転職コラム

転職先で失敗しない!入社して最初の3カ月間の上手な過ごし方とは?

転職先で最初の3カ月間の上手な過ごし方とは?

転職したての時期というのは、右も左も分からずに不安になってしまうものです。

特に、転職してからの3ヶ月というのは、その会社に慣れるまでの大事な期間となります。この3ヶ月の間で、あなたは転職先の会社で「本当にやっていけるか」を見極めなければいけませんし、その会社に馴染むための努力もしなければいけません。

この最初の3ヶ月間で周囲の人間に嫌われてしまっては、せっかく転職した意味がありませんよね?

では、どのように過ごせば、転職先にうまく馴染んでいけるのでしょうか?それには、いくつかのコツがあります。この記事では、転職先で最初の3カ月間の上手な過ごし方を詳しく解説します。

転職して3ヶ月で会社を辞めても再転職できるのか?退職前に考えるべき3つのこと 転職して3ヶ月経ち「やってみたら自分に仕事が向いていなかった」「思っていた職場と全然違ってしんどい」など、転職前...

転職先で言ってはいけないこととは?

転職先で言ってはいけないこととは?
あなたが転職を成功させて、希望の会社に入社できたとしましょう。しかし、転職してから言ってはいけない言葉を言ってしまうと、転職先でうまくいきません。

では、どのような言葉を転職先で言ってはいけないのでしょうか?注意しておきたい項目が3つあります。

  1. キャリアは聞かれたときにのみに言う
  2. 前職の会社風土や悪口は言わない
  3. 転職先の問題点は、客観的に言うのは有効だが言い方に気をつける

キャリアで採用されたということは、あなたは様々な経験やキャリアを周囲に早く認めてもらいたいと思うでしょう。しかし、苦労話や今までの経験をつらつらと話してしまうと、周囲の人から嫌みに受け取られてしまうこともあります。

例えば、既存社員は、新卒で入社してその会社しか知らない人たちがたくさんいるわけです。そのような人たちにとっては、あなたは宇宙人みたいなものです。

そこで、こんな経験やこんな苦労したということを話すのは、かえって反感を買ってしまうだけで逆効果です。

もう一つの注意点として、「前の会社はこんなにいい会社だったなぁ」と、自慢するような話は言わないほうが無難でしょう。また、意外に見落としがちですが、前職の悪口も言わない方がいいです。

やっと前の会社から解放されて、新しい環境で再スタートをしているのですから、前の職場の悪口を言ってしまいたくなるのもわかります。

しかし転職先の人たちからすれば、前の会社の悪口を言われても特に面白いものではありません。

恋愛関係でも人間関係でも同じですが、恋人から、昔付き合っていた人の悪口をあなたに聞かされても、嫌な気持ちになるだけですよね?ですから、前職の悪口にも気を付けなければいけないのです。

そして、新しく会社に入れば、あなたの目にはいろんな角度から会社の問題点が見えてくると思います。

それを客観的に伝えるのは有効なのですが、その際に言い方に気をつけましょう。否定語を使わないということを意識してください。

「この会社のこういうところが面白いですね」など、角が立たない言い方を身に付けてほしいと思います。笑いながら、ラフな感じで言うのもよいでしょう。

まずは、新しい会社に入社したらこの3つは最低限気をつけておきましょう。

  • キャリアは聞かれたときにのみに言う
  • 前職の会社風土や悪口は言わない
  • 転職先の問題点は、客観的に言うのは有効だが言い方に気をつける

 

転職先での3カ月間の過ごし方は?

転職先での3カ月間の過ごし方は?

転職先での3カ月間は、なるべく前向きに過ごすようにしましょう。その際に、守って欲しいことが3つあります。

①出勤は30分前が望ましい
・早く出勤している社員との接点を持つ

②3カ月間の計画を作成し上司に提出する
・上司とのコミュニケーションを密にする

③傾聴に徹する
・会社風土に早く慣れるには社員との距離を縮める

この3つです。

家から職場が遠い人はなかなか難しいかもしれませんが、なるべく出勤は30分前までに行くようにしましょう。これをすると、早く出勤している社員との接点を持つことができます。

既存社員と早く仲良くなることができれば、その人が周りの人にもあなたのことを話してくれる場合があります。私の場合は、なるべく早く出勤して机を拭くなど掃除をしていました。

2つ目は、3カ月間の計画を作成してほしいということです。

試用期間の間は、上司から「これをやって必ず成果をだしなさい」というような厳しいことは言われないと思います。

しかし、それに甘えるのではなく、あなた独自の計画を作成して上司に提出することで、上司からの評価がとても上がります。言ってしまえば、先制攻撃を仕掛けるわけです。

どちらにしろ、計画はいずれ立てるように上司から言われると思いますから、自分から先にやってしまいましょう。コツは、3カ月間の計画の中に、具体的な数値などあまりはっきりした目標は立てないということです。

例えば、営業なら「新規顧客を必ず100件以上探してきます」などとは言わないということです。具体的な数値目標は、1年間の計画としてまた別に立てるはずですから、最初にあなたがやるべきことは、その準備としての3カ月間の目標です。

これをすると「すごいな」と思われますし、「あなたを入社させて良かった」と会社は思ってくれます。

3つ目は、傾聴に徹するということです。

人間というのは、しゃべりたがる人の方が多いのですが、転職先に入ったら傾聴に徹するほうが良いでしょう。転職先の新人というものは、周りの社員からしても、興味津々のはずです。

だからといって、自分のことばかりベラベラ喋るのではなく、話しかけやすい雰囲気を保ちつつ、周りの社員の話をよく聞いてあげましょう。

人間は、自分に興味や関心を持ってくれる人に好意を持つ傾向があります。傾聴に徹することで、より早く良好な人間関係を構築できるでしょう。

それでは、3つのポイントをおさらいします。

①出勤は30分前が望ましい
・早く出勤している社員との接点を持つ

②3カ月間の計画を作成し上司に提出する
・上司とのコミュニケーションを密にする

③傾聴に徹する
・会社風土に早く慣れるには社員との距離を縮める

この3つのポイントを、忘れないでください。

 

「転職に失敗した!」と思ったら考えること

「転職に失敗した!」と思ったら考えること

転職して「仕事がうまくいかない」「転職に失敗した」と思ってしまうこともあるでしょう。

「こんなに苦労して入社した会社だけど、失敗してしまったかもしれない…」こんな気持ちになってしまうのは、大変辛いことです。ですが、そういう時は、落ち込まずにやってもらいたいことがあります。以下の3つの方法です。

①上司に相談する
・直属の上司に相談することはマイナスにはならない

②転職エージェント経由の場合は担当コンサルタントに連絡する
・転職エージェントとの関係を維持する

③内定取り消しにしてもらい辞める
・試用期間で辞めるなら履歴書の記載義務はない

まずは、直属の上司に相談するということです。上司に相談するのは、とても勇気がいると思います。

しかし、相談することで逆に関係が深まる可能性もあります。上司と仲良くなるチャンスだと思って、怖がらずに話してみましょう。

「全然仕事がうまくいきません」
「自分のやりたいこととは違うと感じています」

など、思い切って相談してみることです。相談することでマイナスになることはないので、勇気を出して相談してみてください。

2つ目は、転職エージェント経由の場合は、その担当コンサルタントに相談するということです。私も、転職エージェント経由で入った場合は、必ず相談しています。

転職エージェントは、あなたが入社したことによって企業から報酬をもらっています。そして、あなたが3ヶ月以内に辞めると、そのうちの約8割を返金しないといけないそうです。

ですから、転職エージェントとしてもあなたが辞めてしまうのは、都合が良くありません。このことを利用すればいいのです。

転職エージェントに相談することで、担当者が企業側に話をしてくれます。「こういうことで悩んでいるのですが、本当のところはどうなんですか」というリアルな話もしてくれる可能性があります。

悩んだら、転職エージェントに連絡してみてください。私自身も、転職エージェントに相談しました。その時は担当コンサルタントが一生懸命動いてくれましたし、アドバイスもたくさんくれましたよ。

3つ目は、内定取り消しにしてもらうということです。

3ヶ月以内でやめてしまうのであれば、思い切って履歴書に傷をつけるよりも、入社しなかったことにしてもらうのもひとつの手です。

履歴書で3ヶ月という職歴は、あなたの負い目になってしまうはずですから、試用期間のうちに見切りをつけて辞めるのも1つの決断といえます。試用期間のうちに辞めれば、履歴書の記載義務はありません。

その会社であなたが続けていけるかどうかというのは、1週間もいれば大体わかるでしょう。もし「ダメだ」と思ったなら、なるべく早いうちから行動することが大切です。

\3ヶ月でも転職先は見つかる!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

リストラを回避するたったひとつの方法

リストラを回避するたったひとつの方法

「リストラ」…。

これは、サラリーマン全員が恐怖していることでもあります。リストラされてしまったら、次の職がまた見つかるとも限りませんし、家族が路頭に迷ってしまう可能性もありますよね。

リストラだけは、絶対に避けたいと思うのも当たり前のことです。そして、リストラはいつ突然やってくるのかもわかりません。

しかし、たったひとつのことでリストラは回避できます。あなたが転職した会社で長く働いていきたいならば、このことを覚えておきましょう。

あなたは、仕事において、仕事の成果が一番重要だと思っているかもしれません。もちろん、仕事の成果はとても重要です。

ですが、組織というのは人間同士の集まりですから、いかに組織に対してコミットメントしているかがより大切になってきます。

具体的に言えば、上司に対していかに敬意を払っているか、その人と働きたいと思っているかということがとても重要なのです。

それさえできていれば、たとえあなたの成果が悪かったとしても、リストラまで追い込まれることはありません。

例外として、外資系のバリバリの実力主義を取り入れてるようなコンサルタント会社などでは成果によってリストラが敢行されてしまうことがあるかもしれません。

しかし、一般的な企業では上司とのコミュニケーションをうまく保つことができれば、リストラ対象とはなりません。

人間は、自分に興味を持ってくれる人に好意を持ちます。上司の人間性に興味を持ち続ける、ということを守れば、リストラの可能性を低くすることができるのです。

 

さいごに

ここまで、転職先で最初の3カ月間の上手な過ごし方を説明してきました。

あなたがせっかく転職活動を頑張って入社した会社ですから、転職先の会社でうまく馴染んでいくためにぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

あなたがうまく転職先に馴染んで、活躍できるように応援しています!

\3ヶ月でも転職先は見つかる!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。