選考対策

【前日即日OK】面接不要で求職活動実績を作る裏ワザを紹介


認定日に求職活動実績がなければ、失業保険が給付されません。

ただ、多くの人が誤解しがちですが、別の認定日に求職活動実績を提示できれば、期間をまたぐだけで金銭的な損は発生しないのです。

とはいっても、毎月失業保険がほしいのが本音でしょう。

ここでは、即日もしくは前日に求職活動実績を作れる方法を紹介します。

求職活動実績の回数【認定日によって異なる】

求職活動実績の回数は、会社都合退職か自己都合退職によって異なります。

必要な求職活動回数をチェックしておきましょう。

会社都合退職で必要な求職活動実績の回数

会社都合退職で必要な求職活動実績の回数は、以下の通りです。

  • 1ヶ月につき初回認定日の場合は1回以上
  • 2回目以降の認定日には2回以上

初回認定日は雇用保険の申込みをして、1週間後に行われる雇用保険説明会で1回の実績になります。

つまり、初回認定日に別途求職活動実績を作る必要はありません。

 

自己都合退職で必要な求職活動実績の回数

自己都合退職で必要な求職活動実績の回数は、以下の通りです。

  • 1ヶ月につき初回認定日の場合は2回以上
  • 2回目以降の認定日には3回以上

初回認定日は雇用保険の申込みをして、1週間後に行われる雇用保険説明会が1回の実績になります。

そのため、初回認定日までにもう1回求職活動をする必要があります。

 

認定日に求職活動がない場合はどうなる?

もし求職活動実績が認定日までにない場合、その月に失業保険を受給することはできません。

しかし退職後1年以内であれば、実績を提示することで失業保険を受給できます。

そのため、金銭的な損をすることはありません。

認定日までにどうしても求職活動実績を作れないのであれば、見送るのも一つの手です。

 

認定日当日や前日に求職活動実績を作る裏ワザ


ここでは、最短当日、前日でもできる転職実績の作り方を紹介します。

なお、求職活動は1日1回です。

明確な規定はありませんが、就職相談と就職セミナーを同日に受けた場合、別日であればそれぞれカウントされる実績が、同日の場合1回しか求職活動実績として認定されない場合もあります。

気をつけましょう。

転職サイト経由で求人に応募する

外部の転職サイトに登録して求人に応募すれば、登録から応募まで最短即日で求職活動実績にカウントされます。

ハローワークに提出する失業認定申告書には「日付と選考結果待ち」と企業名を記載しましょう。

ただし、求人に応募するには履歴書やエントリーシートなどが必要です。

履歴書やエントリーシートの用意がない場合は、簡単に書類を作成できるテンプレートがあるため利用すると良いでしょう。

 

オンラインセミナーに参加する


求職活動実績は、オンラインで開催しているセミナーでも実績を作ることができます。

たとえば、ハローワーク以外の機関で提供するセミナーです。

リクルートエージェントの提供する面接力向上セミナーは予約不要で実績を作ることができます。

なお、外部機関の提供するセミナーは、実際に受講しているかをハローワークに証明しにくいので、参加セミナーの案内メールやワークシートなどにメモを残しておきましょう。

 

ハローワークの関連施設で職業相談をする

ハローワークの関連施設で職業相談をすれば、求職活動実績を作ることができます。

ハローワークの関連施設とは、新宿区を例に上げると「新宿わかものハローワーク」「東京新卒応援ハローワーク」ほか「しごとセンター」「就職情報室」などです。

ハローワークが遠くて通いづらい場合には、関連施設も考えてみてください。

相談内容が思い浮かばない場合は、職業訓練相談をするといいでしょう。

相談すると求人応募をすすめられますが、必ずしも応募する必要はないため、早めに切り上げて求職活動実績にしてください。

 

オンライン転職フェアで個別相談をする

オンライン転職フェアでの個別相談も求職活動実績になります。

ただし、ハローワーク経由で開催されるものはオフラインのセミナーが多く、タイミングが合わないことがあります。

もし転職フェアに応募するなら、外部の斡旋機関が開催しているものがおすすめです。

転職フェアの個別相談を実績にする場合は、メールの通知書などを認定日当日に持ち込んでください。

 

実績を作るならオンラインセミナーを利用する

求職活動実績を作るにあたり、以下の紹介をしました。

  • 転職サイト経由で求人に応募
  • オンラインセミナーに参加
  • ハローワークの関連施設で職業相談

もし、即日や前日に実績を作るなら、転職サイト経由で求人に応募やオンラインセミナーに参加するのが現実的でしょう。

実績だけを作るなら求人サイトを、今後の就職までを考慮するなら転職エージェントに登録するのがおすすめです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。