企業選び

残業の少ない会社に転職するには?企業を見極めて残業が少ない会社への転職を成功させるコツ

残業なし・残業の少ない会社に転職するには?

「転職するなら、残業が少ない会社を選びたい」という人が増えてきています。

残業が多くプライベートな時間が全くとれない、長時間労働で身体が休まらない、このような環境で仕事を続けていると精神的にも肉体的にもボロボロになってしまいますよね。長時間労働によって健康を損ねてしまう人は年々増加しているのです。

  • 残業が少ない会社でプライベートを充実させたい
  • 定時退社が基本の会社でオンオフをはっきりさせたい
  • 残業を少なくして無理なく働きたい

あなたがこのように考えるのは、普通のことであり、正当な選択と言えます。特に、今の会社が残業ばかりで心身ともにストレスだらけで毎日ヘトヘトになってしまう職場なら、「残業が少ない会社がいい!」と強く思うはずです。

残業時間が月45時間を越えると、健康を損なうリスクが高くなるという通達が国から出されています。また、残業時間が80時間を越えると、過労死ラインと認定し、残業時間と健康障害の因果関係を判断する指標とされました。

しかし、現実には残業が月45時間を越える企業はザラにあるますし、中には残業が100時間を越えるような悪質な企業も存在しています。そのうえ、サービス残業で無給で働かされたり、「みなし残業(固定給に残業代が含まれる)」として残業代が支払われなかったりすることも当たり前に行われているのです。

このような状況で無理して働き続けると、最悪の場合、過労死してしまう可能性もあります。長時間労働や強いストレスが原因の「過労死」は今や社会問題となり、英字辞書にも「karoshi」と掲載されるほど世界的に通用する日本語になってしまいました。

では、残業が少ない会社に転職することは難しいことなのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。実は、残業が少ない会社というのは意外に多いものなのです。そこで今回は、あなたが残業が少ない会社に転職するための方法をまとめました。

[template id=”8828″]

残業が少ない会社へ転職した方が良い理由

残業が少ない会社へ転職した方が良い理由

長時間の残業すると、心身ともに疲れきってしまい仕事に対するやる気やモチベーションも低下してきます。また、膨大なストレスを抱えるため、常にイライラしたり不眠症になってしまうかもしれません。職場みんなが疲れているので、人間関係もギスギスしたものになりがちです。

あなたが「今の会社を辞めて残業が少ない会社に転職したい」と考えているなら、思い切って転職の決断をしましょう。このまま残業だらけの今の会社で働き続けても、ボロボロのまま使い捨てにされるだけかもしれません。

▼関連記事

会社を辞めたいのに転職する勇気が出ない人へ贈る20の言葉

残業が少ない会社は、意外にもたくさんあるのです。まずは、残業が少ない会社に転職するメリットを知ってください。

 

プライベートな時間が増える

残業が少ない会社に転職すると、プライベートな時間を取ることができます。家族との団らんや趣味の時間、勉強の時間を確保することができるのです。残業ばかりで帰宅は深夜、寝て起きればすぐに出社。休日は疲れきって寝ているだけ…。このような生活を続けていると、心にゆとりを持てるはずもありません。

仕事は大事ですが、それ以上に大事なのはあなたの「個人的な楽しみの時間」です。生きるために働いているのか、働くために生きているのか…。あなたはどちらがいいでしょうか?

 

効率の良い仕事ができる

残業が多い会社は、無駄な仕事が多い傾向にあります。非効率で無駄な仕事が多いために、残業時間がどんどん増えているのです。いつまでも終わらない業務、家に帰っても休んでいる気になれず仕事がずっと仕事が続いているような感覚…これが続くと、あなたの心身は磨り減ってしまうでしょう。

残業が少ない会社は、残業時間を減らす企業努力をしている会社です。残業があって当たり前という風潮の会社からは想像もできないかもしれませんが、残業をしている方が「おかしい」という感覚をもっています。

そのような会社に転職すると、効率の良い仕事ができ、先の見通しを立てながら計画的に仕事を進めていけるのです。

 

心身の健康を確保することができる

長時間勤務は、あなたの心と体にストレスを蓄積させてしまいます。長時間勤務による過労死も増えており、社会問題になっているのを、あなたもご存知でしょう。残業時間が100時間を越えるような企業も珍しくはなく、「周りもそうだから、やらなくちゃ…」という気持ちで苦しみながら働いている人が大勢います。

残業が多い会社は、「それが当たり前」だと思っており、社員を馬車馬のように働かせます。先輩社員や上司も、「俺たちはこれでやってきた」と、あなたにも長時間残業を強要するのです。大企業の「電通」でも、若い女性が長時間労働を苦に、自殺するという痛ましい事件がありました。

この女性の残業時間は、月130時間を超えていたそうです。この事件を受けて、政府は長時間勤務に対する対策を企業に通達していますが、実際には全体として何も変わっていないというのが現状でしょう。長時間勤務をする会社は、依然として残業も多く長時間勤務を強要します。

その雰囲気をあなた1人の力で変えることは不可能に近いことでしょう。最も確実に残業時間を減らすのは、残業の少ない会社に転職することです。残業が少ない会社は、「なるべく残業をしない」という雰囲気が社内にあるため、残業をするのは緊急時やどうしてもやらなくてはいけない仕事が残っているときだけになります。

 

残業するのは当たり前のことではない

残業が多い会社で働いていると、「残業するのは当たり前」という感覚になってきます。しかし、残業するのは当たり前のことなのでしょうか?そもそも、残業というのは、通常業務でできなかった残りの業務を行うことです。仕事の時間内に業務が終わっていれば、残業をしなくても良いはずです。

残業が多い会社は、その認識が曖昧で、勤務時間が終わっても通常の仕事を続けてしまいます。「周りが帰っていないから、自分も帰れない」という雰囲気の中、明確な区切りがなくずっと仕事を続けているのです。

もちろん、どうしてもやるべき仕事があるときは残業も仕方がありませんが、毎日当たり前のように残業をして、ストレスを溜め続けるのは問題でしょう。残業したとしても1時間程度に抑えられるのがベストです。

月に20~30時間の残業でも多いと感じる人もいるかもしれませんが、月に80時間や100時間残業をしている人から比べれば遥かにマシと言えます。「残業して当たり前」という会社であなたが働いているならば、残業が少ない会社に転職することを検討してみましょう。

毎日残業なのはおかしい?疲れてストレスが限界に達したときにおすすめの行動を紹介 この記事では、公的機関・転職サイトの情報を用いて毎日残業することがおかしい理由、毎日残業が当たり前になっている会社の特徴...

給料が高くて残業が少ない会社も存在する

長時間残業をせざるを得ない企業は、人手が不足している傾向にあります。人手不足で仕事が回らないために、残業や休日出勤が増えていくのです。そのような会社では、社員が定着しません。社員が定着しないために、慢性的に人手が足りず、社内の雰囲気も悪くなり、人間関係がギスギスしている会社も多いです。

また、サービス残業があったり、みなし残業として固定給に残業代が含まれているような企業は、給料が安いでしょう。給料が安いのに、長時間労働でヘトヘト…。「こんなに働いているのに!」とあなたが思うならば、今すぐ転職をした方が良いはずです。

残業が少ない、かつ給料が多い企業というのは実際に存在しています。あなたが心身をすり減らして、苦しみながら働いているにも関わらず、9時出社~17時退社であなた以上の給料をもらっている人が大勢いるわけです。平日の17時~18時に電車で帰宅しているサラリーマンはたくさん見ることができます。

彼らは早めに帰宅して、家族との時間を大切にしたり、趣味を楽しんだり、読書や映画を見たり、ゆっくりとTVを見ながらお酒を飲んでリラックスしているのです。

「不公平だ!」と思うのも無理はありませんが、給料が高く残業が少ないという、とても満足できる環境は、転職することで手に入ります。とは言っても、そのような会社を見つけるためにはコツがあるため、次の章で詳しく説明しましょう。

 

残業が少ない会社に転職するためのコツ

残業が少ない会社に転職するためのコツ

あなたが残業ばかりの会社で「もう限界だ!」と感じているならば、転職することで新しい環境を手に入れることができます。では、残業が少ない会社に転職するためにはどうすればいいのでしょうか?残業が少ないと求人票に書いていても、入社してみるととても残業が多い会社だった…ということもあります。

また、残業代が出なかったり、みなし残業として固定給に残業代が含まれているケースもたくさんあるため、しっかりと企業を見極める目を持つことが大切です。ここからは、あなたが残業が少ない会社に転職するためのコツを紹介します。

 

「みなし残業」の会社は避ける

まず最初に気をつけておきたいことは、「みなし残業」の会社は避けた方が良いということです。みなし残業制度は、あらかじめ給料に決められた時間数の残業分が含まれているため、その時間分までは残業をしても残業代が支払われません。

企業によってみなし残業の時間は月30時間だったり、月45時間だったりとバラバラですが、その残業を織り込んだ給料なので、ほぼ確実に残業が多くなると思っていた方が良いでしょう。みなし残業制度を取っている会社は、基本的に残業代を払いたくない会社です。

ですから、みなし残業分の残業時間を越えると、勤怠の時間を書き換えるように命令されたり、みなし残業時間を超えているのに残業代が支払われない悪質な企業もあります。そして、みなし残業時間内に残業が終わることはなく、際限なく働かされることが多いです。

「みなし残業」の他にも、「固定残業代制」「裁量労働制」という形を取っている企業には注意しましょう。これらの制度では、残業をいくらしようと残業代が増えません。残業代を請求しようとしても、うやむやにされてしまうことがほとんどでしょう。

これらの会社を避けるには、求人票をしっかりと確認することが大切です。しかし、なかには求人票に書いていない会社もあるので、入社前に渡される雇用契約書をきちんと確認するようにしてください。

 

残業が嫌なら、小売業や飲食業は避けた方が無難

小売業や飲食業は、残業がとても多い傾向にあります。残業をしたくないなら、小売・飲食の業種は避けたほうが無難でしょう。小売業、飲食業は、何年か働くとすぐに管理職(店長)に昇進させられ、残業代なしで働かされることになります。

管理職である店長になると、残業代を払わなくてよいため、ボロボロになるまでこき使われてしまうのです。店長と言っても、実際は「名ばかり店長」で、会社にとっては体よく使える駒のひとつに過ぎません。残業時間が100時間を越えることもざらで、寝る暇もないくらいに働かされます。

「店長手当」など、何らかの手当はあるかもしれませんが、残業代は一切つきません。毎日長時間残業をさせられているのに、ちっぽけな手当では割に合わないでしょう。

ショップ店長、飲食店店長は、店員のマネジメントや開店準備、閉店処理、後片付け、お客様のクレーム処理など、責任のある仕事をひとりでこなさなければいけません。立場は店長として一番上のはずですが、実際には安い給料で会社にコキ使われ、長時間残業をしても残業代が出ません。

また、年間休日も少ないため、プライベートな時間を確保できないでしょう。もちろん、それでも情熱を持って仕事をしている人もいるはずですが、あなたが「残業が少ない会社がいい」と思っているならば、小売や飲食などサービス系の業種は避けた方が無難です。

 

営業職も残業が多い

一般的に、営業職は残業が多い傾向にあります。営業職は、顧客の都合を優先させなければいけないため、夜間に移動したり、顧客対応の後に深夜まで事務処理をすることが多いです。

出張が多くなれば、必然的に移動時間や宿泊日数も多くなりプライベートな時間も取れないでしょう。また、残業と認められないことも多く、残業代が出ないこともあります。残業が当たり前のワークスタイルになりがちなため、残業をしたくない人は、営業は避けたほうが良い職種と言えます。

 

体育会系企業を避ける

残業が多い会社が嫌なら、体育会系の企業は避けた方が良いでしょう。「残業をすればするほど、仕事ができるとみなされる」「仕事の効率よりも、気合と根性で乗り切ろうとする社風」このような会社は要注意です。

「残業してでも結果を残せ!」というような体育会系の企業に入社してしまうと、あなたは精神的にも肉体的にもボロボロにされてしまうかもしれません。事前に社風を見極めて、体育会系の企業は避けるようにしましょう。

企業の社風を知るためには、面接の際の雰囲気や、企業サイトの社長メッセージ社員インタビュー求人票のPRポイントなどを細かくチェックします。または、企業のリアルな口コミが分かる「キャリコネ」などのサービスを利用するのもひとつの手です。

▼関連記事

体育会系の会社を辞めたい…。体育会系企業が「合わない」「馴染めない」なら転職した方が幸せになれる

 

残業が少ない職種を選ぼう

残業の多さ、少なさは職種によっても変わってきます。あなたが残業が少ない会社を希望するなら、残業の少ない職種を選ぶことも検討してみましょう。以下の3つの職種は、一般的に残業が少ないです。

  • 事務職
  • 工場作業員
  • ルート営業

 

事務職

事務職は総務や経理、一般事務などがありますが、総じて言えるのはノルマがなく毎日の業務が決まっているので、残業が少ないということです。顧客の管理や新規開拓をする必要がないため、自分のペースで仕事ができるのが事務職のメリットと言えます。

ただし、事務職は派遣社員や契約社員で補うことも多いので、正社員の事務職は競争率が高くなります。男性で事務職となると、経理の資格を持っているか、英語力を活かして貿易事務を狙うといった戦略が必要でしょう。

経理職でも、未経験であればなかなか採用は厳しいかもしれません。経験者が有利になることも多いからですが、キャリアや資格をアピールできれば可能性はゼロではありません。狙い目は、税理士事務所や会計事務所です。

結婚や妊娠で辞めてしまう女性が多いので、長く勤めてくれる男性を求めている税理士事務所、会計事務所が意外とあります。簿記2級の資格を取れれば、採用のチャンスは大いにあるでしょう。

 

工場作業員

工場の仕事は、一日の生産計画が決まっているため、定時で上がりやすいのが特徴です。特に、大手の工場ですと、管理体制がしっかりしているため、定時上がりが基本です。福利厚生も整っており、休日も暦通りにきちんとあるので働きやすい環境が整っています。

工場作業員の場合、みなし残業制度にできないため、残業がある場合は残業代がしっかりともらえます。そのため、「なるべく残業をしない」という方針で働けるので、残業がほとんどなく、あったとしても月20時間以内に収まることがほとんどでしょう。

ただし、小さな工場だと、人数が少なくて忙しく際限なく働かされることもあるため、大手の工場を狙うことをおすすめします。

 

ルート営業

営業職は残業が多いということを先述しましたが、「ルート営業」は例外です。ルート営業は、訪問する客先が決まっているため、時間配分をつけやすく残業することなく帰宅できます。特にオススメなのが、BtoBの法人向けルート営業です。

すでに顧客とのつながりがあるため、新規顧客開拓のノルマもなく、ルーチンワークで仕事に取り組めます。また、すでに太い顧客を掴んでいる会社はホワイト企業が多いため、福利厚生も整っている傾向にあります。もちろん、トラブル対応などで残業があることもありますが、営業の中でも圧倒的に残業が少ないのが法人向けのルート営業です。

 

求人票を慎重に確認しよう

残業が少ない会社に転職したいのであれば、求人票をしっかりと確認して、慎重に確認するべきです。まず、具体的に給料や年収が書かれているかどうかをチェックしましょう。曖昧な表記で書かれている場合は、その給料に残業代が含まれている可能性があります。たとえば、

  • 月給22万円~
  • 年収300万円~400万円
  • 残業についての記載がない

といったように、曖昧に書かれていたり、残業についての記載がない会社は、要注意です。給料・年収や残業の有無を具体的に書いている求人を選ぶようにしましょう。どうしても分からないという場合は、企業に直接聞いてみても良いです。

残業がどれくらいあるのか、ということは面接の際に企業に直接聞いても全く問題ありません。その際に具体的に教えてくれず、はぐらかすような会社は避けたほうがいいでしょう。直接聞くときは、聞き方に注意する必要があります。

「残業するのが嫌だから、残業の有無を教えてくれ」という態度で聞いてしまうと、仕事自体が嫌いだという印象を持たれてしまうので、「残業すること自体は構わない」という前提で聞くことが大切です。

 

求人票には嘘も多いことを心得る

いくら求人票の記載に気を付けていても、実際に入社してみたら残業だらけ、サービス残業を強要させられるということもあります。求人票に「残業なし」「残業少なめ」「残業月○時間以内」と書かれているにもかかわらず、守られていない企業は多いのです。

私も「残業月10時間以内」と記載された求人を信じて転職した会社で、月100時間以上の残業を強いられたことがあります。完全に求人票に嘘の記載をしているわけですが、正社員として雇われている以上、会社のやり方に従うしかありませんでした。

結局、体を壊して退職するハメに…。このときは、ハローワークで見つけた求人でしたが、特にハローワークの求人にはこのような会社が多い傾向にあります。慎重に会社を選んだつもりでも、求人票だけでは企業の内部事情までは分かりません。

では、一体どうすれば、優良かつ残業の少ない会社に転職することができるのでしょうか?

 

転職エージェントに相談する

自分ひとりの力だけで、実際に残業の少ない会社を見分けるのは困難です。求人票に書かれた残業時間や、面接で言われたことだけを鵜呑みにすると、転職に失敗してしまう可能性があるでしょう。

そのような企業の内部事情を知るには、転職エージェントに相談することが一番の解決法になります。転職エージェントは、企業内のさまざまなデータを保有しており、正確な残業時間や離職率を把握しているのです。また、企業の人事部ともつながっているため、あなたに合った適切な求人を紹介してくれます。

「残業が少ない会社で働きたい」と希望を伝えれば、厳選した求人をあなたのためだけに選んでくれるでしょう。1人で転職を成功させるのは、かなりの手間と努力を要しますが、転職エージェントを活用すれば、手厚いサポートを受けながら転職活動に臨めるのです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。