転職コラム

毎日残業なのはおかしい?疲れてストレスが限界に達したときにおすすめの行動を紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
毎日残業が続いてストレスを感じています。残業がいつもある会社はおかしいのでしょうか。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
毎日残業がある会社は、労働環境が整っていないと判断できるため、おかしいと言えます。今の働き方に限界を感じている場合は、転職を検討してみましょう。

この記事では、公的機関・転職サイトの情報を用いて毎日残業することがおかしい理由、毎日残業が当たり前になっている会社の特徴を紹介します。あわせて、残業を減らすコツ・毎日の残業に疲れを感じたときに取るべき行動も解説します。

\残業の少ない会社に転職しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

毎日残業するのはおかしいのか?

毎日残業するのはおかしいのか?

毎日残業するのは、おかしいことです。今の状況に疑問を抱いている方は、残業に関するさまざまなデータを知る必要があります。

下記は、転職サイト・厚生労働省などの調査でわかっている残業に関する情報です。

  • 1日あたり1時間から2時間残業している人は41.2%
  • 残業は月45時間・年360時間が原則

ここからは、残業に関する2つの情報についてグラフ・画像を用いて詳しく紹介します。

1日あたり1時間から2時間残業している人は41.2%

OpenWorkが約68,000件のデータをもとに実施した調査では、月間の平均残業時間について次のような結果が出ています。

全体を見ると、月間の平均残業時間が30時間と回答した割合が最も高く14.5%となっています。2番目は40時間の13.7%、3番目は20時間の13.0%です。

20時間から40時間までを合算すると、1日あたりの残業時間が1〜2時間の割合が41.2%となります。50時間以上も残業する方は、平日だけでなく休日も残業していると考えられます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
残業することが当たり前に見えますが、残業時間が10時間未満の会社は約30%存在します。毎日の残業が耐えられない方は、転職を視野に入れてみましょう。
毎日深夜まで残業の社会人は要注意!過労死ライン一歩手前の会社なら早めに転職しよう 「毎日深夜まで残業で仕事が辛い…。」「長時間労働でもう体も心も限界…。」と苦しみながら働いている人もいるはずです。 ...

残業は月45時間・年360時間が原則

2019年4月の労働基準法改正に伴い、残業時間の上限規制が変わりました。残業時間の上限規制は、下記の画像を参考にしてください。

残業時間の上限規制が変更される前までは、年6か月までであれば上限なしで残業できていました。

しかし、改正後の残業は月45時間・年360時間が原則となっています。特別な事情がある場合のみ「年720時間」「複数月平均80時間」「月平均100時間」の条件で、残業は月45時間以上を超えられます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
なお、複数月平均80時間とは、「2か月平均」「3か月平均」「4か月平均」「5か月平均」「6か月平均」のすべての残業時間が80時間以内に収まることを指します。
毎日3時間の残業を行うリスク3点と残業を減らす4つの方法 毎日3時間の残業が当たり前になっていると、心身が多少辛くても無理をしやすいものです。 しかし、週労働時間が60時間...

毎日残業させる会社の特徴

毎日残業させる会社の特徴

毎日残業させる会社には、下記のような特徴が見られます。

  • 人手不足という問題を抱えている
  • 社員全員が残業することを前提に働いている
  • 必要のない無駄な業務が多い
  • 上下関係が厳しすぎる
  • 残業が評価されてる

ここからは、上記の特徴に当てはまる会社で残業が多くなる理由を解説します。

人手不足という問題を抱えている

人手不足の会社では、一人あたりがこなす仕事量が多くなるため、必然的に残業が増えます。

会社が人手不足になる理由はさまざまですが、「求人を出しても人が集まらない」「離職率が高い」という特徴が見られる場合は、今後も人手不足が解消される可能性は低いでしょう。

会社の中には人手不足を抱えているものの、人件費を抑えることを目的に新卒・中途採用を実施していないケースも少なくありません。

新卒・中途採用を実施しない理由は、新たな人材を確保するよりも、現在勤めている社員に残業をさせたほうが人件費は安くなるためです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人手不足が問題で毎日残業が続いている場合は、転職しない限り残業が減ることはないでしょう。
終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう未来がない会社に在籍していると、自分の将来が危険です。そこで今回は、未来がない会社の特徴を10つピックアップしました。2〜3つでも当てはまっていたらアウトです。...

社員全員が残業することを前提に働いている

社員全員が残業することを前提に働いている会社でも、毎日残業が続きやすいと言えます。

残業が前提になっている会社では、業務の効率化ができていない可能性があります。業務の効率化ができていない会社は、業績が伸び悩んだり将来的に衰退することが否めません。

他にも、社員全員が残業することを前提に働いている会社は、同規模の会社と比較したときに基本給が低いことも考えられます。基本給が低い会社では、残業をして手取り額を増やす人が多い傾向です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
残業代ありきで生活費をまかなっている場合は、他の会社よりも基本給が低いと判断してもよいでしょう。
辞めるべき会社の特徴20選!こんな中小企業は何としても辞めた方がいい あなたは「今の会社おかしいかも…?」と思ったことありませんか? しかし、実際は「違和感」をその場でスルーして嫌々な...

必要のない無駄な業務が多い

必要のない無駄な業務が多い会社も、残業は多くなります。基本的には、利益が生み出されない業務は必要のない業務だと判断してよいでしょう。

例えば、「必要事項を確認するだけの会議が多い」「定例業務がフロー化されていない」などの特徴が見られる職場では、無駄な業務が多くなります。

無駄な業務が一つでも少なくなれば、1日あたり30分以上の時間を節約できる可能性があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「無駄な業務が多いかも?」と感じる方は、やらなくても業務に差し支えのない仕事を洗い出してみましょう。
将来性がない会社の特徴とは?辞めた方がいいの…? 会社に対して将来性がないと感じてしまうと、いろいろな意味で不安になってしまうものですよね。 この記事では、将来性のない会社...

上下関係が厳しすぎる

上下関係が厳しすぎることが原因で、毎日残業がある会社も存在します。体育会系の文化が強い会社では、上下関係が厳しくなりやすい傾向です。

例えば、「上司が帰らなければ部下は帰れない」「上司の一声で残業の有無が決まる」などの特徴に該当する会社は、上下関係が厳しすぎると判断できるでしょう。

一般的な会社では、自分の仕事を順調に進めていれば、上司が帰る・帰らないにかかわらず定時退社できます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
他にも、「自分の時代は残って当たり前だった」「今の若者は根性がない」などと口にする上司がいる職場でも、上下関係が原因で残業が増えやすいと言えます。
上司のパワハラで退職・転職したい人は今すぐ逃げろ!心が病む前に会社を辞めるべき全理由 職場で上司からパワハラを受けていて退職や転職を考えている人もいるでしょう。 パワハラはどこの企業でも起こりうる深刻...
上司に怒られて毎日辛い人へ。追い込まれる前に転職すべき! 毎日上司に怒られて辛い… 仕事に行くのが怖い… もう無理だ…! このように、毎日上司に怒られて辛過ぎる毎日...

残業が評価されてる

毎日残業が当たり前になる会社の中には、残業を評価の対象としている会社もあります。「長い時間仕事に取り組んでいる=頑張っている」と判断する会社は、残業を評価する傾向です。残業が評価される文化は、古い体質の会社に見られます。

残業が評価される会社では、定時に完了する仕事にもかかわらず、ゆっくりと進めて残業する方がほとんどです。仕事を真面目に取り組むよりも、ダラダラと仕事するほうが評価されます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「仕事を真面目に取り組みたい」「仕事の質で評価されたい」という方は、残業を美徳としている会社を離れることをおすすめします。
残業60時間がつらくて辞めたい時の対処法を紹介|残業60時間を超えると生じる弊害も解説 月間の残業が60時間を超えてくると、身も心もボロボロになってしまいます。 「残業60時間ではプライベートがなくなる...

毎日残業している人が残業を減らすためには?

毎日残業している人が残業を減らすためには?

毎日残業している方の中には、自分の仕事の取り組み方が原因で残業が増えている可能性があります。

残業を減らしたい方は、次のことに取り組んでみましょう。

  • 周りの人が残業をしていても自分の仕事が終わっていたら帰る
  • 無駄な仕事をしないようにする
  • 上司に相談してみる
  • 周りの人に協力してもらう

ここからは、4つの項目について詳しく紹介します。

周りの人が残業をしていても自分の仕事が終わっていたら帰る

毎日残業することに嫌気が差している方は、周りの同僚・上司が残業をしていても自分の仕事が終わっていれば帰ることから始めてみましょう。特に、「周りと働く時間を合わせなければいけない」と考える方は、周囲を気にして帰れていない可能性があります。

「周囲が残業しているから」といっても、自分の仕事が終わっていれば定時退社しても問題ありません。

もし、残業しないことで同僚・上司から嫌われたり、昇給・昇格の査定に影響が出たりする場合は、今の会社を辞めたほうがよいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「残業するのが当たり前」と考えている会社は、ブラック企業とも判断できます。働き方が合わないのであれば、早めに転職を検討しましょう。

無駄な仕事をしないようにする

無駄な仕事をしないようにすれば、残業を減らせます。与えられる仕事量はコントロールできないため、まずは業務の効率化を最大限はかることから始めてみましょう。

例えば、デスクワークが多い方であれば、ショートカットキーを覚えたり、業務効率化につながるツールを導入したりすると、残業を減らせる可能性があります。

無駄な仕事は、「めんどくさい」「必要性がわからない」と思う業務の中から多く見つかります。残業を減らしたい方は、手間のかかる業務を簡単に消化する方法を探してみてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
業務を効率化するイメージが湧かない方は、Googleなどの検索エンジンで「業務効率化 例」などと調べると、良いアイディアが見つかります。

上司に相談してみる

周囲よりも仕事量が多く残業が続いている場合は、上司に相談してみましょう。上司と部下の接点が少ない職場では、上司が部下の仕事量を把握しておらず、仕事の割り振り方が一定の社員に偏っていることがあります。

残業が多いことを上司に相談すれば、仕事量・人員数を調整してもらえるケースがほとんどです。

一方で、「頑張りが足りない」「周りも一緒」などと根性論を解決策として挙げる職場は、辞めることを検討してもよいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
部下の気持ちに向き合わない上司がいる職場では、残業以外に人間関係でストレスを抱える恐れもあります。

周りの人に協力してもらう

毎日残業が続いている方は、周りの同僚に仕事を協力してもらい、残業を減らす方法もおすすめです。業務の効率化をどれだけ進めても、一人でできる仕事量には限界があります。

周りを巻き込めば、自分の仕事量が減るだけでなく、職場の生産性が一気に上がります。

周りに仕事を協力してもらう際は、「キャパシティを超えているから手伝ってほしい」と素直に伝えましょう。「暇そうだから手伝って」などと相手が嫌な気持ちになる頼み方をすると、後輩であっても協力してもらえない可能性があるため注意してください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
特に、周囲を頼れない方・一人で仕事を抱え込む方は、周りに協力してもらうと、定時退社できる日が増えるでしょう。

毎日残業で疲れたと感じたときににおすすめの行動

毎日残業で疲れたと感じたときににおすすめの行動

毎日の残業がなくならないのは、会社側の問題であり、自分では対処できないことも珍しくありません。自分の力で毎日の残業を解決できないときは、次の行動に移りましょう。

  • 労働基準監督署に相談する
  • 残業の少ない会社へ転職する

外部の力を頼ったり職場を変えたりすると、毎日の残業から解放されるでしょう。ここからは、2つの行動について紹介します。

労働基準監督署に相談する

残業時間が月45時間・年360時間を超えている場合は、労働基準監督署に相談してみましょう。労働基準監督署は不当な労働時間に関する悩みを相談できる、厚生労働省管轄の機関です。

残業時間の規定が守られていないことを相談すると、労働基準監督署は会社への立ち入り調査を実施し、再発防止に関する指導に取り組みます。

実際に、労働基準監督署に相談したことがきっかけで、残業時間が改善されるケースも少なくありません。現時点で転職を考えていない方は、労働基準監督署を頼ってみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
労働基準監督署は秘密保持義務があるため、誰が残業時間について相談したのかを会社に伝えることはありません。

残業の少ない会社へ転職する

今の会社にこだわりがない方は、残業の少ない会社へ転職することがおすすめです。残業に関する問題は、なかなか解決されません。残業から解放されたい方は、残業が少ない会社に転職することが一番の解決策となります。

残業が少ない会社を探すときは、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントでは、会社の内部事情に詳しいキャリアアドバイザーと相談しながら残業の少ない転職先を探せます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
個人で残業が少ない会社を探す場合は、求人情報だけでなく、ネット・SNS上に公開されている会社の口コミもチェックしましょう。
残業の少ない会社に転職するには?企業を見極めて残業が少ない会社への転職を成功させるコツ 「転職するなら、残業が少ない会社を選びたい」という人が増えてきています。 残業が多くプライベートな時間が全くとれない、長時...

おすすめの転職エージェント

毎日の残業が辛くて転職を検討している方は、下記の転職エージェントを利用してみましょう。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

残業など労働環境が問題で転職を検討している方は、転職支援実績が豊富にある大手転職エージェントの利用がおすすめです。

ここからは、リクルートエージェント・マイナビエージェントの特徴を紹介します。

リクルートエージェント

エージェント名 リクルートエージェント
おすすめ度
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP リクルートエージェント公式
リクルートエージェントの特徴
  • 非公開求人数が10万件以上と業界最大級
  • 転職支援実績No.1
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーから適切なアドバイスがもらえる

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の実績を誇る転職エージェントです。公開求人と非公開求人を含め、40万件以上の求人を有しているため、「残業が少ない会社」を見つけられる可能性が高いと言えます。

キャリアアドバイザーは、利用者が理想とする働き方を実現できる転職先を提案します。そのため、毎日残業がない会社・仕事とプライベートのメリハリをつけやすい会社、などを紹介してもらいたい方は、リクルートエージェントに登録しましょう。

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

マイナビエージェント

エージェント名 マイナビエージェント
おすすめ度
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 転職回数・年代に合わせてサポート
  • キャリアアドバイザーとは別に企業担当アドバイザーも在籍
  • 書類添削・模擬面接が丁寧で転職を実現しやすい

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。キャリアアドバイザーとは別に企業担当アドバイザーが在籍しており、他の転職エージェントよりも詳しく転職先の内部事情を知れます。

そのため、求人情報では把握できない転職先の詳しい残業時間・残業回数などの情報を入手できる可能性があります。会社の内部事情を知った上で転職先を選ぶと、希望条件と労働環境のミスマッチが生じる可能性は低いでしょう。

残業の有無を重視して転職先を選びたい方は、会社の内部事情に詳しいマイナビエージェントの利用がおすすめです。

\転職先の内部事情に詳しい/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビエージェントはひどいって本当?マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|マイナビ利用者にインタビュー マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職...

毎日残業でストレスを溜めているなら転職を考えよう!

毎日残業が続く会社は、人手不足に陥っている・無駄な作業が多いなどの特徴が見られます。毎日残業する働き方が改善されないのは、ほとんどの場合で会社側に原因があります。

残業の有無を個人で解決することは難しいため、残業でストレスを溜めている方は、転職を検討しましょう。多くの転職先を比較したい方は「リクルートエージェント」、会社の内部事情を詳しく知りたい方は「マイナビエージェト」の利用がおすすめです。

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

ABOUT ME
緒方 透也
キャリアクラスの執筆を担当しています。製造業からIT業界へ異業種の転職、県外への転職を経験しました。転職関連のライティングは、これまでに100記事以上携わっています。実体験を踏まえて、読者に有益な情報をお届けします。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。