転職コラム

【仕事を辞めたいけど次がない人必見】辞める前にやるべきことと転職活動のポイントを解説

「今の職場を辞めたい、でも次の仕事が決まっていないから」と退職をためらっている人は多いです。

また、感情に任せて退職してしまうと損をするケースもあります。転職先を決めてから辞めた方が多くのメリットがあるので、退職する前に転職活動をスタートしましょう。

今の職場を辞めたいなら転職エージェントを利用して、スピーディーに転職先を決めましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仕事を辞める前に転職活動を始めれば、金銭的にも精神的にも余裕が持てるね。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
もし次の仕事が決まる前に辞めるなら、生活費を確保したり、税金について調べたりして、きちんと計画を立てるのが重要ですよ。
本記事をまとめると…
  • 次がない状態で退職するのは金銭的・精神的な不安が大きい。また、キャリアに空白ができると転職に不利になる可能性がある。
  • 転職先が決まってから今の仕事を辞める方が妥協しない転職活動ができる!
  • 次の仕事を早く決めるには転職エージェントを活用しよう!おすすめは案件数No.1の「リクルートエージェント」!
リクルートエージェント

\求人数No.1!/
公式HPを見る
(公式サイト)

リクルートエージェントの詳細

仕事を辞めたいけど次がない状態で辞めるとどうなる?

仕事を辞めたいけど次がない状態で辞めるとどうなる?

仕事が決まっていないのに辞めた場合、どのような影響があるのでしょうか。以下の3点について解説します。

  • 金銭的に不安になる
  • 精神的に余裕がなくなる
  • 転職に不利になる

 

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職先が決まっていないと不安になってしまいますよね…

金銭的に不安になる

転職先が決まっていない状態で今の仕事を辞めると、次の仕事が決まって働き始めるまでの間、収入がありません。

そのため、貯金を取り崩して生活費をまかなうことになってしまいます。1か月程度なら問題ないかもしれませんが、新しい仕事がすぐに見つかるとは限りません。

毎月の家賃・光熱費・食費などの固定支出は意外に大きいため、すぐに仕事が見つからなければ貯金額はみるみる減っていきます。

貯金額に余裕がなくなり、金銭的な不安に陥ってしまうでしょう。

仕事を辞めたいけどお金がない!今すぐ仕事を辞めたい方におすすめの対処方法を紹介 転職活動をする際は、交通費・宿泊費などで想像以上にお金がかかります。そのため、基本的には仕事を続けながら転職活動を始める...

精神的に余裕がなくなる

毎月入ってきていた給料がなくなると、金銭的な余裕がなくなります。そして金銭的に苦しくなると不安に襲われ、精神的に不安定になってしまう人もいるでしょう。

すぐに仕事が決まらなかった場合は、貯金を取り崩して生活費を捻出します。そのため、節約する必要が出てくるでしょう。

そうすると食費を削ったり、嗜好品代・交際費を節約したりして、我慢しなければなりません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
「このまま無職だったらどうしよう…」という心配と金銭的な不安が、ストレスとしてのしかかってきますね。 

転職に不利になる

仕事をしていない空白の期間があると企業側に不信感を与えてしまい、転職の際に不利になる場合があります。

また、仕事が決まらない期間が長引くと、早く何とかしたいという焦りが生じ、就職することが一番の目的になってしまいます。

そのため、転職先を妥協して決めてしまうかもしれません。焦った結果、本来やりたかった業務内容や求めていた待遇ではない会社に就職してしまうとあとで後悔するでしょう。

仕事を辞めたいけど次がない状態で辞める前にやるべきこと

仕事を辞めたいけど次がない状態で辞める前にやるべきこと

転職先が決まっていない状態で退職するなら、以下の4つのことをやっておきましょう。

  • 当面の生活費を確保する
  • 失業保険について調べる
  • 健康保険をどうするか決める
  • 辞めた後の住民税を計算しておく

 

後輩ちゃん
後輩ちゃん
先のことを考えて準備しておくのは大切ですね。

当面の生活費を確保する

転職活動の期間は平均で3か月程度と言われています。しかしすぐに新しい仕事を始めたいと思っていても、仕事が見つかるまでの期間は自分ではコントロールできません。

そのため、しばらく就職しなかった場合を想定して、数か月分の生活費を確保しておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
毎月の固定費や交際費のほかにも、少し余裕をもった金額を準備しておくと、思わぬ出費があっても安心だね。

失業保険について調べる

雇用保険の失業等給付の受給対象かどうかも事前に調べておきましょう。失業等給付は、原則として離職日以前の2年間に12か月以上の雇用保険加入期間のある人が対象です。

また、自己都合退職の場合は、7日間の待機期間後から2か月または3か月後に支給が開始されます。なお、給付を受けるには、ハローワークで受給資格決定の手続きが必要です。

参考:厚生労働省「離職されたみなさまへ

健康保険をどうするか決める

転職先が未定のまま退職する場合には、自分で健康保険の手続きをしましょう。

会社に所属している人は、勤務先の健康保険に自動的に加入しています。しかし、退職後は以下の3つのうちいずれかの手続きが必要です。

  • 直前の勤務先で加入していた健康保険の任意継続制度を利用
  • 国民健康保険に加入
  • 家族の扶養に入る

任意継続保険は退職翌日から20日以内、国民健康保険は14日以内と申請の期間が定められています。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
健康保険や扶養の加入条件や必要書類を、事前に確認しておいてくださいね。 

辞めた後の住民税を計算しておく

会社に勤めている間の住民税は、特別徴収といって、給料から毎月天引きされています。

しかし、退職したあとは普通徴収に切り替わるため、自ら納付が必要です。普通徴収は後払いで、自治体から自宅に納付書が届きます。

また住民税は、前年の所得に対して課税されるという点に注意しましょう。つまり退職によって所得が減っても、その翌年の住民税額は減額になりません。

住民税のおおよその金額をあらかじめ計算しておくとよいでしょう。

仕事を辞める前に転職活動を始めるメリット

仕事を辞める前に転職活動を始めるメリット

可能であれば、今の仕事を辞める前に転職活動をスタートしておいた方がメリットが多くあります。以下、3点について解説します。

  • 金銭的・精神的に余裕がある
  • 勤めている会社と比較できる
  • 転職先を妥協しなくて済む

 

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
余裕をもって転職活動するのが成功のポイントかもしれないね!

金銭的・精神的に余裕がある

仕事を辞める前に転職活動を始めると、毎月安定した収入を得て金銭的に余裕のある状態を保てます。

金銭的にゆとりがあり、生活費が確保できていれば、精神的に不安定にならないでしょう。そのため、無理をしたり焦ったりすることなく、転職活動ができます。

逆に退職してからの転職活動では、金銭的・精神的なゆとりがなく、無理をして体調を崩してしまうかもしれません。

ほかにも、希望条件に合わない会社に就職してしまうといった、悪影響が及ぶ可能性があります。

勤めている会社と比較できる

仕事を辞める前に転職活動を始めれば、今の会社と比較できます。誰しも、今より良い条件や環境で仕事ができる会社に転職したいはずです。

働きながら転職活動すれば、現状と転職先の会社を比較できるため、判断がしやすくなるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
どうしても判断がつかない場合は、それぞれの会社の良いところと悪いところを項目ごとに書き出してリストを作ってみてください。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
項目ごとに整理すれば、冷静に比較して判断できますね。 

転職先を妥協しなくて済む

退職する前に転職活動をスタートすると、転職先を妥協せずに済むでしょう。仕事がない状態での転職活動は、「とにかく就職しなければいけない」という焦りを生みます。

そのため、前職と変わらない、もしくは前職よりも条件の悪い仕事に飛びついてしまうかもしれません。

しかし退職前に転職活動をしている場合、勤めている会社よりも良いと思える会社があれば退職すればよいだけです。結果的に妥協せずに転職先を選べます。

仕事を辞めたいけど次がない場合の転職活動のコツ

仕事を辞めたいけど次がない場合の転職活動のコツ

転職先をきちんと決めてから今の仕事を辞めたいなら、スムーズに転職活動ができるようにしましょう。以下、4つのコツを紹介します。

  • 自己分析をしっかり行う
  • 今後のキャリアを考える
  • 転職先に求めることに優先順位をつける
  • 転職エージェントを利用する

 

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職エージェントを利用すれば、自己分析・キャリアプランの計画などもアドバイスしてもらえるよ!

自己分析をしっかり行う

転職を成功させるためには、自分の適性やスキルをしっかりと棚卸しして戦略を立てる必要があります。

しかし、「自分では適性・スキルがわからない」という方には、ミイダスの診断ツールがおすすめです。

ミイダスに登録すると、経歴・スキルなどから自分の市場価値が分析され、企業から直接オファーが届きます。

また、スキルやパーソナリティの診断・分析も可能です。さらに、7万人もの転職データを公開しているため、自分と近い経歴の人の転職先なども参考にできます。

今後のキャリアを考える

自己分析や経歴の棚卸しを通して自分の適性・スキルが整理できたら、今後のキャリアプランについて考えてみましょう。

そうすると、今の自分に足りない部分や、これから身につけたいスキルが見えてくるはずです。

また、仕事について考えると同時に、「どこに住んでどんな生活を送りたいのか」といった生き方全体を見つめなおしてみるのも効果的でしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
しっかりとキャリアプランを立てれば、これから取り組むべきことがわかるよ。 

転職先に求めることに優先順位をつける

仕事をする上で、自分が大切に考えるのは何かを明確にしましょう。転職先に求めることの優先順位を付けて、選択の基準にします。

人によって大事にする点は違いますが、仕事内容・給料・職場の人間関係などについて考えてみてください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職先で働く自分をできるだけ具体的にイメージしてみるのもよいです。働き始めてからギャップが生じないように、しっかりと検討しましょう!

転職エージェントを利用する

転職エージェントを上手く活用するのもポイントです。自己分析や適性の見極めは、第三者からのアドバイスで気付ける点も多くあります。

また、応募書類や面接の受け答えに関して転職のプロからフィードバックしてもらえば、選考通過の可能性が上がるでしょう。

あなたを客観的な目で見てくれる転職エージェントは頼もしい存在です。サポートを受ければ、スピーディーかつスムーズに転職できます。

仕事を辞めたいけど次がない人におすすめの転職エージェント

転職先を決めてから、今の職場を退職したい方におすすめの転職エージェントは以下の2つです。それぞれの転職エージェントの特徴を解説します。

  • リクルートエージェント| 案件数No.1
  • マイナビエージェント| 20代・30代の転職に定評あり

 

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
求人案件数No.1のリクルートエージェントが特におすすめだよ!

リクルートエージェント| 案件数No.1

転職エージェントならリクルートエージェント

※引用:リクルートエージェント公式

エージェント名 リクルートエージェント
おすすめ度
求人数 30万件以上
エリア 全国、海外
公式ホームページ https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントの特徴
  • 求人案件数No.1
  • 転職支援実績No.1
  • 非公開求人数は20万件以上

 

リクルートエージェントは、求人案件の数が最も多い転職エージェントです。また、転職支援実績も業界No.1を誇ります。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたのスキルや希望に合った求人の紹介や応募書類の添削・面接対策などをしてくれます。

土日や平日の夜間などの希望する時間にも面談してくれるので、仕事をしている方も利用しやすいでしょう。

転職するための総合的なサポートが受けられるため、転職が初めての方や転職経験のある方など、さまざまな経歴の方におすすめです。

No.1の案件数なので、自分に合った求人が見つかる可能性が高く、転職の可能性を広げられるでしょう。

\求人数No.1!/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

マイナビエージェント| 20代・30代の転職に定評あり

マイナビエージェント

※引用:マイナビエージェント公式

名前 マイナビエージェント
おすすめ度
求人数 6万件以上
エリア 全国、海外
公式ホームページ https://mynavi-agent.jp/

 

マイナビエージェントの特徴
  • 20代~30代の経験が少ない層の転職に定評あり
  • 専任のキャリアカウンセラーがサポート
  • 高いマッチング力

 

マイナビエージェントは、20代~30代の転職に強く、サポート力に定評がある転職エージェントです。

キャリアアドバイザーは業界・エリアごとの専任制で、各業界を知り尽くしています。そのため、あなたに最適な求人の紹介が可能です。

また、キャリアアドバイザーは、転職希望者の話をじっくり聞くことを大切にしています。親切で丁寧な個別サポートが利用者から好評です。

さらに、企業担当者とやりとりする企業担当アドバイザーが在籍しており、職場の環境などの求人票からは分からない情報も伝えてくれます。

サポートが手厚くて充実しているので、20代・30代の若手や転職が初めてという方に特におすすめの転職エージェントです。

\20代・30代向け!/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビエージェントはひどいって本当?マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|マイナビ利用者にインタビュー マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職...

仕事を辞める前から転職活動を始めよう

仕事を辞める前に転職活動を始めた方が、金銭的・精神的なゆとりをもった転職活動が可能で、メリットが多くあります。

そして、「早く転職先を決めたい」「スムーズに転職したい」という方は、転職エージェントを利用しましょう。

転職に関する豊富なノウハウを持ったアドバイザーのサポートが受けられます。

自分の適性やスキルに合った会社への転職を目指すなら、リクルートエージェントが特におすすめです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
求人数No.1のリクルートエージェントなら、希望に合った求人が見つかるよ!

\求人数No.1!/
無料登録をする
(公式サイト)

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...
マイナビエージェントはひどいって本当?マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|マイナビ利用者にインタビュー マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職...
【実は天国?】サラリーマンが辛すぎる?脱サラ筆者がサラリーマンに戻りたい理由|人生無駄じゃないです あなたの脱サラしたいという考え、実は転職で解決できませんか?近年では脱サラに対する期待値が高く、夢見る人が多くいますが、...
仕事を辞める勇気が出ない7つの原因|仕事を辞める勇気を出す簡単な方法|仕事辞めたら人生楽しすぎ!仕事をやめる勇気が出ないとき、「なぜやめる勇気が出ないのか?」と理由を掘り下げて「仕事をやめる勇気を出す方法」をご紹介しています。まず、なぜ勇気が出ないのかの分析が必要です。本記事を読んで、仕事をやめる勇気を出しましょう。...
【人生終了】仕事がつまらなくて暇な人が今日からやるべきことまとめ仕事がつまらなくて暇な人は必見な記事です。人生の3分の1の時間を仕事に費やします。仕事を充実させる=人生を充実させること。今日から行動できるアクションプランをご紹介しています。...