転職エージェント

転職したいけど退職に踏み切れない人へ。会社を辞められない原因と対策とは?

転職したいけど退職に踏み切れない人

会社を辞めて転職したいけど、退職に踏み切れない…。

このような悩みを抱えて迷っている人もいるはずです。今の会社を辞めたいという気持ちがあっても、なかなか退職する勇気が出なくて踏み切れないのは、さまざまな理由があるでしょう。金銭的に不安だったり、上司に退職を伝えて何を言われるのか怖かったり、もしくは、転職活動自体が億劫だったりするのかもしれません。

会社を辞めて退職することは、確かに目の前に「壁」が立っているように感じることもあるでしょう。真面目な人ほど、自分が会社を辞めた時に周囲に迷惑をかけてしまうことを考えてしまうものです。あなたがそのように考えるのは、責任感や気遣いであり、それ自体は社会人として素晴らしいことだと言えます。

しかし、そのせいであなたの退職の決断を鈍らせてしまうと、本当にやりたい方向へと舵を切ることができなくなってしまうでしょう。あなたが退職すれば、確かに周囲に迷惑がかかります。だからと言って、会社が傾くほどの致命的な結果になるわけではないのです。

あなたがしっかりと引き継ぎをおこなっていれば、後任者が責任をもって対処するでしょう。また、一時的な混乱はあるにせよ、あなたがいなくても職場は「何とかなる」のが現実と言えます。

あなたがそのことを自覚して、勇気を持って退職に踏み切れることを願っていますが、「分かっているけど、なかなかそうはいかないよ!」という人もいるはずです。そこで今回は、あなたが退職に踏み切れない原因と対策を紹介します。

\まずは転職のプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

▼関連記事

転職の「迷い」が晴れる「決断」のためのポイントとは?

会社を辞めて転職したいけど退職に踏み切れない原因は?

会社を辞めて転職したいけど退職に踏み切れない原因は?

「会社を辞める」…。このこと自体は、とても簡単なことだと言えます。なぜなら、退職届を会社に提出すればいいだけだからです。ですが、あなたが実際に退職しようと考えたときに、そう簡単にはいかない事情が出てくるでしょう。

会社を辞めたいけど、「退職に踏み切れない…」このように悩み、躊躇してしまう人が多いのです。では、あなたが会社を辞めたいのに退職に踏み切れないのは、一体どうしてなのでしょうか?この章では、その原因を一緒に探っていきましょう。

辞めることを上司に話すのが怖いから

会社を辞めることを上司に伝えたら何と言われるか…。このように、上司の反応が怖くて退職に踏み切れないという人もいらっしゃるでしょう。上司との関係が良好だとしても、退職を伝えるのはとても勇気がいることです。

特に、上司に恩があったり、目をかけてもらっていたりすると、裏切るような気持ちになって話しづらくなってしまうのは当然のことだと言えます。今までスムーズだった上司との関係が、退職するまで気まずいものになってしまう可能性もあるでしょう。

また、上司に説教をされたり、怒鳴り散らされるのが怖くて辞意を伝えられないという人もいます。しかし、退職してしまえばその上司とも関係のない他人ですし、上司が今後のあなたの人生の責任を取ってくれるわけでもありません。

退職の決断をするのはあなたなのですから、強く引き止められたりしてもきっぱりと「辞めます」と伝えればいいのです。

▼関連記事

上司に退職を伝えてから退職日までの過ごし方。つらい期間を乗り越える方法と引き継ぎのコツ

会社を辞めたら収入が途絶えてしまうから

退職に踏み切れない原因として、「経済的な不安があるから」という人も多いはずです。会社を辞めると、そこで収入は途絶えてしまいます。失業保険があるとしても、たった数ヶ月間ですから、転職先が決まっていない場合は、今の会社を辞めてしまうことに恐怖心を覚えてしまうでしょう。

仮に、次の転職先が決まっていれば、収入が途絶えることはないので、安心感を得ることができるはずです。しかし、その場合でも、転職先に馴染めずにすぐに辞めることになれば、家族を路頭に迷わせてしまう可能性があります。

このように、退職の不安というものはなかなかぬぐい去ることが難しいものです。給料がなくなれば、生活することもできないのですから、退職の決断は慎重にならざるを得ません。会社を辞めたいと思っても、収入がないまま会社を辞めることは非常に勇気がいることなのです。

あなたが結婚していて家庭を持っているならば、退職に踏み切るのは非常に決心がいるでしょう。特に、子供がいて奥さんが働けず、あなただけの収入で暮らしている場合には、さらに辞めることのを躊躇してしまうかもしれません。

【在職中か?退職後か?】転職活動を始めるタイミングは「時間」と「お金」で見極める

辞めたくても辞められない状況だから

「会社を辞めたい・退職したい」と考えていても、なかなか退職に踏み切れない…。もしあなたが仕事で重要なポジションを担っていたり、部下を管理する立場だったり、プロジェクトのリーダーだったりすると、すんなりと退職できない場合もあるでしょう。

つまり、自分だけしかできない替えの効かない仕事をしていると、辞めたくても辞められないのです。たとえ「辞めたい」と会社に伝えたとしても、辞めるまでのハードルが非常に高く、結局辞めることができないという状況に陥ってしまう可能性もあります。

通常ならば、会社を辞める権利はいつでも労働者に与えられているはずです。しかし、現実には、自分が辞めた後のことを考えると責任感が勝り「会社を辞めます」と言い出せないのです。

【勇気は不要】退職を切り出せない人に仕事を辞めるときの言い方とタイミングを伝授!

転職活動をする時間が取れないから

仕事が忙しすぎて、転職活動をする時間が全く取れないという人もいるでしょう。残業ばかりの会社で長時間働いていれば、疲れ果てて転職活動どころではなくなってしまいます。転職活動では、じっくりと自分と向き合って自己分析することも必要です。

しかし、仕事が忙しければそのような時間も取れないし、求人を探したり転職情報を収集することもままなりません。運良く書類選考を通過したとしても、面接は平日に行われることがほとんどです。

忙しい会社では有給を取ることができずに、チャンスを逃してしまうかもしれません。このように、転職活動をする時間が取れないことも、退職に踏み切れない原因のひとつなのです。

転職活動がめんどくさいから

会社に行くのが辛い、嫌だ、会社を辞めたいと思っていても、「転職活動がめんどくさい」という理由で退職に踏み切れない人もいるものです。転職活動は時間を要しますし、求人の選定、書類作成、面接対策など、確かに大変なものでしょう。

いつ終わるともわからない転職活動に疲れてしまう人がいるのも事実です。今の会社にいれば、そんなめんどうな「転職活動」をせずに済みますから、嫌々ながらも今の会社で働き続けている状態の人もいます。

次の会社で人間関係がうまくいくか保証はありませんし、リスクと現状を天秤にかけて「やっぱりめんどくさい」と決断を下してしまうのです。

\まずは転職のプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

▼関連記事

転職したいけどめんどくさいという人へ。簡単に転職できる方法を教える

 

退職に踏み切れないときの対策とは?どうすればいいの?

退職に踏み切れないときの対策とは?どうすればいいの?

これまで、あなたが退職に踏み切れない原因を見てきました。会社を辞めることは、勇気がいることですから、あなたが躊躇してしまう気持ちは理解できます。しかし、あなたは「会社を辞めて退職したい」と考えているのですから、勇気を持って決断しなければいけません。

では、一体どうすれば退職に踏み切ることができるのでしょうか?ここからは、あなたが退職に踏み切るための対策を紹介します。

 

転職活動を始めてみる

何はともあれ、転職活動を始めてみれば、新しい仕事や環境に飛び込むイメージが湧いたり、転職に対するモチベーションが出てくるものです。

転職活動を始めてみることで、今の仕事に対する執着心を断ち切ることができるようになります。「今の仕事以外でやっていけるのだろうか」「転職先が見つかるのだろうか」という不安は、転職活動をおこなうなかで薄れてくるでしょう。

今の会社を辞めたいと考えている人ならば、転職活動に対して真剣に向き合うことができるはずです。迷いながらも転職活動をスタートさせれば、今の会社を客観的に見ることができるようになります。

今よりも良い会社で働ける可能性があるということを知れば、退職に踏み切る勇気も湧いてくるでしょう。実は、「退職に踏み切れない」と悩んでいる人は、転職成功の可能性が高いのです。

決断を先延ばしにすればするほど、今の環境から抜け出すのが難しくなります。大切なのは、あなたの心の奥の本当の気持ちです。色んなことを考えて「退職に踏み切れない」と言うのも理解できますが、あなたはそのままで本当にいいのでしょうか?

今決断しなければ、一生の後悔を背負って生きることになるかもしれません。退職に踏み切れないというのは、言い訳に過ぎません。あなたの本心に従えば、おのずと答えが見えてくるはずです。

\まずは転職のプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職したいけどどうしたらいいかわからない人の転職活動の進め方

迷惑をかけることを考えすぎない

会社を退職することで、周囲に迷惑がかかってしまうと考えて辞められない人がいます。また、周囲の目や世間体を気にしている人もいるかもしれません。会社からすれば、これまで育ててきた人材に抜けられるのは損失ですし、残された社員はあなたが抜けた穴を埋めるのは確かに大変でしょう。

特に、あなたが責任ある立場やリーダー的なポジションの場合、退職の影響力は大きいと言えます。しかし、「自分がいなければ会社の仕事が回らなくなる」と大げさに考える必要はありません。それを考えなければいけないのは会社の責任であり、あなたの責任ではないからです。

一時的に周囲に迷惑をかけることになったとしても、いずれは通常の状態に戻ります。そして、数年経てば、あなたがいたことすら話題に出なくなります。それが現実なのです。同僚や部下を信じて、あなたは新しい道へと進んでいってください。

上司に退職を伝える際はネガティブな理由を避ける

上司に退職を伝えるのが難しい、何を言われるか怖いなど、上司がネックになっている場合は、退職理由をきちんと考える必要があるでしょう。仕事が向いていない、人間関係が悪い、給料が安いなどのネガティブな理由を伝えると、説得されたり説教されて話を聞いてもらえない可能性があります。

ですから、「やりたい仕事が見つかった」「新しい業界にチャレンジしたい」など、キャリアアップのための退職とすると、上司も納得しやすくなります。それでも強い引き止めを受ける場合がありますが、そのときには以下の記事を参考にして引き止めに対処しましょう。

▼関連記事

退職を引き止められたらどうする?正しい対処法は?慰留されても動揺してはならない!

 

在職中に転職活動を行う

経済的な不安から退職を躊躇している場合は、在職中に転職先を見つけることが解決策になるでしょう。次の仕事が決まっていれば、金銭的な不安なく会社を辞めることができます。会社を辞めてから転職活動を行うよりも焦りがなくなるはずです。

もちろん、在職中の転職活動では時間がなかなか取れないこともあるでしょう。その場合は転職エージェントを活用することをおすすめします。面接スケジュールを夜間などに調整してくれたり、良質な求人情報を厳選して提供してくれるからです。

働きながら転職活動を行うのは、ひとりではとても大変ですから、転職エージェントは心強い味方になってくれるでしょう。在職中の転職活動のやり方については、こちらの記事を参考にしてください。

▼関連記事

働きながら(在職中の)転職活動!会社にばれずに転職を成功させる5つの秘策

 

転職エージェントを活用すれば、スムーズに転職に踏み切れる

転職エージェントを活用すれば、スムーズに転職に踏み切れる

あなたがスムーズに転職先を見つけて、気持ちよく退職に踏み切りたいのなら、転職エージェントを活用してください。転職エージェントを利用することで、今のあなたの転職における市場価値を正しく知ることができます。

「自分は他の会社で通用するのかな…」「自分を採用してくれる企業があるのだろうか…」と、このような不安を持っている人でも、多くの会社があなたを必要としていることが分かるでしょう。また、書類や面接に苦手意識がある人もいるはずです。

  • どのように書類を作成すれば採用に繋がるのかわからない…
  • 面接でどのような質問にどう答えればいいのか難しい…
  • とにかく、ひとりでは不安だ…

このような人でも、転職エージェントがしっかりとサポートしてくれます。転職エージェントは、これまで数多の転職者を成功に導いてきた「転職のプロ」であり、各種企業のデータを把握し、あなたにぴったりと合った優良企業の求人を紹介してくれるのです。

\まずは転職のプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

▼関連記事

【どこがいい?】退職代行サービスおすすめランキング

【体験談】退職を切り出せない方必見!ビビりの私が退職を切り出した方法まとめ

【転職すべき?】退職の決意が揺らぐときに踏ん切りをつける8つの方法

退職、転職を決断できない!迷ったときの判断基準と対処法とは?

【勇気は不要】退職を切り出せない人に仕事を辞めるときの言い方とタイミングを伝授!

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。