転職エージェント

マイナビジョブ20’sの退会方法を徹底解説|退会するときに気をつけるべきことを紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
マイナビジョブ20’sの退会方法は?

マイナビジョブ20’sは簡単に退会できるので、「もう使わない」「メールがわずらわしい」という場合は退会してもよいでしょう。

しかし、マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒の転職サポートに強いため、理由によっては退会しないほうがいい人もいます。

当記事では、マイナビジョブ20’sの退会方法と退会しないほうがいい理由について紹介します。マイナビジョブ20’sが合わない人は、後半で紹介する転職エージェントの利用がおすすめです。

マイナビジョブ20’sの退会方法は?

マイナビジョブ20’sの退会方法を紹介します。

マイナビジョブ20’sの退会方法
  • STEP1
    退会フォームから手続き
    マイナビジョブ20’sの退会フォームを開きます。
  • STEP2
    必要事項の入力
    氏名・住所・電話番号・メールアドレス・退会理由を入力、送信します。
  • STEP3
    退会完了の連絡
    退会内容が確認されると、手続きは完了です。稀に、退会確認の連絡がくる場合があります。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退会確認の連絡を無視しないようにしましょう!

マイナビジョブ20’sは本当に退会するべきか?理由別に解説

マイナビジョブ20'sは本当に退会するべきか?理由別に解説

マイナビジョブ20’sの退会を検討したとき、「本当に退会すべきか?」を理由別に解説します。

  • 別の転職エージェントを利用したくなった
  • 担当者との相性が合わない
  • 転職先が決まったので必要なくなった
  • マイナビジョブ20’sに紹介できる案件はないと断られた

転職エージェントは併用するのがよいため、基本的に退会はおすすめしません。それぞれ解説するので、自身の状況を踏まえて再考してみてください。

別の転職エージェントを利用したくなった

転職エージェントは複数登録OKなので、「別の転職エージェントを利用したい」という場合は、マイナビジョブ20’sを退会する必要はありません。実際に、多くの転職者が複数の転職エージェントを利用しています。

転職経験者の7割以上が、複数の転職エージェントを利用しています。複数登録すれば出会える企業の幅が広がるため、転職成功率アップも期待できます。

転職エージェントは複数掛け持ちした方がいい?複数の転職エージェントを使うメリット・デメリットを紹介 転職エージェントを使って転職を成功させた方の多くは、複数のエージェントを利用しています。 内定状況 転職...

担当者との相性が合わない

転職エージェントには、熱血・ドライなどさまざまなキャリアアドバイザーがいます。転職者との相性の良し悪しもあるため、「相性が合わないから退会したい」と考えることがあるかもしれません。

しかし、担当者と合わないからと言って退会する必要はありません。なぜなら、マイナビジョブ20’sは担当者を変更できるからです。担当者の変更を直接伝えにくい場合は、問い合わせフォームを利用しましょう。

登録情報(メールアドレス・氏名・担当者など)を入力し、変更を申し出ます。またどうしても担当変更しにくいなら、別エージェントと併用しましょう。複数の転職エージェント・担当者を利用すれば、特定の担当者が気にならなくなる可能性があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
マイナビジョブ20’sの独占求人もあるので、退会するのはもったいないです!
マイナビジョブ20'sの面談の流れや特徴について徹底解説|実際に面談を受けた人の口コミも公開 マイナビジョブ20'sは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントの一つです。この記事では、マイナビジョブ20'sの面...

転職先が決まったので必要なくなった

「転職先が決まって転職エージェントの登録が必要なくなった」と退会を考えている方の中で、今後も転職の可能性がある人は退会不要です。

しかし退会しなければ、マイナビジョブ20’sから「求人紹介」の連絡がきます。そのため、電話・メールがめんどくさいと感じるかもしれません。その場合は一度退会しましょう。

退会してももう一度登録できるので、安心してください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ただし再登録はめんどくさいので、退会せず置いておくのも1つの手です。

マイナビジョブ20’sに紹介できる案件はないと断られた

「マイナビジョブ20’sに紹介できる案件はないと断られた」という口コミが一部存在します。このような場合は、入っていても仕方がないので退会しましょう。

iさん(年齢不明)

サポートを断られた

2022.01.29

マイナビジョブ20sもやんわりサポート断られた。
現実厳しすぎてきえてぇ
引用:Twitter

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒に特化した転職エージェントですが、職歴が浅すぎると、求人紹介を断られるケースがあります。

待っていても仕方がないので、あなたに合った転職エージェントに登録しましょう。第二新卒エージェントneoなら、経歴が浅くても「若年層人材を求める企業」と出会えるはずです。

マイナビジョブ20'sに断られたときの対処方法|マイナビジョブ20'sに断られるケースを紹介 「マイナビジョブ20'sを使おうとしたら断られた!」という経験をされた人もいるのではないでしょうか。いざ転職活動をはじめ...

マイナビジョブ20’sは再登録できるのか?

マイナビジョブ20'sは再登録できるのか?

マイナビジョブ20’sは、退会後でも再登録できます。マイナビジョブ20’s公式HPから、初回と同じように会員登録を済ませましょう。

再登録だからといって、特別な手続きはありません。あくまでも新規会員登録となるので、個人情報や職務経歴を1から入力する必要があります。

マイナビジョブ20’sを退会する際に気をつけるべきこと2つ

マイナビジョブ20'sを退会する際に気をつけるべきこと2つ

マイナビジョブ20’sを退会する際、気をつけるべきことを紹介します。

  • 再登録できるがログイン情報や個人情報はすべて削除されるので気をつける
  • 選考途中の企業がある場合はコンサルタントに理由をしっかりと伝える

それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

再登録できるがログイン情報や個人情報はすべて削除されるので気をつける

マイナビジョブ20’sは再登録できますが、正直めんどうです。ログイン情報や個人情報は退会時に削除されているので、すべて入力しなおす必要があります。

そのため、メールや電話の着信がわずらわしくない場合は、退会しないのがおすすめです。また「転職を休憩したい」と考えたときは、退会ではなく「一旦休止」にしましょう。担当者に連絡すれば、求人紹介を一定期間ストップしてくれるはずです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
退会する際は、「すべての情報が削除される」という点を理解しておきましょう。

選考途中の企業がある場合はコンサルタントに理由をしっかりと伝える

マイナビジョブ20’sの退会を決めたとき、選考途中の企業がある場合は必ず「退会する理由」をコンサルタントに伝えましょう。選考途中の突然退会は、コンサルタントへの迷惑になるほか、今後マイナビジョブ20’sを利用できなくなる可能性があります。

企業間での個人情報の共有(いわゆるブラックリスト)は法律で禁止されていますが、同エージェント内であれば「要注意人物」として記録が残るケースは多数あります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
お互い納得した上であれば、改めて転職活動を行うときにマイナビジョブ20’sを使えます。

マイナビジョブ20’sにお世話になった人が退会前にすべきこと

マイナビジョブ20'sにお世話になった人が退会前にすべきこと

マイナビジョブ20’sに面談や選考でお世話になった人は、退会前にキャリアアドバイザーにお礼を伝えましょう。マイナビジョブ20’s経由の人はもちろん、別エージェントで内定が決まった人も同様です。

キャリアアドバイザーのほとんどは、転職成功を素直に喜んでくれます。退会時は、失礼にならないような態度を心がけてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
キャリアアドバイザーも人なので、誠意のある態度をとれば、再利用の際に求人を優先的に紹介してくれるはずです。

内定をもらったらすぐに退会してもいいのか?

内定をもらったらすぐに退会してもいいのか?

マイナビジョブ20’s経由で内定をもらった場合、すぐに退会するのはやめましょう。なぜなら、マイナビジョブ20’sは、内定手続きや入社フォローもしてくれるからです。

マイナビジョブ20’sの入社フォロー
  • 待遇の条件交渉
  • 入社日の調整

自分では言い出しにくい「給与面を含む条件交渉」「入社日の調整」を代行してくれるため、入社後しばらくは退会しないほうがよいです。退会を考えている場合は、担当者に「退会すべきタイミング」を相談してみてください。

退会理由は正直に言うべきか?

退会理由は正直に言うべきか?

基本的に、退会理由は正直に伝えるべきです。「別の転職エージェントで決まったとき言いにくい」と考えがちですが、人材業界では別エージェントの内定決定はよくある話です。

キャリアアドバイザーもある程度「ほかでも転職活動を進めているだろう」と理解しているため、正直に伝えても問題ありません。反対に、嘘をつくと引き止められる可能性があります。

嘘をついたときのよくあるケース
  • 希望する求人がない→「新しい求人はどうか?」
  • 現職が忙しくなって転職活動できなくなった→「休日でも対応できますよ」

退会したいのにマイナビジョブ20’sにログインできないときはどうすればいい?

退会したいのにマイナビジョブ20'sにログインできないときはどうすればいい?

何らかの不具合でマイナビジョブ20’sにログインできない場合は、すぐに電話で連絡しましょう。電話で「登録者情報・退会希望の旨」を伝えれば、手続きを進めてもらえます。

各拠点の電話番号は、下記のとおりです(受付時間 / 平日9:15~17:45)。

代表問い合わせ 0120-999-044
新宿オフィス 0120-779-500
横浜オフィス 0120-956-493
名古屋オフィス 0120-750-153
大阪オフィス 0120-982-799
神戸オフィス 0120-112-350(折り返し時は078-271-1811の可能性あり)

マイナビジョブ20’sが合わなかった人におすすめの転職エージェント

マイナビジョブ20’sが合わなかった人に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

20代転職におすすめの転職エージェント
  • 第二新卒エージェントneo
  • キャリアスタート

どちらも、20代の転職に特化した優良な転職エージェントです。それぞれおすすめの理由を解説するので、参考にしてみてください。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo
  • 20代・第二新卒の転職サポートに強い
  • フリーターやニートでも転職を目指せる
  • キャリアアドバイザーが親切

第二新卒エージェントneoは、2万件以上の転職支援実績を誇る20代向け転職エージェントです。フリーターやニートへのサポートも手厚く、キャリアアドバイザーが転職者に合った求人を紹介してくれます。

また第二新卒エージェントneoでは、選考対策だけでなく、内定後・入社前のサポートも充実しています。平均8時間のサポートに加えて、内定後には「内定後研修」でビジネスマナーを教えてくれるため、社会人経験が浅い人でも安心です。

ただし第二新卒エージェントneoは、求人の多い地域が関東・東海・関西の都市部に限られます。一方、未経験・ポテンシャル採用を重視している求人が豊富なので、「職歴・スキルがなくて不安」「経歴を理由にマイナビジョブ20’sから紹介を断られた」という人にもおすすめです。

\入社後のサポートまで充実/
無料登録をする
(公式サイト)

【事実のみ】第二新卒エージェントneoの口コミ評判は?8時間のサポート時間が魅力の転職エージェント第二新卒エージェントneoは、サポート力に定評のある第二新卒専門のエージェントです。筆者の面談の体験談を含め、口コミや評判を徹底調査!実際に経験した筆者だからこそ分かった第二新卒エージェントneoの強み、弱みを徹底分析をします。悪い口コミがあるのは本当なのか?...

キャリアスタート

キャリアスタート
  • 20代の新卒・既卒・フリーター転職に特化
  • フリーター・正社員からでも年収アップを目指せる
  • 未経験歓迎の求人が豊富

キャリアスタートは、20代の既卒・フリーター転職に強い転職エージェントです(2022年3月現在は新卒支援にも注力)。未経験歓迎の求人が豊富なため、異業種転職も目指せます。

またキャリアスタートの利用者の中には「年収が1.6倍になった」という実例もあります。現職の月収25万円以下の人なら、「交通費支給」「引越しサポート」などの支援が豊富な点も魅力です。

ただしキャリアスタートの拠点は東京のみのため、求人が首都圏に限られます。首都圏周辺に住んでおり、若手・スキルに自身がない人は、第二新卒エージェントneoとの併用がおすすめです。

\転職満足度No.1の実績あり/
無料登録をする
(公式サイト)

キャリアスタートの評判・口コミは最悪・やばいというのは嘘!キャリアスタートの評判について徹底調査 ただし、キャリアスタートは東京の求人ばかりといったデメリットもあります。 キャリアスタートには未経験OKの...

マイナビジョブ20’sをの退会方法まとめ

「内定が決まってもう利用しない」「メールや電話がわずらわしい」という理由なら、マイナビジョブ20’sは一度退会しましょう。マイナビジョブ20’sは再登録・利用できるので、安心してください。

また「他の転職エージェントを使ってみたい」という人には、第二新卒エージェントneoとの併用がおすすめです。マイナビジョブ20’sは、退会しなくても大きなデメリットはありません。転職エージェントをうまく活用し、転職成功を目指しましょう!

\20代転職に特化/
無料登録をする
(公式サイト)

第二新卒におすすめの転職エージェント15選|第二新卒から大手企業を紹介してもらえる転職エージェントも紹介 「第二新卒での転職は早すぎる、やめとけ」という声がある一方、実際には3人に1人の新卒が3年以内に退職しています。 ...
マイナビジョブ20’sの関連記事
ABOUT ME
正元香菜子
絶賛子育て中のママライター。人材業界で150名以上の転職に携わっていた経験から転職希望者に寄り添った記事を執筆します。具体例や体験談を交えたコンテンツの作成が得意です。日々の気付きや情報を、わかりやすい言葉で届けます。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。