転職コラム

Iターン転職で後悔しないためには?都会から田舎へ転職するメリットも解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
Iターン転職を検討していますが後悔しないか不安です。どのように転職活動を進めればよいでしょうか。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Iターン転職は、移住が伴うため不安になる人がほとんどだよ。Iターン転職に必要となる正しい情報を集めれば、後悔することはなくなります。

Iターン転職を成功させるためには、転職エージェントを利用することが欠かせません。転職エージェントを利用すると、Iターン転職で後悔しないために必要な準備をキャリアアドバイザーと一緒に進められます。

Iターン転職を検討しているなら転職支援実績No.1リクルートエージェントにまず相談するのがおすすめです。全国に拠点を持っているため、その地域ならではの情報を得られることがリクルートエージェントの強みです。

本記事では、Iターン転職で後悔する原因、後悔しないための対策、Iターン転職をするメリットなどを紹介します。

\全国の求人が豊富に保有!/
無料登録をする
リクルートエージェント

Iターン転職とは?

Iターン転職とは?

Iターン転職とは、都会で生まれ育ち働いていた方が田舎へ移住を伴う転職をすることを指します。

近年は、リモートワーク・テレワークが普及したことで、Iターン転職を検討する方が増えている状況です。

Iターン転職をする主な目的は、「自然に囲まれた土地で過ごしたいこと」「家族の時間・子育てを大切にしたいこと」などが挙げられます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
地方は都会と比べ働き方がゆったりしている傾向があります。長年都会にいて疲れた方にはIターン転職はかなりおすすめです。

都会から田舎へのIターン転職で後悔する主な原因とは?

都会から田舎へのIターン転職で後悔する主な原因とは?

都会から田舎へのIターン転職は、良いことばかりではありません。Iターン転職をしたことを後悔する方は一定数存在存在します。

下記は、都会から田舎へのIターン転職で後悔する主な原因です。

どのようなことが原因で後悔するのかを知った上で、Iターン転職をすべきか判断することが大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ノリだけでIターン転職を決めるのは危険だよ!

ここからは、田舎へのIターン転職で後悔する4つの原因を詳しく紹介します。

交通手段が想像以上に不便

都会から田舎へ移り住む場合、交通手段が想像以上に不便に感じます。

田舎は都会に比べて、公共交通機関が発達していません。住む場所によっては、電車やバスの本数が少ない・始発が遅く終発が早いなど、交通手段が想像以上に不便と感じるケースが多くあります。

田舎では、公共交通機関が不便なことから、自家用車を一家に一台以上持つことが一般的です。自家用車を維持するためには月々数万円かかるため、「田舎よりも都会で暮らすほうが交通費が安かった」と口にする、Iターン転職経験者は多くいます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
田舎へIターン転職する際は、電車やバスがどのくらいの本数あるのか・何分おきに来るのかなどを調べて住む場所を決めたほうがよいでしょう。

収入が大きく減る

田舎へIターン転職すると、都会で生活していた時よりも収入が大きく減る可能性があります。基本的には地方になるほど最低賃金が下がることから、田舎へIターン転職する際は同じような仕事・役職に転職しても収入が減る場合があります。

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」を見ると、月額の平均賃金は東京都で約33.6万円、Iターン転職先の候補地になりえる新潟県では約27.2万円となっています。

全国の平均賃金は約30.7万円で、地方へ移住すると全国平均を下回る収入になるケースは珍しくありません。
(出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

田舎へのIターン転職を検討している方は、収入が減ることに対していくらまでなら妥協できるのかを考えておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ただ物価が下がるので生活水準はほとんど変わりません。

遊ぶ場所や娯楽施設が少ない

遊ぶ場所や娯楽施設が少ないことも、田舎へのIターン転職で後悔する原因の一つです。今の生活で、休日に遊ぶ場所や娯楽施設によく訪れる方は、田舎での生活が退屈に感じる可能性があります。

田舎にも遊ぶ場所や娯楽施設はありますが、都会と比較すると最新の施設が少ない・営業時間が短いなど、遊ぶ場所や娯楽施設を十分に満喫できません。

住む場所によっては、自宅から遊ぶ場所や娯楽施設に行くまでに1時間以上かかる場合もあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
都会と同じような過ごし方ができると思って田舎へIターン転職すると、休日の過ごし方や遊び方に不便さを感じる場面が多くなりますね。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ただ都会とは違って自然を感じれます。ドライブに行ったり、キャンプをしたりすれば都会とは違ったリフレッシュができますよ!

都会と田舎での人柄の違い

後輩ちゃん
後輩ちゃん
都会の人と田舎の人では人柄が違うので戸惑うことが多そうです。

田舎へのIターン転職に後悔する原因として、都会と田舎で人柄が違うことも挙げられます。

都会に住む方の多くが急かせかしていることに対して、田舎で暮らしている方はゆったりとした行動をとる傾向です。

仕事面で見ると、田舎の企業は都会の企業に比べてスピード感を持って業務を進める機会が少ないため、今の仕事の進め方に慣れていると物足りなさを感じる可能性があります。

バリバリと仕事をこなしたい方は、田舎に暮らす方のゆったりとした人柄や仕事の進め方に不満を持ちやすくなるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人柄の違いで悩みたくない方は、田舎へIターン転職する前にその土地の風土・文化などを調べておくことをおすすめします。

\全国の求人が豊富に保有!/
無料登録をする
リクルートエージェント

Iターン転職で後悔しないためには?

Iターン転職で後悔しないためには?

Iターン転職で後悔しないためには、次の行動をとりましょう。

以下では、Iターン転職する際に取るべき行動を詳しく紹介します。

Iターン転職をしたい理由を明確にする

Iターン転職で後悔しないためには、Iターン転職をしたい理由を明確にしましょう。「田舎で生活するほうが良さそう」という漠然とした理由でIターン転職をすると後悔しやすくなります。

例えば、「ゆったりとした生活を送りたい」「子育てに注力したい」「自然に囲まれた生活でアウトドアを楽しみたい」などのように明確な理由があれば、Iターン転職したことを後悔する可能性は低くなります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Iターン転職したい理由を言語化すると、どのような企業に転職すべきなのか明確になります!そうすることでワークライフバランスの取れた生活を実現できるでしょう。

妥協しない転職先を見つける

Iターン転職で後悔しないためには、転職先を妥協せず探すことも重要です。転職先を妥協して選ぶと、仕事が長く続かないだけでなく、田舎での生活を満喫できません。

転職先を妥協せず探す際は、最低限の年収・実現したい働き方を決めておくことが大切です。Iターン転職をしたい気持ちが先行しすぎると、転職先を妥協して決める原因になります。

自己分析をすれば、働く際にどのような条件を求めているのかを明確にできるため、転職先を妥協して決めることを防げるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ここだけは譲れない、という条件を決めておくと後悔する可能性が下がるでしょう。

地域特化と全国展開の転職エージェントを利用する

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職エージェントは複数利用して問題ありません!

Iターン転職をする際は、地域特化と全国展開している転職エージェントを利用すると後悔しにくくなります。

地域に特化した転職エージェントと全国展開している転職エージェントを併用すべき理由は、Iターン転職が成功しやすくなるためです。

地域に特化した転職エージェントを利用すると、各都道府県の転職事情・どのような業界が盛んなのかを知ることができます。全国展開している転職エージェントを活用すると、大手ならでは豊富な求人からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Iターン転職は移住を伴うため、一般的な転職よりもリスクが伴います。利用できるサービスは最大限に活用しましょう。
おすすめの転職エージェント
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ28選|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

デメリットをしっかりと把握した上でIターン転職を決める

Iターン転職をする際は、メリットだけに注目せずデメリットもしっかりと把握しましょう。Iターン転職をした方のなかには、メリットだけにフォーカスして移住したことを後悔する方が多くいます。

Iターン転職をする場合、生活が不便になる・収入が下がる恐れがあることなどが主なデメリットです。

Iターン転職をするメリット・デメリットを知った上で、メリットのほうが勝るのであれば、Iターン転職をしても後悔する可能性は低いでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
デメリットに感じる部分は、地域に特化した転職エージェントに相談すると解決策が見つかる場合があります。

転職を決める前に何度も訪問する

Iターン転職する場所を決める際は、移住先に何度も訪問することがおすすめです。近年は、インターネット・SNSを活用すると各土地の情報を簡単に得られますが、実際に訪問しなければわからないことが多くあります。

例えば、移住先の治安・生活環境・周辺施設の情報・交通の利便性などは、実際に訪問しなければ把握できません。

土地柄を知らないままIターン転職先を決めると、風土・文化が合わない恐れがあります。他にも、土地勘がなく生活面で不便に感じる部分が増える原因となります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
近くに飲食店やコンビニがないとかなり不便ですよね。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Iターン転職先の候補地に知人が住んでいる場合は情報収集を協力してもらうと、何度も訪問しなくて済むでしょう。

\全国の求人が豊富に保有!/
無料登録をする
リクルートエージェント

年代別Iターン転職で後悔しないためのポイント

年代別Iターン転職で後悔しないためのポイント

Iターン転職する際は、年代によって後悔するポイントが異なります。年代によって後悔するポイントが異なる理由は、各年代でライフスタイルに違いが見られるためです。

ここでは、20代と30代・40代に分けてIターン転職で後悔しないためのポイントを紹介します。

20代

20代の場合は、今後のキャリアを踏まえてIターン転職すべきかを選ぶことが大切です。キャリアを伸ばしていきたいと考えている20代は、今すぐにIターン転職に踏み切ることは控えましょう。

若いうちは、都会でキャリアを積んだり、仕事のスキルを身に付けたりするほうが、今後のキャリア形成をしやすくなります。田舎にある企業は、都会で経験を積んだ人材を求める傾向です。

Iターン転職する際に選択肢を広げたい20代は、経験を積んだのちにIターン転職を目指すことをおすすめします。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
一方で、キャリアよりもライフスタイルを重視したい方は、20代でIターン転職をしても問題ありません。
20代におすすめの転職エージェント・サイト20選|未経験業界〜20代後半までおすすめのエージェントを紹介 転職エージェントを利用すれば、求人紹介・書類添削・面接対策などのさまざまなサポートが無料で受けられます。企業との面接スケ...

30代・40代

30代・40代がIターン転職で後悔しないためには、これまでの経験を活かせる企業を探しましょう。30代・40代はスキル・実績が求められるため、今までの経験が活かせない企業にIターン転職すると、間違いなく年収が下がります。

30代・40代で年収が下がると、家族を養い続けることが難しくなります。Iターン転職をする際は年収が下がりやすいため、経験を活かせる企業を選び少しでも収入が減ることをカバーすることが大切です。

家族がいる場合は、家族としっかりと話し合った上でIターン転職するのかを決めましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
子どもに「今の住んでいる地域から離れたくない」と言われる可能性もゼロではありませんよね。

30代・40代は、マイホームを購入したり子どもが生まれたりするなど、さまざまなライフイベントが起こる年代です。Iターン転職するか否かは、家族の声に耳を傾けた上で決めてください。

30代におすすめの転職エージェント12選|30代の男性・女性別でおすすめの転職エージェントを紹介 「30代の転職はどのように進めればいいの?」と考えている人も多いのではないでしょうか。特にはじめて転職活動をする人は迷っ...
40代におすすめの転職エージェント11選|40代におすすめのハイクラス・女性向けの転職エージェントも紹介 40代の転職活動では年齢制限や求人数の少なさがネックですが、40代の転職も可能です。20代や30代と比べると、40代では...

辞めておけと言われるIターン転職のメリットは?

辞めておけと言われるIターン転職のメリットは?

Iターン転職には、次のようなメリットがあります。

ここからは、Iターン転職をする5つのメリットを解説します。

都会よりも物価が安い

都会よりも物価がやすい点は、Iターン転職をする上で大きなメリットです。田舎では、食費はもちろん住宅費も、都会と比べて安くなっています。賃貸を比較すると、田舎の家賃が都会の家賃の半分以下になるケースが珍しくありません。

田舎は都会に比べて土地代も安いことから、マイホームを立てやすいという特徴もあります。田舎に住む方のなかには、20代でマイホームを購入する方が多くいます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
田舎は物価が安い分、年収も低くなりますが、全体的な生活費を抑えることが可能です。物価が安く、将来に向けて貯蓄しやすいことは都会では得られないメリットになるでしょう。

支援制度が充実している

転職先の地域によっては、Iターン転職者への支援制度がかなり充実している場合があります。Iターン転職で転入してきた方に対して補助金を支給しています。

なかには、Iターン転職者に対して最大で数百万円も支給する地域も少なくありません。支援制度が充実している地域を探す際は、インターネットで「地域名 支援制度」や「地域名 Iターン支援」などと検索すると支援制度の情報を見つけられます。

Iターン転職をする際に支援制度をうまく活用すれば、転居に伴う費用を抑えられるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
同じ県であっても市区町村が異なると、支援制度の内容が異なります。

満員電車や長時間通勤でのストレスが減る

Iターン転職する場合、満員電車や長時間通勤のストレスが軽減できます。田舎の企業に通勤する際は自家用車で通勤するケースが多く、満員電車で体力を消耗することがなくなります。

田舎の通勤時間は都会と比べて短い傾向です。総務省統計局の「社会生活基本調査から分かる47都道府県ランキング」の通勤・通学ランキングを見ると、神奈川県・千葉県・埼玉県・東京都などの通勤・通学時間は、一日あたり1時間30分以上かかっている状況です。

一方で大分県・鹿児島県・島根県・秋田県など、Iターン転職先の候補地になりやすい県の通勤・通学時間は、一日あたり1時間未満となっています。
(出典:総務省統計局「社会生活基本調査から分かる47都道府県ランキング」)

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
今の通勤スタイルに不満がある方がIターン転職をすると、ストレスが軽減されるほか、時間にゆとりが生まれる可能性もあります。

自然が近くにありリフレッシュしやすい

Iターン転職をすると、今の暮らしよりも自然に触れられる機会が増えるため、リフレッシュしやすくなります。Iターン転職先のほとんどは、海・山・川などの自然に恵まれています。

自然が身近なものになるため、キャンプ・釣り・海水浴などのアウトドアが楽しみやすくなるでしょう。降雪地帯であれば、スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむことも可能です。

生活の一部に自然があると心と体も癒されます。今の生活に「息苦しさを感じている」「気持ちがリフレッシュできない」と感じる方は、田舎で暮らすほうがストレスなく生活できるでしょう。

子育てしやすい

都会で生活を送るより田舎へIターン転職したほうが、子育てしやすくなります。

田舎は都会よりも待機児童数が少ないことから、子どもを保育園へ入れやすいという特徴があります。子ども預けられる環境が整っているため、夫婦で共働きすることも可能です。

田舎には広大な土地を活かした公園が点在しており、子どもの遊べる場所が多くあることも魅力の一つです。大型の公園では遊具を使った遊びだけでなく、サッカーや野球、バドミントンなどのスポーツも楽しめます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Iターン転職をする方のなかには、子育てのしやすさを求めて都会から田舎へ移住する方も少なくありません。

\まずは気軽に相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

Iターン転職に向いている人は?

Iターン転職に向いている人は?

Iターン転職に向いている人は、下記のとおりです。

ここからは、Iターン転職に向いている人の特徴を詳しく紹介します。

子育てを中心に考えている人

子育てを中心に考えている方は、Iターン転職が向いています。Iターン転職先となる地域では、子育てを支援する制度が充実していることがほとんどです。

例えば、Iターン転職先として人気のある富山県富山市では「育さぽとやま」という子育て支援情報をまとめたサイトが作られており、子育てに必要な情報を集めやすい環境を整えています。

他にも、出産育児一時金・とやまっ子子育て応援券などの手当・助成が充実していることも、富山県富山市の魅力です。

富山県富山市の情報は一例ですが、子育てを支援する制度は他のIターン転職先となる地域でも設けられています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
子育てを中心に考えてIターン転職する場合は、移住先にどのような支援制度が設けられているのかを調べることがおすすめです。
ワーママにおすすめの転職エージェント・サイト7選|時短・フルリモートの求人が豊富なエージェントは? 仕事や子育てに追われるワーママが転職を目指すには、転職エージェントの利用が必須です。慌ただしく毎日が過ぎていく中での転職...

ワークライフバランスを重視したい人

ワークライブバランスを重視したい方にも、Iターン転職をおすすめします。基本的には、都会よりも田舎で働くほうが、仕事に追われにくくなります。

地域に根ざした企業では、有給休暇が取得しやすかったり残業が少なかったりするなど、ワークライフバランスを意識した生活がしやすいです。

ワークライフバランスが取れるとストレスが軽減され、快適に生活することが可能です。Iターン転職をすると収入面は減るかもしれませんが、幸福度は高くなります。

\全国の求人が豊富に保有!/
無料登録をする
リクルートエージェント

Iターン転職ならリクルートエージェントの登録は必須!

リクルートエージェント
エージェント名 リクルートエージェント
求人数 約52万件(2022年7月28日現在) 今の求人数:公式HP参照
※公開求人:約24万件/非公開求人:約28万件
対象年齢 20〜40代
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
得意分野 全業種対応
公式HP https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る業界最大手の転職エージェントです。全国に19か所の拠点を有しており、都会から田舎へのIターン転職をサポートしてくれます。

リクルートエージェントではIターン転職希望者向けに、Iターン転職に関するイベントを開催したりノウハウを発信したりしています。

通常の転職だけでなく、Iターン転職も数多くサポートしていることから、リクルートエージェントは安心して利用できます。

Iターン転職を成功させたい方・Iターン転職の情報をしっかりと集めたい方は、まずはリクルートエージェントに登録しておきましょう。

\全国に豊富な求人を保有!/
無料登録をする
(公式サイト)

【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

Iターン転職で後悔しないためのポイントをしっかりと抑えておこう!

Iターン転職とは、都会から田舎へ転職することを指します。Iターン転職はメリットがある一方で、デメリットも一定数存在します。Iターン転職で後悔しないためには、Iターン転職経験者が後悔した原因を知っておくことが大切です。

Iターン転職に関する情報を効率よく集めたい方は、転職エージェントの一つ、リクルートエージェントを利用することがおすすめです。リクルートエージェントは、通常の転職だけでなくIターン転職の支援実績も豊富にあります。

Iターン転職に関する不安・悩みを一緒に解決しながら転職支援を進めるため、移住先で理想とする生活を実現したい方は、リクルートエージェントを利用しましょう。

\Iターン転職にも強い/
無料登録をする
(公式サイト)

地域別おすすめの転職エージェントを見る

Uターン転職は転職が難しいと言われる理由とは?Uターン転職を成功させる方法を紹介 ワークライフバランスを重視したい・家族の介護のためといった理由でUターン転職を目指す方はたくさんいます。 しかしU...
ABOUT ME
緒方 透也
キャリアクラスの執筆を担当しています。製造業からIT業界へ異業種の転職、県外への転職を経験しました。転職関連のライティングは、これまでに100記事以上携わっています。実体験を踏まえて、読者に有益な情報をお届けします。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。