転職コラム

職場に馴染めないから辞めたい人がまずはやるべき5つの対処法

職場に馴染めないで辞めたい人がまずはやってみるべき5つの対処法

「転職した会社で馴染めない…」
「居場所がなくて辛い…」

転職活動をしてやっと入社できた会社なのに、職場に馴染めない…。このように悩んでいる人がたくさんいます。職場の雰囲気や社風が自分に合っていない、人間関係が悪い、転職者に冷たい。このような会社の体質のせいで、馴染むことができずに辞めたくなってしまうのです。

入社する前は気づかなかったことが、入社後に見えてくることもあります。例えば、入社したらバリバリの体育会系職場だったり、悪口や陰口が当たり前の風景だったりすると、なかなか会社に馴染むことができないでしょう。

あなたは今、転職した会社に馴染むことができずに悩んでいます。では、一体どうすればいいのでしょうか?今回の記事では、職場に馴染めず仕事辞めたい人がやってみるべき対処法をお伝えします。

\あなたに合った求人がきっと見つかる!/
無料相談する
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

対処法1.まずは気の合う仲間を1人作る

対処法1.まずは気の合う仲間を1人作る

転職してなかなか職場に馴染めない…。孤立していると感じると、気が重くなり仕事に対するモチベーションまで下がってしまいますよね。中途で入社した人が職場に馴染むまでには労力を要するものです。誰とでも仲良くなれるような半端ないコミュニケーションを持っている人は別として、普通は馴染むまでに時間がかかります。

ですから、会社全体に馴染むまでには時間がかかるものだと割り切って、まずは自分が気の合いそうな仲間を1人作る作戦に切り替えた方が良いでしょう。なんとなく仲良くなれそうだなと感じる人に、積極的に話しかけてみてください。

まず1人と仲良くなることができれば、孤立感は薄まりますし、その人をきっかけとして色んな人とのコミュニケーションが広がっていくはずです。

職場の人間関係で孤立したときの対処方法を紹介|孤立する職場でそのまま働くのがやばい理由も解説 「職場の同僚と上手くコミュニケーションが取れない」 「職場の人間関係に耐えられなくて仕事が辛い……」 職場の人間...

対処法2.まずは挨拶を徹底する

対処法2.まずは挨拶を徹底する

まだ職場に馴染むことができていなくても、挨拶を徹底すれば顔を覚えてもらえます。あなたも、誰かに毎日挨拶をされたら、嫌でも顔を覚えますよね。そして、挨拶をされて嫌な顔をする人はあまりいないはずです。

挨拶は社会人として基本中の基本ですよね。もちろん、社会人としてだけでなく人間として当たり前のことと言えるでしょう。あなたも、職場では挨拶をしていると思います。

しかし、「徹底的に挨拶をする」ということはやっていないかもしれません。挨拶されたから挨拶をするのではなく、社内の人に自分から挨拶をしていく姿勢が大事です。挨拶をすると、自然な感じで次の会話をすることができますし、向こうから会話を振ってくれることもあります。まずは挨拶を徹底してみましょう。

 

対処法3.まずは仕事ができるように努力してみる

対処法3.まずは仕事ができるように努力してみる

転職者というのは、どうしても最初は「よそ者」として扱われてしまうものです。こればかりはどうしようもありません。ですから、職場に馴染むためには、早く仕事を覚えて職場にとって必要な人間になることが最善策になります。

会社というのは、仕事をする場所ですから、仕事ができる人間は自ずと必要とされる存在になるでしょう。職場に馴染めないと感じているなら、まずは仕事ができるように努力してみることが先決です。あなたが一生懸命に仕事を頑張っていると、その態度や姿勢を評価してくれる人が現れます。

 

対処法4.割り切る姿勢も大事

対処法4.割り切る姿勢も大事

職場に馴染めないからと言って悩みすぎてしまうと、仕事の効率も落ちてしまいやる気もでなくなり、ますます馴染めない…という負のスパイラルにはまってしまいます。

職場に馴染めないことに対して、自分を責めないことが大切です。なぜなら、最初は誰でも馴染めないのは当たり前であり、必要以上に悩んでしまうと、会社に行くことさえ苦痛になってしまいますから。

他の人は自分の仕事で忙しく、あなたのことを構っていられないのかもしれません。「そんなもんだ」と割り切って、馴染めなくても仕事は真面目にこなすという意識を持ちましょう。

職場に馴染めない状況というのは辛いでしょうが、「職場は仕事をするために来ているのだ」と気持ちを切り替えて仕事に励み、馴染むことにこだわらない方が、逆に職場に溶け込むのが早くなるかもしれません。

仕事ができる人は、周りの人から必要とされますから、自然と職場に馴染んでしまいます。職場に馴染めないということを重く考えず、ドライな感覚を持つことも有効な手段でしょう。

 

対処法5.職場に馴染めずに辛い思いをしているならば、転職を考えよう

対処法5.職場に馴染めずに辛い思いをしているならば、転職を考えよう

職場に馴染めないのはあなたの一人のせいではない

仕事を頑張ろうと思っても、そもそも上司や先輩が仕事を教えてくれなかったり、挨拶をしても無視されたり、気の合う人が全くいなかったりすると、その職場にいても辛いだけでしょう。

職場に馴染めないと感じるのは、決してあなた一人だけのせいではありません。どうしても合わない職場というものはあるものです。体育会系の職場に向いていないのに、入社してしまったら特有のノリについていけず辞めたくなるでしょう。

▼関連記事

体育会系の会社を辞めたい…。体育会系企業が「合わない」「馴染めない」なら転職した方が幸せになれる

また、ギスギスした雰囲気の職場だったり、新人にキツく当たるような職場も辞めたくなってしまうはずです。その場合は、あなたがいくら努力したところで、改善されることは難しいと思います。

\あなたに合った求人がきっと見つかる!/
無料相談する
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職はチャンスである

仕事を辞めることに対して、「逃げだ」と考えてしまって転職を躊躇している人もいるかもしれませんね。しかし、今の辛い職場にいても、あなたの未来は明るいものにならないでしょう。転職は逃げではなく、チャンスをつかむための手段なのです。

▼関連記事

転職は逃げなの?逃げの転職を成功させるために必要な行動

転職することによって、あなたは自分に合う会社で働くことができます。今の会社が馴染めないのならば、思い切って転職する勇気を持ちましょう。職場に馴染めないということは、誰にでも起こりうることです。落ち込まないでください。早めに見切りをつけて再出発を果たせば、いくらでも挽回できるのですから。

 

自分の希望を明確にする

馴染めない会社にずっといても、いつまでも馴染めるようにはならないでしょう。転職という選択をすることで、今の辛い職場から脱出することを考えてください。もちろん、転職するからにはまた馴染めない職場に転職してしまったら意味がありませんよね。

ですから、転職する前に自分がどのような会社で働きたいのかを、見極めて紙に書き出しておくことが大事です。あなたは、どのような会社なら職場に馴染むことができるでしょうか?

  • 社風が穏やかでギスギスしていない会社
  • 残業がなく、定時で帰れる職場
  • 離職率が少なく、長く社員が働いている会社

など、あなたの希望を明確にしましょう。希望が明確になったら、次は転職活動です。転職する際には、転職エージェントを活用してください。あなたの希望を転職エージェントに伝えば、条件に合う求人を紹介してくれます。

\あなたに合った求人がきっと見つかる!/
無料相談する
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

【必見】10年間も職場に馴染めないのは変!?あなたはなぜいつまでも居心地の悪いままなのか 「入社して10年経つのに、職場に馴染めない…」このように考えている方はいませんか?入社してから間もないのならまだしも、10年...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。