転職コラム

本当に転職していいのか迷っている人が取るべき行動を3つ紹介|転職が決断できないときは覚悟を決めよう!

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職したいものの、本当に転職していいのか迷っています。どのようにすればよいでしょうか。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「本当に転職すべきなのか」という悩みは、多くの転職希望者が抱える悩みだよね。自分で解決できないときは、転職エージェントに相談すると転職する意思が固まる可能性があるよ。

この記事では、本当に転職していいのか迷っている方が理解すべきことから、転職を決断できない理由、迷ったときに取るべき行動までを解説します。

\迷っているなら気軽に相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

本当に転職していいのか迷っている人が理解すべきこと

本当に転職していいのか迷っている人が理解すべきこと

本当に転職していいのか迷っている方は、まず下記のことを知っておきましょう。

  • 転職先に入ってみないとわからない
  • 転職に不満を感じている人は10%しかいない
  • 転職しない方がよかったと感じても何度でも転職できる

ここからは、3つの項目について詳しく紹介します。

転職先に入ってみないとわからない

転職先が自分に合うのかどうかは、実際に入ってみなければわかりません。求人情報を参考に転職しても、働く際の条件面がわかるだけで、転職先の内部事情を細かに把握できないことがほとんどです。

そのため、次の職場が自分に合うのかは運の要素が強く、良い環境に恵まれれば希望とする働き方・ライフルタイルを実現できます。

今の職場に満足していない方は、転職をしなければ今後も同じ不満・悩みを抱えることになります。転職をすると良くも悪くも現状を打破できるため、まずは行動してみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職したい企業の雰囲気が気になる場合は、面接後などに「職場の雰囲気を見学させてもらえますか?」と質問してみるといいよ。もしくは、企業の内部事情を理解している転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職に不満を感じている人は10%しかいない

転職をしたい方の中には、「転職に失敗したくない」と思う方も多くいるでしょう。

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査」によると、転職に不満を感じている方は全体の約10%しかいません。約30%が「どちらでもない」と回答しており、50%以上の方が転職したことに満足している状況です。

転職に不満を感じる方の多くは、企業調査をしっかりとせずに勢いだけで転職します。そのため、企業・求人情報を徹底的に比較すれば、転職先に不満を感じることはほとんどありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職先に不満を感じたくない方は、転職エージェントの力を借りると自分に合う転職先に出会える可能性が高まるでしょう。

転職しない方がよかったと感じても何度でも転職できる

転職は人生で一度しかできないことではありません。「転職後に後悔したらどうしよう」と感じる方は、次の職場が合わなかったとしても再び転職できることを知っておきましょう。

近年は働き方が多様化しており、転職経験が2〜3回程度ある方は多くいます。そのため、一度や二度の転職でキャリアに傷がつくことはほとんどありません。

特に、20代の方であれば未経験の業界・業種にチャレンジしやすく、転職することで適職に出会える可能性が高くなります。

転職に失敗してもやり直せることを知っておけば、迷うことなく転職活動を進められるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
何度でも転職できますが、転職回数が4回以上になると採用担当者にマイナスイメージを与える恐れがある点を知っておいてください。

\迷っているなら気軽に相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

転職が決断できない5つの不安

転職が決断できない5つの不安

転職は、今後の人生が一変するライフイベントになります。そのため、転職をすぐに決断できないことは、決して悪いことではありません。

転職を決断できない方は、次で挙げる悩みを抱えている傾向です。

  • 活躍できるか不安になる
  • 人間関係が上手くいくか不安になる
  • 入社前のイメージとギャップがありそうで不安になる
  • 転職先が決まったあとに本当にここでいいのか不安になる
  • 今の職場に自分がいなくなったらやばいから残るべきかと不安になる

以下では、5つの不安について詳しく紹介します。

活躍できるか不安になる

転職する際に、次の職場で活躍できるのかが不安になる方は多くいます。

dodaの「ビジネスパーソン2,000人の転職意識調査」によると、約55%の方が「転職先で活躍できるのかが不安」と回答しています。一方で、「転職先で活躍できる自信がある」と回答したのは約16%と少数でした。

転職では、実績・経験を有していても新たな環境にチャレンジすることになります。そのため、年齢に関係なく「活躍できるのか」については不安を覚える傾向です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「転職先で即戦力として活躍したい」と考える方は、自分が得意とする業務の知識を復習したり、転職先の業界などについて勉強したりすると、不安が少なくなるでしょう。

人間関係が上手くいくか不安になる

転職を決断できない方の中には、良好な人間関係を築けるのかが不安になる方もいるでしょう。実際に、厚生労働省の「平成30年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況」では、約31%の方が「対人関係」によるストレスを感じています。

転職先の人間関係に不安を覚える方は、面接の逆質問で次のような質問をすることがおすすめです。

転職先の人間関係がチェックできる逆質問
  • 御社にはどのような性格の社員が多くいますか?
  • 社内に職場の悩みを相談できる事務局などはありますか?
  • 社員の方は休憩時間にどのように過ごされていますか?

時間に制限があると逆質問できる数は限られてしまいますが、「どのような性格の社員が多くいるのか」については必ず質問しておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
働く上で人間関係はかなり大切になる部分です。転職する際は、条件面だけでなく人間関係に関する情報も絶対に集めましょう。

入社前のイメージとギャップがありそうで不安になる

転職する際には、入社前のイメージとギャップがありそうという不安を抱える方も多くいます。よくあるギャップは、「企業理念と実際の社風が異なった」「求人情報には書かれていなかった業務も割り振られた」などです。

特に、転職サイト・ハローワークなどで求人情報だけを鵜呑みにして転職する方は、入社前のイメージとギャップが生じやすいため注意してください。

入社前のイメージとギャップが生じるのは、情報収集不足が主な原因です。ギャップを極力減らしたい方は、求人情報を比較することはもちろん、インターネット・SNSに掲載されている口コミも参考にすることが大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職支援実績が豊富な転職エージェントに頼ることも、入社前のイメージとギャップを減らす方法の一つになります。

転職先が決まったあとに本当にここでいいのか不安になる

転職先が決まったあとに、「本当にここでいいのかな?」と不安になる方もいます。不安になるのは、転職を機に今の環境から新たな環境へ飛び込むことになるためです。

転職のように新たな環境にチャレンジすることは、誰であっても不安を覚えます。転職先が決まったあとに不安になる気持ちは、「仕方ないこと」だと割り切ることが大切です。

ただし、転職先を妥協して決めたことが原因で不安になっている場合は、再度転職活動をしたほうがよいでしょう。妥協して決めた転職先で働くと不満を感じやすく、短期間で転職したくなる可能性があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
特に、「今の職場から逃げたい」という気持ちの方は、妥協して転職先を選びやすいため注意してください。

今の職場に自分がいなくなったらやばいから残るべきかと不安になる

「今の職場に自分がいなくなると業務がまわらなるから」という理由で、転職を決断できない方も一定数存在します。特に、仕事に対する責任感が強い方は、この理由で転職をなかなか決断できない傾向です。

基本的には、自分一人が退職したところで、現在の職場の環境が著しく悪くなることはありません。企業では転職者が出ると、人員の配置を変えたり中途採用を行ったりして、業務が滞りなく進められるように取り組みます。

今の職場のことを第一優先で考えて動くと、転職する機会を逃す可能性があります。転職したい方は、自分が抜けても業務に支障をきたさない可能性が高いことを知っておきましょう。

\迷っているなら気軽に相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

本当に転職していいのかと迷ったとき取るべき行動

本当に転職していいのかと迷ったとき取るべき行動

本当に転職していいのかと迷っている方は、次の行動をとってみましょう。

  • 今の職場から転職したときのメリット・デメリットを把握する
  • 自分が将来どのような姿になりたいか思い出す
  • 転職エージェントに相談する
  • 覚悟を決める

上記の行動に取り組めば、転職すべきかを判断できるでしょう。ここからは、4つの行動について詳しく紹介します。

今の職場から転職したときのメリット・デメリットを把握する

本当に転職してもいいのか迷っている方は、今の職場から転職したときのメリット・デメリットを把握することから始めてみましょう。メリット・デメリットが明確になれば、転職すべきなのか・しないほうがいいのかを判断できます。

転職するメリット・デメリットを洗い出したときに、メリットが多い場合は本当に転職すべきです。一方でデメリットが多い場合は、一度立ち止まってみて転職する以外で今抱えている悩みを解決する方法を模索することがおすすめです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職したときのメリット・デメリットを洗い出すと、仕事をする上で自分が大切にしていることも把握できるため、自己分析にも役立ちます。

自分が将来どのような姿になりたいか思い出す

転職することに迷いが生じている方は、自分が将来どのような姿になりたいのかを思い出すことが大切です。将来の理想像が明確になれば、今の働き方が自分の目指す方向性に合っているのかを判断できます。

例えば、「管理職に就きたい」と考えている方の場合、今の職場で管理職のポストを狙えるのであれば、無理に転職する必要はないと判断できます。

一方で、今の職場では人員数の都合上、管理職に就けない・優秀な同僚がいるなどの理由で管理職ポストを狙えないのであれば、転職を検討してもよいでしょう。

将来の理想像から逆算して転職すべきかを検討すると、長く勤められる転職先を見つけ出せる可能性が高くなります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
将来の理想像は、働き方だけでなくプライベートの過ごし方も加味してイメージすると、ワークライフバランスの取れた生活を実現できます。

転職エージェントに相談する

「本当に転職すべきなのか」を自分の中で考えても答えが出ないときは、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーによる面談が受けられます。利用者の現状・理想像から転職すべきなのかを客観的にアドバイスするため、転職エージェントに相談したことがきっかけで転職を決意できた方が少なくありません。

転職エージェントに相談すれば、面談した情報をもとに、自分に合う求人を紹介してもらえます。転職活動をスムーズに進められるというメリットもあるため、転職すべきか迷っている方は転職エージェントの力を頼ってみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
基本的には、求人数・転職支援実績が豊富な大手転職エージェントから利用することがおすすめです。

\迷っているなら気軽に相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

覚悟を決める

本当に転職すべきなのかを迷っている方は、覚悟を決めることも大切です。精神論にはなりますが、「転職して現状を変えてやる」という覚悟がなければ、いつまで経っても転職に踏み切れません。

実際に転職した方の中には、「覚悟を持って勢いで転職した」と答える方も多くいます。覚悟が決まらない方は、「転職先のほうが大変かもしれない」「失業してしまう」などのリスクを過大評価している傾向です。

しかし、企業調査・自己分析などを徹底して取り組めば、自分に合う転職先に出会える可能性が高く、転職するリスクを怖がりすぎる必要はありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
他にも、家族・友人などに転職活動を後押ししてもらうと、覚悟を決めやすくなります。

転職を相談するのにおすすめの転職エージェント

転職を相談するのにおすすめの転職エージェントは次の2つです。

おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

どちらの転職エージェントも、「親身になって相談にのってもらえた」などの口コミが多く定評があります。ここからは、リクルートエージェント・マイナビエージェントの特徴を紹介します。

リクルートエージェント

エージェント名 リクルートエージェント
おすすめ度
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1
  • 40万件以上の求人を保有している(2022年5月26日現在)
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーに転職すべきなのかを相談できる

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職エージェントで、多くの転職希望者が利用しています。

人気がある理由は、キャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれるだけでなく、提出書類の添削・独自に分析した業界や企業の情報を提供してもらえるサービスがあるためです。

「自分が本当に転職すべきなのかわからない」という方の相談にも対応しているため、これから転職活動を進めたい方は、リクルートエージェントに登録しておきましょう。

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビエージェント

エージェント名 マイナビエージェント
おすすめ度
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://mynavi-agent.jp/
マイナビエージェント
  • 面談で転職に関する悩み・希望などを傾聴する
  • マイナビエージェントでしか取り扱われていない求人が複数ある
  • 20〜30代の転職に強い

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。求人紹介から入社日の調整までを包括的に行うため、転職経験が少ない20〜30代の方に人気があります。

マイナビエージェントの面談では、利用者の現状・希望を丁寧にヒアリングしてもらえます。転職すべきか迷っている方の中には、マイナビエージェントの面談で自分の気持ちを話すことで、「転職したい」という覚悟が決まる方も少なくありません。

丁寧なヒアリングを受けたい方・転職を総合的にサポートしてもらいたい方は、ぜひマイナビエージェントに登録しておきましょう。

\面談時の傾聴力が持ち味/
無料登録をする
(公式サイト)

転職をやっぱりやめるというのはアリなのか?

転職をやっぱりやめるというのはアリなのか?

転職することを決意したものの、やっぱり転職を見送るという方も存在します。転職をやっぱりやめるという選択は、決して悪いことではありません。

しかし、「転職する覚悟が決まらない」「今の環境よりも悪くなるのが嫌だ」など、ネガティブな理由で転職をやめることは控えましょう。

ネガティブな理由で転職をやめると、今後も今と同じ不満を抱えたまま仕事を続けることになります。20代前半の方であれば、ポテンシャルで採用されやすくなる「第二新卒」の時期を失うことにもつながります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ネガティブな理由で転職をやめようか迷っている場合は、これまでに利用していない転職エージェントで面談を受けながら転職活動を進めてみましょう。

本当に転職していいのかと迷ったら抱え込まずに相談しよう!

転職は生活環境が一変するライフイベントになるため、「本当に転職していいのか」と迷う方が多くいます。しかし、転職をしてみなければ、今よりも働きやすい職場に出会えることはありません。

本当に転職すべきか迷っている方は、自分だけで抱え込まず転職エージェントに頼りましょう。転職に関する相談を親身になって聞いてほしい方は、転職支援実績No.1のリクルートエージェントの利用がおすすめです。

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

ABOUT ME
緒方 透也
キャリアクラスの執筆を担当しています。製造業からIT業界へ異業種の転職、県外への転職を経験しました。転職関連のライティングは、これまでに100記事以上携わっています。実体験を踏まえて、読者に有益な情報をお届けします。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。