転職コラム

新入社員だけど辞めたい…。やりがいを感じないなら傷が浅いうちに転職することも検討しよう

新入社員だけど辞めたい…。やりがいを感じないなら傷が浅いうちに転職することも検討しよう

新入社員だけど仕事を辞めたい…。

あなたはこのような悩みを抱いているかもしれませんね。仕事がキツイ覚えられない人間関係が悪いなど、様々な理由で辞めたいと悩んでいるけれど、新卒で入社した会社を期間で辞めてもいいのか、その後の転職先があるのか、ということが気になってなかなか行動に移せないという人も多いでしょう。

「3年はかじりついてでも頑張れ」と言われることもありますよね。まだ3年も経ってないのに、辞めてしまったら社会人失格なんじゃないか…などとネガティブにす考えて我慢して働いている新入社員もいるはずです。

仕事にやりがいを感じられず、「辞めたいなぁ」とため息をつきながら悩んでいるならば、傷が浅いうちに転職するのもひとつの方法かもしれません。

そうは言っても、本当に新入社員で辞めても問題がないのか、次の転職が無事にできるのか、そのようなことがあなたは気になるかもしれません。

そこで今回は、新入社員が仕事を辞めたくなる理由と新入社員が仕事を辞めたいと思ったときにやるべき行動をお伝えしていきます。

[template id=”8828″]

新入社員が辞めたい理由とは?

新入社員が辞めたい理由とは?

新入社員として入社したのにすでに辞めたくなっている状態は、何か理由があるはずでしょう。その理由は人によって様々でしょうが、入社する時はやる気に満ちていた新入社員がすぐに辞めたくなるのは会社側の問題もあるかもしれません。

では、なぜ新入社員は辞めたくなってしまうのでしょうか。あなたも以下のような理由で辞めたくなっているのかもしれません。確認してみてください。

 

思っていた仕事と違うから

あなたが新入社員で入社した時は、やる気に満ち溢れていたはずです。会社説明会で魅力的に感じた会社なのに、入社してみると思っていた仕事と違った…といった具合に、仕事がつまらなくなってしまうこともあるでしょう。

希望していた配属先と違い、不満を持って働いている新入社員も多いようです。もちろん、新入社員のうちは覚えることも多くいろんな部署を経験させるという会社の方針もありますから、新入社員のうちは理想の仕事にたどり着けないこともあります。

そこを理解しても、「それでも思っていたのと違うんだ!」と感じるならば、第二新卒と呼ばれる期間のうちに転職を考えてみた方がいいのかもしれません。今後何年か仕事を続けてみてやりがいを感じられそうな仕事ならば続ければ良いし、この会社で何年も働くのは「絶対に無理」と考えるのであれば新しい道に踏み出しましょう。

 

やりがいを感じられないから

先ほどの理由とも被りますが、仕事にやりがいが感じられないと思っている新入社員も多くいます。やりがいのなさが辞めたい理由に繋がっているのであれば、モチベーションも下がってしまうでしょう。

人気の企画職や、商品のバイヤーなどをやりたかったのに、入社してみたら雑用ばかりでやりがいを感じることができない…そのように悩んでいる人もいるでしょう。

何事も下積み時代は長いものですが、そこに至るまでに辞めたくなってしまうのはその仕事に向いていないからかもしれません。新しい道を模索すれば、あなたがやりがいを感じられ、下積み時代も我慢できる仕事が見つかるかもしれませんよ。

 

キツい部署に配属されてしまったから

社内でも噂のきつい部署に配属されてしまったら、絶望的な気持ちになるかもしれません。とにかく仕事が忙しく、家に帰るとヘトヘトといった毎日が続けば、辞めたくなってしまうかもしれません。

辞めたくなるような職場で長く働き続けることは難しいですよね。このような理由で仕事を辞めたいと考えている新入社員はとても多くいるのです。

 

給料が少ないから

初めての給料日にワクワクして給料明細を見てみると、給料が少ない…。このように感じて辞めたくなっている新入社員もいます。会社説明会の時などに提示された給与額は、「額面」であり手取り額ではありません。

社会保障費などが引かれた手取り額を見るとすごく少なく感じるのです。新入社員の給与ですから、前提としては低いものですが、そこで何年も働いていけばだんだんと上がっていくシステムになっています。

しかしそれが我慢できないのならば、新入社員でも給料高いベンチャー企業やIT企業などに転職するのもありかもしれませんね。

 

周りの友人と仕事を比べてしまうから

学生時代の同級生と集まった時には、仕事の話になると思います。自分の仕事と友人の仕事を比べて「羨ましいなぁ」と思うこともあるでしょう。

友人がやっている仕事内容や会社の待遇がとても良く見えてしまうのです。「会社選びに失敗したかも…」と思ってしまうと、その会社での仕事にモチベーションを保つことが難しくなります。

もしも真剣に仕事を辞めたいと考えているならば、より良い待遇の会社に転職できるように転職エージェントを活用することをお勧めします。

 

人間関係が悪い会社に就職してしまった

会社の人間関係というものは、自分自身ではどうすることもできない項目でもあります。先輩が冷たい人だったりパワハラをしてくるような会社だと、すぐにでも辞めたくなってしまうでしょう。

それでも我慢して働き続けると、「会社ってこんなものなのかな、社会人ってこんなに辛いんだ」と、自身を納得させてしまうことも珍しくありません。辞めたいと考えていても、「自分の意思が弱いから」「自分の根気が足りないから辞めたくなるんだ」と自分を責めてしまうことにもつながりかねません。

特に新入社員で入社すると、社内の人間関係がまだ分かりませんし、労働環境の良し悪しがつかめないこともあります。もしあなたが食欲がなくなっていたり、眠れなくなったり、体が鉛のように重かったりすれば、そこから逃げ出す方法を考えた方が良いでしょう。

辞めたくなるのは、決してあなたは弱いからではありません。ただ単に、その会社の労働環境が悪いだけなのです。

 

飲み会やイベントが多くて辛い

上司とお酒を飲みに行くのが辛いという新入社員が多くなってきています。上司としては、コミュニケーションの一環で飲みに誘っているのでしょうが、わざわざ仕事が終わってからも上司と飲みたくはない新入社員は多いのです。

毎日のように飲みに誘われるとプライベートの時間を持つことができません。飲み会が多すぎる…そのような理由で辞めたくなる新入社員もいます。

また、社内のイベントが多く休日も潰れてしまうような会社だと嫌気が差してしまう人もいるでしょう。社内イベントでは給料が発生しませんからね。

新入社員のうちは、周囲に色々気を使ってお酌をしたり、頭を下げても回らなければいけないので、それが苦痛と感じる人もいるでしょう。

 

仕事についていけない

必死で頑張っているのに仕事を覚えることができない、ついて行くことができないという悩みを抱えて「辞めたい」と考えている新入社員もいます。あなたに向いていない仕事であれば、辞めたくなるのも仕方ありません。どう頑張ってもうまくいかないなら、その仕事があなたに合っていない可能性があります。

実際に業務をこなしてみると、かなり厳しくこの先何年も続けられそうにないと考えるならば、早期に退職した方が良いでしょう。そのまま続けると、大きなストレスによってあなたの精神が破壊されてしまうかもしれません。

上司に相談できるならば、業務の内容や変えてもらう相談してもいいと思います。部署変更が無理ならば、早いうちに転職して仕事を変えるのが一番の近道です。

 

長時間労働が辛い

新入社員なのに残業がとても多いなど、ブラックな会社に入社してしまうと辞めたくなるでしょう。定時を過ぎているのに全然帰れない。先輩も帰らないから自分も帰れない。このような会社では、肉体的にも精神的にも疲弊してきます。

あなたが耐えられないのならば、転職して「定時で帰れる仕事」「残業が少ない仕事」を選びましょう。転職エージェントに相談すれば、そのような会社を容易に見つけることができます。

 

社風が合わない

入社する前はすごく感じの良さそうな会社なのに、入社してみたら雰囲気が悪いという会社もあります。会社というものは、実際に入社してみないとわからないものです。

あなたが今の会社の社風が肌に合わないと感じるならば、長く働いていくのは相当辛い時間になるはずです。第二新卒のうちにさっさと辞めて、自分に合う会社に転職しても良いと思います。自分に合う会社に転職することができれば、人間関係の居心地も良く、長く働いていけるはずだからです。

 

理由はわからないが辞めたい

明確な理由がわからないけれど、会社に行きたくないと感じてしまう人もいます。玄関を出ようとすると吐き気がしたり、布団からなかなか出られなかったりするような症状があれば、今の会社があなたに向いていない可能性が高いでしょう。

そのまま放っておくとうつ病にまで発展してしまいかねません。早いうちに転職してもっと楽な気持ちで働ける会社を選んでください。あなたにもっと合う会社は、必ず見つかります。

うつ病・うつ病経験者におすすめの転職エージェント5選|仕事を探すポイントについても紹介 「うつ病の人は転職できないのかな」と悩んでいませんか? うつ病の人でも、今回ご紹介するポイントを意識すれば効率よく転職活動...

新入社員のうちは辞めるのを耐えるべき?

新入社員のうちは辞めるのを耐えるべき?

さまざまな「新入社員が辞めたくなる理由」を見てきました。あなたが辞めたいという気持ちも痛いほどよく分かります。もう辞めてしまった方が楽になれるのに…。

そう考えながらあなたは辛い毎日に耐えて頑張っているのかもしれません。新入社員のうちに辞めてしまうと、親や周囲の人から白い目で見られるかもしれない…そのように感じて辞められない人も大勢いいるはずです。

それでは辞めたいのに、黙って耐えるべきなのでしょうか?ある意味では正しく、ある意味では正しくない答えだと言えます。

なぜなら、あなたの人生はあなたが決めるべきだからです。しかし、本当に辞めてしまって良いのかは、真剣に考えていかなければいけないでしょう。そこで、ここからは新入社員は辞めるのを踏みとどまるべきなのか?というテーマを考えていきましょう。

 

新入社員は最初は仕事ができなくて当たり前

まず最初に言っておきますが、新入社員のうちは仕事ができなくて当たり前です。これはあなたも頭では理解していることかもしれませんね。

自分にはこの仕事が向いていないと考えて辞めたいならば、「出来なくて当たり前」という言葉を思い出してみてください。誰だって仕事ができなくて当たり前です。

あなたの上司だってあなたの先輩だって、新入社員の時は仕事ができなかったはずです。失敗を重ねたり、周りの人に迷惑をかけながら一歩一歩成長して仕事ができるようになっていったのです。

あなたが今やっている仕事も、成長するための大事な一歩なのかもしれません。失敗するのは当たり前です。その失敗をどうすればしなくなるのかを考えるのが新入社員の仕事なのです。

上司から何度も何度も怒られるとやる気を失ってしまうかもしれません。そこで頭を冷やして冷静に考えてみれば、失敗しないためにはどうすればいいのかが見えてくるかもしれません。

少しずつでもできるようになってくれば、少なからずやりがいを見出すことも可能になるでしょう。仕事に対する取り組み方は、自分次第です。今の時期は失敗して当たり前と考えて気楽な気持ちで仕事をしてみてください。それでも辞めたいならば、すっぱりと辞めて新しい道へ飛び込みましょう。

 

今までの時間が無駄になる可能性がある

あなたは、今の会社に入社して多少なりとも仕事をしてきたはずです。新入社員ですから仕事もなかなかうまくいかず、失敗しては上司に怒られているのかもしれませんね。

入社してからは研修などを受けたり、歓迎会なども開いてもらったかもしれません。仕事を辞めたいと考えてはいけれど、曲がりなりにもできることが増えてきているのではないでしょうか。

もしかしたら、今があなたの踏ん張りどきなのかもしれませんよ。そこを乗り越えて、仕事ができるようになってくれば、「辞めたい」という気持ちが、「辞めなくてもいいかな」という気持ちに切り替わるかもしれません。

今辞めてしまえば、今までやってきたことは振り出しに戻ります。新入社員で仕事もろくに覚えていない状態で辞めてしまうのですから、転職先で活かせるスキルも少ないでしょう。

それでも辞めたいという覚悟があるならば、次はもっと良い会社に転職することを考えなければいけません。今の会社よりも待遇の悪い会社や、労働環境が悪い会社に転職してしまうと、またすぐに辞めたくなってしまい負のスパイラルに陥ってしまう可能性もあります。

非正規社員になってしまって厳しい人生を送る羽目になるかもしれませんよ。冷静に自分自身を見つめ直して、今の会社を続けるか、思い切って転職するかを天秤にかけてみてください。

 

誰かに相談してみる

辛い気持ちを一人で抱えていては、益々辛くなってくるだけです。信頼できる人がいるならば全てを打ち明けて相談してみましょう。

もちろん、相談相手はきちんと聞いてくれて外部に漏らさない秘密を守れる人を選ぶべきです。人に話すことで自分が何に悩んでいるのかが明確になりスッキリすれば、今後の人生をどうするかを冷静に考えることができるでしょう。

 

辞めたければ辞めても良い

それでもどうしても辞めたいと考えているならば、辞めてしまえば良いと思います。それで人生が終了するわけではありませんし、より良い方向へ花が咲く可能性もあるからです。

あなたは今現在、きっぱりと辞めてしまって気持ちを楽にしたいと考えているでしょう。できれば転職先を見つけてから辞めるのがベストですが、どうしても辛い時は今すぐに辞めてしまっても何とかなります。

周りからは色々言われたり、冷たい言葉をかけられるようなこともあるかもしれません。しかし、あなたが決めた道ならば、堂々と自信を持って辞めましょう。辞めたからといって、死んでしまうわけでもありません。あなたはまだ若いのですから、辞めてしまったとしても何とでもなります。

 

新入社員が辞めるならそれなりの覚悟が必要

新入社員が辞めるならそれなりの覚悟が必要

仕事が耐えられないほどつらかったり、精神的に「もう無理だ、限界だ」と思っているならば即座に辞めるべきでしょう。

ただし、その場合は次の転職先を見つけるのに不利になることは覚悟しておいてください。短期間で前職を辞めてしまったという経歴は、面接官にネガティブに受け取られます。

これは現実ですから、仕方のないことです。「絶対に入社して貢献したいのです!」ぐらいのやる気を見せないと合格を勝ち取ることは難しくなります。

逆に言えば、あなたが本当に入りたい会社志望動機をしっかりと伝えることができれば、ポテンシャル重視でが決まることもありますから諦めずに挑戦しましょう。

 

転職エージェントを活用することで道が開ける

転職エージェントを活用することで道が開ける

新入社員で辞めたいと考えている状態はとても辛い気持ちのはずです。食欲がなかったり、夜に寝付けなかったり、休日は遊ぶ気力もなかったり…。こんな状態で会社で働き続けることを考えると、あなたは絶望的な気持ちになってしまうでしょう。

もしもあなたが本気で真剣に転職を考えるならば、ぜひ「転職エージェント」の力を借りてください。転職エージェントに相談すれば、今の環境よりももっと良い職場で働く道が開けます。

また、短期間で辞めたと言う悪い印象を払拭できるような書類の書き方や、面接の方法を丁寧に教えてくれます。転職エージェントを活用すれば、新卒で辞めたあなたの不利な状況をひっくり返すことも可能になるのです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。