転職コラム

あなたが転職すべきか迷ったときに考えたい10のこと

あなたが転職すべきか迷ったときに考えたい10のこと

このまま今の会社で働いた方がいいのか、それとも心機一転、転職した方がいいのか…。

あなたはこのように転職を迷っている状態かもしれません。今の会社に不満がある、もっとキャリアアップを図りたいと思っても、いざ転職となるとやはり迷う気持ちが出てきてしまうものです。

悩むのは、当然のことです。転職は、あなたの将来を左右する問題なのですから。

そこで、今回の記事では、あなたが転職すべきか迷ったときに考えたい10のことを紹介します。

[template id=”8828″]

転職すべきか迷ったときに考えたい10のこと

転職すべきか迷ったときに考えたい10のこと

転職するべきかどうかの判断材料として、考えておきたい10項目を検証したいと思います。もちろん判断材料ですので、この項目をすべてクリアすれば、その転職は正解であるとは思わないでください。

あくまでも、最終的に決断するのは、あなたです。

 

①転職への思い入れはあるかを考える

1つ目は、自分が現在転職に対してどれぐらい思い入れを持っているかということを考えてみてください。転職するとどうなるだろうと不安を持つことは全く構いません。

しかしながら、転職そのものを真剣に考えようという「思い入れ」がない状態では転職を考える時期ではないといえます。心の準備なしではうまく歯車が回りません。

 

②社内転職できないかを考える

2つ目は、転職を「社内転職」に切り替えて解決できないかを考えてみましょう。他の会社に移動するよりも、まずは今の会社で内部移動を検討するのです。

社内公募や定期異動があれば積極的に活用しましょう。

 

③ジョブホッパー(転職をやたら繰り返す人)になっていないかを考える

3つ目としては、できれば今の会社に最低でも1年以上働いた上で転職を検討してほしいと思います。

転職に1つの正解というものはありませんから、1年しか在籍していないのに転職を敢行されるとしても、それはそれでその人の判断です。

しかし実績を残すには、最低でも1年の在籍は必要であると考えます。半年ぐらいの短い期間では、何かをつかむ、あるいは実績を残すにはあまりに短すぎるのです。

あまり遅くなって転職のタイミングを逃すのもいけません。かといって半年たらずで職場を離れるのは、あまり良いこととは言えません。

 

④キャリアの布石になる転職かを考える

4つ目は、その転職が、今までのキャリアアップの延長上にあるかということです。

キャリアは上に積み上げていく積み木のようなものです。今まで経験がない職種に転職した場合、即戦力として活躍するのは難しいといえます。

自分はこうしたいという将来に向けた計画や、将来的にどのようにキャリアを構築していくかの見通しを持っていないといけません。

 

⑤転職先の企業風土・商品を愛せるかを考える

5つ目は、転職先の企業風土や商品が自分に合うかどうか、関心が持てるか、ということです。肩肘をはらずに、好き・嫌いという感覚で判断してください。

自分が関心を持てる、好きなこと、やりたいことができる環境が大切です。「自分の仕事はこうあるべきだ」と自分に対して決めつけないようにしましょう。

 

⑥家族の了解を得られるかを考える

6つ目は、独身の方は別として家族の了解を得られるかということです(ここで言う家族とは配偶者やお子さんなどの、同居している家族の意味です。両親や兄弟などは含んでいません)。

ご自身ですべての判断を固めてしまう方もいますが、やはり家族あっての転職という意識は持つべきでしょう。家族にどうしても反対されるようなことがあれば、転職を考え直さなくてはいけないかもしれません。

これは、家族に反対されたら諦めるべきという意味ではありません。家族を説得できないような転職なら、自分の「思い入れ」が足りない可能性があるからです。

いざ、転職になれば社宅からの退去や引っ越し、あるいはお子さんの転校の可能性も出てきます。転職に対する思いを家族に伝え、納得してもらえる状態でないと、その転職は難しいのではないか、と思います。

▼関連記事

転職するなら家族には相談しておくべき!反対されたら?どのタイミングで報告する?

 

⑦自分に無理をしない、ということを考える

7つ目は、決して自分に無理をしない、ということです。例えば、小さなベンチャー企業などに転職すると、年収が下がる場合があります。それにより生活に大きな支障をきたすほどならば、無理に転職しなくてもよいと思います。

年収が下がっても、好きなことだからどうしても転職したい、という場合もあるでしょう。しかし、例えば家族がいるのであれば、生活レベルを考慮し、そのバランスを見極めてほしいと思います。

生活にかなりの支障をきたしてまでするべき転職なのか、よく考えましょう。

年収が大切という意味ではありません。無理に転職しても、最初からつまずいてしまうという懸念からのアドバイスです。

 

⑧マナーを守ることを考える

8つ目に、マナーを書いた転職にならないかを検討しましょう。

就業規則の中で、同業他社への転職を禁じている会社もあります。転職先が後で問題になってしまうような転職は、やめましょう。

その場しのぎで、移動してしまえば構わない、といった安易な気持ちで転職したとしても世の中は案外狭いものです。どこで再び関係が出てくるかもわかりません。

元上司が取引先になる可能性さえあります。引き際の悪い、マナーを欠いた転職は極力避けましょう。

 

⑨転職したい理由をしっかりと考える

9つ目に、自分が転職したい理由を検証しましょう。

理由が明確でない転職は、転職後も迷いを生じさせる可能性があります。転職の理由は、どうしても今の上司と合わない、というものでもよいのです。

それはそれで立派な理由になります(これは、転職先の面接であえて言う必要はありません)。そのように考えると、会社にどうしてもなじめないなど、いろいろな事情があるでしょう。

そうした本音をおいて、後から理由をつけて話すのが、実質的に転職活動における面接での転職動機になると思います。

今の会社では能力を発揮できないなと思ったら、素直に自分の転職理由を認め、転職への一歩を踏み出しましょう。

 

⑩周囲に煽られていないかを考える

最後に、周囲からの煽られ転職でないかどうかを検証しましょう。

大企業ともいえども新卒入社したい人の3割が、3年以内で辞めていくこのご時世です。特に20代に多いようですが、同期の人がどんどん転職していくからと、その流れに影響を受け、自分も追いていかれまいと転職してしまう方がいます。

気持ちは分かりますが、こうした煽られ転職は決しておすすめできません。己の行き方は、己で決めていってほしいものです。

 

さいごに

さて、あなたが転職すべきか迷ったときに考えたい10のことを挙げさせていただきました。これらの条件にあなたの転職が合わなかったとします。

それでは転職は絶対にするべきではないのかというと、そんなことはありません。

  • やりたいことがはっきりと決まっている
  • パワハラ、いじめを受けていて今すぐ辞めたい
  • ブラック企業である
  • 給料の手取りが低すぎる
  • 会社が倒産しそう

このような場合は今すぐにでも転職するべきですし、転職の決断は、あなた自身が決めることです。

何度も述べましたが、転職は正解が1つではないからこそ、あなたに合う正解を、あなた自身が作ってほしいと思います。

これはあくまでも参考にしてほしい考え方にすぎません。この条件をすべてクリアしなければ転職は断念すべきなどとは、決して思わないでください。

要は、「それでもチャレンジしたい」という気持ちがあるかどうかです。その気持ちが、あなたの人生の基盤を作っていくのです。

転職にチャレンジするならば、転職エージェントを活用してみてください。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。