転職コラム

少しでも転職に興味があるあなたへ。まずは転職活動を始めてみよう!

あなたが転職に対して少しでも興味関心があるなら、一歩前に踏み出すことをおすすめします。

転職を考えている方の大半は、

  1. 人間関係が悪い(パワハラ・セクハラ)
  2. 給料が少ない(ボーナス・退職金がない)
  3. 長時間労働(サビ残・休日出勤)
  4. ブラック企業
  5. 病気等での退職(うつ病・適応障害など)
  6. 職場・仕事内容に不満がある
  7. 人員不足で仕事量が多い(過労働)

このどれかに当てはまることが多いでしょう。基本的には、ネガティブな理由で転職を考えることが多いのではないでしょうか?本来、ステップアップのための転職ではありますが、「今の職場から抜け出したい」という意味合いでの転職を考える人が多いのです。

もちろん、転職するなら今よりも良い職場に転職したはずでしょう。転職するなら、誰でも失敗はしたくないはずです。今の職場と同じ環境に転職しても、問題は解決しません。「今よりも良い職場」…転職する際は、そこを絶対条件にしましょう。

今よりも良い職場に転職するためには、必ず転職エージェントを利用することをおすすめします。転職者なら完全無料で利用できるので、利用しない手はありません。

ハローワークでの求人は悪いものばかりではないと思いますが、その会社の内部状況までは把握していません。そのため、会社の内部事情まで知るためには、何と言っても、転職エージェントの力の借りるのが手っ取り早い方法になるでしょう。

転職エージェントは、あなたの悩みに対して、何かと親身になって相談に乗ってくれます。その上、転職マーケットの動向にも精通していることはいうまでもありません。あれこれと迷っているなら、まずは転職エージェントに登録してみるのが一番の解決策です。

転職エージェントを利用すれば、効率的に求人が探せるだけでなく、面接対策などの役立つサポートがたくさん受けられます。そして、転職エージェントを使うべき一番の理由は、”非公開求人”と”条件交渉”です。

このどちらも、ハローワークにはない転職エージェントならではのメリットになります。希望条件を通した転職の可能性を高めるなら、絶対に転職エージェントを利用してください。

しかも、転職エージェントは一切料金がかからないため、無料で転職成功の可能性を高められるだけでも利用する価値は大いにあります。今は転職エージェントが増えているため、複数の転職エージェントを利用しながら転職活動することが、転職成功のセオリーになるでしょう。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

 

目次
  1. あなたが転職エージェントを利用すべき理由とは?
  2. 転職エージェントを使うと転職活動を有利に進められる
  3. 転職エージェントなら「リクルートエージェント」を利用しよう
  4. 転職エージェントを利用すれば"ホットな情報"を得られる
  5. 転職者が必ず転職エージェントを利用すべき理由
  6. 転職エージェントをフルに200%活用する使い方とは?
  7. 転職エージェントを活用して転職を成功させよう!

あなたが転職エージェントを利用すべき理由とは?

転職エージェントを利用すべき理由は、以下の4点に集約されます。

  1. 自分では見つけられなかった求人情報を知ることができる
  2. 面倒な面接日時調整や内定承諾やお断り、その後の金額交渉を請け負ってくれる
  3. 採用の知識が豊富なアドバイザーから客観的なアドバイスをもらえる
  4. 自分では考えたことがなかったような業界や業務内容をおすすめしてくれる

 

自分では見つけられなかった求人情報を知ることができる

転職エージェントを利用すると、各企業の採用ホームページを見漁って求人情報を探すよりも、圧倒的に多数の企業を紹介してくれます。

こういう会社に興味があると伝えると、似たような業務内容の会社や似たような制度がある会社などにも範囲を広げて紹介してもらえます。

 

面倒な面接日時調整や内定承諾やお断り、その後の金額交渉を請け負ってくれる

転職活動では、受けたい企業がみつかったところで、複数社合った場合は、それぞれの採用担当者と直接やり取りを始める必要があります。

まずは履歴書等の資料送付、採用面談の調整などと続きますが、一人でそれを進めるのは尋常じゃない程労力がかかります。

また、複数社から内定をいただいた場合などは、その後の金額面や待遇などで様々な交渉が発生します。個人でやるよりも、信頼できるキャリアドバイザーとともに交渉を進めると安心でしょう。実際に、転職エージェントが交渉してくれたおかげで年収がアップした人も多いです。

 

採用の知識が豊富なアドバイザーから客観的なアドバイスをもらえる

転職エージェントの方には、履歴書や志望動機の書き方から、面接時のアドバイスをもらえます。

転職エージェントは、各企業の内部データを保有しています。そのため、「受かる書類の書き方」「受かる面接の受け答え」を教えてもらえるのです。転職者にとっては、強力な武器になるでしょう。

 

自分では考えたことがなかったような業界や業務内容をおすすめしてくれる

転職エージェントを利用すれば、自分が今までやって来たこと、興味関心を持つことを話したことで、「この会社が合うのでは?」と、レアな非公開求人を紹介してもらえることがあります。

非公開求人は、一般には出回っていない優良企業の求人です。非公開求人に関しては、転職エージェントを利用することでしか手に入れることができません。非公開求人にアクセスできるというのは、転職エージェントを使う最大のメリットだと言えます。

 

転職エージェントを使うと転職活動を有利に進められる

このように、転職活動をする時には、絶対に転職エージェントを使った方が良いと言えるでしょう。むろん、「使わなければいけない」ということではありませんが、やはり、色々な面において転職エージェントを使った方が優位性を持って転職活動がおこなえます。

万一、転職エージェントを使うことなく、転職活動を行ったとすれば、何から何まで自分一人の力だけで行うことを余儀なくされることになるでしょう。ハローワークや無料求人雑誌などの情報を頼りに転職活動をすることになります。

そうなると、ブラック企業に入社してしまったり、労働環境の悪い企業に転職してしまい、再び転職を繰り返すことになるかもしれません。そのような後悔を避けるためにも、転職エージェントを利用することは、転職者にとって必須のツールなのです。

転職エージェントといえば、言うまでもなく転職活動のプロフェッショナルが在籍しています。とりわけ、転職アドバイザーの存在は大きいといえます。

転職アドバイザーは、自分が担当している転職希望者が満足のいく転職先を見つけるための活動に全面的に協力してくれることはもとより、転職にまつわるタイムリーな情報も持ち合わせています。

大企業のみならず、中小企業やスタートアップ、ベンチャーに至るまでありとあらゆる企業に精通しています。「これから転職するんだ」という人にとっては、何とも心強い存在です。

もし、あなたが転職エージェントを利用するかどうかで悩んでいたら、「完全無料」で利用できることを忘れないでください。転職エージェントは無料なので、転職者が逆に使わない理由が分かりません。

もちろん、転職エージェントとの相性や力量で希望する求人がなかなか見つからないこともありますが、それでも転職成功の可能性を高めることはできます。利用してダメなら他を利用して、最終的に単独転職が向いているなら登録解除すればいいだけです。

正直、悩む前に利用するのが一番賢い選択で、口コミ等を参考にするよりも自分で確かめる行動力が大切です。また、その行動力は理にかなっているので、向いていなかったとしても自分にとってベストな転職方法を絞れることから一歩前進することは間違いありません。

自分一人で職を探すことも良いですが、少し視野を広げるという気軽な気持ちで転職エージェントを使ってみてください。転職エージェントの担当コンサルタントが、自分のスキルや経験を新たに評価して、可能性を見つけ出し、新しいキャリアへの第1歩を導いてくれます。

必ず今の自分に合うベストの転職先を紹介してくれるはずですし、転職エージェントの方々はプロなので、最短で最良の転職活動ができるように強力サポートしてくれるはずです。

 

転職エージェントなら「リクルートエージェント」を利用しよう

世の中に数ある転職エージェントの中で、No.1の実績を誇るのが「リクルートエージェント」です。私も実際に複数の転職エージェントを利用したのですが、特におすすめだと感じたのがリクルートエージェントになります。

リクルートエージェント|転職実績No.1の転職エージェント

 

リクルートエージェントがおすすめな理由とは?

リクルートエージェントをオススメする理由は2つあります。

1.求人数が多い

リクルートエージェントは求人の数がとにかく多くて、それに加えて全体的に質も高いので、実際に利用してみたら希望にあった求人をたくさん紹介してもらうことができました。

やはり転職活動をするにあたっては求人の選択肢が多いに越したことはありませんし、選択肢が多いほうが上手くいかなかった時にすぐ次に動けるので、求人の多さは大きなメリットだと思います。

 

2.サポートが充実している

求人の多さに加えてリクルートエージェントはサポートが充実しているので、その点もリクルートエージェントをオススメする理由です。

リクルートエージェントは特に面接対策が充実している印象で、個人的に面接が得意ではないのもあって、この点はとても助かりました。

 

リクルートエージェントを利用した体験談

私は食品メーカーの会社に勤務していたのですが、給料や労働環境への不満などがあって転職を決意しました。

最初は1人で転職活動を始めてみたのですが、仕事をしながらだとどうしても手が回らないことがあったので、リクルートエージェントを利用することにしました。

リクルートエージェントの担当コンサルタントの方はとても誠実で物腰も柔らかく、こちらの話をしっかりと聞いた上で私の希望に合致した優良企業の求人を紹介してくれました。

また苦手だった面接の対策も丁寧にやってもらえたので、その点はとても助かりました。最終的には希望していた業界の仕事に就くことができ、以前よりも良い環境で働けるようになりました。

正直1人で転職活動をしていたら上手く行かない時にモチベーションを保つのは大変だったと思いますし、きちんと転職できていたかどうかも分からないので、リクルートエージェントを利用して大正解でした。

あなたのスキルを生かして転職するためにも、リクルートエージェントの利用をおすすめします。求職者のスキルの棚卸しから、職場探し、入社試験対策まで徹底サポートしてくれるでしょう。

今の環境から前進するために、勇気を持って一歩踏み出してみてください。その一歩が、あなたの人生の可能性を大きく広げてくれるはずです。

リクルートエージェント|転職実績No.1の転職エージェント

 

転職エージェントを利用すれば”ホットな情報”を得られる

転職する人は、それまでは一つの企業にいて、そこで働いていて限られた時間の中で、転職のために準備を進めるわけですが、それは非常に限られたものになります。

自分の行きたい業種にはどんな会社があるのか、いくつくらいあるかすらもよくわかりません。あるいは、自分が向いている業種がどの分野なのかすらもわかっていない場合が多いです。

その手の人が転職希望者の大半であるというのが現実ではあります。それを恥じ入る必要はなく、自分の棚卸の意味で転職エ-ジェントを使うというのが一番ベストな方法です。

「いや、私は、大体自分の市場価値もわかってるので、どういう売り込み方をしたらいいのかを相談したい」

という準備の良い人の場合、転職エ-ジェント会社の割り当てられた担当者にぶっちゃけ相談するのが得策であるといえるでしょう。転職は、ある意味駆け引きの世界です。

相手が欲しいと思われるものを自分が持っていれば一番ですが、目を付けている会社では、そのポジションは埋まっていて、いらない・・ということが、あります。そのことは、個人で四季報、口コミ等で調べていてもわからないことになります。

そういう情報、ホットな情報というのは転職エージェントしか知りえないことが多いです。そして、逆にそれをうまく逆手にとって、穴の開いている会社の、該当部署を狙って売り込みをかけるというのが一番有効な進め方の一つになるでしょう。

 

転職者が必ず転職エージェントを利用すべき理由

転職エージェントを利用するのは、転職者にとって一番ベストな方法です。ここでは、転職エージェントを使うべき理由をもう一度確認してみましょう。

  1. サポートが受けられる
  2. 効率的な転職活動が実現できる
  3. 自分の希望にピンポイントで合う企業に出会える
  4. 企業の傾向、特徴が分かる

 

サポートが受けられる

転職エージェントを使うべき理由はいくつかありますが、個人的に特に大きいのはキャリアアドバイザーからサポートが受けられる点です。

仕事をしながら転職活動をする場合には忙しくて思ったようにいかないこともありますが、転職エージェントを利用すれば多くのことをサポートしてもらえるので、効率よく転職活動を行うことができます。

また面接対策等の転職活動に役に立つサポートも受けられますし、転職活動をするに当たって自分の強みが何なのか客観的に知れるので、転職エージェントを利用した方が円滑に転職活動が進むはずです。

 

効率的な転職活動が実現できる

転職活動で転職エージェントを使うべき理由は、ズバリ、転職活動が自宅にいながらでも簡単にできてしまうからです。複数の転職エージェントに登録しておけば、求人情報をいち早く教えてくれます。

そのため、転職エージェントを使えば、転職活動が非常に効率的に行えるのです。自分ひとりで孤独に活動するよりも、良い企業に、より短期間で転職できる可能性が高まります。

転職エージェントが無い時代につきましては、公共職業安定所(ハローワーク)に行かなければなりませんでした。今は転職エージェントがあるお陰で、自宅にいながら簡単に転職活動できることは非常に恵まれていると思います。

 

自分の希望にピンポイントで合う企業に出会える

転職サイトなどと違い、直接のヒヤリングで選択 項目にはない条件や希望を自分の言葉で細かく伝えることができるので、より的確でピンポイントで希望に合う企業に出会えます。

私自身も転職エージェントを利用したおかげで、今のホワイト企業に転職でき人生が変わりました。

 

企業の傾向、特徴が分かる

転職エージェントのスタッフと企業側の担当者との間で連絡を取り合う機会が多く、企業を紹介してもらう際にリアルタイムな企業の声を教えてもらえる事もあります。

その内容に寄り添う形で面接に臨めば採用に対して有利になります。

 

転職エージェントをフルに200%活用する使い方とは?

ここでは、転職エージェントをフルに使いこなすための方法をあなたに伝授します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. 複数の転職エージェントを使う
  2. 自分の希望をしっかりと伝える
  3. 全体像を把握して進める
  4. 転職エージェントの担当者と徹底的に話し合う
  5. とにかく転職エージェントに登録する
  6. 転職エージェントの強みを把握する
  7. 担当コンサルタントを”その気”にさせる
  8. 全力で転職エージェントを使う

 

複数の転職エージェントを使う

転職エージェントのメリットを最大限に活かす方法は、複数の転職エージェントを使いこなすことが一番大事です。まず、転職エージェントは2つ3つと複数登録しておき、登録した転職エージェントでバランス良く転職相談します。

相談するときは必ず希望条件を明確にしておき、自分がどんな条件でどんな仕事を希望しているのかを伝えることが何よりも大事です。

求人探しを転職エージェントに依頼している間に、自分でもハローワークや求人サイトで応募先を探すと、さらに効率が上がります。

 

自分の希望をしっかりと伝える

転職エージェントの担当者に自分の希望をしっかりと伝えてください。その他にも、職務経歴書などはしっかりと時間をかけて作り込みましょう。転職エージェントをフルに活用したいならば、履歴書、職務経歴書は、しっかりと仕上げることが重要だと思います。

自分の現在のスキルをしっかり棚卸しして、情報を開示することが大事です。自分のできることや得意分野などをうまくアピールすることはとても重要になるでしょう。

 

全体像を把握して進める

まずは、転職サイトの「リクナビNEXT」でどんな求人が最近あるのか、全体像を把握します。そのあとに、様々な転職エージェントのキャリコンサルタントの方と会って、親身になってくれる人や信頼できる人を探しましょう。(複数名いてもOKです。)

最後に期間を絞って、同時並行で採用面談を受け始めます。内定を貰ったとしても、現場の人に会ったり、金額交渉をしたり、業務内容のすり合わせをしっかり行って納得ができるまで、キャリアコンサルタントの方にも会社の採用担当者にも付き合ってもらうといいでしょう。

 

転職エージェントの担当者と徹底的に話し合う

転職エージェントをフル活用するには、転職エージェントのキャリアコンサルタントと徹底的に話し合うことだと思います。

話し合いを重ねるたびに、エージェントは求職者のスキルや魅力などを引き出してくれます。担当エージェントとの距離感が縮まるほど、自分に合った企業を紹介してもらえます。

ヒヤリング時に、現状の自分の資格やスキルを伝え、かつ希望や将来の資格取得意欲を伝えると、資格取得制度のある企業や施設を紹介してくれるでしょう。

100%とは言い切れませんが、資格や免許取得を応援してくれる企業は人材育成に力を入れており、いわゆるブラック企業とは真逆の性質を持っている傾向にあります。

転職エージェントに、企業側とのヒヤリング時にそういった情報を引き出してもらうように頼むと、優良企業に出会う確率が増え、効率的に転職エージェント活用ができるでしょう。

 

とにかく転職エージェントに登録する

とにかく、あれこれと悩む前に転職エージェントに登録するべきでしょう。自分一人で悩んでいても好結果を導き出すことは難しいと言わざるを得ません。

転職エージェントには、百戦錬磨のアドバイザーや良心的なスタッフが揃っているため、安心して活動できます。私の個人的意見としては、複数の転職エージェントに登録して、多くの情報を自らの判断で精査するのも良いと思っています。

 

転職エージェントの強みを把握する

転職エージェントによって強みがあって、特定の分野に特化しているようなところもあるので、そういった点をよく把握して利用することが大切だと思います。

例えばIT系の企業に転職を希望しているなら、IT系に特化した転職エージェントの方が専門性があって適切なアドバイスが受けられると思うので、そういった転職エージェントの特性を理解して利用することが最も有効的に活用する方法になるでしょう。

専門職の方は専門の転職エージェントが断然におすすめです。他職業の様々な求人情報を扱っているサイトの場合、1つの職業の求人数は少ない傾向があります。

無資格の一般職の方は、総求人数で選ぶのがおすすめです。さらに細かく比較するなら、ご自身が転職を検討しているエリアにおける求人数が多い転職エージェントを複数抑えるのが効率的でしょう。

その他、転職を検討しているエリアに転職エージェントの営業拠点があるなら、面接同行も可能で利便性は高くなります。

すべての転職者におすすめできる転職エージェントは、やはり「リクルートエージェント」です。業界最大手のリクルートグループが運営していることが最大のおすすめポイントです。

日本全国に対応していて、保有している非公開求人数が20万件以上と豊富なのも魅力です。転職によって年収をアップさせることも可能ですし、経験不問求人なども見つかります。

リクルートエージェントは数多くの案件をもっていますし、実現可能な転職先を紹介してくれます。また、実際に私が利用して、結構ここの案件は決まる可能性が高かったです。

求人サイトで応募すると、数多くの応募者がいて、まずそこでふるいにかけられ落とされることが多いと思いますが、リクルートエージェンを使ってその求人を紹介してもらえると、面接に行ける可能性が非常に高くなってきます。

また、リクルートエージェントは他のエージェントに比べて優秀なコンサルタントが多く、レスポンスが早いです。

リクルートエージェント|転職実績No.1の転職エージェント

 

担当コンサルタントを”その気”にさせる

こちらの転職事情をきちんと理解してくれて、親身になって考えてくれるように、担当コンサルタントをその気にさせることです。基本的には、彼らも転職希望者の仕事口を見つけてナンボの世界の人ですから、一件一件はなるべく手間をかけずに早く済ませたいものです。

だから、真摯に彼らに向き合うことが大切になります。私は転職が決まったときに。担当者がお祝いの会を私的に開いてくれました。あまり、そういうことはしないと言っておりました。それぐらい、担当者を”その気”にさせてください。

 

全力で転職エージェントを使う

とにかく自宅にいる時間を、全力で転職エージェントに捧げることが大事であると思います。絶え間なく情報収集とそして、何か疑問が生じてモヤモヤしているようであれば、すぐに電話して、専属のキャリアアドバイザーに相談することです。

ちょっとした思い付きが転職の場合重大なことにつながります。それを最大限に意識して、キャリアアドバイザーとのメールのやりとりや、気になったことを聞きにいく形でも大分違ってくるため、意識されてみてください。

1つの転職エージェントだけではなく、2~3つの転職エージェントに登録しましょう。(それ以上は多くて大変かもしれません)

同じような条件を提示しても、それぞれで違った求人を紹介してくれます。その中から、自分の条件に合ったものを選んでいくのがベストな方法でしょう。もし、自分に合わない求人を紹介されたら、スルーすれば良いだけです。

 

転職エージェントを活用して転職を成功させよう!

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。