転職コラム

パニック障害の人が転職を成功させるためのポイント|向いている仕事・向いていない仕事を解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
パニック障害でも転職を成功させられますか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
病気を理解してくれる会社を選ぶことが大切だよ。

「パニック障害を抱えているせいで転職できないかも……」と悩んでいませんか?

病気について理解のある会社を選べば、パニック障害の方でも転職を成功させられます。パニック障害の方が転職を成功させるには、自分に合う仕事を知ることが大切です。

本記事では、パニック障害でも転職を成功させるポイントについて紹介しています。

本記事でわかること
  • パニック障害の人が転職先を選ぶ際のポイント
  • パニック障害の人に向いている仕事・向いていない仕事
  • パニック障害の人におすすめの転職エージェント

パニック障害の方が自分に合った転職先を見つけるなら、dodaチャレンジに相談するのがおすすめです。病気に精通したコンサルタントが在籍しているので、あなたの特性に合った求人を紹介してもらえます。

dodaチャレンジ

\障害者の転職実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

パニック障害とは?

パニック障害とは?

パニック障害とは、発作を起こすことで生活に支障が出る不安障害の一種です。発作には以下のような症状があります。

パニック発作の症状
  • 動悸
  • めまい
  • 発汗
  • 窒息感
  • 吐き気
  • 手足の震え

パニック障害になるとこのような症状を何度も繰り返し、自分でコントロールすることはできません。そのため、「発作が起きたらどうしよう」と不安を感じて、外出を避けるようになります。

本記事では、パニック障害を抱える方が理解を得て、転職を成功させるポイントについて解説しています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
パニック障害が転職にどのような影響を与えるのかを見ていこう。

参考:厚生労働省「パニック障害・不安障害」

パニック障害は転職で不利になる?

パニック障害は転職で不利になる?

パニック障害を抱えていると、転職で不利になる場合があります。

しかし、病気に理解のある会社を選び、しっかりと面接対策を行うことで転職を成功させられるので安心してください。

パニック障害の方が転職を成功させるには、自分自身が病気への理解を深めることが大切です。病気だからと諦めるのではなく、今の自分ができることを探す必要があります。

例えば、過度なストレスがかかる営業職は無理でも、淡々と作業をこなす事務職ならできるかもしれません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
しっかり対策を行って、パニック障害で不利になる部分をカバーすることが大事です!

パニック障害の人が転職先を選ぶときに見るポイント

パニック障害の人が転職先を選ぶときに見るポイント

パニック障害の人が転職先を選ぶ際には、以下のポイントに注目しましょう。

予期不安や発作が起きたときに柔軟に対応してくれる会社を選ぶ

予期不安や発作が起きたときに、柔軟に対応してくれる会社を選びましょう。

パニック障害の方にとって、過度なストレスはパニック発作を起こすきっかけです。特に満員電車では発作を起こすリスクが高く、通勤ラッシュはできるだけ回避しなければなりません。

シフトに融通が利く会社であればラッシュを避けられるため、発作のリスクを下げられます。

また、欠勤した際のフォロー体制が整っていると、クリニックに通院しやすく安心です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
正社員にこだわらず、アルバイトやパートを選択するのもひとつの方法だよ。

自宅から距離の近い会社を選ぶ

パニック障害の方は自宅から距離が近い会社を選ぶのがおすすめです。

会社までの距離が長いほど、ストレスにさらされる時間も長くなります。広場恐怖症を抱える方は特に注意が必要です。

広場恐怖症とはパニック発作の一種で、知らない人に囲まれることで不安を感じるようになります。通勤時間が長いとストレスがかかり、広場恐怖症の症状が悪化してしまうかもしれません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
発作のリスクを抑えるためには、徒歩や自転車で通える距離の職場を選びましょう。

在宅勤務やフレックス制を設けている会社を選ぶ

パニック障害の方が転職を成功させるには、在宅勤務やフレックス制を設けている会社を選びましょう。

在宅勤務であれば人と接触する機会が少なく、公共の場でパニック発作を起こすリスクがありません。その安心感から落ち着いて自分の仕事に取り組めます。

また、フレックス制の場合は労働の開始時間を調整することで、人が多い時間帯の出勤を避けられて安心です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
在宅勤務が可能な職場なら、パニック障害があっても安心して働けるよ。

パニック障害の人にはどんな仕事が向いている?

パニック障害の人にはどんな仕事が向いている?

パニック障害の方には以下のような仕事が向いています。

パニック障害の人に向いている仕事
  • 自分のペースで行える仕事
  • シングルタスクで集中しやすい仕事
  • 勤務時間に融通が利く仕事

パニック障害の方は過度なストレスがかかると、発作を起こす可能性があります。そのため、自分のペースで取り組める仕事がおすすめです。

あれこれ気を回す必要があるマルチタスクよりも、集中しやすいシングルタスクが向いていると言えるでしょう。

また、勤務時間に融通が利く仕事を選ぶことで、発作が起きた際にも柔軟な対応ができます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
職種で言うと事務職や経理職、在宅フリーランスが向いていますね。

パニック障害の人にはどんな仕事が向いていない?

パニック障害の人にはどんな仕事が向いていない?

パニック障害の方に向いていない仕事は以下のとおりです。

パニック障害の人に向いていない仕事
  • 頻繁に環境が変わる仕事
  • 勤務時間が固定されている仕事
  • ノルマがありストレスがかかりやすい仕事

パニック障害の方にとって、生活習慣や環境の変化はNGです。対応しようと努力するうちにストレスが大きくなり、パニック発作につながります。

また、勤務時間が固定されている仕事は通勤ラッシュに巻き込まれる場合が多く、広場恐怖症による発作を起こすでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ノルマがある仕事も過度のストレスにさらされるから、パニック障害を抱える方には向いていないよ。

パニック障害の人が転職を成功させるためのポイント

パニック障害の人が転職を成功させるためのポイント

パニック障害の方が転職を成功させるには以下のポイントを押さえておきましょう。

障害者向けの転職エージェントを利用する

パニック障害の方が自分に向いている仕事を探すには、障害者向けの転職エージェントを利用するのがおすすめです。

障害者向けの転職エージェントなら、病気に対して理解がある企業の求人を紹介してもらえます。在宅勤務やフレックス制度に対応した企業の求人を取り扱っているので安心です。

また、障害者の転職サポートに慣れたコンサルタントが対応してくれるので、転職活動をスムーズに進められます。

パニック障害の不利な部分をカバーして転職を成功させるなら、障害者向けの転職エージェントに相談しましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
精神障害に理解のある企業を紹介してもらえるので安心です。

自己分析を徹底的に行う

パニック障害の方が転職を成功させるには、自分の症状を正しく理解することが大切です。転職活動を始める前に、自己分析を徹底的に行いましょう。

自分の症状がどの程度であるかによって、できる仕事の範囲が異なります。まずはどうしても苦手なことと、チャレンジできそうなことを整理するところから始めてください。

また、仕事中にパニック発作を起こした際に、どのような対処で落ち着きを取り戻せるかも重要です。具体的な対処法があれば、焦らずに柔軟な対応ができます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自分自身が病気を深く理解することで、対処法が見つかりやすくなるよ。

選考対策をしっかりと行う

心身が健康な方と比べて、パニック障害の方は転職で不利になる場合があります。しかし、選考対策をしっかり行うことで、転職を成功させられるので安心してください。

ただし、内定を獲得するための選考対策を1人で行うのは困難です。転職のプロに相談して、適切なアドバイスをもらうのが良いでしょう。

これから転職活動を始めるパニック障害の方は、転職エージェントやハローワークに相談して、選考対策をサポートしてもらうのがおすすめです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
プロ視点のアドバイスをもらえば、スムーズに対策できますよ。

パニック障害であることは企業に隠すべき?

パニック障害であることは企業に隠すべき?

パニック障害を抱えていることは、企業に隠すべきではありません。面接の際に伝えておくのがおすすめです。

病気について黙っているほうが転職を成功させられるかもしれません。しかし、就業中にパニック発作を起こせば、黙っていてもバレてしまいます。

また、パニック障害であることを伝えておけば、発作が起きた際に柔軟な対応をしてもらえて安心です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
パニック障害を伝えたうえで、理解のある会社に転職するのがおすすめだよ。

パニック障害に人におすすめの転職エージェント

パニック障害の方には以下の転職エージェントがおすすめです。

dodaチャレンジ

エージェント名 dodaチャレンジ
おすすめ度
料金 無料
求人数 公開求人:約1,300件
(2022年12月24日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代 全年代
対応エリア 全国
オンライン面談 対応
得意分野 障害者への転職サポート
公式HP https://doda.jp/challenge/
さらに詳細を見る
運営会社名 パーソルチャレンジ
株式会社
拠点 東京都港区芝
5-33-1
森永プラザビル
本館19F
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無 ×
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
dodaチャレンジの特徴
  • 障害者の転職支援数No.1
  • 適性に合わせた幅広い求人を紹介
  • 転職後の定着率94%

dodaチャレンジは、身体・精神(発達)・知的障害者へのサポートに特化した転職エージェントです。そのため、障害者手帳をもっている、または申請中の方のみが利用できます。

障害や病気に対する深い理解があり、適性に合った求人を紹介してもらえて安心です。障害者の転職支援実績No.1を誇っているため、安心してサポートを任せられます。

また、公開求人は約1,300件と障害者向け転職エージェントの中でも豊富です。大手企業の求人も多数取り扱っており、仕事の選択肢を広げられます。

パニック障害の方が自分に合った転職先を探すなら、まずはdodaチャレンジに相談してみてください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
障害者雇用を熟知したキャリアアドバイザーが二人三脚でサポートしてくれます。

\障害者の転職実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つ...

マイナビパートナーズ紹介

エージェント名 マイナビパートナーズ紹介
おすすめ度
料金 無料
求人数 公開求人:非公開
今の求人数:公式HP参照
対象年代 全年代
対応エリア 首都圏(東京)
関西
オンライン面談 対応
得意分野 障害者への転職サポート
公式HP https://mpt-shoukai.mynavi.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社
マイナビ
パートナーズ
拠点 全国
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無 ×
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
マイナビパートナーズ紹介の特徴
  • 障害に詳しい専門カウンセラーが在籍
  • 一定の水準を満たした企業の求人のみを紹介
  • 就労後のサポートにも対応

マイナビパートナーズ紹介は、マイナビグループが運営する障害者向け転職エージェントです。障害に詳しい専門カウンセラーが在籍しているため、パニック障害の適性に合わせた求人紹介を受けられます。

運営企業も障害者の雇用を積極的に行っており、障害者の方と共に働くノウハウを豊富にもっているのが特徴です。そのため、人材を雇用する企業側の視点で適切なアドバイスをしてもらえます。

また、転職先に就労したあとまでサポートを受けられるのも強みです。電話やメールを通して、悩みや不安などを相談できる環境が整っています。

転職活動から就労後までサポートしてもらいたい方には、マイナビパートナーズ紹介がおすすめです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
厳選した企業の求人のみを紹介しているのも安心できるね。

\障害者雇用の専門知識あり!/
マイナビパートナーズ
無料登録する

マイナビパートナーズ紹介の評判と口コミを紹介|障がい者の方におすすめの理由を解説 「マイナビパートナーズ紹介を利用したいけど、本当に良いサービスなのか気になる……」と悩んでいる方は多いでしょう。 ...

よくある質問

よくある質問

よくある質問として以下の3つを紹介します。

面接でパニック障害であることを言う?

面接の際に、パニック障害であることを伝えておくのがおすすめです。病気について知ってもらうことで、パニック発作を起こしても柔軟に対応してもらえます。

病気を隠してあとからバレるよりも、自分から先に伝えておきましょう。

パニック障害の人は正社員になれる?

パニック障害を抱える方でも正社員を目指せるので安心してください。

正社員には在宅勤務やフレックス制など、さまざまな働き方があります。自分に合った働き方ができる企業に出会えれば、パニック障害でも問題ありません。

パニック障害に合った働き方ができる企業を探してみましょう。

パニック障害の人に在宅ワークはおすすめ?

在宅ワークはパニック障害の方が続けやすい働き方のひとつです。

通勤の必要がなく、公共の場でパニック発作を起こす心配がありません。また、自分の体調を見ながら働けるので、仕事中に発作が起きても安心です。

パニック障害の方は、在宅ワークも選択肢のひとつとして検討してみましょう。

パニック障害の方は転職エージェントのサポートを受けて転職しよう!

後輩ちゃん
後輩ちゃん
パニック障害でも転職を目指せるとわかって安心しました。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自分に合った会社を探すためにも転職エージェントを利用しよう!

パニック障害の方でも自分に合った企業への転職は可能です。実際に、パニック障害と向き合いながら社会で働く方はたくさんいます。

ただし、転職を成功させるには自分の症状を理解して、適性に合った仕事を見つけなければなりません。

パニック障害の方が自分に合った仕事を探すなら、dodaチャレンジに相談してみてください。障害者の転職を熟知したエージェントが、二人三脚でサポートしてくれます。

プロの転職支援を受けて、パニック障害でも自分らしく働ける仕事と出会いましょう。

\障害者の転職実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

ハンデを持った方向けの転職エージェント
ABOUT ME
サカモトマコト
通信回線系企業の元営業。現在はWebライターとして活動しています。金融や転職からゲームまで幅広いジャンルで執筆中。誰が読んでもわかりやすくをモットーに、日々の執筆を行っています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。