転職コラム

人が辞めない会社はやばい!人が辞めない会社の特徴とやばい理由を解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
人が辞めない会社って良いイメージですが…デメリットはあるんでしょうか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人が辞めない会社は良い面もたくさんあるけど、20代・30代の若手にとってはデメリットもあるよ。

人が辞めない会社、つまり離職率が低い会社は「残業が少ない」「人間関係が良好」など、ホワイトなイメージがあるでしょう。

しかし、長期的な視点で考えると、人が辞めない会社が必ずしも良い会社とは限りません。

本記事では、人が辞めない会社に在籍し続けるとやばい理由を解説します。20代・30代の方は、自分自身の状況と照らし合わせながら読んでみてください。

この記事で分かること
  • 人が辞めない会社の特徴
  • 人が辞めない会社がやばい理由

人が辞めない会社は、あなたの成長を妨げているかもしれません。

昇進・昇給の難しさや、会社特有の慣習があると感じている方は、転職で自分の可能性を広げることをおすすめします。

マイナビジョブ20’sは、20代の転職に強く、転職が始めての方にもおすすめの転職サービスです。

マイナビジョブ20's引用:マイナビジョブ20’s

\転職で可能性を広げよう/
マイナビジョブ20’s
公式サイトを見る

人が辞めない会社の特徴

人が辞めない会社の特徴
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
まずは「人が辞めない会社」の特徴を見ていきましょう。

人が辞めない会社には、下記の特徴があります。

人が辞めない会社の特徴

福利厚生が整っている

人が辞めない会社は、福利厚生が整っていることが多いです。

充実した福利厚生の例
  • 有給休暇とは別に特別休暇がある
  • 住宅手当や通勤手当など手当が充実している
  • 旅行・レジャーの優待がある
  • 社員食堂が整っている
  • 資格取得の補助がある
  • 結婚・出産への祝い金制度がある

福利厚生を整えることで従業員の満足度が上がり、離職率の低下に繋がります。

上司から詰められることがない

人が辞めない会社では、上司から詰められることがほとんどありません。

「部下を注意したり詰めたりすることは離職に繋がる」という考えを上司が持っているからです。

そのため、精神的なストレスを抱えることなく働けます。

社員同士の仲が良い

厚生労働省の調査によると、自己都合退職をした人のうち23%が「人間関係がうまくいかなかった」ことを理由に退職しています。

つまり、社内の人間関係の悪さは離職率の高さに影響する可能性があるのです。

裏を返せば、人が辞めない会社は社員同士の仲が良く、人間関係が良好である可能性が高いです。

残業がほとんどない

平成30年版「子供・若者白書」によると、初職を離職した人のうち23.7%の人が「労働時間、休日、休暇の条件がよくなかった」ことを離職理由に挙げています。

つまり、長時間労働や残業、休日・休暇の少なさは離職に繋がるのです。逆に、残業時間が短い会社は、プライベートが充実するので人が辞めにくいでしょう。

そのため、人が辞めない会社は、残業時間が短い傾向があります。具体的には、所定外労働時間の平均である13.2時間よりも短いことが多いでしょう。(※)

※参考

厚生労働省|毎月勤労統計調査 令和3年分結果確報

なお上記の所定外労働時間の平均時間は、一般労働者に限った数値である。

年功序列で給料が上がっていく

人が辞めない会社は、年功序列の文化であることが多いです。そのため、長く在籍すれば年齢とともに給料が上がっていきます。

年齢が上がるにつれて役職も上がっていき、40代後半や50代になれば管理職のポストに就ける可能性が高いです。

実は人が辞めない会社はやばい?

実は人が辞めない会社はやばい?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人が辞めない会社の特徴をおさらいしましょう。
人が辞めない会社の特徴
  • 福利厚生が整っている
  • 上司から詰められることがない
  • 社員同士の仲が良い
  • 残業がほとんどない
  • 年功序列で給料が上がっていく

上記のように人が辞めない会社の特徴を列挙すると、良い会社に思えるかもしれません。

しかし、成長意欲の高い若者にとっては、必ずしも良い会社とは限らないのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
居心地が良いばかりに向上心や競争心が生まれにくそうです…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
そのとおりなんだ。次章で「人が辞めない会社にいるとやばい理由」を詳しく解説するよ。

人が辞めない会社にいるとやばい理由

人が辞めない会社にいるとやばい理由

良い会社のように思える「人が辞めない会社」にいると、やばい理由は下記のとおりです。

人が辞めない会社にいるとやばい理由
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
すべての会社に当てはまるとは限りませんが、人が辞めない会社のデメリットとして頭に入れておきましょう。

上が詰まって昇格できない

管理職などのポストは数に限りがあるため、上の人が辞めていかないとポストが空きません。

そのため、人が辞めない会社では「上が詰まってなかなか昇格できない」ということが起こります。

若いうちから裁量を持って働きたい人にとっては、良い会社とはいえないでしょう。

新しい斬新なアイデアや意見が出てきにくい

人が辞めない会社では、社員の入れ替わりがほとんどないため新しい意見やアイデアが出てきにくいです。

むしろ、知らず知らずのうちに考え方や価値観が固まってしまい、会社や社員の成長機会が失われている可能性があります。

また、人が辞めないことで若手社員の採用数が少なくなり、時代や流行に合わせたアイデアも出にくいこともデメリットです。

給料が上がりにくい

人が辞めない会社は年功序列であることが多く、昇進しづらいです。役職が上がらなければ給料も上がりません。

つまり、人が辞めない会社における昇進の難しさは、同時に昇給の難しさにも繋がっているのです。

若いうちから稼ぎたい方や、成果に応じた給料がほしい方にとっては良い会社とはいえません。

昔ながらの考えが正しくなる

人が辞めない会社では、管理職の勤続年数が長いため「昔は〇〇だった」「俺が若い頃は〇〇だった」といった古い話が出てきがちです。

中には、従来のやり方に固執して効率が悪いやり方を押しつけてくる上司もいるでしょう。

管理職の年齢層が高いため、ITに疎いことも多く、新しい技術やITサービスが導入されづらい点もデメリットです。その結果、競合他社から遅れをとるという弊害も生まれます。

成長できない

人が辞めない会社では、上司から怒鳴られたり詰められたりすることがありません。

居心地は良いものの、未熟な点に気付く機会がないため部下が成長しづらくなります。

最終的には、若手社員のスキルが上がらないまま年齢だけが上がり、実力のない管理職が多い会社になってしまう可能性が高いです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ハラスメントはダメですが、成長するためにはある程度の厳しさが必要です。

人が辞めない会社に在籍し続けたくない人は転職活動を始めよう!

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職は自分の可能性を広げてくれます。

人が辞めない会社は居心地が良いためストレスなく働けますが、長期的な視点で考えると、成長機会を失っている可能性があります。

昇進・昇給に時間がかかることもデメリットです。

「仕事を通じて自分自身を成長させたい」「若いうちから稼ぎたい」と考えている人は、転職して成長できる会社に身を置きましょう。

転職に挑戦するなら、転職エージェントの利用がおすすめです。求人紹介や書類・面接対策、雇用条件の交渉などのサポートをすべて無料で利用できます。

特にマイナビジョブ20’sは、未経験歓迎の求人も多く、スキルや経験に自信がない方にぴったりのサービスです。

今の環境を変える第一歩として、マイナビジョブ20’sの無料登録から始めてみてください。

\20代の転職に強い/
マイナビジョブ20’s
無料登録する

関連記事一覧
ABOUT ME
まちまる
国家公務員→フリーランスWebライターへの転職を経験しています。安定した公務員を辞めたのは「やりたいことを仕事にしたい」「自分の可能性を広げたい」と思ったからです。読者の皆さんが転職への不安や疑問を解消し、なりたい自分になるためのお手伝いができるような記事を執筆していきます!
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。