転職コラム

転職するか「迷い・悩み」があるときに決断するためのポイントとは?

転職の「迷い」が晴れる「決断」のためのポイントとは?

転職したい、退職したいと思っていても、さまざまな迷いが出てきてしまうものです。

「転職したいけど、失敗したらどうしよう…」
「今の安定した職場を捨てて、転職していいのだろうか…」

など、実際に転職を考えるとなると、決断できない…と感じているかもしれません。このような悩みを抱えたまま、ズルズルと今の会社で働き続けている人もいらっしゃることでしょう。

しかし、本当にそのままでいいのでしょうか?あなたは、今の会社で働き続けることに不満があるから、転職を考えているはずなのです。

そのまま現在の会社で働き続けても、後悔だけが待っているかもしれません…。そこで今回は、転職の「迷い」「悩み」が晴れる「決断」のためのポイントを解説します。

\まずはプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職への決断を阻む「迷い」「悩み」とは?

あなたの転職への決断を阻む「迷い」とは?

転職というのは、その決断によって人生が大きく変わる話ですので、ああでもないこうでもないと色々悩むことになるのは仕方がないことかもしれません。

確かに現在の会社にそのまま在籍していれば、日常生活に何の変動も起きないはずなのに、なぜあえて今の会社を出て行くのか、自分でもわからなくなることもあるでしょう。

特に、初めて転職しようという方は、迷うのは当然だと思います。ここからは、転職に際して発生する「迷い」「悩み」についてお話します。

  1. 初めての転職の場合
  2. 仲間意識と忠誠心
  3. 周囲からの反対
  4. 新しい環境でやっていけるか不安
  5. 年収
  6. 自分が転職できるかどうかがわからない

 

初めての転職の場合

初めての転職においては、さまざまな不安が交錯します。

果たして職場に溶け込めるのか、良い人間関係を構築できるのか、実績を出して期待に応じられるのか、あるいは、一度転職すると癖になって転職を何度も繰り返してしまうのではないか、と次から次へと悪い方に考えてしまいがちです。

私自身の経験を振り返ってみても、初めての転職というのはとても勇気がいるものです。

しかし、決してあなた一人だけが悩んでいるわけではないのです。私の最初の転職についてお話すると、私自身、転職を決断するまでには大変悩みました。

職場内で上司とソリが合わず、他の会社に移って一からやり直したいと思ったのです。それでも、実際に転職に踏み切るまでは、転職を思い立ってから約1年ほどかかりました。

迷いをなかなか立ちきれなかったわけです。最終的には思い切って転職を決断しましたが、「もっと早く転職しても良かった」と今となっては思います。転職して視野が広がりましたし、新しい職場での人間関係にも満足しています。

▼関連記事

転職したいけどまず何から始めればいいの?初めての転職の不安を解消する転職講座

 

仲間意識と忠誠心

転職する際に、最終段階で悩まれることの一つに、今いる職場の仲間と離れ難いという点がある人もいるかもしれません。今の会社に不満はあるけれど、人間関係は概ね良好で仲間は好きだったという場合です。

特に10年以上1つの企業に勤めてきた30代後半の人には企業の中で長期にわたり培ってきたものがあり、その会社を離れることに恐怖心を抱く人もいます。

転職とは、今までと違う環境に身をおいて自分自身を試す、言うなれば「他流試合」のようなものです。

それをあえて経験するかどうかは個人の判断によりますが、異なる環境で新しい仕事を経験することは、当然自分の視野が広がることにつながります。

また、成果主義の時代に対応していくためにも、いろいろな環境で仕事を経験することが、キャリアアップにつながることは間違いありません。

もちろん現在勤務している会社を離れることによって、これまでの仲間との今までどおりの付き合いはなくなってしまうでしょう。

しかし、あなたが築いた人間関係のネットワークは、あなたの努力次第で今後も間違いなく続いていきます。現在のものを失わずに新しいものを得ることは、難しいことです。

新しいものを得るためには、何かを失う勇気を持つことが、転職には必要不可欠なのです。

▼関連記事

会社を辞めたいのに転職する勇気が出ない人へ贈る20の言葉

 

周囲からの反対

転職を自分で決断し、退職の意思を会社に伝えると、当然退職に反対する人が出てきます。これは、あなたが今の職場で活躍していることの裏返しであり、至極当たり前のことであると真摯に受け止めましょう。

執拗な引き留め、反対意見もあるでしょうし、上司や担当役員から「君には将来こんなポジションを用意するよ」といった美味しい話も出てくるかもしれません。

私自身、転職する際には、いろいろな引き留めがありました。その引き留めによって心がくじけそうになることもありました。

退職日が近くなっても上司から、「本当にやめていいのか。今からでも遅くないから考え直さないか」と言われ、心が揺れ動き、かなり悩んでしまったのも事実です。

しかし、いったん退職の意思を伝えて覚悟を決めたら、後はどんなに引き留めがあったとしても、退職に突き進むのが肝心です。

なぜなら、仮にあなたが退職を思いとどまったとしても、あなたに転職の意思があったことが周囲に認識として残ってしまうからです。これは襲来的にプラスの評価にはつながりません。

会社の内部では「転職の騒ぎを起こしておいて何を考えているんだ」と思う人もいるでしょうし、結局はあなたの評価を下げることになってしまいます。

ですから、転職の最終決断を自分でする前には、家族は別として職場をはじめとする周囲には決して退職の意思を漏らさない方が良いのです。

会社に退職の意思を伝えるのは、あくまでも転職の最終手段の上に成り立つものと心得て、慎重に対応しましょう。

 

新しい環境でやっていけるか不安

転職すれば仕事内容も人間関係もガラッと変わります。あなたが転職を迷われているのは、こうした新しい環境に馴染めるかどうかが不安なのかもしれません。

新しい環境に飛び込むのは結構勇気がいりますよね。しかし、新しい環境は慣れた環境で働くのとは違い成長できる機会も増えるものです。特に人間関係が不満で転職を考えている方は、新しい環境で一からやり直すチャンスを得られると考えてみてください。

 

年収

転職の際には、やはり年収が気になることでしょう。しかし、心に留めておいてほしいのは、これからは必ずしも年収アップしない可能性がある、ということです。

今までは、転職するのであれば年収アップしなければ意味がないといった意見もありました。ですが今の時代では「転職=年収アップ」ではありません。

このような流れの中、仕事の内容を優先して、年収が横ばいないしは多少ダウンしたとしても転職をする人が増えてきました。

年収アップを前提に転職を考えている人は、即戦力として、周囲からの期待度が高いことを認識しなければなりません。すなわち、あなたを採用する企業側としては、年収アップを約束するだけ、あなたに期待するものが大きいのです。

この点を謙虚に受け止めていないと、転職後に期待通りの結果が出せない場合に、採用した側の思惑を裏切る結果となってしまいます。

年収には結果が問われる時代です。年収がアップしたとしても、1、2割アップないしは横ばいベースで転職したほうが、転職後にも余計なプレッシャーを感じない状態で仕事に取り組めるでしょう。

転職後を長い目で捉えれば、年収が多少ダウンしたとしても、転職後に結果なり成果を出して年収をアップさせていったほうが賢明といえるかもしれません。

 

自分が転職できるかどうかがわからない

今の仕事を辞めて転職しようかどうか迷っているけれど、転職が成功するかわからず迷っている場合もあります。自分に自信がなく、今よりもいい会社に転職できるかどうかがわからないのです。

自己PRなどを考えると、どうアピールしたらいいかわからず途方に暮れてしまいます。そのような場合は、転職エージェントに相談するとスムーズに転職活動をすることができます。転職エージェントから客観的なアドバイスをもらうことで自信がついたという人は多いです。

\まずはプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職を決断する理由・ポイント

転職を決断する理由

実際に転職した人は、どのような理由で転職しているのでしょうか。今の会社を辞めて転職したいと思ったことは、働いている会社に何かしらの不満を感じているからでしょう。

転職をするにも決断を迷っている人は多いもの。その人達が、迷った末にどのような理由で決断したのかを見ていきましょう。

  1. 社風が合わない
  2. 人間関係が悪い
  3. 仕事内容が合ってない
  4. 評価してくれない
  5. 労働環境に不満がある
  6. 給料が悪い
  7. 将来性がない

 

社風が合わない

働いていながらも、「社風が自分と合わない」と感じながら働いている人もいます。社風というのは、会社の雰囲気のことですね。

  • 職場の空気が重い
  • 体育会系の体質が合わない
  • 有給が取りづらい
  • 精神論が多い
  • 気合で全て乗り切れると思っている
  • 会社の体質が古い

など、社風が合わないという退職理由です。社風というのはそう簡単には変わりませんから、転職してしまった方が早いと考える人も多いのかもしれません。

 

人間関係が悪い

職場の人間関係がうまくいかず転職するという人はとても多いです。仕事は何かしら人と関わらないとやっていけませんから、人間関係は大事な項目になりますよね。

苦手な人や合わない人がいると、仕事のやる気やモチベーションにも関わってきます。逆に言えば、人間関係が良い職場なら、多少の嫌なことがあっても乗り越える気持ちが出てきます。

 

仕事内容が合っていない

自分に向いていない仕事をすることほど、苦痛なことはないはずです。合わない仕事を長年続けるのはストレスが大きいですよね。

「この仕事は自分に向いていない」と感じるならば、転職することで自分に合う仕事に出会えるかもしれません。

 

評価してくれない

いくら努力しても正当な評価がされない場合に転職を決断する人が多いようです。資格を取得したり、業務改善を行ったり、会社のために貢献しているにもかかわらず評価されないとやる気を失ってしまいます。

「もっと自分を評価してくれる会社に転職したい」と思うのは当たり前のことでしょう。

 

労働環境に不満がある

労働環境に不満を感じて転職を決断するケースです。長時間労働や、残業が多いなど、プライベートを犠牲にして働かないといけない職場では疲労が大きく続けていくことが難しくなります。ストレスを発散する時間がなく、精神的に参ってしまう人もいます。

 

給料が悪い

労働量に対して給料が見合わないため転職を決断するケースです。一生懸命働いているのにも関わらず、給料が少ないと不満が溜まっていきますよね。

同じ職種であっても、会社によって給料の差があります。より良い条件の会社に転職したいと思うのは普通のことですよね。

 

将来性がない

会社の将来性に不安を感じると、転職して今の環境から抜け出したいと感じる人が多いです。最悪の場合、会社が倒産し路頭に迷う可能性もありますよね。

また、将来性のない会社では社内の雰囲気が悪いことが多いです。ボーナスや退職金がカットされる会社もあり、ますます雰囲気が悪くなっていきます。

 

転職を決断する前に考えるべきこと

転職を決断する前に考えるべきこと

一時的な感情だけで転職してしまっては、後悔してしまう場合もあります。転職によってあなたの人生は大きく変わる可能性もありますから、「本当に転職をしていいのか」を今一度冷静に考えてみる必要があるでしょう。転職を決断する前に、以下の項目について考えてみてください。

  1. 家族に話したか
  2. 一時的な感情ではないか
  3. ある程度の貯金はあるか

 

家族に話したか

反対される可能性を考えて、家族に話さずに転職する人もいます。「転職してから話せばいいや」と軽く考えていると、家族関係を崩壊させてしまう危険もあります。

「そんな大げさな…」と思う人もいるかもしれませんが、あなたの転職によって、家族の人生にも影響があります。家族だけには必ず話しておくべきでしょう。

また、家族に話せるということは、あなたがそれだけ本気だという証拠です。家族を説得できるくらい本気でないと、転職を成功させることは難しいかもしれません。

▼関連記事

転職するなら家族には相談しておくべき!反対されたら?どのタイミングで報告する?

 

一時的な感情ではないか

「仕事を辞めたい」と思うことは、誰にでも少なからずはあります。その感情が一時的なものか、本当に不満を抱えて出てきた感情なのかを見極めなくてはいけません。

どんな仕事にもそれなりの辛さはあるものです。一時的な感情に任せて転職してしまうと、後悔することになるでしょう。転職先でも同じ状況に遭遇する可能性はあります。

そのときにまた「仕事を辞めたい」と思ってしまったら、転職を繰り返すことになってしまいます。あなたの不満が今の会社で解消できない場合に、転職を考えましょう。

 

ある程度の貯金はあるか

会社を辞めて転職活動する場合、ある程度の貯金がないと経済的に困る場合があります。失業保険には、「自己都合」で辞めた場合、3ヶ月間の待機期間があり、その間は失業保険が支給されません。

ですから、最低でも3ヶ月間の生活費は貯めておかなければいけないでしょう。現在貯金がない方は、ボーナスをもらってから辞めるという方法もあります。

いずれにせよ、転職活動をするにも生活費が必ず必要です。家賃、光熱費、携帯代などの支払いは待ってはくれません。ある程度の貯金は絶対に確保しておきましょう。

\まずはプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

すぐに転職した方が良い場合

すぐに転職した方が良い場合

転職にはある程度の覚悟が必要です。一時的な感情か、本当に転職したいかどうかを冷静に見極める必要があるでしょう。しかし、そのようなことを言っていられない状況というのもあります。

「すぐに転職したほうがよい」と思われる状況です。例えばあなたが「精神的にもう限界だ」と感じていたり、出勤しようとすると吐き気がして気分が悪くなるといった状況なら、すぐに会社を辞めることを考えたほうがいいでしょう。

パワハラを受けていたり社内でいじめにあっている場合は、もうその会社にいる意味はありません。我慢して働き続ければいずれ精神的な限界が来ます。

有給休暇を使って長期の休みが取れるならまず休むべきです。もしくは、鬱のような症状が出ているならば心療内科にかかるべきでしょう。

あなたがそのような状況に陥ってしまう前に、転職をして環境を変えることで救われるケースもあります。あなたの心のSOSに耳を傾けてください。

転職して今の会社から離れることで気持ちが楽になるのなら、転職はあなたにとってベストな選択となります。転職活動に不安を感じる人もいるかもしれませんが、転職をサポートしてくれる「転職エージェント」を利用するなど、賢く転職活動を進めてください。

 

「迷う」「悩む」のは転職を望んでいるからかもしれない

「迷う」のは転職を望んでいるからかもしれない

あなたは今、転職を迷われているかもしれません。転職の決断は、なかなか簡単にはいきませんよね。なぜなら、あなたの心の中に、何か決断できない理由があるからです。

今の会社に不満があっても、その不満を押し殺しながら働いている状況かもしれません。「転職したい」「会社を辞めたい」と思いながらも、今の現状のまま時間が過ぎてしまっているのです。

あなたにとって、転職することで変えたいことは何でしょうか?転職によって人生は大きく変わります。なぜなら、働く時間というのは人生の大半を占めるからです。より良い環境で働くことで、あなたは今よりもスッキリとした気持ちで人生を送れるようになります。

あなたの心の中で「迷うくらいなら、まだ転職するべきではない…」という気持ちがあるのかもしれません。しかし、迷っているということは、あなたが転職を望んでいることの証拠でもあるのです。

何故そう言えるのかというと、転職に対してあなたが少しでも希望や魅力を感じていなければ、転職について考え、迷うことはないからです。

あなたが迷っているのは、実は転職を望んでいるからなのだということを理解しましょう。あなたは、今の会社で働き続けて本当に幸せになれるのでしょうか?一度きりの人生です。後悔しないように、自分の気持ちに正直に行動した方がいいのではないでしょうか。

もちろん、転職したからといって、すべてがバラ色になるとは限りません。転職に失敗して後悔する可能性も、ゼロではありませんよね。

それでも今のあなたにとって転職がベストな選択肢であるならば、今以上の良い会社を求めて転職活動を開始しましょう。

 

最後は自分で決断することが大切

最後は自分で決断することが大切

自分で決断することは、これまで転職経験がない方にとっては怖いことだと思います。それは当然のことです。胸を張って、思い切りよく転職しますという方も中にはいるでしょうが、少数のはずです。

職場で人間関係に悩んだり、仕事がうまくいっていない状態のときには転職を考えるものですが、果たして転職しても今の状態が改善されるかどうかは不安でしょう。

いざ転職しても問題が解決されず、再び転職を繰り返すのではないか、といった不安もあるのではないでしょうか。しかし、自分なりに現在の職場でベストを尽くしても問題が解決しない状態であれば、転職を視野に入れることが大切です。

もし現在の職場でいろいろと試行錯誤して問題解決を図る努力をした上で解決しないのであれば、あなたは不安を乗り越えて転職を決断するべきなのです。

皆、恐怖を乗り越えて転職しています。新しい世界に入っていくとき、ああでもないこうでもないと悩むのは、当たり前のことです。しかし、最終的には勇気を振り絞って、あなた自身で決断しなければなりません。

自分の気持ちを、最後まで素直に信じてください。思い切りましょう。自分を信じて一歩踏み出すことで、初めて新しい人生が開けていくのです。

本当に転職していいのか迷っている人が取るべき行動を3つ紹介|転職が決断できないときは覚悟を決めよう! この記事では、本当に転職していいのか迷っている方が理解すべきことから、転職を決断できない理由、迷ったときに取るべき行動ま...

迷っているのに決断を遅らせれば、一生後悔するかもしれない

迷っているのに転職しなければ、一生後悔する

あなたは、今の会社に不満があるから転職を考えているわけです。それなのに、今の会社で働き続ければどうなるでしょうか。少し想像してみてください。

会社に行けば毎月給料がもらえるのですから、生活に困るということはないでしょう。しかし、あなたが不満を抱えたままトボトボと足を引きずって毎日辛い思いをして出社しても、心が満たされるわけがありません。

心を殺して今の会社にしがみつく生き方も、それはそれでひとつの選択と言えるのかもしれませんが、あなたは本当にそれでいいのですか?

転職は、年齢を重ねれば重ねるだけ難易度が上がっていきます。転職が難しい年齢になってから、「やっぱりあの時、勇気をもって転職しておけばよかった…」などと後悔しても遅いのです。

仕事のやりがいも楽しさもなく、苦痛だけを感じながら働き続けるよりは、思い切って転職し、新しい環境に飛び込んだ方が希望があります。

「転職に失敗するのが怖い」

とあなたは言うかもしれません。でも、今の会社で苦痛を感じながら働き続けて一生後悔する方が怖くありませんか?

転職に失敗しないとは、残念ながら言い切れません。特に、転職活動では、転職先が本当に良い会社なのかを見極めることは困難だと言えます。

では、あなたの希望条件に合う優良企業の求人を見つけるには、どうすればいいでしょうか。一番確実な方法は、転職エージェントを利用することです。転職エージェントを活用すれば、自分ひとりでは困難な転職活動をサポートしてもらえます。

\まずはプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。