退職交渉

もう辞めたい…。嫌な会社はすぐに辞めるべき!転職して幸せになる方法とは?

もう辞めたい…。嫌な会社はすぐに辞めるべき!転職して幸せになる方法とは?

仕事において嫌なことがあるのは、当たり前です。

しかし、その嫌なことの度が過ぎている場合、すぐにでも辞めて、転職活動を進めるべきだといえるでしょう。

会社という大きな組織は、あなたのためには変わってくれません。つまり、自分で対処をしていくことが大切なのです。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう未来がない会社に在籍していると、自分の将来が危険です。そこで今回は、未来がない会社の特徴を10つピックアップしました。2〜3つでも当てはまっていたらアウトです。...

「今の自分」を客観的に見つめてみる

「今の自分」を客観的に見つめてみる

他人のアドバイスはできるのに、自分のこととなると全くもって悩みこんでしまう… そのような性格の人は、多いのではないでしょうか。

おそらく、他人へのアドバイスは客観的な立場からできるのに対し、自分のこととなると主観的になってしまうからでしょう。ある意味、「他人には客観的になり、自分には主観的になる」ということは、人間である以上、自然なことなのかもしれません。

しかし、仕事を含めた自分の人生に対して、主観ばかりに頼るのは、少々危ないのではないでしょうか。もちろん、主観は大切です。

しかし、客観的に自分を見つめてみることで、「社会のなかの自分」を認識し、「今どうすべきか」を適格に捉えることができるはずです。

もしも、「会社が嫌で心が病んでいる」という状況であるとしましょう。この場合、自分の主観ばかりに頼っていると、「会社が嫌だ…」「でも続けなければ…」「でも辛い…」と、ネガティブな思いばかりに追い込まれてしまうこともあります。

一方で、客観的に自分を見てみると、「何か対処法はないだろうか」「転職がいいかもしれない」「心が病んでいるのだから今の仕事はいち早く辞めた方がいい」など、「今どうすべきか」という答えが見えてくることがあるのです。

自分を客観的に見つめてみる方法は、とても簡単です。「自分に似た状況の人から悩みを打明けられた場合、どうアドバイスを送るのか」と考えればいいのです。

「会社が嫌で心が病んでいる人」から、悩みを打明けられた場合、どのようなアドバイスを送りますか?

きっと、「心が病むほど辛いのなら仕事は辞めたら?」「転職を考えてみたら?」というようなアドバイスを送るのではないでしょうか。

そんな、自分に似た状況の人に送るであろうアドバイスを、自分への客観的意見と捉えることで、「今どうすべきか」という答えが見えてくるのです。

 

転職をすることで、幸せになることができるのか

転職をすることで、幸せになることができるのか

もちろん、転職をしたとしても、その会社がブラック企業である可能性があります。また、ブラック企業ではなかったとしても、仕事内容が自分に合わなかったり、人間関係に悩んだりと、幸せとは程遠い転職になってしまうこともあります。

もちろん、転職活動を続けたはいいものの、転職先が決まらないという状況も考えられるでしょう。つまり、転職活動をしたとしても、必ずしも幸せになれるとは限らないのです。

しかし、現在のあなたは、「今の仕事が嫌で辛い」「今すぐにでも辞めたい」という状況であるはずです。

例えば、今の仕事が充実しており、キャリアアップのために転職をしたいと考えるとしましょう。この場合、仮に「転職先企業がブラック企業だった」なんてことになってしまったら、後悔してもし切れないでしょう。

おそらく、ブラック企業だという転職後の状況に対して、充実していた転職前の生活を思い返し、とてつもない後悔をしてしまうのではないでしょうか。まるで、「頂点からどん底に落ちた」かのような気持ちになる人もいるかもしれません。

「失ったものは大きい」という状況になってしまう可能性もあるため、キャリアアップのための転職は、慎重にならなければいけません。

泣くほど仕事がつらい人に転職をすすめる7つの理由 仕事も大切ですが、それ以上に充実した人生を送ることが大切です。 もしも、今の仕事が泣くほどつらいのなら、会社から逃...

一方、あなたの転職は、今の会社から逃れるための転職です。つまり、「どん底からの転職」です。従って、仮に転職活動に失敗してしまったとしても、失うものはそこまではないのではないでしょうか。

「今の会社にいる」ということが、どん底的な状況なのです。であるならば、そんなどん底的な状況から打開するためにも、希望を抱いて転職活動を進めるべきなのではないでしょうか。

【社会人一年目辛い】社会人1年目で辛いメンタルのときに読む記事|仕事ができなくて辛いのはあるある?辛くて辞めたいときの過ごし方 社会人1年目、すでに仕事が辛くてたまらない方いませんか? せっかく就職活動を頑張って入社したのに「入社1年目...

 

転職活動をしながら、今の仕事は続けるべき?

転職活動をしながら、今の仕事は続けるべき?

精神的に病んでしまうほど今の会社が辛いのであれば、すぐにでも辞めるべきだといえるでしょう。

もちろん、仕事を辞めることで、様々な不安が生じることでしょう。しかし、仕事以前に、自分の心身のほうが大切であると私は思います。

不安ではありますが、自分の心身を第一に守るためにも、すぐに今の仕事を辞めるべきだといえるでしょう。

もちろん、仕事を続けながら転職活動を進めたほうが、転職活動を優位に進められることは間違いありません。例えば、履歴書に1ヶ月だけでも空白期間が見られると、不安になってしまう会社も多いものです。

また、転職活動が上手くいけばいいのですが、なかなか転職先企業が決まらないということも考えられます。この場合、仕事を辞めてしまっていると、収入が途絶えている状況であるため、不安にもつながってしまうことでしょう。

しかし、何度も言いますが、いくら転職活動を優位に進められるとはいえ、心身が病んでしまってまで、今の仕事を続けるべきではありません。

また、精神的に異常をきたしているのなら、心療内科を受診をしてみるのも手でしょう。心療内科では、主治医が現状を見極めた上で、「今の仕事をどうすべきか」を適格に判断してくれるはずです。

確かに、心療内科と聞くと少し敷居が高い気がするものです。しかし、実際には雰囲気が明るい病院も多く、患者さんも子供から社会人、高齢者まで幅広く、全く浮くことはありませんよ。

精神疾患は、立派な病気です。少しでも、精神疾患の恐れがあるのなら、心療内科に行くべきでしょう。

【在職中か?退職後か?】転職活動を始めるタイミングは「時間」と「お金」で見極める 「在職中に転職活動をするか?退職後に転職活動をするか?」 転職を考えたときに、どちらのタイミングで転職活動を始めた方が良い...

正しい方法で転職活動を行うことが、成功への近道

正しい方法で転職活動を行うことが、成功への近道

転職活動の経験がない場合、我流で転職活動を進めてしまう人もいるのではないでしょうか。確かに、転職活動を我流に進めて、何となく受けた会社から採用を得る、というパターンもあります。

しかし、転職活動という未知の世界を我流で進んだ場合、失敗してしまったり、非効率な転職活動につながってしまう恐れも多いにあります。

従って、転職活動を進める場合は、正しい方法で進めていくことが大切です。正しい方法で転職活動を進めることで、効率よく転職活動を進められるとともに、幸せな転職の実現の可能性を高めることができるはずです。

「正しい転職活動」とはいっても、難しく考えることはありません。書店に行けば、転職活動方法についての書籍がたくさん並んでいます。

そんな、転職活動方法についての書籍を1冊参考にするだけでも、充分に「正しい転職活動」の知識を深めることができるはずです。

また、書籍を買う余裕のない人は、ネットの情報に頼ってみてもいいでしょう。

例えば、リクナビNEXT・マイナビ転職など、大手転職求人サイトの情報を参考にすることで、「正しい転職活動」の知識を仕入れることができるでしょう。

もし、転職経験のある友人がいる場合は、その友人の意見も参考にできるものですよ。きっと、転職活動における様々な成功体験と失敗体験を聞けることでしょう。

そんな、友人の成功体験と失敗体験を自分の転職活動に活かすことができれば、より幸せな転職の実現につながるのではないでしょうか。

転職活動を進めていくことに自信がない場合は、転職エージェントの活用も検討してみましょう。

転職エージェントは、企業紹介・履歴書添付・今の仕事の辞め方アドバイスなど、様々な視点から、あなたの転職のお手伝いをしてくれます。

転職エージェント徹底活用術!メリットとデメリットまとめ 新卒の求人情報とは違って、転職の情報はなかなか表に出てこないものです。 個人がひとりで「これだ」と思える求人情報を...

もちろん、転職エージェントは、「今の仕事が嫌で転職したい」という方を幸せな転職に導いたという実績も多々あります。ぜひ、転職エージェントの活用も、積極的に検討してみてください。

書籍・ネット・転職経験のある友人・転職エージェントなど、あなたを幸せな転職へと導いてくれるツールや人はたくさん存在します。

せっかく、転職という、人生の新しい舞台へ向かうわけです。決して、転職活動を我流に進めるのではなく、前向きに色々なものを活用してもらいたいものです。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

考え込むくらいなら、行動をしよう!

考え込むくらいなら、行動をしよう!

生きていると、辛いことや悩みなど、様々なことが起きますよね。辛いことや悩みなどは、自分にとってネガティブなことなわけですから、考え込んでしまいがちです。

しかし、辛いことや悩みなどをいくら考え込んだところで、最終的にいい状況へは向かわないのではないでしょうか。

今までの自分を思い返してみてください。たくさんの、辛いことや悩みなどがあったと思います。

しかし、それを解決しようと考え込んだ結果、実際にいい方向に向かったということはまれなのではないでしょうか。

パッとひらめいた考えやアイディアなどは、活かすことができるものです。しかし、考え込んでしまうということは、ある意味では自分の頭では解決することが限界な状況であるわけです。

「嫌な会社を辞めたい」という状況に陥ってしまった場合、やはり辛いことや悩みなどが湧いてしまうという方も多いのではないでしょうか。そして、そんな辛いことや悩みなどを解決しようと、考え込んでしまう方もいるはずです。

しかし、先述したように、考え込んだとしても、いい方向に向かうことはまれです。例えば、「どうすれば今の状況を打開できるか」と考え込んでしまっても、考え込む時間は無駄になってしまう場合が大半なのです。

であるならば、考え込んでいる間にも、行動をしてしまった方がいいのではないでしょうか。

確かに、仕事は人生の大半を占めるため、仕事に関する選択は慎重になってしまいがちです。また、転職活動を進めることに対しても、不安を抱いてしまいがちです。

しかし、現にあなたは「仕事を辞めたい」と思っているのです。

おそらく、自分に似た状況の人に悩みを打明けられたら、「考え込むだけ無駄だよ! 転職活動を進めてみたら?」とアドバイスを送るはずです。

死ぬほど「仕事が辛い」「会社が嫌だ」と思っているあなたに伝えたい10のこと 「仕事が辛い…」「会社が嫌だ…」 このような気持ちで、毎日足を引きずるように会社に出勤している人がたくさんいます。この記事...

https://www.career-class.com/too-dead-work-hard/https://www.career-class.com/not-friendly-colleague/

「なぜ今の会社が嫌なのか」の理由を、転職活動に活かすべき

「なぜ今の会社が嫌なのか」の理由を、転職活動に活かすべき

今の会社が嫌で辞めたいのなら、転職という手段は最適です。

しかし、「なぜ今の会社が嫌なのか」を考えずに転職をした場合、転職をしたとしても、再び「辞めたい」という気持ちになってしまうかもしれません。

深く考え込むことはありません。直感で思い浮かぶ「今の会社が嫌な部分」を、箇条書きにしてみることをお勧めします。

そして、箇条書きにした「今の会社が嫌な部分」が、極力発生しないような転職先を選ぶことが大切です。

例えば、「今の会社が嫌な理由」が、「深夜まで残業がある」「休日出勤を強いられる」「出世競争がストレスになる」であったとしましょう。

この場合、例えば「残業が少ない」「休日出勤がない」「少人数」という会社に応募をすることで、「今の会社の嫌な部分」から逃れた転職の実現に近付けることができます。

最初のうちは、求人票を見ながら、「残業は少ないか」「休日出勤はないか」「少人数」かを確認して、応募企業を決めることができるはずです。

しかし、転職活動が進むに連れて、求人票を見る機会も多くなります。求人票を見る機会が多くなるにつれて、まるで注意力は散漫するかのように、「残業は少ないか」「休日出勤はないか」「少人数」の確認が疎かになってしまう人も多いものです。

しかし、「今の会社の嫌な部分」を箇条書きにしておけば、それと照らし合わせることで、いつでも確実に「残業は少ないか」「休日出勤はないか」「少人数」の確認をすることができるのではないでしょうか。

また、転職先が決まらないと、不安や焦りが出てしまいます。そうなってしまうと、「残業は多くてもいいや」などと、妥協の気持ちが芽生えてくるものです。

確かに、転職活動において、妥協は大切です。例えば、「残業が少ない」「休日出勤がない」「少人数」という条件をパーフェクトに叶える会社とは、なかなか出会えないかもしれません。この場合、妥協せざる終えないでしょう。

しかし、不安や焦りのなかでは、間違いの妥協をしてしまいがちです。

例えば、深夜まで残業があるため今の会社が嫌であるのに、再び深夜まで残業のある転職先に入社してしまったら、二の舞になりかねません。

つまり、妥協はしてもいいが、正しい妥協をすることが大切です。

例えば、「残業の部分は妥協するが1時間以上残業の会社のある会社は避けよう」と考えれば、「今の会社の嫌な部分」からは逃れることができるはずです。

上司に怒られて毎日辛い人へ。追い込まれる前に転職すべき! 毎日上司に怒られて辛い… 仕事に行くのが怖い… もう無理だ…! このように、毎日上司に怒られて辛過ぎる毎日...
【逃げの転職成功】転職は逃げるが勝ち?今すぐ逃げるべき職場の特徴公開!人間関係が辞める理由で1番多い? 「転職は逃げ」そんな言葉を耳にしたことはありませんか?今の職場に不満があっても、我慢している人は多くいます。 株式...

さいごに

ジャンプする人

「いまの会社を辞めて転職したい」と決意したのなら、今と同じようなつらい職場に転職しないことを考えなければいけません。せっかく転職したのに、同じような状況に追い込まれてしまっては、本末転倒だからです。

職場環境が悪い会社が多いのは事実ですが、職場環境が良い会社が存在していることも、事実です。あなたは職場環境が良い会社で働きたいはずです。

まずは、自分の希望を明確にしてください。あなたの考える良い会社とは、どのような会社でしょうか。

給料は安くてもいいから、残業がほとんどない仕事ですか?
自分の頑張り次第でどんどん昇給していける仕事ですか?
それとも、福利厚生が良い会社ですか?

会社に希望する事は、人によってさまざまですが、転職するときは、「自分が会社に何を求めているのか」「自分が仕事に何を求めているのか」をはっきりさせることが大切です。

自分の希望がはっきりとしたら、さっそく転職の準備に入りましょう。年齢が上がればそれだけ転職の幅が狭くなってしまいますから、もたもたしている暇はありません。

時間は待ってくれないのです。会社を辞めると決意したら、スピーディーに行動することが大事です。

辞めるべき会社の特徴20選!こんな中小企業は何としても辞めた方がいい あなたは「今の会社おかしいかも…?」と思ったことありませんか? しかし、実際は「違和感」をその場でスルーして嫌々な...

 

転職エージェントに相談する

自分の希望が明確になったら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

 

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。