転職コラム

親の反対を押し切って転職したいときの9つの対処法

後輩ちゃん
後輩ちゃん
親に転職を反対されて悩んでいます…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
親の意見を聞くのも大切だけど、自分の気持ちを伝えるのも大事だよ。

親には、現状から逃げたいから転職すると思わせないことです。転職する姿に安心感を持たせてあげてください。

自分の人生は自分で決めることです。大事なことは、転職後に幸せになることです。

転職を親に相談できないなら、代わりに転職エージェントに相談してみましょう。

特に業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。豊富な実績をもとにあなたに合った転職先を見つけてくれます。

本記事では、親の反対を押し切って転職したいときの対処方法を紹介します。親に反対されたときの体験談理由も載せているのでご覧ください。

絶対に転職成功させたいなら
リクルートエージェント
  • まずは転職のプロリクルートエージェントに相談しよう
  • 転職活動が初めてでも安心。実績豊富なコンサルタントが親身にサポート
  • 非公開求人が10万件以上。あなたに本当に合った企業が見つかる

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

目次
  1. 転職することを親に反対されたときの体験談は?
  2. 親が転職を反対する理由とは?
  3. 親に転職を反対されて迷ってしまう人の特徴とは?
  4. 親に転職を反対されたときの9つの対処法とは?
  5. 親に転職を反対されて悩んでいる人への6つのアドバイス
  6. まとめ:人生はあなたのもの!後悔のないキャリア選択を!

転職することを親に反対されたときの体験談は?

実際に、どのように親に反対されてしまったのでしょうか?

ここでは、転職することを親に反対されたときの体験談を紹介します。

「どこに行っても長続きしない」と言われた

私が転職をしようと思った理由は人間関係だったので、親に反対されたときは「そんな理由ではどこへ言っても長続きしない、もっと気を引き締めるべきだぞ」という感じで言われました。そのために人間関係のみの理由なら転職はするなと言われました。

他のところでも同じ理由でやめることになるからです。これはごもっともだと思いましたが私は当時はとても辛くて大変だったのでものすごく親に言葉がグサッとかかりました。でもどうしようもありませんでした。

大手鉄鋼商社に新卒で入社し、1年もたたずに退職し、自身で起業に向け転職すると伝えたので大反対でした。「成功するはずがない」、「苦労するだけ」と常に言われ続け、話し合いのたびに言い合いになり反対されました。

「仕事は大変なものだ」の一点張り

私は以前派遣会社の正社員で働いていました。工場メインで派遣する派遣会社でしたので、基本的に労働時間がとても長く心身ともに疲労していました。

工場は24時間稼働の工場が多いですから、例えば24時に入社などがあった場合一緒に入社の立ち合いなどをしないといけないので、プライベートと仕事の境目が正直わからなくなるほどでした。

そんな中、やはりこの仕事をずっと続けていくのは難しいと思い、今まで仕事のことは親に相談したことはありませんでしたが、珍しく、相談したときのことです。

私の親は今のご時世正社員で働けていることに感謝しなさいとのことでした。こちらの労働状態も話しましたが、仕事は大変なものだの一点張りでした。昔はもっと大変だったといわれ頭ごなしに説教され終わりました。

「異業種で働けるわけがない」と反対

正社員として事務職をしていたのですが、会社が倒産し、転職先を探していました。

その頃、アロマテラピーに出会い、アロマテラピーで心身が癒されたことにより、他の人々を癒したいという思いが強くなって、アロマテラピーの資格を取り、アロマテラピーサロンに転職する事を決めました。

今までずっと事務職をしていた私が、エステという全く異なる業種で働けるわけがないと、親に反対されました。

数時間話し合った

私は兼ねてより興味のあった現在の職に就くまでに、全く関係のない職に就いており、異業種から転職しました。転職し新しい人生を始めるために親に打ち明けたときは、当時働いていた仕事とは結び付かない仕事を選んだためとても驚いていました。

そして、ものすごく反対されました。数時間親と話し合い、私自身をとても心配してくれている気持ちはかなり伝わりましたが、なかなか納得してくれませんでした。

私が泣きながら説得したため、最終的には私の新しい人生に挑戦してみたい熱意を受けて、了承してくれたと同時に背中を押してくれる結果となりました。

「死ぬ気で働け」と言われた

親に転職前に相談すると、今のままで頑張れと言われました。転職の話をするほど、親ともめて、話をすることが嫌になりました。

いかに現在が辛いか、ばかりの話で進展はしませんでした。毎回、いくら現状の問題を話しても、どこも同じだから、今のところに長くいる方が評価されるといわれました。

最後には、「死ぬ気で今のところで働け」と全く聞く耳を持たなくなりました。

「辞めるのはもったいない」と言われた

新卒で入社しましたが、社内の雰囲気が悪かったことや、待遇が面接時と全く違っていた(残業手当てがでない、休日出勤させられる、賞与が出ない等)ので、退職することに決めました。

そのことを親に話すと、まだ働き始めて一年なのに勿体ないと言われ、反対されました。確かになかなか内定をもらえず、卒業ギリギリで決まったのがこの会社でした。

ですから親が反対する気持ちも分かりますが、私としては精神的に限界だと感じていました。特に社内の雰囲気が悪いということに関しては、毎日仕事に行きたくないと感じてしまうほどでした。

長年在籍している所謂お局が数名おり、私や同期は目の敵にされていました。お局は仕事を全くせず、すべてこちらに放り投げてくるので、まだ仕事に不馴れな私は毎日残業を余儀なくされました。

「遊びみたいな理由で辞めるな」と言われた

高卒で就職し、会社の寮で1人暮らしをしていました。給料もボーナスも普通にもらっていて寮費は一万円引かれるだけでした。

辞める理由が土日や祝日(GW,お盆,年末年始)に休みがとれないからと話したら「そんな遊びみたいな理由で辞めてどうするんだ。次の住まいだって今のように寮費一万円で住めるなんて所はそうそうないから」と。

「社会を簡単に考えるな!会社に面倒みてもらえてるのにそれを当たり前に思うな!」と怒られました。 おまけに遊ぶことばかり考えてるからだとも言われました。

「ここより良い待遇の会社はない」と反対された

「今の会社のなにが不満なのか、ここよりいい待遇の会社にあなたが行けるはずがない」と転職を反対されました。

現在働いている環境が総合商社のシステム子会社であり、年収も高く、安定した会社でした。

私の学歴、能力からすると内定をいただけたのは運が良かったのかもしれません。報告時は親も大変喜んでくれました。

ただ、私自身が仕事にやりがいを感じることが出来ず、また働く人とも性格が合いませんでした。

落ち着きのある、保守的な人が多く、社内で嫌がらせをされたわけではありません。

そのため、4年目の11月に転職活動を開始し、2月には新しい会社へ転職が決まっています。

転職先が決まり、今の会社への報告も終わった後、親へ報告したところ反対されました。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

親が転職を反対する理由とは?

親が転職を反対する理由は何故なのでしょうか?

その原因を具体的に考えていきましょう。

試練を乗り越えてほしいから

私の転職を反対する理由はなぜなのか、その原因は具体的には自分がどこでもやっていけるという気持ちを強くもってもらいたいからだと思いました。

それにこの先いろいろな試練が待っていても、親はなにもできないからね、ということなのだということを感じました。結局解決するのは自分であって、自分の中の心と戦わなければならないんだよ、ということを言われていたような気がします。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
成人になったのだから、自分でしっかりと乗り越えないといけませんね。

3年もたたずに辞めることが理解ができないから

勤めていた会社が、安定で高時給、会社の立地も含め、親が周囲の人に話すとき誇らしく話せる会社だったからだと思います。

併せて、私が転職後に自営業をすると伝えたため、安定した仕事に長く勤めている親は自営業というものに理解がなく、苦労するだけに決まっているという考えが強いからです。

転職のことだけでなく、転職後の仕事内容にも反対していたのでしょう。また、終身雇用の傾向が強い時代を生きてきた世代というのも大きいと思います。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
短くても3年もたたずに辞めるということにが、受け入れられないのかもしれないね。

安定してほしいから

せっかく正社員で働けたのだから、安定して同じところで働いてほしいと思っていたのだと思います。就職難という言葉がはやったぐらいの時代でしたから、また就活をして苦しんでほしくないという心境もあったかもしれません。

あと小さいころから若いころに苦労はかってでもしなさいというタイプの親だったので、私が言う会社の不満は親からしたら取るに足らない不満だと思ったのでしょう。

健康を心配するから

親から転職を反対する理由を聞かされました。それは、私が虚弱体質だからだそうです。私は幼少の頃から体が弱くて、学生時代は半年に一度の割合で学校で倒れて、親が迎えに来て病院に運ばれていました。

社会人になり、事務職に就いても虚弱体質は続き、仕事中や通勤の際に具合を悪くして病院に運ばれていました。そのように体が弱い私が、エステという肉体労働に耐えられる訳がない、と言われました。

私の健康状態を心配するが故の反対であったことを知りました。

大変だから

親から反対された一番の理由としては、新しいことをまた1から始めることの大変さを思ってのことだと思います。
仕事を最初から覚える大変さ、新しい仕事の環境、新しい職場の人たちに慣れることの難しさを危惧していたみたいです。

私は転職と同時に生まれ育った県を出ることにもなったので、新しい土地で生活していく心配心もあったと思います。

終身雇用世代だから

自分が終身雇用でうまくったから、その押し付けだと感じました。裏を返せば、子供に幸せになってもらいたいから、転職しないで頑張りなさいとの考えだと思います。

そして、転職ということに悪い印象しか持たないようで、ブラック企業などの存在すら理解できないみたいです。会社の安定もあり、会社のために頑張ることが、理想と思っています。

ヘッドハンティングで転職しない限りは、辞めるのはおかしいという考えがあるようでした。私の現状を理解することは、誰もできません。

就活が大変だったから

私が就職活動に苦戦しているのを見ていたからだと思います。受けても受けても不採用通知が届き、その度に落ち込んでいました。

そんな私の姿を見ているからこそ、親心として少々嫌なことがあっても続けた方がいいという考えだったのです。私も親にそう言われる度に、もう少し頑張ろうと気持ちを立て直してきたのも事実です。

しかし現状は一向に良くならず、私の体調だけがどんどん悪くなっていきました。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
体を壊しては元も子もありませんよね…。

遊びで言っていると思うから

辞めたい理由が休みに関してだったので、遊びたくて言っていると思ったみたいです。給料もボーナスももらえて安定していて不満がないのになぜなのか?

辞めて次にやりたい仕事が明確になかったことも原因の1つです。一人暮らしをしていましたので先の住まいなどもどうするのか心配だったはずです。一番は私が簡単に辞めると考えたことに腹を立てたようでした。

自慢できる会社だから

私が働いている会社の親会社が総合商社であることが、親にとっては自慢であったのかもしれません。その自慢が、周囲に出来なくなることが反対の要因かと思います。

私がそう感じたのは、祖母の葬式で親戚に会ったときです。親戚から、商社で働く娘がいて羨ましいと言われました。私は、自分がどこと会社に勤めているか親戚に公言しておりません。

また、私が働くのは商社ではなく、商社のシステム子会社です。私の親が親戚と自分の会社の人たちに、自分の娘は商社で働いていると言いふらしていたのです。私は恥ずかしくなり、親戚に子会社であることを修正して周りました。

リスクがあるから

在職中鬱病に近い症状が出ることが多くなっていたのですが、私の状況は結婚して子供ができたばかりという時期でした。

ですので、親としては、今の状況で収入を失うというリスクを冒すよりもなんとか今の職場に残って収入を得ることを継続した方が良いのではと反対されていました。妻子ができたばかりで職を失うということがリスキーであったからです。

病気による退職の場合、よっぽどのことがなければ退職理由は自己都合での退職として処理されますので、失業保険を受け取るにしても3ヶ月は先の話になります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
保険料を受け取るまでの間、どうやって生活するのかは大きな問題だ。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

親に転職を反対されて迷ってしまう人の特徴とは?

親に転職を反対されて迷ってしまう人はどんな人なのでしょうか?

特徴を具体的に紹介します。

親の言いなりになってきた人

親の言いなりになってきた人だと思います。具体的には「最終的な判断を親にいつも委ねてきた人」だと思います。自分のことは自分で決める決定権があるにも関わらず、そのように生きてきた人は自分で判断ができなくなると思います。

なので反対されても迷ってしまい自分で判断ができなくなるのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職したいなら、「すべては自分で決めなければならない」と覚悟すべきですね。

親の期待に答えてきた人

就職だけに問わず、今まで高校大学と親の意向をくみ取り受験し合格してきた人は、就職に関しても親の期待に答えたいという気持ちが強く、迷ってしまうのだと思います。

また、転職後の仕事で現職以上に成し遂げる、良い状態に持っていくやりきる自信がない人は、親にもっともな内容で反対されると、そうかもしれないと感じて迷ってしまうのです。

親に心配をかけたくない人

親が絶対的だと思っている、または親に心配をかけたくないと思っている人は悩むでしょう。

自分が我慢すれば親の悩みは無くなる、転職がずっと決まらなかったら、親に迷惑をかけてしまうとわかっている人は正直親に反対されたら迷ってしまう可能性が高いです。

転職への真剣度が低い人

親に転職を反対されて迷ってしまう人は、転職に対する真剣度の低い人だと思います。別にその会社でなくてもいいかな?とか、仕事しないと収入が無いから仕方なく働こうとか、転職に対してあまり前向きではない人ではないでしょうか。

私は親に大反対されましたが、転職しました。「私はこの仕事がしたい!」という強い決意があったから、親に何を言われても、決意がぶれることや迷うことはありませんでした。転職に限りませんが、迷うということはそのことに対して本気ではないことだと私は思います。

気持ちが揺らいでしまう人

「転職をしたい」と思う気持ちが、反対されたことによって揺らいでしまう人です。転職することを決意したとしても迷う気持ちがでてしまうのは当然でしょう。

新しく得られることもあると思いますが、転職することによって失ってしまうことだってあります。その2つを比較したとき失うものが多いと感じてしまえば当然転職することを迷ってしまうと思います。

転職することで親との関係が悪くなってしまうことや、周りの友人と疎遠になってしまう要因などマイナス面の例はたくさん考えられます。

親が決めてきた人

自分の意思を持たない人でしょう。小さい頃から親が、何かと決めてきたのではないでしょうか。親に理解できなくても、自分がやりたいことをするべきかもしれません。

また、親から見て頼りないのではないでしょうか、転職後にはっきりと幸せになった姿を見せたら、親の考えも変わりました。そうやって親の反対意見を変えることを自分で行えないから、親が反対をするのでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
親から見て、転職後に幸せになる姿が見えないのだろう。

自分の気持ちに迷いがある人

自分の気持ちに元々迷いがあるからだと思います。退職したら勿体ないとか、周りからどう思われるだろうとか、果たして転職が上手くいくかなど色んな悩みや不安がそうさせるのです。

また、私の場合はそれに加えて両親がすごく厳しかったり、世間体を気にする人でした。そのため小さい頃から親という権限をこちらに振りかざし、私はその度に気持ちを抑圧してきました。

そのせいで大人になってもどこかで親のいうことは絶対だ、逆らってはいけないという気持ちがあるのだと思います。親から背中を押してもらったり、励まされたりしたことはなく、いつも否定や比較ばかりだったので自分に自信が持てないでいました。

親に頼ることが多い人

小さい頃から親に何でも決めてもらっていたか、決められてしまっていた人ではないでしょうか。もしくは社会人になっても親に援助してもらっていたり親に頼ることが多いので、何か言われても反論できず従うしかないと考えてしまう場合もあるかもしれません。

あとは自分の意志が弱い人もそうですね。回りの意見に流されてしまう人っていますよね。辞めることに対して正当な意見を言われて、納得して考え直してしまう人もいるのではないでしょうか。

よく親に相談する人

何かを決定する際に親へよく相談する人は、転職を反対されたら迷ってしまうかもしれません。

私の友人がそうでした。転職や結婚など何か重大な選択をする際に親の意見を求めています。自分の意見があるのに、いつの間にか親の意見に沿った決定をしていました。

結婚相手を反対されて、プロポーズを断った時は驚きました。ずっと親の意見を聞いて育ったため、大切な決断ほど、親に委ねたくなってしまうのかもしれません。

私は大学も就職も親への相談はせずに決めています。転職を反対されましたが、選択に迷いはありませんでした。

自分で判断できない人

基本的に自分での判断ができない人ということになるのだと思います。ただし、これは元々の判断能力が低いという意味ではありません。

転職をするということを日常的にしている人でなければ、自分が転職した先でどうなるのかということは中々想像することは難しいです。

そんな中で決して小さくはない決断をするのに、人生経験の豊富な親の意見に耳を傾けてしまうのは、別に珍しいことではないと思いますし、積極的に聞いていくべきです。

大切なのは、今置かれている状況をある程度客観的に判断できるだけの材料を一つでも多く収集することです。親の意見もそのうちの一つですので、その意見が自分の意思と食い違えば大抵の人は迷うものだと思います。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人は自分一人の意見だけで物事を決められるほど強くはないよ。自分で判断できないということを、必要以上に負い目に感じることはないんだ。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

親に転職を反対されたときの9つの対処法とは?

親からの反対をどうすれば乗り越えることができるでしょうか?

ここでは、親に転職を反対されたときの対処法を紹介します。

伝えずに転職する

親に反対された時の対処法ですが、そもそも伝えずに転職してもいいと思います。もう成人ならば決定権は自分なのですから。

例え話して反対されたとしても、「自分の人生は自分で決めるんだ」という強い心を持ちましょう。それから親に決定させるのでなく、親に転職先で成果や結果をだしてそれを見せれば親も納得してくれるはずです。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

反対を押し切って転職する

成人している年齢であれば、親の反対を押し切り転職してしまうということが対処法の一つであっても良いとは思います。ただ、納得してもらい転職したいのであれば、親を論理的に説得することが重要になるでしょう。

具体的に転職後の仕事内容や給料、体制面などメリットを紙やプレゼン形式でパワーポイントを使い説明したり、自身の目標を具体的に話し、考えや思いを具体的に理解してもらうことも必要でしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
共通の知人に説得してもらえるなら、早く解決するかもしれません。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

納得するまで話す

私の対処法は納得してもらうまで話すことだと思います。遠方で直接話せない場合は電話でもかまわないです。どんなに反対されても懲りずに納得してもらえるまで話したら必ず親も納得します。

あとは仕事が重労働などの場合は、どれだけ自分の体に負担がかかっているかをわかりやすく話してあげることが大事だと思います。親は世間体を考えて子供にはやはり1つのことろで長く頑張ってほしいんです。

転職癖がついていろんなところで働きまくったりしたらご近所の人の印象も悪いし、何といってもそんなことばかりしていると自分が一番被害を被ると思っているんだと思います。

親は親なりに考えがありますし、こちらの幸せを願っていることは間違いありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
時間はかかるけど、めげずに説得しよう。

親を騙す

私は最初、親を騙しました。アロマテラピーサロンのエステティシャンとしてではなく、サロンの受付事務として採用されたと、嘘をつきました。

虚弱体質の私を親は心配していたので、「事務だと体力を使わないから転職してもよい。」と言われました。人手が足りない時は事務もしましたが、練習と資格取得に明け暮れ、エステティシャンとしてのキャリアを積みました。

アロマ業界に転職してから、子供の頃から悩まされてきた病弱が治り、どんどん元気になる私に親が驚き、本当の事を話しました。それ以降、転職したことを親は喜び、応援してくれました。

もう一度見直す

自分自身が転職しようとしている職に対して、本当の意味でその仕事に就きたいと思っているのか改めて見つめなおすことです。

そして、その仕事に就いた先に自分はどうなりたいのかを明確に捉え、円満なビジョンを見据えて転職した先に待ち受けている幸せを想像することで転職に対して前向きな姿勢になり、その気持ちを伝えることで乗り越えられると思います。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
親に転職に対してどのような職にこれから就こうと思っているのか、どういう生活を送るのかをなるべく具体的に伝えて親を安心させるといいですね。

転職してしまう

親には転職活動を黙って行いました。転職は、給料よりやりがいを優先して、自分自身で決めて、事後報告を親にしました。転職後もしばらくは、文句を言われましたが、自分がやりがいを持って仕事を楽しむ姿を見せたら、考えが変わってきました。

反対を押し切ってやる分、転職前よりも幸せになることで、反対していた理由のすべてが、なくなりました。親には現状の辛さを話しても無駄だと悟り、辛さを話すよりも、転職後の未来を話すべきだと思いましたが、揉めた後だったのでなかなかできません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
本気でやりたい事ができたなら、転職活動へと動くべきだ。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

自分を信じる

とにかく自分の気持ちを強く持ち、信じることだと思います。退職を選択するそれ相当の理由があるのだから、気持ちを揺るがさないようにしなければなりません。でなければ手遅れになります。

怠けたいから退職を選択した訳ではないなら、自分に自身を持って周りに左右されないことが大切です。人生は一度きりです。周りは色々言いますが、責任は徒ってくれません。後で後悔しないように自分を貫き、踏ん張ってください。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

真剣に意思を伝える

まずは辞めたいんだという強い意思を伝えることだと思います。そこで働いているのは嫌だとはっきり言って理由を聞いてもらえるようにすることです。

それには辞めた後のこと、次にする仕事をきちんときめているのか、自分の生活は維持していけるのか、先のことまできちんと考えた上で辞めたいと話せば状態で考えがあってやっているんだなと理解してくれると思います。

親は怒っているのは心配だからです。その心配を少しでもなくしてあげたら怒らず助けになってくれるはずです。こっちが真剣なら親も真剣に聞いてくれると思います。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
いい加減なのは何事もダメですよね。

事後報告する

反対されることはわかっていたので、転職は事後報告しました。

あとから説得する際は、働き方がブラックで毎日終電まで働いていた、周りの人と性格が合わなかった、など実際働いている人にしかわからない事実を誇張し伝えることで、転職したくなる気持ちに同意してもらいます。

親に実際の会社の環境なんてわかるわけがないので、誇張しても認識されません。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

親以外にも相談する

相談する相手が親だけという状況を脱するべきだと思います。

そもそも、自分より人生経験豊富な親を相手に、大きな決断を相談した場合、高確率でまずは反対されます。

そして、その反対意見に納得してしまうのは、親の反対した意見が自分にとっていいのか悪いのかを判断するだけの材料がないからです。

ですので、まず親に相談するのはいいとして、他の方にも相談してみることをお勧めします。友人でもいいですし、恩師の方がいるならその方と連絡をとってみるのもいいです。

とにかく親以外の意見もどんどん聞いていくことで視野が広がって、だんだんと自分を客観的にみることができるようになります。

結果、その転職のメリットとデメリットが明確になってくるので、親に反対されていたとしても、どのように反対されるのか想像がつくはずです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
後はどのように説得するかを考えるだけなので、気持ち的にも大分前向きになれるだろう。

\気軽に転職のプロに相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

親に転職を反対されて悩んでいる人への6つのアドバイス

ここからは、親に転職を反対されて悩んでいる人へのアドバイスを紹介します。

自分で決める意思を持とう

今親に転職について反対されているのであれば、自分の人生は自分で決めるという強い意思を持ってください。もう自分で転職したいと決めているのであればそれはそれで自分で責任をとるしかないです。

親がどうこういう前に自分はどうしたいかという気持ちをもっと大事にする方が、いろいろなことがスムーズに流れていくために大切でしょう。

自分の意思を強く持とう

私も同じ状況で悩んだことがあります。実際に転職するまで話合うたびに毎日言い合いをし、日常でも嫌みのようなことを言われ続けました。

具体的に自分の今後の目標を伝え、親の気持ちも理解しながら自身の考えや気持ちを率直に論理的にぶつけることが必要だと思います。時には心めげそうになることもあるでしょうし、もうあきらめるしかないかと感じることもあるでしょう。

でも、転職すると決めること自体、難しい人もいる中で決意したことは素晴らしいことだし、決意できたからにはきっと転職後、必ず今よりも良い状況で働くことができるはずです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
今はしんどいときかもしれないけど、自分の意志を強く持って説得に努めよう。

辞めた後のプランをしっかり立てよう

会社に不満なり何かがあって転職を考えているのでしょうが、もし親の了解を得たいなら今後やめてからのプランニングをしっかり立てることです。

その通りに行くとはだれも思っていません。要はしっかんり考えて自分の進路と向き合い考えていることが大事なんです。そのプランニングがよっぽど間違っていなければ親は必ず納得してくれます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
結局は実際働くのは自分なのですから、そこまでプランニングができていないと親の了解を得て転職しても成功しないと思います。

\キャリアプランの相談もお任せ!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職後に結果を出そう

その転職に対する思いは本気でしょうか?本気でその仕事がしたいのであれば、親や他の人に反対されても考えがぶれる事はありませんし、転職を諦めようとは思わないはずです。

よっぽど評判の悪いブラック企業でなければ、反対を押し切って転職するといいと思います。私は転職先で結果を出して、親が認めてくれました。

転職後、結果を出せば、反対していた親御さんも安心し、賛成に転じ、応援してくださると思います。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職成功させて仕事で結果も残せば、何も言われる心配ありませんね!

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職する理由を明確にしよう

まず、転職する理由を明確にしてください。人にどう言われるかというのは脇に置いておいて、自分が今転職したいと考えているなら、転職した先で今の自分と比べてどうなっていきたいのかを考える必要があります。

そのためには明確な理由が必要不可欠です。場合によっては、転職するために新たに習得しなければいけないスキルもあるかもしれません。

それも理由が明確でなかった場合、なあなあになって結果として良い転職はできなくなることがあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ちゃんとした理由があれば親の説得にも使えますね!

思い切って挑戦しよう

転職を迷うのは当然ですが、答えを出すのが難しいぐらいまで悩むのであればやめたほうがいいです。転職をすることで現在の生活環境、収入面など自分を取り巻く環境がガラリと変わり、それでも強く転職を望む気持ちがあるのならば背中を押します。

人生での時間は有限であり、転職したいという気持ちを持ったまま時が過ぎ、後になって後悔したときにはもう遅いかもしれません。

挑戦することで失敗することもあるかもしれませんが、その先に成功が待っているかもしれない中で、挑戦をしないのでは失敗や成功の概念すらありません。

自分自身の人生を少しでも明るく変えたいと望むならば、思い切って転職すべきです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職活動をスムーズに進めるには、転職エージェントを活用するといいよ。

\転職成功して親を納得させる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

まとめ:人生はあなたのもの!後悔のないキャリア選択を!

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

親の反対だけのために、あなたの挑戦を諦めるのはもったいないです。

少しでも新たな可能性にチャレンジできるにも関わらず、思いを押し殺してしまうと必ず後悔します。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
挑戦しなかったことは、いつまでも後悔が残りますよね…

あなたが少しでもチャレンジしたいと思っているなら、今すぐ転職を相談してみましょう

まずは業界No.1の転職エージェントであるリクルートエージェントがおすすめです。

新しく頑張りたい企業が見つかれば転職すればいいですし、気に入らなければしなくても構いません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職の成功はまず動いてみないと始まりません。

転職に不安がある方でも、ぜひ一度くわしく見てみてください。疑問点がある場合や親の説得方法なども気軽に相談できますよ。

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。