って本を物色しました。毎日を充実させるには同じ生活から抜け出すことをする。そして明るく笑っていれば、なぜか充実した日が訪れてきます。

最初のうちは職探し以外で、外出したりするだけでも罪悪感が出てくることもありました。しかしそういった気持ちを無視する癖を付けて行動し続けたら、普通に外出自体を楽しめるようになりました。

はじめのうちは必要以上に神経過敏になっていたりするので、あまり自分の罪悪感などの感情を大袈裟に捉えないのがいいと思います。人に迷惑かけるようなことではない限り思い付いたことは遠慮なくやるのが良いでしょう。

特に無料で使える図書館などの施設はどんどん活用して、徹底的に使うくらいの気持ちで利用するのが良いです。

無職生活を充実させる方法3.規則正しい生活を送ること

無職生活を充実させる方法は、まず仕事をしていないからといって生活は規則正しく、を心がけることです。不規則な生活をしていると何に対してもやる気がなくなってしまいます。

無職になると怠け癖がつきやすくなります。仕事をしている時は、ある程度規則的な生活を送らないといけません。しかしそれがなくなることで、つい不規則な生活を送るようになってしまい、昼夜逆転のスタイルになる例もあります。

また仕事をしている時の緊張感がなくなるため、自分の好きなことに傾きがちで、就活さえ先送りになってしまうこともあります。もちろん食事もきちんと摂らない人もいます。こういう不規則な生活を予防するためには、やはり定時に起床または就寝し、一定のペースにのっとった生活をすることです。

無職生活をしていても決まった時間に起きて部屋の片付けや掃除、洗濯食事の支度など生きていくためにやるべきことはきちんとすること。

その上で、昼間の空いた時間にはこれまでやりたいと思っていた事をやります。ちゃんとその日にそれをすると決めてから行動するのです。何となくやる事もなく過ごしていると落ち込みやすいからこそ、やりたい事を考え行動しましょう。

無職生活を充実させる方法4.勉強すること

無職であるが故に、働いている人よりも多く持っている「時間」を活用して「勉強」することが、無職生活を充実させると思います。

勉強というと堅苦しいですが、内容は趣味に関する勉強でも、今後いつかつきたい職業に関する勉強でも、興味本位の雑学の勉強でもなんでもいいです。

昨日より今日の方が知っていること、できることが増えた方が、なんとなく自分に自信がつきますし、次にやりたいことも見えてきたりします。

知識を増やすだけでなく、紙とシャープペンで絵の練習をしたり、フリーのアプリで曲を打ち込んでみたりするのも学ぶことだと思います。自分の手で何かを作ることができると、小さな達成感を得ることができます。

無職生活を充実させる方法5.自分の好きなことをする

自分の好きなことをするという方法です。何でも構いません。スポーツ、音楽、ゲーム、読書など何でもいいので、とにかく好きで夢中になれることをすればいいのです。

無職の人は仕事をしている人と比べて時間がたくさんあるため、自由に時間を使うことができません。好きなことをしていれば楽しいので、日々を充実させることができます。

無職生活を充実させる方法6.創作活動をおこなう

一つ目は自分用のWebサイトの作成です。それまでなんとなくHTMLとCSSを知っているという程度の知識しかありませんでした。

いろいろなサイトで調べながら試行錯誤して、Javaスクリプトも学び、自分の理想のサイトをこつこつと作成していくのがとても楽しかったです。小さな機能でも、動かなかったものが工夫したことによって動いた瞬間の喜びはとても大きなものでした。

同じぐらい充実したのが無職になる前から続けていた創作活動です。私は、オリジナルの漫画を趣味で描いているのですが、無職になる前は、時間面の問題で作業に集中できないことが多かったです。

無職になったことで、時間的な余裕ができ、それまでよりも時間をかけて丁寧に作品を作っていくことが私に充実感をもたらしました。

無職生活を充実させる方法7.図書館を活用すること

無職の時は時間がとにかくたっぷりあるので、それをプラスに捉えるのご充実させるポイントです。ただしお金は減らさない方がいいので、無料で行えて自分の糧になる行動をすることをオススメします。

一番良いのは図書館を活用することです。無料で本が読めて、施設にずっと居ても変に思われることもありません。図書館で役に立ちそうな知識を得たり、何か勉強して身に付けることをオススメします。

また図書館ではDVDもただで見れたりCDも聴けます。意外と新しい作品も置いてあるので、世間に取り残されているような感覚が沸いてきたら、それらを活用すると良いと思います。

無職生活を充実させる方法8.お金を使わず楽しむこと

無職の時期は、とにかく収入がないので、お金が減っていくのが一番不安です。そんな時には、できるだけお金を使わないでも贅沢をできる方法を試すことで、無職でも充実した日々を過ごす事ができるでしょう。

お金を使わない贅沢方法としては、自然に触れる事です。いつも家で食べていた昼食を、公園や緑の多い散歩道のベンチで食べると、心が癒されます。

お弁当も、家でおにぎりを握っていくだけでもOKです。コンビニやスーパーで購入した100円のパンでも、家で食べるよりは、緑の多い公園や散歩道で食べた方が優雅です。

無職でも、日々を優雅に過ごす事によって、金運もアップしていくはずなので、いつも気持ちにゆとりが持てるような生活ができました。

[template id=”10189″]

無職で充実できずに悩んでいるあなたへ

あなたは、無職になって落ち込んでいませんか?充実した日々を取り戻すために、以下のことを試してみましょう。充実するかしないかは、あなたの行動次第です。

1.生活を立て直すこと

今、無職で充実できずに苦しんでいるなら、まず生活を立て直すことに注力すべきです。人に恥じるような堕落した生活ではなく、仕事してる時と変わらずに起きて身だしなみ整えて、その日の目標を決めて毎日過ごすといいでしょう。

別に大それたものではなく、「今日は何歩歩くぞ」とか「本を何冊読もう」とか、「何円以内で食事の買い物を済ませるぞ」、など。

それまで時間がかかるからと諦めてたメニューを作ると決めるのも良いですね。とにかく、何もすることがない生活は充実しようがありません。やる事が仕事で埋まらない無職生活なら、その代わりにやる事を決めてやると充実した毎日になります。

2.小さく充実させていく

まずは、自分にやりたいことがないか考えてみましょう。やりたい、とまでいかなくても、少し興味があることや、何だか気になっていることでも良いのです。

これから先こんな自分になりたいというイメージがあったら最高ですね。それを紙に書き出してみて、自分ができそうだと思いつくことを全部リストアップしてみましょう。

特に、インターネットや本で調べなくても、自分の中にできそうだという気持ちと、やりたいという気持ちが少しでもあれば大丈夫だと思います。リストの中から一番やってみたいものを少しやってみるだけで、少し前向きな気持ちになれるでしょう。

また、毎日自分がその日その日にやったことをメモしておいて、後日読み返せるようにしておくと、自信がなくなったときや落ち込んだときに、復活するきっかけになります。

少しずつ少しずつできることをやっていくと、また見えてくる風景もあります。最初はあまり大きなことを無理にやろうとせず、小さなことでいいのです。できた自分を少し好きになれますし、少しずつ充実してくるはずですよ。

3.とりあえず働くこと

現在無職で充実できず苦しんでいるなら働くことが一番の解決策です。無職といって、定職についていなくても、1日だけ、数時間だけといった単発のアルバイトでもいいから、トライしてみましょう。

いきなり定職につけるといったおいしい話はなくても、1日だけ、数時間だけといった単発のアルバイトであれば、すぐに雇ってもらえる場合も多いです。

在宅でアンケートや簡単なデータ入力をするといったアルバイトもあるので、月に数千円、数万円しかならなかったとしても、無職だからと何もしないでいるよりは、空いた時間を活用して少しでも収入があると良いので、できる事から始めてみましょう。

定職にこだわらずに、空いた時間を上手に活用しながら、スケジュールを組んでいくつかのアルバイトに励みながら生活している人も大勢います。

例えば昼間のバイトと夜間のバイトといったダブルワークで、正社員並みの収入を稼いでいる人もいるので、正社員にこだわらずに仕事を探してみるといった手もあります。

仕事イコール正社員といった固定観念を一旦捨てて、アルバイトからでも仕事を探してみると、ビジョンが広がり、世界も広がっていくので頑張って下さいね。

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。