退職交渉

仕事に行くのが辛くてたまらない人へ。本当に辛いときは逃げてください!

仕事に行くのが辛くてたまらない人へ。本当に辛いときは逃げてください

仕事が辛くてたまらないのなら、すぐにでも逃げることを考えてください。

著しく精神的に追い込まれているのにも関わらず、これ以上続けることを考えてはいけません。

私も、どうしても会社に馴染めず仕事が辛くて嫌で嫌でどうしようもなかったことがあります。朝なかなか布団から起き上がれず、重たい足を引きずってなんとか会社に行く…という状態が続きました。

帰りの電車では、自然と涙が流れるほどに追い込まれていました。今、あなたもとても辛い状況だとお察しします。私からあなたに伝えたいことは、ひとつです。

「無理をしないでください!」

本当に辛くてたまらなくてどうしようもないのなら、無理して働き続けることはありません。仕事なんかより、あなたの体と心の方が大事だからです。そして、本当に辛い時は逃げてください。

仕事を辞めたいと思ったら辞めるべきです。「辞めたい」と思いながら仕事に取り組んでも、どうしても心ここにあらず状態で生産性は著しく低下します。

私は身をもって思い知りました。それならば早々に次の目を向けるべきなのです。心身を一度壊してしまうと、転職することも大変になってしまいます。

もちろん、今後のこともしっかりと考えるべきでしょう。仕事を辞めて、どうしたいのかを具体的に考えることです。「とりあえず、辞めたい」「ここは嫌だ」と思って即辞めてしまうと、フリーターになってしまう人も多いです。

もし可能であれば、空いた時間に職安に行ったり次の就職先を見つけて内定を頂いておくとスムーズに辞められると思います。

しかし、もしあなたがパワハラ、セクハラや虐め、過剰労働などを受けている方はすぐにでもやめましょう。この記事では、仕事が辛くてたまらない人に向けて、どうすべきかということを提案していきます。

[template id=”8828″]

仕事に行くのが辛い理由とは?

仕事が辛いのは、何か理由があるはずです。そのことは、あなたも気づいているでしょう。ここでは、仕事に行くのが辛くてたまらない理由をみていきます。

仕事に行くのが辛い理由1.体力の限界

過重労働が多かったり、残業が続いたりすると当然ながら疲労はたまり、体調にも悪影響を及ぼすことがあるでしょう。

もし責任感のある仕事している場合、どこかで無理をしてしまったり、「ここは耐えなければならない」、と自分を酷使してしまうかもしれません。

ひどい時は、自分が無理をしていることに気づかない時もあります。仕事のために、身体を壊してしまっては元も子もありません。

心身ともにボロボロになって病気になる人も多いです。特にうつ病は責任感のある真面目な人がかかります。そうなる前に仕事を辞めるか、一度休職することも検討しましょう。

仕事に行くのが辛い理由2.給料が低い

もちろん、その人の実務経験や能力によって変動するのは当然ですが、給料は、仕事のモチベーションに直結してしまうのも事実です。

いくら仕事の内容や人間関係が良くても、給料があまりに低いと仕事が辛くなるでしょう。また、昇給しなかったり、しても微々たるものだったりするとやる気も半減してしまいます。

世の中には、正社員にも関わらず手取り15万円とかで働いている人がザラにいるのです。これでは、家族を養っていくことも難しいでしょう。仕事内容に似合った給料が貰えない時に、人は辞めたくなります。

そうなる前に、入社時にしっかりと条件を確認するべきですが、労働に見合った給料の支払いがされてないと感じてしまうと、仕事に身が入らず、辞めたいと感じるのは当たり前です。

仕事に行くのが辛い理由3.人間関係が悪い

退職理由の半分以上が占める理由が、この「職場の人間関係」です。いくら仕事上の付き合いとはいえ、毎日顔を合わせ、一緒に働く仲間になるわけですから、その人間関係が悪いと耐えられないものでしょう。

特に嫌がらせを受けたり、上司からのパワハラやセクハラがあったりすると、本人のやる気があっても、続けるのは困難です。そこから精神的なダメージを受け、鬱になったり休職せざるを得ない状況にもなりかねません。

また、人間関係は自分から改善することは難しく、働いてみないことにはわからない部分なので、運やタイミング次第なところもあります。職場の人間関係から逃げることは恥ではないでしょう。

仕事に行くのが辛い理由4.仕事内容に興味が持てない

自分の好きなことや、やりたいことを仕事にしている人は少ないと思います。どこか給料や生活の為と割り切って、仕事に打ち込んでいる人も多いです。

しかし、働くにつれて「このままでいいのか?」と疑問を抱いてしまうことが多くなるでしょう。以前から興味のあった業界があったり、年齢的にも挑戦できる時間が限られているなど、それぞれの事情によって仕事を辞めることを考え始めます。

本当にやりたいことがあるのにそれができていないなら、本当に辛くなってしまうと思います。やりたいことや目的がある前向きな退職なら、経済的なことも考慮しながらすぐに転職活動を始めましょう。

仕事に行くのが辛い理由5.会社の経営に不安がある

人間関係や待遇等に不満はないが、社長の経営方法や会社自体の売り上げが減っていたりすると、将来性が見えずに漠然と不安になるでしょう。

突然会社が倒産し、無職になってしまうことは非常に恐ろしいことです。万が一の事を考えて、今のうちに退職も考える、ということは”あり”だと思います。

特に、ワンマン経営の会社は「社長が言うことが絶対」になってしまい、洗脳されやすいです。辛いと感じるなら、今すぐに逃げるべきでしょう。

辛いことから逃げるしかないときもある

辛いことから逃げるしかないときもある

辛いことから逃げるしかないときも、人生にはあります。

もちろん、逃げっぱなしの人生は、自分を苦しめることにもなりかねません。例えば、嫌なことがあるたびに逃げるようなことを続けていると、逃げ癖がついてしまうことでしょう。

この、逃げ癖がついてしまうと、生き苦しくなってしまいますよね。生きている以上は、さまざまな試練が訪れることでしょう。そして、試練を乗り越えるということが、正しい道であることも多々あります。

しかし、今のあなたのように、仕事に行くのが辛くてたまらない場合はどうでしょうか。おそらく、仕事に行くのが辛くてたまらないわけですから、精神的にも大きく支障をきたしているはずです。

身体も大切ですが、心(精神)も大切であることは、いうまでもありません。あなたの大切にすべき心が、悲鳴をあげているかもしれないのです。

大切な心が悲鳴をあげているかもしれないのに、これ以上心を苦しめる必要があるのでしょうか。身体や心が悲鳴をあげているくらい辛いのなら、すぐにでも逃げることを考えるべきだと私は思います。

逃げることも、人生を歩むうえでは大切なこと

逃げることも、人生を歩むうえでは大切なこと

例えば、目の前で大災害が起きたら、あなたは逃げることを第一に考えるはずです。まさか、「目の前で起きている大災害を消すために戦おう」とは思わないでしょう。

もちろん、自分の力で状況を変えることができるのなら、戦うという選択を取るべき場合もあるかもしれません。しかし、自分の力ではどうにもできないことと、戦う必要はないのです。

あなたは、仕事に行くのが辛くてたまらないと感じています。はたして、この「仕事に行くのが辛くてたまらない」という状況を、自分の力で変えることができるのでしょうか。

「仕事に行くのが辛くてたまらない」という状況を、自分の力で変えることはできないはずです。であるならば、「今の仕事からは逃げる」というのが、あなたにとって賢い選択なのではないでしょうか。

「逃げるべき問題」と「逃げるべきではない問題」を見極める

「逃げるべき問題」と「逃げるべきではない問題」を見極める

これから生きていくうえでは、「逃げるべき問題」「逃げるべきではない問題」を、きちんと見極めていけるようにしたいですね。

「逃げるべき問題」と「逃げるべきではない問題」を、きちんと見極めることができれば、逃げることに対して後ろめたい気持ちを感じなくて済むでしょう。

「逃げるべき問題」の傾向としては、「自分ではどうすることもできない問題」「心身を脅かしている問題」などが挙げられるのではないでしょうか。

例えば、大災害が起きてしまうと、自分ではどうすることもできませんよね。また、大災害によって、命をも奪われてしまうかもしれません。このような問題は、「逃げるべき問題」なのではないでしょうか。

ほかにも、仕事が苦しくて、心が病んでしまった状態も、「逃げるべき問題」であるはずです。仕事が苦しいという事実は、自分ではどうすることもできないでしょう。

また、心が病んでしまっているわけですから、これ以上仕事を続けると、さらなる心の健康に悪影響を及ぼしかねません。このような問題も、「逃げるべき問題」であるはずです。

反対に、「逃げるべきではない問題」の傾向としては、「自分で対処できる問題」「心身に悪影響を及ぼさない問題」などが挙げられるのではないでしょうか。

例えば、転職をしなければいけない状況になったとしましょう。この場合、転職活動をうまく進めていけば、転職先を見つけることができるはずです。

また、転職活動はストレスにもつながりますが、転職エージェントを活用するなどして、うまくストレスに対処することができるはずです。このような問題は、「逃げるべきではない問題」なのではないでしょうか。

これから生きていくうえで、さまざまな問題が、あなたのもとに訪れることでしょう。そのときには、「逃げるべき問題」か「逃げるべきではない問題」かの見極めを、しっかりとしていくようにしたいですね。

誰かに相談をしてみるのもいい

誰かに相談をしてみるのもいい

仕事が辛くてたまらないのなら、誰かに相談をしてみるのもいいでしょう。

確かに、誰かに相談をしたとしても、仕事が辛いという状況は変わらないのかもしれません。しかし、誰かに相談をすることで、心の負担を軽くすることはできます。

人間って不思議なもので、悩みを他人に聞いてもらうだけで、心の負担は軽くなるんですよね。

仕事が辛いという状況は変わらないかもしれませんが、誰かへの相談で心の負担は軽くなるわけですから、あなたにとってプラスになるはずです。

相談をする場合は、できるだけ面と向かって話せる人がいいですね。辛いことを恥ずかしがることなく話せて、愚痴も当たり前のようにこぼすことができる人がベストです。

あなたの周りには、そのような人はいませんか?もしそのような人がいるのなら、極的に相談をしてみるといいでしょう。

また、相談できる人がいない場合は、専門機関に相談をしてみてもいいですね。例えば、ハローワークの職業相談などでしょうか。このような専門機関であれば、面と向かって相談をすることができるはずです。

ちなみに、転職を少しでも考えているのなら、転職エージェントへの相談もおすすめです。転職エージェントも、あなたのような「仕事が辛くてたまらない人」と、たくさん接してきています。

転職エージェントへの相談も、あなたの気持ちを晴らす相談につながるはずです。転職エージェントは、転職に少しでも興味があるのならいつでも相談することができます。ぜひ、積極的に転職エージェントに登録してみてください。

スムーズに退職手続きをしたい…

スムーズに退職手続きをしたい…

しかし、今の仕事から逃げるとはいっても、できるだけスムーズな形で退職手続きを行いたいですね。例えば、ばっくれや音信不通は、相手に多大な迷惑をかけてしまうので避けなければいけません。

遅くても、退職2週間前までには、退職する旨を申し出るようにしましょう。もちろん、必要に応じて、引継ぎなども行っていかなければいけませんね。

ただし、精神状態によっては、「1日たりとも会社に行けない」という状況になってしまうものです。もし、このような状況になってしまったのなら、退職代行というサービスを使うこともできます。

料金はかかりますが、退職代行に依頼すれば今後一切会社に行かずに退職することができるサービスです。辛くてたまらなくて、もう今すぐにでも辞めたい場合は、退職代行のサービスを使いましょう。

退職代行「EXIT」

「逃げた後にどうすべきか」のほうが大切

「逃げた後にどうすべきか」のほうが大切

「逃げるべき問題」からは、潔く逃げるべきでしょう。ただし、逃げて終わりではありません。

「逃げるべき問題」から逃げた後にも、あなたの人生は続いていくのです。したがって、「逃げた後にどうすべきか」を考えることは、とても重要なことだといえるでしょう。

あなたは、「仕事に行くのが辛くてたまらない」という問題を抱えています。そして、「仕事から逃げる(退職する)」という選択を取ることでしょう。

では、仕事から逃げた後は、どうすべきなのでしょうか。おそらく、「仕事から逃げた後は転職活動をする」という考えが一般的ですね。

ただし、人それぞれの状況は違いますので、一概に「逃げた後には転職活動をすべき」ということはできません。例えば、心の病気になってしまい、外に出ることすら難しいのに、「転職活動をしよう」といっても無理なことです。

この場合は、「逃げた後にすべきこと」として、病気の治療を行うべきでしょう。

このように、人それぞれ「逃げた後にすべきこと」は変わってくるのです。あなたが仕事を辞めたのなら、あなた自身で「仕事を辞めた後にすべきこと」と考えていくことが大切です。

転職先次第で、人生が明るくなることもある

転職先次第で、人生が明るくなることもある

今の状況が苦しいと、なかなか将来に希望を見出すことはできませんよね。しかし、将来の状況次第で、人生が明るくなることは充分にあるのです。

例えば、「中学では友達がいなく辛かったが、高校では友達ができて、楽しい高校生活になった」なんて話はよく聞きますよね。これと同じで、「前の職場は辛かったが、転職先は自分に合っており、楽しい毎日になる」なんてことも当たり前にあるのです。

あなたが転職活動をするのなら、転職先次第で人生が明るくなることもあるということを理解してください。

もちろん、人生が明るくなるかどうかは、運も大きく左右することでしょう。例えば、「いい転職先に入社できるかどうか」は、運も大きく左右することはいうまでもないですよね。

ただ、転職活動を上手に進めることで、いい転職先に入社できる可能性を高めることもできます。せっかく、転職活動を進めるのですから、上手に転職活動を進めて、幸せな転職につながるようにしたいですね。

自分を知る努力をしよう

自分を知る努力をしよう

さまざまな角度から働きやすい職場を考えていくことは、とても大切なことでしょう。これは、「自分を知ることがとても大切である」とも考えることができるはずです。

つまり、いい会社に入社する可能性を高めるためには、自分を知ることがとても大切なことなのです。

特に、いい会社に入社する可能性を高めるためには、「社会人としての自分」と「自分の性格」の観点から、自分を知る努力をしてゆきましょう。

「社会人としての自分を知る」とは、「どうすれば充実した社会人生活を送れるかを知る」ということです。例えば、「適職」「適した職場環境」「将来のビジョン」などですね。

このように、さまざまな角度から、「どうすれば充実した社会人生活を送れるか」を考えていくのです。

「どうすれば充実した社会人生活を送れるか」を考えることで、「自分に合っている企業像」を浮かべることができます。

そして、「自分に合っている企業像」にマッチングする会社へ転職をすることで、いい転職先に入社する可能性を高めることができるのです。

次に、「自分の性格を知る」についてですが、「自分の性格を分析する」ともいうことができます。ぜひとも、専門的な性格診断を受けてみてください。専門的な性格診断を受けることで、客観的な視点から自分の性格を知ることができますよ。

専門的な性格診断を受けるとで、「協調性がある」「堅実的」「主体的に行動するのが苦手」など、さまざまな角度から自分の性格を知ることができるでしょう。

そして、そんな専門的な性格診断の結果も、いい転職先選びに大いに役立てることができるのです。例えば、専門的な性格診断を受けて、「協調性がある」「堅実的」「主体的に行動するのが苦手」という結果が出たとしましょう。

この場合は、「堅実志向で社員同士が協力して働くような会社」へ応募をすることで、いい転職先に入社する可能性を高めることができるでしょう。

このような性格診断は、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」で受けることができます。かなり精度の高い診断なので、一度受けてみることをおすすめします。

リクナビNEXT|強みが分かるグッドポイント診断

会社によって、企業観や雰囲気は大きく違いますからね。だからこそ、自分の性格もきちんと知って、自分に合う会社へ応募していきたいのです。

何度もいいますが、いい会社に入社する可能性を高めるためには、「社会人としての自分」と「自分の性格」の観点から、自分を知る努力をすることが大切です。

ぜひとも、「社会人としての自分」と「自分の性格」をきちんと理解して、いい会社に入社できる可能性を高めていってください。

空白期間の理由を伝えられるようにする

空白期間の理由を伝えられるようにする

仕事を辞めてから転職活動を進める場合、ネックになるのは空白期間ですよね。ただし、「仕事を辞めてから転職活動を進める」という人は、意外なほどにいるものです。

つまり、空白期間があるということは、決して珍しいことではありません。

確かに、空白期間は、転職活動において不利になってしまいます。しかし、決して空白期間は珍しいものではないので、自信を持って転職活動に挑むようにしてください。

自信を持って転職活動に挑むためには、説得力のある空白期間の理由を用意することが大切ですね。面接官や人事担当者が、「これが空白期間の理由なら、採用しても問題ないだろう」と思えるような空白期間の理由を作っていきましょう。

もちろん、転職関連本などを参考にすれば、「空白期間の伝えかた」についても紹介されていることでしょう。ただ、「説得力のある空白期間の用意は、転職エージェントに頼るべき」というのが私の考えです。

本の著者は、あなたのことは全く知りませんよね。もちろん、本の「空白期間の伝えかた」を参考にしても、それなりの空白期間の理由は用意することはできるでしょう。

一方で、転職エージェントは、あなたとの面談を行っています。あなたとの面談を行っているわけですから、転職エージェントはあなたのことをよく理解しているのです。

そんな、あなたのことをよく理解している転職エージェントが用意した空白期間の理由のほうが、説得力が増すことはいうまでもないでしょう。

面接においては、必ずといっていいほどに、空白期間の理由を聞かれることでしょう。そこで、説得力のある空白期間の理由を答えることができれば、採用に大きく近づくことができるかもしれません。

また、書類選考がある場合は、書類選考の段階で、説得力のある空白期間の理由を記述するようにしましょう。特に、応募者が多い会社の場合は、空白期間があることが、大きく不利に働いてしまうこともありますからね。

だからこそ、書類選考の段階で、説得力のある空白期間の理由を記述し、「面接してみたい」と思わせるようにする必要があるのです。

不安な転職活動は、転職エージェントが解決してくれる?

不安な転職活動は、転職エージェントが解決してくれる?

転職活動における不安は、転職エージェントを利用することで、大きく緩和させることができます。

もちろん、転職エージェントを利用したからといって、「転職活動の不安を全て消せる」というわけではありません。しかし、転職エージェントを利用することで、不安の度合いを下げることは充分に可能なのです。

実際に、私自身の経験や私の周りでも「転職エージェントを利用してからストレスが少なくなった」といった声がよく聞かれます。

いうまでもなく、転職エージェントは、転職のプロであると考えることができます。転職エージェントは、転職希望者の転職を、今までたくさん成功に導いてきた実績があるわけですからね。

そんな、転職のプロである転職エージェントを利用すれば、転職に対する不安が緩和されるということは、ある意味では当たり前のことでしょう。

また、転職エージェントを利用することで、いつでも転職に関する質問をすることができるようになります。(ほとんどの転職エージェントは担当者とメールアドレスの交換ができるため、24時間いつでも質問をすることができるのです)

この、いつでも転職に関する質問をすることができる状況も、とても心強いものですよね。

1人で転職活動を進めた場合、転職に関する疑問を抱いてしまうと、1人で悩んでしまいがちです。一方で、転職エージェントを利用していれば、いつでも転職に関する質問をすることができるということです。

転職活動を進めてゆくと、さまざまな疑問が生じてしまうものですよ。そのようなときに、疑問をすぐに解決できるということは、とても大きなことなのではないでしょうか。

「仕事が辛くて辞めた」ということを、正直に転職エージェントに伝える

「仕事が辛くて辞めた」ということを、正直に転職エージェントに伝える

転職エージェントに登録をすると、面談を行うことになるでしょう。この、転職エージェントとの面談では、できるだけ正直に答えるようにしてください。

例えば、「なぜ仕事を辞めたのですか?」と聞かれたら、「仕事が辛かったからです」と答えるといった感じですね。たとえ、自分にとって不利なことであるとしても、転職エージェントには、正直に伝えることが大切です。

転職エージェントは、あなたの味方です。そんな、あなたの味方である転職エージェントに、嘘をつく必要はないのです。

転職エージェントは、あなたとの面談をもとに、あなたにとって最適な転職を考えてくれます。例えば、「仕事が辛いから辞めた」ということを転職エージェントが知れば、「なるべく同じ辛さが生じにくい転職先」を見つけることに尽力してくれることでしょう。

あなたという人間を転職エージェントにさらけ出すことが、幸せな転職につながるのです。ちなみに、「仕事が辛いから辞めた」という人を、転職エージェントはたくさん見てきています。

そして、転職エージェントは、「仕事が辛いから辞めた」というたくさんの人を、転職成功させた実績を持っています。決して、「仕事が辛いから辞めた」という人は、転職エージェントにとって珍しいことではないのです。

ぜひとも、「自分みたいな人はたくさんいる」と開き直って、転職エージェントとの面談に挑んでもらいたいものです。

気軽な気持ちで転職エージェントの利用を!

気軽な気持ちで転職エージェントの利用を!

転職したいという気持ちがあるのなら、転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントは、敷居の高いサービスでは全くありません。多くの転職希望者が利用をしている、大衆的なサービスです。

もちろん、多くの転職エージェントは、無料で利用をすることができます。仮に、転職エージェントの担当者が合わないと思ったら、担当者を変えてもらうこともできるでしょう。

無料で転職の支援を受けられるわけですから、ぜひとも気軽な気持ちで、転職エージェントに登録をしてもらいたいと思います。

それでは、具体的に転職エージェントは何をしてくれるのでしょうか?

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。