転職コラム

今の仕事が向いていないと感じたら会社を辞めて転職すべき?悩んだときの判断基準と対処法

今の仕事が向いていないと感じたら。辞めて転職すべき?悩んだときの判断基準と対処法

今の仕事に向いていないかもしれない…。

そう思いながら働き続けるのは、とても苦痛なことです。精神的な辛さはもちろん、だんだんと身体もしんどくなってくることでしょう。朝なかなか起きられなかったり、体が重く感じたり、食欲がなくなったり…。そういった症状が出てくることもあります。

自分に向いていない仕事を続けることは、とてもストレスが溜まるはずです。入社する前は希望に燃えていたとしても、入社してみたら「思っていたのと違った…」ということもあります。

「今の仕事に向いていない…」と悩むのは、新卒から経験者まで、多くの人が悩んでいる問題です。あなたには本当はもっと仕事で活躍できる力があるのに、向いていない仕事をしているせいで、実力が発揮できない…それはものすごくもったいないことだと言えます。

しかし、そうは言っても「仕事を辞めて転職する」というのは、大きな決断が必要なことです。「向いていないからと言って、簡単には辞められない」と感じている人もいるでしょう。

そこで今回は、今の仕事が向いていないと感じたときの、転職すべきかどうかの判断基準と対処法を紹介します。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

仕事に「向いている」「向いていない」を判断するためには?

仕事に「向いている」「向いていない」を判断するためには?

あなたが今の仕事に「向いていない」と感じたのはどうしてでしょうか?何かきっかけがあったのか、働いていて何となく感じたのか、誰かに「向いていない」と言われたのか…。

いずれにせよ、「仕事に向いていない」と現在あなたが感じているのであれば、本当に向いていないのかを判断する必要があるでしょう。仕事に向いていないということが、あなたの思い込みである可能性もあるからです。

例えば、入社して間もない頃だと仕事の要領をつかめずに、「この仕事向いていないのかも…」と感じてしまうことがあります。また、仕事に就いて何年経っていても失敗することがありますよね。そんなときに、周りと見比べて「今の仕事、向いていないのかな」と一時的に悩んでしまうこともあるわけです。

なので、「仕事に向いていない」と感じたからと言って、安易に会社を辞めようと考えるのではなく、あなたの仕事の向き/不向きをしっかりと見極めてください。その上で、「会社を辞める」「転職をする」という選択をすれば、後悔を避けられるでしょう。

それでは、仕事の向き/不向きを判断するための基準を見ていきましょう。

 

成長を感じられない

成長を感じられない

あなたは今の仕事をしていて、成長を感じることができていますか?日々順調に成長を感じられる人というのは、もしかしたら少ないのかもしれません。しかし、新人の頃のメモを見るなどして、ふと振り返って見たときに「こんなにできることが増えているんだ」と感じられるものです。

仕事をしながら、成果を上げたり、効率が良くなったり、失敗から学んだり…、そのように少しずつ成長していくことで、仕事のやりがいも出てくるでしょう。しかし、そのような成長を全く感じられない、もしくはずっと停滞しているという場合、その仕事に向いていない可能性も考えられます。

あなた自身が「成長したい」という意欲を持っているならば、今の仕事で努力を続けることもできるでしょうが、「向いていない」と感じて嫌々ながら仕事をしている状態なら、新しい仕事に転職した方が新鮮な気持ちで日々成長していけるはずです。

 

失敗(ミス)ばかりしてしまう

失敗(ミス)ばかりしてしまう

新人の頃は、仕事でミスをしてしまうのは当たり前のことです。異動などで新しい仕事をする場合も同様に、慣れるまではミスが多いでしょう。仕事の失敗はベテランでもしてしまうものですから、少々のミスは許容範囲だと言えます。

しかし、入社して何年も経っているのに毎日ミスばかりしていたり、仕事力の向上のための努力をしているにもかかわらずミスばかりなら、その仕事があなたに向いていない可能性があります。

その場合は、仕事を変えることが解決策になるかもしれません。あなたに合った環境で働くことができれば、ミスも少なくなり、仕事に自信が出てくるはずです。仕事でミスばかりしてしまうと、「自分なんてダメなんだ」「自分は仕事ができないんだ」と劣等感を抱いてしまいます。

本当はあなたにはもっと仕事力があるはずなのに、「向いていない仕事」についていることで可能性を閉ざしてしまうのは、もったいないことでしょう。

不向きな仕事をいくら頑張っても、そもそも向いていないのですから、これからもミスばかりしてしまったり、あなた自身が落ち込んでしまうことが増えてくるはずです。

同じ努力をするならば、あなたに向いている仕事に力を使ったほうが、より楽に仕事ができるようになるでしょう。

 

目標を持って仕事をすることができているか?

目標を持って仕事をすることができているか?

仕事をしていく上で、1年後・3年後・10年後の自分の未来の姿が想像できていれば、しっかりと目標を持って仕事に取り組んでいけるはずです。「仕事が自分に向いている」と感じている人は、もっと成長したいという意欲を持っているため、この先の自分の将来像をイメージすることができるでしょう。

一方で、未来が見えない、将来像を描けない、どうすればいいのか分からない…という人は、明確な目標を持つことができません。「目標もなく、ただ仕事をしている」状態になり、どこかで仕事が嫌になってしまう可能性があります。つまり、その仕事に向いていないということです。

あなたは今の仕事で、やりたいことがありますか?キャリアを積んだり、出世したりということ以外にも、資格を取る、お金を貯めるということでも構いません。何か目標を定めることができれば、その目標のためにモチベーションを上げることができます。

また、今の仕事が向いていなくても、その仕事を経ることでその先に自分のやりたいことに繋がる場合は、多少の辛いことでも耐えられるはずです。しかし、全く目標が持てない、将来が分からないという人は、自分の興味を持てる業界や業種に転職することで、目標をもって働くことができるようになります。

 

上司に「向いていない」と言われた

誰かに「向いていない」と言われた

一緒に働いている上司から、「仕事に向いていない」とはっきりと言われた場合は、その仕事に向いていない可能性が高いでしょう。特に上司から冷静に判断された上でそのように宣告されたときは、「向いていない」と考えざるを得ないと思います。

上司は、あなたの仕事ぶりを間近で見ている存在ですから、向き/不向きの判断は慎重に読み取っているでしょう。多少仕事に向いていないと思っても、あなたが一生懸命仕事に取り組む姿勢があれば、上司もサポートしたり力を貸して、なんとか成長させようとしてくれるはずです。

上司からしても、あなたに面と向かって「向いていない」とはっきりと告げるのは、今後の仕事のことも考えると言うことを躊躇する問題でしょう。「向いていない」と面と向かって言うことは、言われた本人を傷つけることだからです。

それにも関わらず「向いていない」と告げられるのは、よほど「今の仕事に向いていない」と上司が思ったということになります。あなたのことを考えた上で熟慮して出した答えだと考えられるでしょう。

ただし、上司からそう告げられたからと言って、それだけで「向いていないんだ…」と落ち込むのではなく、先輩や同僚にも相談してみるべきです。複数人の意見を聞いた上で「向いていない」と客観的に判断できるのであれば、新しい仕事を探しましょう。

 

休みの日も仕事のことを考えてしまい気が重くなる

休みの日も仕事のことを考えてしまい気が重くなる

休みの日でも、仕事のことが頭から離れず憂鬱になってしまう人は、その仕事が向いていない可能性があります。せっかくの休みなのに楽しむことができず、気持ちが暗くなってしまっているのは、「仕事に行くのが嫌だ…」とどこかで感じているからでしょう。

日曜日の夕方になると、次の日の仕事のことを考えてブルーな気持ちに襲われてしまう…。気分が悪くなったり、沈んだ気持ちのまま眠れない…。このような状態になっているなら、要注意と言えます。

向いていない仕事を続けていると、ストレスが溜まり、ついには仕事のことを考えただけで嫌な気持ちになってしまうのです。「仕事が嫌でたまらない!」そこまで限界に来ている人は、すぐにでも転職活動を開始した方が良いでしょう。

あなたの人生は一度きりしかありません。向いていない仕事、向いていない会社に時間を費やすよりも、新しい仕事で生き生きと働いた方が人生が充実するはずです。「辛い、辛い」と感じながら働き続けると、うつ病になる可能性も高くなります。

まずは有給休暇を取るなどして、仕事から離れて心を休ませることが大事です。そして、心が落ち着いたら、「今のままの仕事を続けていて本当に良いのか?」と自問することで、転職に向けて前向きな気持ちになれるでしょう。

【実は天国?】サラリーマンが辛すぎる?脱サラ筆者がサラリーマンに戻りたい理由|人生無駄じゃないです あなたの脱サラしたいという考え、実は転職で解決できませんか?近年では脱サラに対する期待値が高く、夢見る人が多くいますが、...

 

今の仕事にやりがいを感じるか?

今の仕事にやりがいを感じていますか?

あなたは現在やっている仕事に「やりがい」を感じていますか?その答えがイエスなら、自分に合った仕事ができていると言えるでしょう。答えがノーならば、その仕事に向いていないのかもしれません。

仕事をしていれば、辛さやしんどさはどうしても出てきます。そんな中にも「やりがい」を感じて働くことができていれば、多少の辛さは乗り越えていけるはずです。しかし、仕事をしていて「やりがい」を感じないのであれば、働くモチベーションを上げることができないでしょう。

  • 一体何のために仕事をしているんだろう…
  • この仕事がこの先何十年も続くなんて、耐えられるだろうか…

あなたがこのような気持ちで働いているとしたら、職場に行くのが苦痛になっているかもしれませんね。「この仕事は自分に向いている」そう自信をもって働いている人というのは、生き生きとしているものです。

その一方で、「この仕事は自分に向いていない」と感じながら働いている人は、覇気がなくどんよりした空気感を纏っています。

あなたは、今の仕事にやりがいを感じずに、嫌々ながら仕事をしていませんか?あなたに合っていない仕事をこの先も続けていくのは、とてもストレスが溜まってしまうものです。ストレスだけでなく、生きる気持ちも暗いものになり、人生のクオリティを著しく低下させてしまいます。

転職の決断は、しっかりと熟慮して行うべきですが、仕事にやりがいを微塵も感じないのであれば、あなたの貴重な時間を無駄にしないためにも、真剣に「転職」について考えてみるべきでしょう。思い切って決断することで、あなたの人生が開けてくるのですから。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

仕事が向いていない場合の対処法とは?

仕事が向いていない場合の対処法とは?

異動を願い出る

向いていない仕事を続けるのは、あなたにとっても苦しいことのはずです。ですから、まずは上司に相談し、「別の部署に異動できないか」または「違う内容の仕事ができないか」を相談してみましょう。

もしその申し出が通れば、あなたに合った仕事ができる可能性があります。あなたが異動を申し出ることで、会社からは何かしらのレスポンス(返答)があるはずです。

まず、素直に異動が認められたのならば、あなたはその会社で今よりも活躍できるチャンスが与えられます。しかし、もし異動ができないのであれば、異動できない理由を聞いてみるべきでしょう。

今の仕事をやっている理由が、あなたを成長させる研修のような役割を持っている場合もあります。例えば、会社側の人材育成の一環で、あえて今の現場で働かせることによって、今後の仕事の糧になると考えているケースです。

その場合は、あなたが会社の意図を知ることで、「向いていない」と感じる仕事でも、割り切って乗り越えていける気持ちが出てくるかもしれません。

しかし、異動できない理由が曖昧だったり、納得できないものならば、あなたの仕事に対するやる気がなくなってしまうでしょう。今の会社にあなたが活躍できる場がないのであれば、見切りをつけて新しい会社に転職することを考えてください。その方が、あなたはより成長できるはずだからです。

「向いていない」と感じながら我慢して働き続けても、辛くて苦しいだけで何も得るものはありません。ストレスにまみれ、何年も経って、「やっぱり転職しよう」と思ったときには、転職が難しい年齢になってしまっていた…ということもあり得ます。

転職市場においては年齢が若い方が、転職のチャンスが広がるのです。ですから、転職の決断を後回しにして後悔するようなことは避けましょう。今のあなたが決断し、今のあなたでチャンスを掴んでください。

 

転職のプロに相談する

転職のプロに相談する

転職活動をしようと思っても、あなたにはまだ迷いがあるかもしれませんね。「向いていない仕事」であっても、就職活動を頑張って入社した会社です。転職の決断は、やはり躊躇する部分があるはずです。

「そんなに簡単には決められない」と思うのも当然のことでしょう。しかし、だからと言って、今のままの仕事を続けてあなたに未来は見えますか?

これからの成長を感じられたり、仕事が好きになる可能性があるならば、今の仕事を続けた方が良いと判断できるでしょう。しかし、今の仕事を続けても、苦痛を感じながら働かなければならないのであれば、思い切って転職活動を始めてみるべきです。

もちろん、転職活動を始めたからと言って、絶対に転職しなければいけないわけではありませんから、気軽に始めてみることが大切です。あなたが転職活動をするメリットは、たくさんの求人に触れることで、あなたの視野が広がることです。

「こんなにたくさんの企業が求人を募集している」という事実だけで、あなたは気が軽くなるかもしれませんよ。なぜなら、あなたは今の会社だけに縛られる必要などないということだからです。膨大な数の求人があり、その中にはあなたにぴったり合った仕事も含まれているでしょう。

しかし、自分だけでその求人を探し当てるのは、ほとんど不可能に近いはずです。では一体どうすればいいのでしょうか?あなたに合った仕事の求人を見つけるには、転職のプロである転職エージェントに相談することが一番の近道になります。

転職エージェントに相談すれば、あなたのこれまでの経歴やあなたの希望・将来像を聞き取り、あなたに合った優良企業の求人を紹介してくれるのです。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

【事務職が向いていなくて辞めたい時の対処法】やりがいのある適職に就く5つのポイント 事務職の方は、細かい作業を正確にこなす能力を求められます。さらに、協調性やコミュニケーション能力まで必要です。そのため、...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。