転職コラム

仕事をしながらの転職活動でやってはいけない6つの過ち|転職を成功させる方法を解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事をしながら転職活動をして成功させたいのですが、どのようなことに気を付ければ良いかわかりません……

上司や同僚などに転職活動が知られてしまうと職場にいづらくなったり、引き止められて辞めにくくなったりする可能性があります。

スムーズに転職するためにもバレないように活動したいけど、どうすれば良いかわからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

今回は、仕事しながら転職活動する場合にやりがちな過ちや、転職成功のために利用すべき転職エージェントなどについて詳しく解説します。

今回紹介することをやってしまうと転職は失敗してしまいます。仕事をしながらでも転職を成功させるために、ぜひ最後までご覧ください!

本記事でわかること
  • 仕事しながら転職活動する際にやりがちなこと
  • 仕事をしながら転職活動を成功させる方法
  • 転職成功のために利用すべき転職エージェント

仕事をしながら転職活動をするなら、リクルートエージェントの利用がおすすめです。リクルートエージェントは土・日・祝も面談を行っているため、働きながらでも効率よく転職活動ができます。

【公式】https://www.r-agent.com/

\働きながら転職するならココ/
無料登録をする
(公式サイト)

仕事をしながらの転職活動でやってはいけない6つの過ち

仕事をしながらの転職活動でやってはいけない6つの過ち

仕事しながら転職活動する場合にやりがちな失敗は以下の通りです。転職活動を成功させたいなら、以下の過ちを犯さないようにしましょう。

  • 会社のパソコンを使って転職活動をする
  • 会社で転職活動関連の電話やメールをする
  • 1人で転職活動を進める
  • SNSで転職活動について書く
  • 転職先が決まっていないのに辞表を出す
  • なんとなく転職活動を始める

会社のパソコンを使って転職活動をする

会社のパソコンを使って転職サイトや求人を見るのは止めましょう。見るのに夢中になって背後に気づかず、上司や同僚などに見られてしまう可能性があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職したさから「どうせ辞めるしいいや」と開き直って閲覧するのはよくないです!

また、会社によっては職場のパソコンの閲覧履歴を監視しているところもあります。知られたくなければ、休憩中も含めて会社のパソコンを使わないようにしましょう。

会社で転職活動関連の電話やメールをする

働きながらの転職活動は、まとまった時間を取るのが難しいものです。だからといって、会社で転職活動関連の電話・メールをすることは避けましょう。

会社で電話をすると、職場の誰かに聞かれてしまうかもしれません。人目のないところに移動したとしても、会社である限り聞かれる可能性はあります。

メールも、打つことに集中していて見られていることに気づかず「それメール?転職するの?」と聞かれたらもう言い訳できません。

会社で連絡を取り合うのは知られる危険性があるため止めておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
もちろん会社の電話やアドレスを使って連絡を取るのも厳禁ですよ!

1人で転職活動を進める

仕事をしながら転職活動をするのはとても大変です。転職活動に使える時間には限りがあるため、1人でやろうとしても効率的な活動は難しいでしょう。

在職中に転職活動を行う際は、転職エージェントの利用がおすすめです。求人の検索や情報収集・企業への応募・面接の日程・応募書類の添削などをプロに任せられます。

ある程度プロに任せられれば、現職の仕事と転職活動が両立しやすくなります。1人でやろうとせず、周りの力を借りましょう。

SNSで転職活動について書く

TwitterやFacebookなど、SNSに転職活動していることを書くのもNGです。友達としかつながっていなかったとしても、何かしらで上司に伝わる可能性もゼロではありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
特にFacebookは、本名で利用するため大変危険です!

職場の人の中には、FacebookなどSNSで名前を検索し、行動をチェックしている人も一定数います。チェックされれば、その情報は上司の耳に入る可能性があるでしょう。

SNSに転職活動していることを書くのは、自らバラしているのと同じようなことです。転職活動のことは書かないようにしましょう。

転職先が決まっていないのに辞表を出す

転職先が決まっていないのに辞めるのは危険です。新しい職場がすぐ決まるという保証はありません。

転職先が決まらないまま辞めてしまうと、収入が得られません。家賃・光熱費・通信費・交際費などのお金が作れず、生活が苦しくなってしまいます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職先が決まっていないのに辞表を出すのはリスクが大きいので、極力避けましょう!

ただし、人間関係などに悩み耐えきれないのであれば我慢する必要はありません。先に辞表を出して退職しましょう。

仕事を辞めた方がいいサイン12選|仕事の辞め時を判断する基準を会社・人間関係・自身の問題に分けて解説 仕事を辞めた方がいいサインは人によってさまざまあります。 自分が当てはまらないからといって我慢する必要はなく、無理をし...
人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの? 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相...

なんとなく転職活動を始める

何となくで転職活動を始めるのは止めましょう。「○月までにできたらいいな」程度の軽い気持ちだと本当にやりたいことが見えず、転職先もなかなか決まりません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職活動もせず現職の仕事をいやいや続けると中途半端になってしまいます!

結局「今のままでいいや」と諦めてしまわないように、「なぜ転職するのか」をはっきりさせて転職活動をしてみてください。

仕事をしながら転職活動を成功させる方法

仕事をしながら転職活動を成功させる方法

仕事をしながら転職活動を成功させるには、以下の方法があります。時間が限られているからこそ、成功させるポイントをおさえておきましょう。

  • 転職エージェントのサポートを受ける
  • スカウトサービスを利用する
  • 自己分析や企業研究などの準備を徹底する
  • キャリアコーチングを受ける

転職エージェントのサポートを受ける

仕事をしながら転職活動を成功させる方法としては、転職エージェントの利用があります。

1人で転職活動をすると、当然求人探しも面接の調整もすべて1人でやらなくてはいけません。転職エージェントを利用すれば、求人探しや企業とのやり取りを代行してくれます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
在職中に転職は時間が限られているからこそ、代わりに進めてくれる人がいるのは助かります!

転職エージェントのサポートを受けながら効率よく進めることが、転職への近道です。

大手の転職エージェントと中小の転職エージェント、それぞれの特徴は? 転職を考える時に役に立つのが転職エージェントです。 転職エージェントには大手もあれば中小もありますが、ここではそれぞれの特...
転職エージェント攻略法!良いエージェント・悪いエージェントを見極めて転職を成功させる方法 転職エージェントとは、正式には「有料職業紹介事業者」と呼ばれる民間の職業紹介・あっせん会社です。 ハローワークの職...
転職エージェント徹底活用術!メリットとデメリットまとめ 新卒の求人情報とは違って、転職の情報はなかなか表に出てこないものです。 個人がひとりで「これだ」と思える求人情報を...

スカウトサービスを利用する

転職活動を成功させる方法のひとつとして、スカウトサービスを利用する方法もあります。スカウトサービスとは、企業の採用担当者から求職者に直接応募依頼が来る機能です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
求職者が公開している履歴書や職務経歴書を見て、魅力を感じた企業の採用担当者がオファーをしてきてくれますよ!

スカウトサービスのメリットは、自分で求人探しをする手間が省けることです。自分のスキルや経験に興味を持ってくれた企業からの連絡をきっかけに転職活動が進められます。

高いスキルがあるほど、優良企業からのスカウトが受けられます。忙しい人にとっては効率よく転職活動ができるベストなサービスであるため、うまく活用していきましょう。

自己分析や企業研究などの準備を徹底する

自己分析や企業研究など、事前の準備は必要不可欠です。準備を徹底することで、転職も成功しやすくなります。

もし目的があいまいな状態で求人を探すと、選択肢が多すぎて迷ってしまいます。興味を持った企業にひとまず応募しても、志望動機が語れず選考に落ちてしまうでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自分が何をしたいのか、何が得意なのかといった自己分析は、転職活動を成功させる上でとても重要です!

また企業研究は入念に行えば入社後のミスマッチを防げます。「この業界・この企業へ転職したい理由」や「これまでの経験やスキルを活かせるか」を明確にするためにも企業研究は欠かせません。

キャリアコーチングを受ける

キャリアコーチングとは、自己分析や今後のキャリアプランなどキャリアに関する相談ができるサービスです。転職支援サービスのひとつとして、近年注目されています。

キャリアコーチングを受けると、自分の考え方や価値観が明確になり適した仕事が見つけやすくなります。また、仕事に関する夢や目標が見つけられるのも特徴です。

在職中にキャリアコーチングを受けて、社内での昇進・部署異動だけでなく、転職も含め自身のキャリアを深く考えるのもおすすめです。

【2022年】おすすめのキャリアコーチングサービス14選を徹底比較|転職相談の新たな形 キャリアコーチングは最近流行りはじめたマンツーマンのキャリア支援サービスです。 転職はもちろんのこと、キャリアその...
女性におすすめのキャリアコーチング7選|人気サービスの特徴を徹底解説 本記事では女性からの人気や評価が高いキャリアコーチング7社をピックアップし、それぞれの特徴を徹底解説します。 また、キ...
無料で受けられるキャリアコーチングはある?無料相談できるおすすめのサービスを紹介 キャリアコーチングを受けてみたいけど、どれも料金が高くて手が出せない、という方も多いはずです。また、無料で受けられるサー...

仕事をしながら転職活動をする人におすすめの転職サービス

仕事をしながら転職活動をする人には、以下の大手転職エージェントがおすすめです。1つずつ特徴を解説しましょう。

在職中に転職活動する人におすすめの転職サービス
  • リクルートエージェント
  • ビズリーチ

リクルートエージェント

エージェント名 リクルートエージェント
おすすめ度
料金 無料
求人数 公開求人:273,709件(2022年10月10日現在) 非公開求人:277,087件(2022年10月10日現在) 今の求人数:公式HP参照
対象年代 全年代
対応エリア 全国/海外
オンライン面談 あり
得意分野 ほぼ全業界網羅
公式HP リクルートエージェント
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社リクルート
拠点 札幌・仙台・宇都宮
さいたま・千葉
西東京・横浜・東京
京都・大阪・神戸
岡山 広島・福岡
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 メール・電話
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績

リクルートエージェントは、約38年という歴史を持った転職エージェントです。長年蓄積された転職ノウハウがあるからこそ、転職業界№1の実績を誇っています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
書類添削や面接対策などの転職サポートに力を入れており、提出書類に抱える不安や面接の苦手意識を払拭できるようしっかりサポートしてくれますよ!

面談は土・日・祝日でも実施してもらえます。もちろんオンラインも対応しているため、仕事しながらでも転職活動が進めやすいでしょう。

\土日祝も面談あり!/
リクルートエージェント
無料登録する

【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

ビズリーチ

ビズリーチ※引用:ビズリーチ
エージェント名 ビズリーチ
おすすめ度
料金 30日間コース
タレント会員:3,278円(税込)、ハイクラス会員:5,478円(税込)
求人数 約83,000件(2022年10月10日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代 30代~
対応エリア 全国・海外
オンライン面談 あり
得意分野 経営・管理・専門職
公式HP ビズリーチ
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社ビズリーチ
拠点 東京都渋谷区渋谷
2-15-1
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績

ビズリーチは、管理職・専門職などのハイクラス向けの転職エージェントです。年収600万円以上を目指す方から支持される転職サービスNo.1の実績を持っています。

ビズリーチは登録しているだけでスカウトが来る可能性があるため、忙しい人にはベストな転職サービスです。優良企業から、面談や面接が確約されたプラチナスカウトが届くこともあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
職務経歴書の内容が不足していたり、求められるスキルを持っていなかったりするとスカウトが届かないこともあるため、注意が必要です。

管理職・専門職などのハイクラス転職を目指していて、求人検索の時間がなかなか取れない方には向いているサービスでしょう。

\便利なスカウト機能あり!/
ビズリーチ
無料登録する

【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されていま...
ビズリーチの仕組みについて徹底解説|サービス内容や料金、利用方法などわかりやすく紹介 「ビズリーチの仕組みや利用の流れがよくわからない」と不安を抱く人もいます。 ビズリーチは従来の転職エージェントと異なる...
ビズリーチからのスカウトが来ない原因は?職務経歴書を見直して優良企業からのスカウトを増やそう! ハイクラス転職向けのビズリーチには、待つだけでスカウトを受けられるという魅力があります。一方、「登録したけどスカウトが来ない...

働きながら転職活動をする人が気になる質問

働きながら転職活動をする人が気になる質問

働きながら転職活動をする人は、以下のようなことが気になっているのではないでしょうか。

  • 在籍中に転職活動をするのは違法ではない?
  • 転職先が決まったら入社日と退社日はどうすればいい?
  • 働きながら転職活動をする人の割合は?

転職活動は、疑問があると進めにくくなります。ここで解決させておきましょう。

在籍中に転職活動をするのは違法ではない?

在職中の転職活動は違法になりません。たとえ在職中であっても、転職活動を行うことは自由です。

日本国憲法第二十二条で「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」と定められています。

ただし、面接のために業務を気にせずたくさん休んだり、仕事中に求人検索をしたりといった行動は止めましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
在職中の転職活動は自由ですが、同じ職場で働く仲間に迷惑をかけてはいけません!

転職先が決まったら入社日と退社日はどうすればいい?

退社日は、約一か月後に設定するのが理想です。転職先が決まった日から約一か月後に退社し、次の日に入社という流れがよいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
いつまでに退社の旨を伝えるかは会社によって異なります。前もって確認しておくと、面接官の「いつから来られますか?」という質問にもスムーズに答えられますよ!

引き継ぎ期間や有給休暇の残り日数なども考慮しながら、職場に迷惑が掛からないように退社日を決めていきましょう。

働きながら転職活動をする人の割合は?

株式会社ビズヒッツが、転職経験のある男女500人を対象にアンケートを取ったところ、約50%の人が「働きながら転職活動をしている」と答えました。

引用:「働きながら転職活動」と「辞めてから転職活動」どっちがいい?経験者500人アンケート調査|Biz Hitsのプレスリリース

仕事を辞めてから転職活動するとなると、収入面での不安があります。一方、働きながらだと収入面の心配はないものの、有給を使わないと活動できないといったやりづらさがあります。

どちらでもメリット・デメリットがあるからこそ、そこまで差が出ることなく半々ぐらいのの結果が出ているのでしょう。

仕事をしながら転職活動をするなら転職サービスの利用が必須!

仕事をしながら転職活動をするのなら、転職サービスの利用は欠かせません。動ける時間が限られているからこそ、他の人の手を借りることはとても大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仕事をしながらでも自分が納得できる転職先を見つけるためにも、無理は禁物です!

転職エージェントは、大手のリクルートエージェントビズリーチがおすすめです。リクルートエージェントなら土日など休みの日でも面談の時間を作ってくれます。

ビズリーチもスカウト機能があるため、自分で求人検索をする手間が省けます。登録するだけで自分に合った求人と出会える可能性があります。

ぜひ本記事を参考に、仕事を続けつつ転職サービスをうまく活用して転職活動を成功させてください!

ABOUT ME
saori
大阪府在住。総合代理店にて推奨販売を行うスタッフの手配・請求書確認など事務職を経験。その後、求人広告を扱う代理店へ転職。求人原稿を執筆する中で得た転職に関する知識をもとに、転職情報をお届けします。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。