転職コラム

仕事を辞めたいけどお金がない!今すぐ仕事を辞めたい方におすすめの対処方法を紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事を辞めたいのですが、お金がなくて困っています。この場合は、どのように転職活動をすべきでしょうか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
貯金がない場合は、仕事をしながら今すぐ転職活動に踏み切ることが大切だよ。

転職活動をする際は、交通費・宿泊費などで想像以上にお金がかかります。そのため、基本的には仕事を続けながら転職活動を始める方法がおすすめです。

本記事では、仕事を辞めて転職活動をする際にいくらの貯金が必要なのか・お金がない状況で転職する方法などを紹介します。利用者の転職を最短で導く転職エージェントも解説するため、転職するかを迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

本記事をまとめると
  • 転職先が決まらずに辞めるのは、貯金が大幅に減る・精神的に追い詰められる可能性があるため基本的にNG!
  • 転職活動をする際は、生活費以外に10万円以上かかる恐れがある。そのため、お金をかけずに転職したい方は、仕事を続けながら転職活動を進める方法が得策。
  • 転職エージェントを利用する際は、求人紹介だけでなくスカウトサービスも実施しているdodaの利用がおすすめ。
doda

\スカウトサービスあり!/
公式HPを見る
(簡単登録)

dodaの詳細記事を見る

次の仕事決まってないけど辞めるときはどのくらい貯金は必要?

次の仕事決まってないけど辞めるときはどのくらい貯金は必要?

次の仕事が決まらないまま退職する際は、3か月分以上の生活費と転職活動にかかる費用をまかなえる貯金が必要です。なぜなら、一般的に転職活動にかかる期間は3か月程度と言われているためです。

生活費は各々で異なるものの、100万円前後の貯金があると、次の仕事が決まっていない状態で退職してもお金に困ることはないでしょう。

ここからは、退職後に転職活動をする場合、どのような部分にお金がかかるのかについて紹介します。

転職活動の交通費や宿泊費

転職活動の交通費や宿泊費は、予想以上にお金がかかります。なぜなら、一度の面接だけで合否を判断する企業が少ないためです。

基本的に、面接は一次・二次・最終と三段階で行われます。そのため、例えば自宅から企業までの交通費が往復で1,000円かかる場合は、内定を得るまでに3,000円の交通費が必要です。

近隣県へ転職をする場合は、交通費に加えて宿泊費もかかります。交通費と宿泊費を合わせると、一度の面接で2万円以上かかるケースも珍しくありません。

また、一社で転職が決まらなければ、さらに交通費や宿泊費がかかるでしょう。

転職活動にかかる費用は想像以上に多いため、仕事を辞めて転職活動をする場合は、生活費に加えて5万〜10万円ほどの予備資金が必要です。

家賃や光熱費などの生活費

ひとり暮らしをしている方の場合は、家賃や光熱費などの生活費をまかなえる貯金が必要です。

転職活動を始めてから内定を得るまでには、一般的に3〜6か月程度かかります。そのため、3〜6か月分の家賃・光熱費・食費・日用品費などをまかなえる貯金を確保しておきましょう。

生活費を割り出す際は口座を確認し、今までのお金の使い方から必要になる金額を算出する方法がおすすめです。

なお、自宅で過ごす時間が長くなる分、光熱費や日用品費は高くなる傾向にあるため、注意しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
光熱費は季節によって異なるものの、1,000円以上高くなるケースもあるよ。

今まで天引きされていた税金や保険料

無職の期間は、今まで給与から天引きされていた税金や保険料を自分で支払います。自己負担して支払う税金や保険料の1か月の金額は、下記の通りです。

  • 住民税:前年の課税所得の10%÷12か月
  • 国民健康保険:約20,000円
  • 国民年金:16,540円

住民税・国民健康保険・国民年金の手続きは、近くの市役所で行います。

上記の金額はあくまでも目安であり、所得によって金額は若干異なる点に注意してください。無職の期間は生活費・転職活動にかかる費用だけでなく、税金や保険料による支出がある点も理解しておきましょう。

今すぐ仕事辞めたいけどお金がないときの対処法5選

今すぐ仕事辞めたいけどお金がないときの対処法5選

転職したい方の中には、「今すぐ仕事を辞めたいけれどお金がない」という方もいるでしょう。

お金がない状況で転職活動を進める際は、下記の対処法がおすすめです。

  • 今すぐ転職活動を始める
  • ボーナスをもらうまで我慢して辞める
  • ひとり暮らしなら実家に戻って転職活動をする
  • 生活費を切り詰めてやめた後の資金を作る
  • とりあえず今すぐ仕事を辞めて切り替えて転職活動をする

ここからは、5つの対処法について解説します。

今すぐ転職活動を始める

「お金がない」と不安を抱えているのであれば、仕事を辞めず今すぐ転職活動を始めましょう。

仕事を辞めて転職活動を始めると貯金が一気に減っていくため、精神的に追い詰められたり経済的な負担が大きくなったりします。

精神的に不安定な状況で転職活動を進めると正常な判断ができず、希望条件に合わない企業へ転職する可能性が高くなるでしょう。転職に成功した方の多くは、仕事をしながら転職に必要な情報を集める傾向です。

例えば、転職エージェントに登録してアドバイザーに相談したりハローワークでどのような求人が出されているのかをチェックしたりすると、転職に向けた準備ができます。

適正な判断をしたい・経済的な負担を小さくしたい方は、仕事を続けながら今すぐ転職活動を始める方法がおすすめです。

ボーナスをもらうまで我慢して辞める

お金がない方は、ボーナスをもらうまで辞めるのを我慢する方法も有効です。ボーナスの支給額は職場の規模・勤続年数などによって異なりますが、ボーナスをもらった後であれば金銭的な余裕が出やすくなります。

実際に、ボーナスをもらうタイミングで退職する方は多いです。

ただし、上司のパワハラ・長時間労働などで体調を崩しそうな方の場合は、ボーナスをもらう前に辞めたほうがよいでしょう。仕事を将来的に続けていくには、一時的な収入よりも体のほうが大切です。

ボーナスをもらうまで仕事を続ける場合は、ボーナスをもらった後にすぐ辞められるよう、転職エージェントに登録して事前に転職する段取りをしておきましょう。

ひとり暮らしなら実家に戻って転職活動をする

ひとり暮らしをしている方は、実家に戻って転職活動をすると、金銭的な負担を軽減できます。実家に戻ると、家賃・光熱費・食費などを抑えられるため、1か月で10万円以上の生活費を抑えられる方も多くいるでしょう。

生活費が浮く分、転職活動の交通費・宿泊費を惜しみなく出せることから、万全な状態で転職活動を進められます。

また、実家に戻って転職活動を進める方は親に「〇月までに転職する」と宣言すると、目標に向けて行動がしやすく、短期間で内定を得られるでしょう。

生活費を切り詰めてやめた後の資金を作る

仕事を辞めて転職活動に専念したい方は、生活費を切り詰めてやめた後の資金を作る方法がおすすめです。生活費を切り詰めると、節約術が身につくだけでなく貯金も貯まるため、転職活動が長期化しても安心できます。

生活費を切り詰めると聞くと、「大変そう」と思う方もいますが、下記の節約術は比較的簡単に取り組めるため、チャレンジしてみましょう。

  • スマホを格安SIMに乗り換える
  • コンビニの利用を控える
  • 利用しているサブスクリプションを見直す

すべてを取り組むと、1か月あたり2万円以上も生活費を切り詰められる方もいるでしょう。余裕がある方は、光熱費を見直したり自炊する頻度を増やしたりすると、金銭的なゆとりがさらに生まれます。

とりあえず今すぐ仕事を辞めて切り替えて転職活動をする

手元にお金が少ない方でも、今すぐ仕事を辞めて転職活動をすることは可能です。なぜなら、日本には求職者向けにさまざま給付金制度が設けられているためです。

求職者が対象の給付金制度には、下記のものが挙げられます。

  • 失業保険
  • 教育訓練給付金
  • 技能取得手当
  • 広域求職活動支援費
  • 就職促進給付

各給付金制度は、近くの市役所・ハローワークなどで申請できます。各給付金制度の特徴は、下記の通りです。

失業保険

失業保険は、就職する意思がある方・特定の理由で就職できない方に手当金を給付する制度です。手当金の額は「(退職前6か月分の賃金÷180日)×給付率(50〜80%)」の数式で算出できます。

給付期間は被保険者期間によって定めらられています。被保険者期間が10年未満は90日間・10年以上20年未満は120日間・20年以上は150日間です。

教育訓練給付金

教育訓練給付金は、能力開発・キャリア形成に関わる費用を一部支援する給付金です。例えば、介護福祉士・看護師などの資格取得を目指す講座・IT関連の講座(プログラミングスクールなど)にかかる費用を最大で70%支援します。

上記で挙げた講座以外にも、教育給付金の対象となる講座は複数あるため、教育訓練講座検索システムを活用して調べてみましょう。

技能習得手当

技能習得手当は、再就職をする際に公共職業訓練を受講すると得られる手当です。受講手当と通所手当に分かれており、受講手当の上限額は20,000円、通所手当の上限額は42,500円と決められています。

公共職業訓練で学べる内容は、Web制作・金属加工・不動産など多岐にわたります。

広域求職活動支援費

広域活動支援費は、ハローワーク経由で遠方にある企業の面接を受ける際に、交通費および宿泊費を支援する制度です。広域活動支援費を受給するには、「利用したハローワークと紹介を受けた企業の距離が200km以上離れていること」などの要件が定められています。

転職活動にかかる費用を大幅に削減できるため、遠方に転職したい方は広域求職支援費の利用を検討してみましょう。

就職促進給付

就職促進給付は、再就職手当・就業促進定着手当・就業手当などの総称です。基本的には、再就職後に得られる手当となっています。再就職をした際には、受給要件を確認して忘れず申請しましょう。

さまざまな給付金制度がある一方で、一つひとつの金額は少額です。就職にかかる費用を一部支援する制度であり、無職期間中の生活費をサポートする制度ではない点に注意しましょう。

お金がないけど仕事を辞めたい方に一番おすすめな対処方法

30代でスキルがなくて「できる仕事がない」と悩んでいる人におすすめな仕事

お金はないものの仕事を辞めたい方は、無職の期間を設けず今すぐに転職活動を始める方法がおすすめです。無職の期間を設けるとダラダラと過ごす機会が増え、時間・お金を浪費します。

そのため、お金をかけず短期間で転職したい方は仕事と転職活動を並行する方法が適しています。効率よく転職に関する情報を集めたい方は、複数の転職エージェントに登録しましょう。

転職活動を最短で終わらせるのにおすすめの転職エージェント

転職活動を最短で終わらせたい方におすすめの転職エージェントは、下記の2つです。

  • リクルートエージェント
  • doda

どちらの転職エージェントも、求人数・転職支援実績数が豊富なため、短期間で転職へ導く能力が高いと言えます。

ここからは、各転職エージェントの特徴を紹介します。

doda|転職業界No.2の転職エージェント

引用:doda

dodaは、リクルートエージェント・マイナビエージェントと並び、転職希望者に人気のある転職エージェントです。

求人紹介だけでなく、採用担当者目線で見る採用・不採用を判断するポイント・面接力アップセミナーなど、利用者に有益なイベントを無料で開催しています。イベントに参加すると転職に必要なノウハウを得られるため、希望する企業から内定を得られる可能性がアップするでしょう。

また、dodaでは利用者の経歴に興味を持った企業からスカウトが届きます。スカウト経由で転職活動をすると、書類選考や一次面接免除になるため、通常よりも短期間で内定を得られます。短期間で内定を得ると、転職活動にかかる費用や生活費などの負担を軽減することが可能です。

dodaの強みは、貯金を切り崩したり精神的に追い込まれたりする前に転職できる点です。お金をかけず短期間で転職活動を終えたい方は、dodaに必ず登録しておきましょう。

\スカウトサービスあり!/
無料登録をする
(公式サイト)

【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...

リクルートエージェント|転職実績No.1の転職エージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績が国内トップクラスの転職エージェントです。一般公開されている求人以外に、10万件以上の非公開求人を有しているという特徴があります。

リクルートエージェントでは、転職相談・求人紹介・応募書類や面接のアドバイス・入社時期の調整など、すべてのサービスを無料で提供しています。利用者の強みを理解した上で求人紹介をすることから、一社で内定を得られる可能性が高い傾向です。

つまり、交通費や宿泊費などの費用を抑えて内定を得られるため、リクルートエージェントは手持ちのお金が少ない方でも利用しやすい転職エージェントです。

貯金を減らさずに転職先を見つけたい方は、リクルートエージェントを活用しましょう。

\転職成功者の8割が利用!/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

お金なくて仕事を辞めたいなら今すぐ転職活動を始めよう!

転職先を決めないまま仕事を辞めると、金銭的に苦しくなるため基本的にはNGです。短期間で転職を進めたいなら、今すぐ転職活動を始めましょう。

リクルートエージェントやdodaは、利用者を短期間で転職に導くことで知られている転職エージェントです。特にdodaでは、求人紹介だけでなく企業からのスカウトによる転職もできます。短期間かつお金をかけずに転職しやすいため、手元にお金が少ない方はdodaに必ず登録しておきましょう。

\スカウトサービスあり!/
無料登録をする
(公式サイト)

【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...
転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...