転職コラム

第二新卒におすすめの業界と、その中でもホワイト企業への転職を成功させる方法

転職を考える際、第二新卒であればまず業界選定から行うことをおすすめします。社会全体で景気下降の予測が立っている中、伸びしろのある業界以外への転職は難しく、待遇も期待できないでしょう。

将来性のある業界は、給与水準が高いだけでなく福利厚生も充実している企業が多く、未経験者の第二新卒でもチャンスが広がっています。

本記事では第二新卒におすすめする業界と、ホワイト企業への転職を成功させるキャリアの築き方を一挙に紹介します。

[template id=”8828″]

第二新卒におすすめの業界

最近は日本だけでなく、世界的にも不景気の予測が立っています。第二新卒が転職したいと思ったら、企業選びの前にまず志望する業界から決めていくことをおすすめします。

伸びしろがある業界には、経済的にも余裕がある企業が多いため、条件の良い環境で働くことができる可能性が高いといえるためです。

また、テレワークも多くの企業に導入されており、生活スタイルがますます変化していくと予想されます。

社会や経済動向が今まで以上に掴みにくい中でも、業界の伸び率が高く、人材不足が叫ばれている業界はあります。今回は第二新卒におすすめしたい業界をを2つ紹介します。

  1. IT業界
  2. インターネット広告業界

 

IT業界

一つ目におすすめする業界はIT業界です。世界の市場価値の高い企業ランキングTOP10(*)においても、マイクロソフトやAppleを筆頭に、IT企業が多数ランクインしています。国内では、楽天Yahoo!が知名度と市場価値の高い企業だといえます。

2020年には5Gが導入されており、その他にAIやビックデータなどの技術と合わせ、IT業界の市場はますます拡大するとされています。

経済産業省ではIT人材の不足が強く叫ばれており、2020年には約37万人、2030年には約79万人ものIT人材が不足するとの推測が出ています(**)。そのためIT業界は、未経験の第二新卒者であっても、チャレンジしやすい業界だといえます。

業界としても拡大が見込まれ、IT人材不足の解消に向けて国でもさまざまな施策が行われていることからも、IT業界は第二新卒にぜひおすすめしたい業界の一つです。

(*)statista|The 100 largest companies in the world by market value in 2019

(**)経済産業省|IT分野について

第二新卒はIT業界に転職が有利!おすすめな理由と主要5職種

 

インターネット広告業界

インターネット広告業界も勢いのある業界として第二新卒におすすめする業界の一つです。

電通の調査(*)によると、2018年にはインターネット広告費は、日本の総広告費の中で26.9%もの割合を占めるようになりました。新聞や雑誌、地上波テレビを活用した広告費は年々減少している中、インターネット広告費だけ右肩上がりに上昇しています。

インターネット広告費は「インターネット広告媒体費」と「インターネット広告制作費」の2つに分けられます。

私たちがよく目にするリスティング広告などを意味する「インターネット広告媒体費」で特に注目するべき点はビデオ広告費の激増です。2018年には昨年比175%の驚異的な伸び率を記録しています。

TVや新聞・雑誌といったマスメディア離れが急速に加速している中、インターネット広告業界はより幅広い分野に広がっていくと予想されています。

チャレンジングであり、汎用性の高いマーケティングスキルが身に付くインターネット広告業界は、未経験の第二新卒にもおすすめする業界です。

(*)電通|2018年のインターネット広告媒体費は1兆4480億円に。モバイル+動画広告の伸びに注目

 

第二新卒にはホワイト(優良)企業への転職がおすすめ

転職活動には業界選定が重要になりますが、第二新卒におすすめする企業はいうまでもなくホワイト(優良)企業です。ホワイト企業は待遇や労働条件が整っている企業が多く、入社した後も満足度の高いワークライフを送れる可能性が高いためです。

一般的にホワイト企業は、離職率が低めで新卒枠を逃したら入社できないと考えられています。しかし最近では、第二新卒枠の求人を募集するホワイト企業も増えています。

今回はホワイト企業への転職を成功させるために、キャリアの築き方や求人の見つける秘訣、ホワイト企業の見極め方を紹介します。

  1. ホワイト企業への転職を成功させるキャリアの築き方
  2. ホワイト企業の見極め方
  3. ホワイト企業の求人を見つける秘訣

第二新卒を募集する優良企業を見つける3つの秘訣とは?ライバルと差をつけよう!

 

ホワイト企業への転職を成功させるキャリアの築き方

第二新卒枠でホワイト企業への転職を成功させるには、前職で第三者に理解されやすい実績を作っておく必要があります。

具体的な数値や表彰歴、資格などを持っていれば、それだけライバルとも差別化でき、面接官からも好印象を持たれやすくなります。

実績を作るにはある程度の時間がかかります。そのため、半年〜1年といった短い期間で離職するのはなるべく避けるようにしましょう。

こちらの記事で超大手企業を始めとした、ホワイト企業への転職を成功させるための方法をくわしく説明していますので、ぜひご覧ください。

第二新卒が超大手企業に転職を成功させる3つの方法とは?採用実績のある企業も紹介!

 

ホワイト企業の見極め方

実際に求人を見る前にホワイト企業の見極め方を確認しておきましょう。ホワイト企業を見極めるポイントは以下の6点です。

  • 求人募集の頻度が少ない
  • 労働時間の基準を明確にしている
  • 同じ業種で比較して年収が高い
  • 研修制度に力を入れている
  • 完全週休二日制など公休が多い
  • 福利厚生が充実している

特に「労働時間の基準を明確にしている」「完全週休二日制など公休が多い」などは、求人募集からも比較的把握しやすい項目になります。

具体的な見極め方は、こちらの記事でくわしく解説しています。

ホワイト企業の見分け方!転職前にチェックしたい6つのポイントとは?

 

ホワイト企業の求人を見つける秘訣

ホワイト企業の求人を見つける秘訣は以下の3点です。

  • 希望する企業に直接問い合わせる
  • ハローワーク限定求人も穴場
  • 転職エージェントを活用する

特に第二新卒におすすめな企業の求人の多くは一般的には公開されておらず、転職エージェントだけが握っている可能性が高いです。

転職エージェントを活用すると、そうしたホワイト企業の非公開求人に応募するチャンスが増えるだけでなく、プロとともに行うことで転職の成功率を高めることができます。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。