転職コラム

「不安」や「焦り」を解消して上手に転職活動を進めていく方法


不安や焦りは転職の失敗を引き起こす…!上手な対処法と転職活動の進め方

転職活動が思うようにいかない、なかなか内定をもらえない…そんなとき、不安や焦りを強く感じてしまいます。

特に、会社を退職してから転職活動をしている場合、経済的なこともあり、不安や焦りはより一層強くなるでしょう。

転職活動が長引けば長引くほど、言いようもない不安と焦りが襲ってきます。

「もうどこでもいいから転職したい」

このように思って、最初に内定をもらった会社に妥協して転職してしまい、後悔する人も大勢います。

▼関連記事

転職活動で妥協はNG!妥協転職がよくない理由と後悔しない転職をする方法

誰でも、転職を成功させたいし、転職活動は長引かせたくないと思っているのですから、不安や焦りの気持ちを持つことは仕方のないことです。

しかし、焦って転職活動をしてしまうと、転職しても後悔する結果になりかねません。転職を失敗してしまう大きな原因は、この「焦り」なのです。

そこで、今回の記事では、不安や焦りを解消して上手に転職活動を進めていく方法を紹介します。

\完全無料!まずはプロに相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

焦りは転職の失敗を引き起こす

不安や焦りは転職の失敗を引き起こす

転職活動に焦りが生じてしまうと、自分の満足する企業への転職が難しくなってしまいます。自分の希望に合った満足できる企業に転職するという目的が、「どこでもいいから早く内定をもらって、今の会社を辞めたい」という目的にすり替わってしまうのです。

転職活動では、自分の希望をはっきりさせて、応募先企業について調べ、自分の納得できる会社に転職することが重要となります。

ところが、焦りが生まれると、これらのことが満足にできなくなってしまいます。妥協して転職すれば、ブラック企業に入る危険性も高まります。そうなると、「転職に失敗してしまった…」と後悔するはめになります。

また、焦って企業に応募しても、面接で熱意が伝わりません。その結果、受かりやすいブラック企業の求人を受けたり、人の出入りが激しい業界に転職してしまい、またすぐ辞めてしまうことになります。

転職活動で、焦りは禁物です。

内定がもらえなかったり、転職活動が長期化すると、焦らない…というのは、難しいことかもしれませんが、うまくいかないときこそ冷静になって、焦らず行動することが大切なのです。

\完全無料!まずはプロに相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職活動で不安や焦りを感じる原因

転職活動で不安や焦りを感じる原因

転職活動でなかなか仕事が決まらないと、不安や焦りの気持ちが出てきてしまいます。なぜ、不安や焦りが出てきてしまうのでしょうか?

ここからは、転職活動で不安や焦りを感じる原因を考えてみましょう。

 

金銭的な不安、焦り

会社を退職してから転職先を探している場合、金銭的な不安や焦りは大きくなります。辞めてしまって収入がない状態ですから、頼れるものは、貯金と失業保険だけです。

しかし、転職活動が長引くと、「貯金がなくなって、生活費が足りないのではないか」「失業保険がもうすぐ切れてしまう、どうしよう」といった不安が出てきて、焦る原因になります。

また、在職中の転職活動でも、遠方の会社を受けたりすると、宿泊費や交通費の負担が大きく、金銭的に不安な気持ちが出てくるものです。

これ以上貯金を減らしたくない、お金を使うわけにはいかないといった感情から、妥協して転職先を選んでしまうことにもなりかねません。

 

とにかく早く今の仕事を辞めたい

今の仕事が嫌で、早く仕事を辞めて転職したいという人は多くいます。転職したいという理由は、主に「今の会社への不満」です。

細かく見ていくと、人間関係や給料や仕事内容だったり人によって様々ですが、きっかけになるのは「今の会社への不満」で共通しています。

早く仕事を辞めたいと思っていても、なかなか次の仕事が決まらないと焦りが出てきます。このまま転職できないのではないかといった不安も出てくるでしょう。

仕事が決まるまでは、嫌な会社で働き続けなければいけないわけですから、焦りも大きくなります。退職してからの転職活動はリスクが高くなりますから、多くの人は在職中に転職先を探します。

「次の仕事が決まれば辞められる」そう考えて転職活動をするのですが、なかなか次の仕事が決まらないと、「早く仕事を決めないと」という焦りの気持ちが出てきてしまうのです。

 

なかなか仕事が決まらないときの精神的なストレス

転職活動を続けているのに、書類選考で落とされてばかりだったり、面接まで行っても落とされてしまうと精神的にもしんどくなってきます。

一生懸命、時間をかけて履歴書や職務経歴書を書いたのに落とされてしまうと、自信を失ってしまい、精神的なダメージとともにストレスも蓄積されていきます。

企業から否定されたような気持ちになりますし、「本当に自分は転職できるのだろうか」という追い込まれた気持ちが不安や焦りを生んでしまいます。

 

自分の計画した転職スケジュールとのズレ

転職活動を始める前に、転職までどのくらいの期間かかるか、どのくらいで転職したいかを思い描いている人が多いはずです。

平均的には2~3ヶ月ほどかかるのが大半なので、概ね3ヶ月程度を計画している人がほとんどでしょう。

しかし、自分の立てた転職スケジュールの予想より長期化すると、見通しが甘かったのではないか、やり方が間違っているのではないか、本当に転職できるのだろうかと不安になり、そのことが焦ってしまう原因になるのです。

\完全無料!まずはプロに相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職活動の不安や焦りへの対処法

転職活動の不安や焦りへの対処法

転職活動で不安や焦りを感じることは、異常なことではありません。誰でも、転職活動がうまくいかないと、不安や焦りを感じます。ですから、あなたが不安や焦りを感じているとしても、「ほかの人も同じ気持ちなんだ」と安心するようにしてください。

不安や焦りは、妥協した転職につながります。特に金銭的な不安が大きいと、「働ければどこでもいい」と最初に内定が出た会社に飛びついてしまいがちですが、入りたくない会社に妥協して入ってしまうと、後悔が待っています。

金銭的な期限が迫っていて、早く転職したい場合は「1日でも早く転職したい人に「転職エージェント」の利用をおすすめする13の理由」という記事を参考にして、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職活動では、不安や焦りを解消して落ち着いて活動を進めていくことが、成功の鍵となります。ここからは、転職活動の不安や焦りへの対処法を紹介します。

 

転職活動…不安の解消法

転職活動…不安の解消法

転職者の平均応募者数を知る

10社の企業に応募して受からないと、「もうダメだ…」とやる気をなくしてしまう人がいます。逆に、20社受けて内定がでなくても諦めない人もいます。その違いは何でしょうか?

それは、転職者の平均応募者数を知っているかどうかです。稀に、2社3社受けたくらいで仕事が決まると簡単に考えている人がいますが、それは甘い考えだと言わざるをえません。

リクルートエージェントの調査によると、全年齢での平均応募社数は、20.45社です。このデータは、年齢が高まるほど多くなり、41歳以上では23.96社が平均となります。

この数字はあくまで平均であり、大企業等の倍率が高い企業を受けているのであれば、もっと数字が高くなるでしょう。10社受けても決まらないというのは、ごく普通のことであり、不安を感じるようなことではありません。

 

余計な考えずに、淡々と転職活動を進める

転職活動で不安を生じさせないコツは、「余計なことを考えないこと」です。転職活動が長期化すると、このまま転職できないのではないか、やり方が間違っているのではないか等、色々なことを考えてしまいがちです。

そのことが不安な気持ちを生み、面接でも自信のある態度ができませんし、おどおどした態度は面接官にも良い印象を与えません。余計なことは考えずに淡々と転職活動を進めていきましょう。

たとえ不採用になったとしても、必要以上に落ち込む必要はありません。あなたに落ち度があったから受からなかったのではなく、縁がなかっただけのことです。

あれこれ考えるのは止めて、次に進みましょう。

▼関連記事

転職がなかなか決まらないときの10のおすすめ不安解消法と転職を成功させるコツ

 

在職中に転職活動を行う

ブラック企業に勤めていてすぐにでも辞めないと心が壊れてしまう、パワハラ・セクハラを受けて今すぐ辞めたいといった危機的状況にある人以外は、在職中に転職活動を進めることをおすすめします。

転職活動で不安が生じる大きな原因は、金銭的な問題です。「お金が足りない」という不安は、妥協した転職につながり、妥協転職は後悔へとつながります。

在職中であれば、毎月の給料があるため金銭的な不安を感じることなく転職活動を進めることができます。また、資金的な問題で「いつまでに就職しなければ」という期限もありません。

注意点として、在職中に転職活動をする場合は、職場の人たちに転職活動をしていることがバレないように内密に進めなければいけません。

働きながら(在職中の)転職活動!会社にばれずに転職を成功させる5つの秘策」の記事を参考にして、極秘に転職活動をおこないましょう。

 

焦らないで転職活動を進める方法

焦らないで転職活動を進める方法

転職活動でなかなか内定が出ないと焦ってしまうのは当然のことです。しかし、焦れば焦るほど、自信もなくなってきますし、とうとう転職する気力まで失ってしまうことになるかもしれません。

では、転職活動で生じる焦りはどのように解消すればいいのでしょうか?ここからは、焦らないで転職活動を進める方法を解説します。

 

休憩する

焦ってもいい結果が生まれることはありません。全力で走り続けると息切れしてしまうように、転職活動に根を詰め過ぎても、息切れしてしまうだけです。

時には休憩することも大事です。週に何日かは、完全に転職活動をお休みする日を設けましょう。「水曜日はお休み」など、特定の曜日に設定するとやりやすいです。

気持ちが焦っていると、求人を見ても冷静にその企業を判断することはできません。一旦転職活動から離れることで、気持ちを落ち着かせ、冷静さを取り戻すことができます。

あえて転職活動から離れ、オンオフを切り替えることで気持ちに余裕が生まれ、転職活動を効率的に進めることができるでしょう。

 

期待しない

転職は、縁です。あなたが完璧だと感じる履歴書や職務経歴書を用意しても落ちることもありますし、面接で自身があっても落ちるときは落ちます。

運やタイミングも絡んでくるということも理解し、必要以上に期待しないことです。

中途採用は、もともと枠が限られています。「受かればラッキー」くらいの気持ちで余裕を持つことが転職活動を焦らず続けるためのコツです。

 

転職のプロに相談する

不安や焦りが生じたときでも、転職のプロに相談すれば、客観的な意見をもらうことができ、転職活動の質を大幅に上げることができます。

誰かに相談することができれば、特にその相手が転職のプロであれば、焦りの気持ちは解消されるのではないでしょうか。

転職のプロとは、転職エージェントのことです。転職活動では、転職エージェントを活用することをおすすめします。

\完全無料!まずはプロに相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。