転職コラム

新卒で入社した会社がブラック企業だった…。あなた自身のためにもすぐに辞めて転職すべき!

就職活動を頑張って新卒で入社した会社が「ブラック企業」だった…。

このような状況で絶望感を感じている人も少なくありません。ブラック企業は年々増加しており、入社したら激務薄給、暴言・暴力などのパワハラ、サービス残業・長時間労働で身も心もボロボロ…。

入社する前は良い企業に見えたのに、実はブラック企業だったということも多いです。「こんなはずじゃなかったのに…」そう思いながら毎日苦痛を我慢して働き続けるのは、とても辛いことでしょう。では、新卒で入社した会社がブラック企業だった場合、あなたは一体どうしたらいいのでしょうか?

\潰れる前にすぐに相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

新卒で入社したのだから辛くても耐えるべき?

あなたが新卒で入社した会社を辞めたいと言うと、周りの人は「最初は誰でも辛い」「社会人は厳しいことも多い」「みんなそれでも耐えている」と説得してくるかもしれません。

確かに、それらの言葉には一理あります。会社で働いていれば、辛いことや苦しいことも必ずやってくるはずだからです。社会人である以上、ある程度は、歯を食いしばって頑張る気力が必要になる場面もあります。

しかし、それが「ブラック企業」だとしたら、果たして「歯を食いしばって頑張れ」というのは妥当なことでしょうか?ブラック企業で働くということは、常に苦痛しか感じられない状況を受け入れるということです。はっきり言って…それは地獄でしょう。

あなたが新卒でブラック企業に入社してしまった場合、考えるべきはあなた自身の健康状態です。それは精神的な健康、肉体的な健康も含まれています。今のブラック企業で働き続けて、あなたは健康的な社会人生活を送ることができるでしょうか?

ブラック企業は、劣悪な人間関係理不尽な叱責根性論を押し付ける長時間残業の強要など、健康を害する項目が目白押しと言えます。ブラック企業で耐え続けても、いつか耐えられなくなりあなたはボロボロのまま辞めることになるでしょう。

追い詰められて、うつ病になったり過労死してしまったら、人生が台無しになってしまいます。そうなる前に見切りをつけて新しいスタートを切ることを真剣に考えてみてください。もちろん、短期離職をすると、次の転職活動での影響はあるでしょう。

しかし、現在は「第二新卒枠」として企業も積極的に第二新卒を採用していますから、若いあなたならデメリットは最小限に抑えて転職できるはずです。ブラック企業に勤め続ける方が、大きなリスクを背負ってしまうことになります。ブラック企業によって精神と身体が壊れてしまう前に、転職活動を始めましょう。

\潰れる前にすぐに相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

【社会人一年目辛い】社会人1年目で辛いメンタルのときに読む記事|仕事ができなくて辛いのはあるある?辛くて辞めたいときの過ごし方 社会人1年目、すでに仕事が辛くてたまらない方いませんか? 社会人一年目で辛いと感じている多くの人が「先輩・...

ブラック企業から逃げることも勇気である

ブラック企業で働き続けることで、「うつ病」になってしまう若い人が増えています。厚生労働省の調査によると、「うつ病」で労災認定されたケースでは、20代が22%、30代が31%と、若い世代だけで50%を超えているということです。

また、内閣府の調査では、自殺した人のうち、20代の割合が全体の2割を占め、そのうち労働問題を原因とした自殺が16%となっています。健康問題が34%、経済問題が15%ですが、ブラック企業で体を壊してしまったり、給料が安く経済的なことで苦しむことなども考慮すると、ブラック企業が原因で自殺する若者の割合はもっと多いかもしれません。

たとえブラック企業であっても、「せっかく新卒で入社できた会社だから」と我慢して耐え続ける人がたくさんいます。「辞めたら親になんて言われるか」「辞めたらダメ人間と思われる」このようなことを気にして、うつ病になるまで追い込まれてしまうのです。

新卒ですぐに辞めてしまうと、社会のレールから外れてしまう…もうまともな会社では雇ってくれなくなってしまう…あなたはそう思うかもしれませんが、そんなことは決してありません。ブラック企業を辞めたくらいで、正社員として就職できなくなることはありませんし、「第二新卒」が欲しいという企業は山ほどあるのです。

あなたが限界まで我慢し続けて追い詰められて自殺してしまうことになってしまったら、元も子もありませんよね。ブラック企業にあなたの人生を台無しにされるくらいなら、勇気をもって逃げてください。逃げることは、恥でもなんでもありません。

特に、あなたの精神と肉体を破壊してしまうようなブラック企業からは、一刻も早く逃げた方がいいのです。あなたが5年後、10年後も今の会社で働き続けられるでしょうか?暗い未来しか見えないならば、明るい未来に向けて行動を開始してください。

\潰れる前にすぐに相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

新卒でブラック企業を辞めても、転職は十分に可能である

入社した会社がブラック企業だった場合、「会社を辞める」という選択が懸命な判断であり、唯一の解決策になります。しかし、たとえブラック企業だったとしてもなかなか辞められないと考える人もいます。

「新卒で辞めたら、もうまともな会社に転職できないんじゃないか」「すぐに仕事を辞めて周りからどう思われるだろうか」このような心配をして、ブラック企業から抜け出せないでいるのです。

新卒で入社した会社だと、転職の勇気がすぐに持てないというのも分かります。しかし、今のまま働き続けてもあなたは幸せな社会人生活を送ることはできないでしょう。

あなたに伝えておきたいことは、新卒で会社を辞めたとしても、転職先は十分に見つかるということです。最近は若手の人材不足の影響で、中途採用の枠が広がっています。大企業からベンチャー企業まで、「第二新卒」枠で有望な若手を探しているのです。

短期で会社を辞めると、転職に響くというのは事実ですが、昨今では転職する人も多くなり、失敗に対する企業の許容度も上がっているのでリスクと呼べるほどではなくなりつつあります。

それよりも、あなたの意欲ややる気を示すことができれば、「ポテンシャル重視」で採用する企業が増えています。今は非常にチャンスであり、ブラック企業から抜け出すのに絶好の機会と言えるでしょう。

\潰れる前にすぐに相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

転職は恥ずべきことではない

新卒の人は、転職することを「挫折」「恥ずかしいこと」と捉える傾向があります。就職活動を頑張ってせっかく入社した会社なのに、すぐに辞めてしまうのは恥だと考えるのです。

しかし、その考えは間違っています。特に、あなたが「ブラック企業」に勤めているならなおさらです。辛くて苦しくて、「もう無理だ!」と心が叫んでいるのに、ブラック企業で我慢し働き続けることに意味などありません。

はっきり言いますが、あなたの貴重な人生を捨ててしまっていることと同じことなのです。そのような考えにがんじがらめにされてしまって、身動きがとれなくなれば、最悪の場合「自殺」しか考えられなくなります。

転職することは恥ずかしいことでも挫折でもありません。失敗と捉えることも間違っています。新しい人生をスタートさせるための勇気ある行動です。転職には、不安や恐怖もあるでしょう。しかし、生き生きと働く職場を見つけ直すための、チャンスとも言えます。

あなたはブラック企業を経験したことで、どのような会社に転職したいのかがはっきりと分かったはずです。勇気をもって、今すぐ転職活動を開始しましょう。

\潰れる前にすぐに相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

新卒でもブラック企業はすぐに辞めるべき

新卒でもブラック企業はすぐに辞めるべき

新卒で入社した会社がブラック企業だった…これは悲しい現実かもしれません。「なんでこんなことになったんだろう」「こんな会社入るんじゃなかった」「もう一度やり直したい」このように毎日後悔しているかもしれませんね。

しかし、後悔ばかりしても仕方ありません。ブラック企業はさっさと辞めて、転職してください。社員のことを使い捨てとしか思っていないようなブラック企業は、今すぐ辞めるべきなのです。

  • 最悪な人間関係
  • パワハラが横行している
  • 求人票と内容が違う
  • 罰金がある
  • サービス残業を強要する

このような環境で、あなたはこき使われてきました。これからもブラック企業で働き続けることに、意義を感じるでしょうか?あなたの人生は一度きりです。

転職活動を始めれば、あなたのことをしっかりと考えて教育してくれる会社は必ずあります。あなたの人生の貴重な時間を、ブラック企業のようなおかしな会社に費やすべきではありません。

新人がどんどん辞める職場にいると危険!離職率が高い会社の特徴や、おすすめの転職エージェントを紹介 新人がどんどん辞めるのは、入ってきた新人に問題があると考えてしまっていませんか。確かに実力不足や会社に合っていなかったというケー...

ブラック企業から脱出するために必要な3つのこと

あなたがブラック企業に就職し悩んでいるならば、すぐに転職活動を開始しましょう。ここでは、ブラック企業から脱出するために必要な3つのことをお伝えします。

1.今すぐ転職活動を開始する

まだ若いのであれば、早めに今後について考えてさっさと転職した方が、後悔を避けられるでしょう。「自分はタフだから大丈夫」と過信していても、いつか辛て耐えられなくなる時が来ます。

早い段階で「このままこの会社に居て良いのか」と考えるべきです。

長年ブラック企業に勤めてしまうと、だんだんそのブラックさに対して麻痺してきます。そして、抜け出すことが難しくなってしまうのです今自分の感じていることに正直になり、早めに動きましょう。

会社を辞めるということで、家族や周りから色々な意見があると思いますが、その全てを鵜呑みにして、自分の人生を棒に振ることはありません。周りは良かれと思い、アドバイスをしますが、結局は自分の直感が正しいことがよくあります。

ブラック企業で頑張れたのだから、転職活動でも、「自分はこれだけのことを頑張れる人間です」というアピール材料に使い、もっと自分に合った職場を探して欲しいと思います。

辞める時はなるべくプラスの理由を考え、新しい会社にも一切妥協はしないように。また同じ失敗を繰り返しては意味が無いからです。何より自分が一番幸せになれる選択をしてください。

2.会社の誰にもバレないように転職活動をおこなう

転職活動をするにあたって、会社の誰にもバレないように注意して、こっそりと転職活動をおこなうことが大事です。

会社の人間にあなたの転職活動がバレてしまうと、より一層厳しく当たられたり、辞められないように工作される可能性があります。秘密裏に動き、社内の誰も知らないうちに転職先を決めてしまいましょう。

残業時間が半端ないブラック企業の場合、平日に活動をすることが出来ず、行動が制限される人も多いはずです。

それでも、会社を辞める時には次の仕事は決めておいた方が良いでしょう。転職活動を進めつつ、退職への道を考えてください。私は退職覚悟で休日に休みをとり、転職の面接を受けました。

ブラック企業から脱出するには、辞めるしかありません。自分が会社を変えられるだけの立場になる頃には、心が擦り切れてしまうでしょう。

なので、「この会社では長くやっていけない」と感じた時は、すぐに辞めてしまうことをおすすめします。転職活動では、面接の時に会社のこともしっかりと聞くようにしましょう。

自分だけでなく、会社も面接をするくらいの気持ちが必要です。

会社から給料をもらうと同時に、その給料の元を作り出しているのは自分たち社員の働きであるということを忘れないようにしましょう。しっかりと転職先を見極めて、また同じようなブラック企業に引っかからないようにしなければいけません。

\潰れる前にすぐに相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

3.できれば在職中に転職活動を

ブラック企業が中から変わることはありません。「石の上にも3年」とよく言いますが、ブラック企業で3年も働いていたらボロボロになってしまうだけでしょう。

できれば在職中に転職活動をすることをおすすめします。なぜなら在職中の方が「給料をもらえる」という金銭的な余裕があるからです。

余裕がある状態の方が、焦らず会社を探しやすいでしょう。無職中の転職活動だと焦りが出てしまい、再度ブラック企業にハマる可能性が高くなります。

無職中に転職するにしても、その前までに副業でも何でもので、生活費3カ月分を貯めておけば、ある程度精神的余裕ができます。

あなたがもしブラック企業で死ぬほど追い込まれているのであれば、転職先が決まっていなくてもすぐに辞めるべきでしょう。「死んだら終わり」だからです。

責任感が強すぎると”自殺”まで考えてしまう人もいます。

ブラック企業のせいで死んでしまうなんて、もったいなさ過ぎると私は思います。適当さが大事です。

人生、結構何とかなります。

「とりあえず、辞めてみる」ということでかまいません。帰る実家があるなら実家の世話になり、じっくり転職活動をおこないましょう。

新卒でブラック企業を辞めた私の体験談

新卒でブラック企業を辞めた私の体験談

ここからは、新卒で入社した会社を辞めた私の体験談をお伝えします。入社する前~入社してすぐは、「これから社会人として頑張るぞ!」と希望に燃えていました。しかし、その考えは脆くも崩れ去ります。入社した会社が「ブラック企業」だったからです。

上司から怒鳴る・蹴るのパワハラを受け、先輩からは冷たく突き放され、残業は月100時間を超えているにもかかわらず、20時間以上の残業は上司の指示で書き換えられて「なかったこと」にされました…。

毎日が辛く、食欲もなくなり体重は15キロ減って家族や友人から「病気か?」と心配されたほどです。しかし、私は「社会人はこんなものだろうか…」と、我慢し続けました。毎日毎日、陰鬱な気分で出勤していました。ため息ばかりつくようになりました。

そして、私は1年でブラック企業を辞めました。なぜすぐに辞めなかったのかというと、「辞めたら社会人失格だ」「人生のレールから転落してしまう」と思い込んでいたからです。

しかし、「このままじゃ死んでしまうかもしれない」と脳裏によぎり、逃げないとおかしくなりそうだったので、勇気を振り絞って辞めました。

新卒で会社を辞めることに不安があったのは事実です。「新卒で辞めたら、転職はうまくいかないかもしれない…」とネガティブになっていましたが、転職活動を始めてみると、意外なほど自分を必要としてくれる企業があることに気づきました。

結果的に、転職エージェントを通じて、福利厚生の整った大手食品メーカーに転職することができました。転職エージェントを使ったのは、またブラック企業に入社することを避けたかったからです。

担当エージェントにしっかりと希望を伝えると、条件の良い会社を紹介してくれます。「ブラック企業は絶対嫌だ」と伝えると、優良ホワイトの求人を出してきてくれました。今はとても満足して働いています。「こんなことなら、もっと早く辞めておけばよかった」と思ったほどです。

私と同じように、新卒でブラック企業に入社してしまった人もいるでしょう。現在進行形で苦しんでいる人もたくさんいるはずです。その人に伝えたいのは、「ブラック企業を辞めてもなんとかなる」ということ。

新卒で入社すると、右も左も分からない状態なので、理不尽な扱いを受けても我慢してしまいがちです。社会人って辛いな…厳しいな…そう思いながら、ストレスを抱えて暗い気分で毎日足を引きずって出社することでしょう。ボロボロになるまで働かされても、理不尽に怒られても、「自分が悪い」と自分を責めてしまうのです。

新卒だと、会社で働いた経験が初めてなので、その会社か異常なのかどうかの判断がなかなかできません。「社会人はみんな辛い中で頑張っている」と考えて、身動きがとれなくなってしまいます。

しかし、限界まで我慢し続けるといつか精神の糸が切れてしまうかもしれません。逃げ場所がないほど追い込まれると、最悪の場合「自殺」を考えてしまうでしょう。実際に、労働を原因とした若い人の自殺が増えてきているのです。私も頭がボーッとした状態で電車に吸い込まれそうになったことがあります。

そうなる前に、あなたも勇気をもってブラック企業から脱出してください。あなたを必要としている会社はたくさんありますし、今は転職しやすい環境が整っているのです。特に、転職エージェントを活用すれば、優良企業への転職がスムーズに実現できますから。

\潰れる前にすぐに相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。