転職コラム

会社で居場所がないと感じたときの対処法と職場で孤立してしまいがちな人の特徴

後輩ちゃん
後輩ちゃん
会社で居場所がないと感じています…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
もしかすると今の会社が合っていないだけかもしれません!

「最近、部下の愛想笑いが目につく」

「同僚とすれ違う時に目をそらされた」

「退社後の飲み会やイベントに誘われなくなった」

このような経験があると、胸がざわざわして不安な気持ちになってしまいます。初めは「気のせいだろう」と特に気にもとめずに過ごしていたら、いつの間にか会社で居場所がなくなってしまうこともあります。

本記事では、会社で居場所がないと感じた時の対処法と職場で孤立してしまう人の特徴について説明します。

1分で本記事をまとめると
  • 今の会社に居場所がないなら、自分から会社の人に合わせて歩み寄る転職して仕事場を変えるかしかありません。
  • そもそも、孤立させるような職場はやばいので転職した方がよい。人間関係で揉めると仕事にも支障がでたり、うつ病になる可能性もある。
  • 転職するときは転職エージェントを利用して転職するのがおすすめ。その理由はたくさんあるが、一番はあなたに合った求人を紹介してくれるから。
  • リクルートエージェント転職成功者のほとんどが利用しているので、転職をこれから始める方には必ず登録してほしい転職エージェント!

\辛いならまずは相談!/
無料登録する
(公式サイト)

職場の人間関係と離職の関係性

職場の人間関係と離職の関係性

職場の人間関係がきっかけで職場に孤立し、働くのが苦しく感じてしまうことはよくあります。一方で、人間関係により退職を考えることは、逃げになるのでは?という疑問もあるかと思います。

人間関係により退職をしてしまうとイメージが悪いのでは?と悩んでしまうケースもありますが、実は人間関係がきっかけで退職する人は少なくないです。

以下は、厚生労働省が発表している離職理由です。

離職理由

厚生労働省|離職理由

  • 労働条件(賃金以外)がよくなかったから 27.3%
  • 満足のいく仕事内容ではなかったから 26.7%
  • 賃金が低かったから 25.1%
  • 人間関係がうまくいかなかったから 17.7%
  • 能力・実績が正当に評価されないから 15.9%

と、約5人に1人が人間関係を原因に退職しているのです。

主な退職理由としては、労働条件面や仕事内容が原因となっていますが、そのような不満を抱えていても、退職せずに踏みとどまれるのは、人間関係の良さであることが多かったりします。

それほど大切な「人間関係」が良好でないと、不満を抱えたまま今の仕事を続けるのは厳しいものがあります。

このように、労働条件の良し悪しが退職理由にストレートに直結するものの、人間関係の良し悪しが退職を踏みとどまるストッパーの役割を果たしています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人間関係が悪化し、孤立してしまったことを受けて、退職に踏み切ってしまう人も少なくないんだ。
人間関係が原因で仕事を辞めたい人が幸せな転職をするための10の方法 人間関係が原因で、転職を考えている人も多いことでしょう。 人間関係が原因で転職活動をする場合、転職活動そのものを大切にする...
辞めるべき会社の特徴20選!こんな中小企業は何としても辞めた方がいい あなたは「今の会社おかしいかも…?」と思ったことありませんか? しかし、実際は「違和感」をその場でスルーして嫌々な...

会社に居場所がないことのデメリット

会社に居場所がないことのデメリット

人は心理学的にも孤独であることを嫌います。誰かと常に関わっていたいというのは、自然の感情です。

毎日通勤する会社で居場所がなければ、気分も下がり、辞めたくなってしまうこともあるかもしれません。

まずは会社に居場所がないことのデメリットについて説明します。

仕事に対するモチベーションが下がる

会社で居場所がないデメリットの1つ目は、仕事に対するモチベーションが下がることです。

アメリカ合衆国の心理学者アブラハム・ハロルド・マズローが唱えた「マズローの欲求5段階説」によると、人間は「所属と愛の欲求」を持っています。これは、

  • 孤独を避けたい
  • 家族やパートナー、友人、同僚、仲間などとの一員として所属したい
  • 周囲の人から愛されたい

といった欲求です。そして「所属と愛の欲求」は「欠乏動機」に分類され、欲求が満たされていないと不満を感じます。

つまり、精神的に不安定になるのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
会社で居場所がなくなると、精神的に不安定になりやすく、仕事自体へのモチベーションも下がりますね

連携業務が滞ってしまう

会社で居場所がないデメリットの2つ目は、連携業務が滞ってしまうことです。

多くの会社の仕事は、周囲との連携が必要不可欠です。1人だけで完結できる仕事は決して多くありません。

そのような中で職場で孤立してしまうと、連携業務が滞ってしまいます。連携業務が遅延してしまうと、会社全体の業務進捗にも影響を与え、会社に悪影響をもたらしかねません。

また、業務を進める中で他の人がどのような業務をしており、自分の仕事とどのようにリンクしているのかを知ることは、業務を効率的に進めるにあたって必要不可欠です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人間関係が悪化し職場で孤立してしまっていると、他の人の業務内容を知ることができず、業務を効率的に進めることができなくなってしまうんだ。

仕事のミスが多くなる

会社で居場所がないデメリットの3つ目は、仕事のミスが多くなることです。

会社に居場所がないというのは、仕事仲間とコミュニケーションが上手く取れていない、とも言い換えることができます。

仕事をする際には、仕事関連の話だけではなく、上司・同僚・部下といった人とのコミュニケーションも重要です。

もちろん業種・業務によっては、一人で黙々と作業をするタイプの仕事もありますが、それでも全く誰ともコミュニケーションを取らずに済む仕事などありません。

コミュニケーションがうまく取れていないと、重要な連絡を見逃す・聞き逃すといった可能性が高まりますし、日頃の何気ない会話の中で得られるはずの仕事に関する情報やヒントを掴むチャンスも失います。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事でミスをする可能性が高まり、さらにミスをしても誰も指摘をしてくれないという、負のループに陥るリスクがあるのですね。

スキルアップできなくなる

会社で居場所がないデメリットの4つ目は、スキルアップができなくなることです。

職場には自分よりもスキルが豊富な先輩がいるかと思いますが、職場で孤立してしまうとそのような方から教えてもらうことができなくなってしまいます。効率的に業務を進めるにあたってスキルアップは不可欠ですが、人間関係によってその機会を奪われてしまうのです。

スキルアップし、業務をスムーズに進めることができるようになると、仕事に対するモチベーションも高まってきますが、その機会を得ることができなくなってしまうのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
成長できないまま、周囲からは更に白い目で見られるようになり、ますます会社に居づらくなってしまうんだ。

精神的に参ってしまう

会社で居場所がないデメリットの5つ目は、精神的に参ってしまうことです。

厚生労働省の統計によると、離職理由の大部分は、労働条件面で折り合いがつかないことが挙げられます。労働条件に不満を抱えながらも退職せずにいられるのは、人間関係が良好だからだ、ということも多いです。

つまり、人間関係が会社に居続けられる拠り所となっているケースは多いです。

しかし、会社に居場所がないと、人間関係における心のサポートを受けることができません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
今の労働条件で働き続けることが難しくなっていきますね…。

\辛いならまずは相談!/
無料登録する
リクルートエージェント

居場所がなくなってしまう外的要因

居場所がなくなってしまう外的要因

職場で居場所がなくなってしまう原因は、上司や同僚との関係などの外的な要因や、性格など自分側の内的要因に分かれます。

ここでは、上司や同僚との関係などの、自分以外の外的要因による職場での孤立について解説していきます。

上司や同僚からの嫌がらせ

職場で孤立する外的要因の1つ目は、上司や同僚からの嫌がらせです。

上司が古い考え方の人だと、パワハラやセクハラなどのハラスメントのオンパレード、という会社もあります。また、同僚との空気感が合わない、ノリが違うなどによって同僚から嫌がらせを受けるということもあります。

上司や同僚からの嫌がらせには、以下のようなものが挙げられます。

  • 怒鳴られる、理不尽に怒られる
  • 自分のミスをなすりつけてくる
  • 意図的に仕事に必要な情報を伝えず、自分にミスさせる
  • どう考えても無理な仕事量を振られる
  • プロジェクトから理不尽に外される
  • 仕事への横やり・濡れ衣

このような形で上司や同僚からハラスメントをしてくることがあります。

職場でのパワハラ・いじめ…。人間関係で会社から逃げたい人はすぐに転職すべき! 職場の「パワーハラスメント(パワハラ)」「いじめ・嫌がらせ」が、近年、社会問題として顕在化してきています。 いじめ・嫌がら...

社風やノリが自分に合わない

職場で孤立する外的要因の2つ目は、社風やノリが自分に合わないという点です。

会社の雰囲気・社風が自分とマッチしているかどうかは、気持ちよく働くうえで非常に大切な要素です。

例えば、物静かで落ち着いた雰囲気が好き、休日は家でゆっくりしたい、という方が、体育会系の職場に就職し、ワイワイやりながら休みも含めてずっと一緒にいたがるようなメンバーの多い会社で働いたとしたらどうでしょう?

自分の望むスタイルを実現することがまったくできず、人間関係でとても苦しんでしまいますよね。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
周囲のメンバーにとっても、社風やノリが会社と合わない人を受け入れることは難しいんだ。

\辛いならまずは相談!/
無料登録する
リクルートエージェント

体育会系の会社を辞めたい…。体育会系企業が「合わない」「馴染めない」なら転職した方が幸せになれる 体育会系の会社は、合う・合わないがはっきりと分かれます。 あなたが現在、体育会系の会社にお勤めで「合わない」「馴染...

職場の人間関係で孤立しがちな人の特徴

職場の人間関係で孤立しがちな人の特徴

職場の人間関係で孤立してしまうのはなぜでしょうか。

孤立しがちな人に多い特徴をつかめれば、事前に防いだり、解決しやすくなったりするかもしれません。

そこで本章では、どのような人が職場で孤立してしまうのかについて説明します。

自分が該当していると感じたら、改善するように心がけましょう。

話しかけにくい雰囲気

職場の人間関係で孤立してしまう人の1つ目は、話しかけにくい雰囲気をあなたが出していることです。

周囲があなたを友好的に受け入れようとしていても、あなたに話しかけにくい雰囲気があると、周囲の人が声をかけづらいです。

話しかけにくい雰囲気の特徴は下記のようなものがあげられます。

  • 無表情で、何を考えているのかわからない
  • ため息・舌打ちをよくしている
  • いつもせわしなく動いている
  • 真面目すぎる
  • 単独行動が多い

このような特徴に当てはまる方は、周囲から話しかけにくい雰囲気を醸し出していると思った方がいいです。

終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう未来がない会社に在籍していると、自分の将来が危険です。そこで今回は、未来がない会社の特徴を10つピックアップしました。2〜3つでも当てはまっていたらアウトです。...

ネガティブ思考による悪影響

職場の人間関係で孤立してしまう人の2つ目は、ネガティブ思考による悪影響です。

ネガティブ思考をしていると、せっかく周囲の方が友好的に話しかけたり、好意的に行動を取ってくれたりしても、それを素直に受け取ることができず、「どうせ私なんか…」と否定的になってしまいます。

ネガティブ思考をしていると、周囲からは「あの人に何かしてあげても、ネガティブな反応ばかりされるから何もしてあげたくない」と思われてしまいます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ポジティブな考えをしている人は人気がありますね。ネガティブなことばかり考えたり発していたりすると、人が誰も寄り付かなくなりそうです。

中途採用で同期がいない

職場の人間関係で孤立してしまう人の3つ目は、中途採用などで同期がいないことです。

会社によっては、中途採用があまり行われておらず、新卒採用がメインの会社もあるかと思います。新卒採用で入社した人同士は、同期として結束が深まっていることが多いです。

そのように結束が深まっている職場の中に、中途採用として入社すると、周囲は気をつかってしまいますよね。日本人は、初対面では距離を置きやすく、時間をかけて仲良くなる傾向にあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自分から能動的にコミュニケーションを取っていかないと、周囲から浮いてしまうんだ。

自分勝手にふるまっている

職場の人間関係で孤立してしまう人の4つ目は、自分勝手にふるまっているということです。自分勝手な人と深く付き合いたくないというのは、ほとんどの人が当てはまるでしょう。

自分勝手な人が孤立してしまう、というのは一見当たり前だと思いますが、これの難しいところは、そういう人ほど自覚をなくしてしまいがちだということです。

例えば、仕事に関わるちょっとした雑用を頼んだとしてもミスを繰り返す、その分のフォローがない、などしていれば「自分勝手な人だ」と思われてしまうことがあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
納期や提出期限があるものに対して〆切を平気でやぶってしまうような人も、自分勝手な人だという判断をされてしまいますね。

他のスタッフとコミュニケーションを取ろうとしない

職場の人間関係で孤立してしまう人の5つ目は、他のスタッフとコミュニケーションを取ろうとしないことです。

自分としては「孤立してしまった」と感じるかもしれませんが、そもそも自分からコミュニケーションを取ろうとしなかった可能性もあります。

人見知りやシャイなど、性格によっては悪気なくコミュニケーションが上手く取れないこともあるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
しかし、周囲の人間からすると「話しかけづらい」「関わらない方がいいのかもしれない」と距離を取られてしまうんだ。

\辛いならまずは相談!/
無料登録する
リクルートエージェント

会社で居場所がないと感じたときにやるべきこと

会社で居場所がないと感じたときにやるべきこと

会社で居場所がなくなったとき、一体何をすれば良いでしょうか。転職や退職を視野に入れるというケースもあるでしょう。

しかし、嫌な思いを引きずったまま退職しても、次の転職活動でも気持ちが乗らない可能性があります。また、そもそも居場所がなくなってしまう原因を根本解決していなければ、次の職場でもまた孤立してしまうかもしれません。

そうなる前に、まず自分でできることをしてみるのも一つの手です。本章では会社で居場所がないと感じたときにやるべきことを説明します。

相手の気持ちを想像してみる

会社で居場所がなくなる原因の一つが、自分勝手なふるまいであると説明しました。しかし、自分勝手なふるまいは自分自身では気づきにくいものです。

したがって、想像力を少し働かせる必要があります

  • 人に頼みごとばかりしていなかったか
  • 冗談が過ぎて、不快な思いを与えていなかったか
  • 仕事で高飛車になっていなかったか

など、自分のふるまいを思い出してみます。

少しでも気になることがあれば、今度は同じことをしないよう意識し、またちょっと喜んでもらえるようなことを考えてみましょう。

もちろん「みんなに好かれよう、八方美人になろう」という意味ではありません。相手の気持ちをちょっと想像するだけでも対応は変わります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
例えば雑用を頼んだのなら、感謝の気持ちとともにちょっとした差し入れをするなどすれば、相手の心象も全く違うものになりそうです。

自分から積極的に関わる

自分から積極的に関わることで、孤立状態が改善するかもしれません。

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが発表した「単純接触効果(ザイアンス効果)」という心理学の法則があります。単純接触効果とは、接触の頻度を増やすと相手からの印象が良くなったり、好意を持ってもらいやすくなるという法則です。

例えば、コンビニの店員さんと毎日接していると親近感を覚えたり、お店で見かけないと「今日は休みかな」と気になったりします。

ただの店員とお客だけの関係のはずが、意識する存在となるわけです。これを職場の人間関係にも取り入れましょう。

「おはようございます」「お疲れ様です」など、まずは一般的な挨拶を自分からするだけで良いのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
無理に話を盛り上げようとする必要はないよ。できることからやっていこう。

上司や第三者機関に相談する

上司や第三者機関に相談することも1つの手です。

特に直属の上司の場合は、同僚との人間関係によって職場に居場所が無いと感じる場合に有効です。直属の上司は、チームが円滑に業務を進めてくれることを最優先に考えます。業務に悪影響をもたらしているのが人間関係であるとしたら、上司の方はその障害を取り除こうと動いてくれるはずです。

もし上司の方に相談してもなかなか解決しない場合や、そもそも上司が問題の原因である場合は、第三者機関に状況を相談し、問題解決のヒントをもらうようにしましょう。

第三者機関のおすすめは以下の3つです。

職場の人間関係で孤立しないためのアドバイス

職場の人間関係で孤立しないためのアドバイス

職場の人間関係で孤立してしまうと、そこから脱却するために結構な時間と努力が必要になります。

そうならないためには、孤立しないための行動や考え方を理解、実践しておくのも重要です。

本章は職場の人間関係で孤立しないためのポイントを解説します。

普段から周囲とコミュニケーションを取っておく

本記事でもすでに何度かトピックに上げたように、職場の人間関係で孤立しないためには、日ごろから周囲とコミュニケーションをとっておくことが重要です。

初めは簡単な挨拶から、慣れてきたらちょっとした世間話など、他愛のないことで構いません。

短くても良いので、コミュニケーションを取る機会を増やせば、単純接触効果により、人間関係もよりスムーズになるでしょう。

仕事内容を教えてあげる・教えてもらう

仕事内容を教えてあげたり、教えてもらうことも、職場の人間関係を円滑にする手段として有効です。

会社では組織として働く以上、チームワークが求められます。その中で、業務を効率的に進めるスキルやノウハウをあなたが持っていれば、積極的に周囲に教えるようにしましょう。

そうするだけで、周囲の方のあなたに対する視線は大きく変化し、頼ってもらえるようになります。頼ってもらえるようになると、必然的にコミュニケーションが生まれるので、職場で孤立する、なんてことはなくなります。

また反対に、わからないことなどは積極的に教えてもらうようにしましょう。そうすることで、周囲からは「やる気のある人」と認識してもらえるようになり、周囲も積極的にあなたに関わろうとしてくれます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
業務について教える・教えてもらうだけでコミュニケーションが生まれ、職場で孤立しにくくなるんだ。

人が嫌がる仕事を積極的にする・手伝う

ちょっとステップアップして、人が嫌がったり、面倒臭がったりする仕事を積極的にするというのも、職場での人間関係を良くするのに役立ちます。

これも特別に難しいことをする必要はありません。

「溜まったゴミを捨てる」「落ちているものを拾う」「水まわりやトイレが汚れていたら掃除をする」など、義務ではないけれど誰かがやってくれるととても嬉しいことをするのがポイントです。

\辛いならまずは相談!/
無料登録する
リクルートエージェント

人間関係で孤立しにくい職場環境は?

人間関係で孤立しにくい職場環境は?

人間関係で孤立しやすい方は、そもそも人間関係で孤立しにくい職場環境を選ぶことも視野に入れるべきでしょう。

それでは、人間関係で孤立しにくい職場環境とはどのようなものでしょうか?

本章では、人間関係によるトラブルに悩まされにくい職場環境について紹介していきます。

最初から人との関わりが少ない業種

人間関係で孤立しにくい職場環境の特徴の1つ目は、最初から人との関わりが少ない業種です。

手に職のある技術職や、IT業界のエンジニア・プログラマーなどは、人との関わりが比較的少ない仕事です。

人との関わりが少ない仕事の例をあげていきます。

  • システムエンジニア、プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • 翻訳家
  • 警備
  • 工場作業
  • 新聞配達
  • 農業
  • ドライバー
  • タクシードライバー
  • 自動販売機の補充スタッフ
  • ビルメンテナンス
  • 清掃員
  • メーカーなどの研究職
  • 交通整備

これらの業種・仕事では、周囲の人と関わる機会が少ないため、必然的に職場内で孤立しにくいと言えます。

会社規模が大きい(1,000人以上)

人間関係で孤立しにくい職場環境の特徴の2つ目は、社員が1,000名以上など、会社規模が大きいということです。

会社規模が大きいと、当然部署内で関わる相手が多くなります。その中では、一部の人と相性が合わない、ということもあるかもしれません。しかし、人数が多いことで、あなたの味方になってくれる人がいるはずです

あなたの味方になってくれる人がいるため、職場内で孤立しにくくなります。

あるいは、職場によっては大企業と言えど、そもそも必要なコミュニケーションが業務についてのみ、それ以外の会話はあまりしない、という社風であれば、仕事を進める以外のコミュニケーションを取らないため、孤立しようがない、という会社もあります。

また仮に職場で孤立してしまったとしても、大企業であれば様々な部署があります。部署異動を通して新しい環境に身を置けば、孤立したとしても救われやすい環境とも言えます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
1,000名を超えるような大企業であれば、職場で孤立しにくくなりそうです。

\辛いならまずは相談!/
無料登録する
リクルートエージェント

会社で居場所がないと感じたら転職も考えてみる

自分なりに努力はしてみたけど、やはり会社に居場所がない…これ以上、孤立には耐えられない…そう感じた場合には、転職を視野に入れるのも一つの選択肢です。

ただし、居場所がなくなる原因が自分にもある場合は、それを改善しなければ転職先でもまた孤立してしまう可能性があります。

本記事で述べたような内容を意識しつつ、自分の強みが活かせそうな職場を探しましょう。

自分の強みは自分ではわからないことも少なくありません。そのような場合はプロの転職エージェントに相談し、客観的に分析してもらいましょう。

自分の言動を磨き、さらに適職と出会えれば転職先では前向きに仕事に取り組めるはずです。

\辛いならまずは相談!/
無料登録する
リクルートエージェント

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。