転職コラム

あなたの給料の手取りが低い理由と今よりもっと高収入の会社に転職できる方法

shell-2546312_1280 (1)

給料が低いと悩んでいる人は、多いのではないでしょうか。給料が低いと悩んでいる場合は、転職をすることで、給料を上げることができるかもしれません。

この記事では、あなたの給料が低いと考えられる理由と、今より高収入の会社に転職できる方法を紹介いたします。

[template id=”8828″]

大原則として、「給料は会社側が決めるもの」ということを理解しておこう

大原則として、「給料は会社側が決めるもの」ということを理解しておこう

給料が低いことで悩んでいる人は、けっこういることでしょう。「あと1万円月収が高ければ少し贅沢できるのに…」「せめてボーナスが少しでも高ければ…」という具合に、悩みはつきないものです。

ただ、「給料は会社側が決めるもの」ということを、忘れてしまってはいけません。とはいっても、「給料は会社側が決めるもの」とは、ある意味では当たり前のことですよね。では、なぜ「給料は会社側が決めるもの」という当たり前のことを、改めて理解しておく必要があるのでしょうか?

それは、「給料は会社側が決めるもの」という考え方が、高収入を目指すための転職の軸になるからです。

「給料は会社側が決めるもの」だということは、「会社側に訴えても給料が高くなることは期待できない」とも言い換えることができます。また、「給料は会社側が決めるもの」とは、「給料は自分では決めれない」とも言い換えることができるのではないでしょうか。

つまり、「給料は自分では決めれない」わけですから、今の会社に「給料が上がること」を期待することはできないのです。したがって、高収入を得たいのなら、転職活動をするという方法が一般的でしょう。

給料が低いことで悩んでいるのなら、「給料は自分では決めれない→今の会社に給料が上がることを期待できない→高収入を得るためには転職活動をすべき」ということを理解しなければいけません。

そのため、給料が低いことで悩んでいるのなら、まずは「給料は会社側が決めるもの」だということを理解しておきたいのです。

 

あなたの給料の手取りが低い理由

あなたの給料の手取りが低い理由

まずは、あなたの給料が低い理由を、考えてゆきましょう。もちろん、「給料が低い」と嘆いたところで、誰も得をすることはありません。

ただ、現にあなたは給料が低いことで悩んでいるわけですが、給料が低い理由を考えることは大切でしょう。

 

「低い給料」が会社の方針である

◇「低い給料」が会社の方針である

日本の会社は、堅実派が多いように感じられます。「1度決めてうまく進んだことは、そのまま変えずに維持してゆく」という具合です。この、堅実派は、従業員の給料にも当てはまります。

例えば、「新卒の給料が月収17万円」で、今まで問題なく会社経営がしてこれたとしましょう。この場合、たとえ景気が上向いたとしても、「新卒の給料が月収17万円」という状況は変わらないという具合です。

また、「新卒は離職率も高いから給料は低めに設定する」という会社もあることでしょう。ただ、この場合は、勤続年数が上がるにつれて、昇給を見込むことができるかもしれません。

ちなみに、私は誰もが知っている大企業へ新卒入社したいと考えて、説明会に参加したことがあります。

「誰もが知っている大企業だから、新卒初任給も高いんだろうな~」と、ワクワクしていたものです。しかし、実際に求人票が配られて、初任給を見てみると、思っている以上に新卒初任給が小額だったのです。

おそらく、大卒初任給の平均月収に3万円も満たないような給料だったと思います。ただ、その大企業は昇給率が高かったのです。つまり、勤続年数が長いほど、高収入になるということです。

もちろん、昇給率などを計算して、将来的に高収入になることができるのなら、今は我慢をしてもいいのかもしれません。ただ、今すぐに高収入がほしいとなると、たとえ大企業やホワイト企業を捨ててでも、転職を検討すべきでしょう。

 

年功序列型の会社である

◇年功序列型の会社である

年功序列型の会社である場合も、若いうちは給料が低い場合があります。ただ、年功序列なわけですから、勤続年数が増えるに連れて、給与額は増えてゆくことでしょう。

「今は給料が低いが、将来的に給料が上がってゆけば問題ない」と考えているのであれば、今の会社を続けるという選択もアリでしょう。

ただ、「今すぐにでも給料を上げたい」と考えているのなら、転職を考えるべきなのではないでしょうか。

また、このご時勢ですから、いつ会社が倒産してしまうかわかりません。そのため、「年功序列だから徐々に給料は上がる」と考えると同時に、倒産をしてしまうリスクも考えるべきでしょう。

いくら、給料が上がることを見込んで年功序列型の会社に勤めたとしても、倒産してしまったら、元も子もないですからね。

年功序列型の会社に勤めており、今後昇給が見込める場合でも、「本当にこの会社に長く勤めることはできるのか」という点を、考えたいものですね。

 

会社の経営状況が厳しい

◇会社の経営状況が厳しい

会社の経営状況が厳しいわけですから、従業員に支払える給料も少ないことでしょう。この場合、人員削減などが起きてしまうと、給料が低いわりに多くの仕事をこなさないといけないので、厄介なものです。

ただ、会社の経営状況が厳しく給料が低くなってしまった場合、今後会社の経営状況が上向きになれば、給料が上がるかもしれません。

しかし、現に会社の経営状況が厳しいわけですから、なかなか「会社の経営状況が上向きになること」を期待することはできないでしょう。

また、そのままどんどん経営状況が悪化してゆき、倒産をしてしまったら、収入は0円になってしまいます。

あくまでも、私の考えではあるのですが、会社の経営状況が厳しい場合は、いち早く転職を考えてもらいたいものです。また、もしも経営状況が厳しい会社に勤め続ける場合は、いつでも転職ができるように、資格やスキルなどを身につけておくようにしましょう。

 

給料が低い傾向にある職種である

◇給料が低い傾向にある職種である

あくまでも傾向ではあるのですが、「給料が低い職種」「給料が高い職種」があります。あなたが「給料が低い職種」についている場合は、「給料が低いのは職種のせいである」と割り切ることも重要でしょう。

実際に私も、給料が低い職種に勤めていたことがあります。その職種は、自分の興味のある職種であったため、そこまで給料が低いことに引け目は感じていなかったものです。

ただ、大学の同級生との飲み会などで給料の話になると、自分は周りと給料が少なかったため、少し悔しい気持ちになったことを覚えています。

いくら同年代であるとしても、職種が違うと給料も違ってくるわけですから、少々悔しいものですよね。ただ、現実として「給料が低い職種」「給料が高い職種」があるわけですから、それを受け入れるしかないでしょう。

もし、あなたが現時点で「給料が低い職種」に従事しており、受け取っている給与額が「その職種における適正の額」であるとしましょう。

この場合、「もっと高収入になりたい」と考えるのなら、職種を変えることを検討してゆかなければいけません。

また、もしくは、資格やスキルなどを習得して、その職種のプロフェッショナルになることができれば、「給料が低い職種」でも高収入を得ることができるかもしれませんよ。

 

給料が低い地域である

◇給料が低い地域である

同じような仕事内容でも、地域によって給料は異なってくるものです。例えば、大都会の会社と、地方の田舎の会社とでは、やはり給料は異なってくるものなのです。

そのため、あなたが給料の低い地域の会社に勤めており、給料が低いことで悩んでいるのなら、都市部など給料が高い地域への転職を考えてみてもいいのかもしれません。

ただ、給料が高い地域は、家賃なども高い傾向にあります。そのため、「本当に給料が高い地域の会社に転職をすると、自由に使えるお金が増えるのか?」という点は、しっかりと考えたいものです。

 

周りに比べて、残業や休日出勤が少ない

 ◇周りに比べて、残業や休日出勤が少ない

「給料が低い理由」として意外と盲点となってしまうのが、「残業や休日出勤の状況」です。

学生時代の友人と、給与額の話になる場合もあることでしょう。そのときに、友人から「俺は月収○○万円くらいだよ」と、意外にも高額な給与額をいわれたときには、自分と比べて羨ましさを感じてしまうものです。

ただ、友人がいう「俺は月収○○万円だよ~」のなかには、残業代や休日出勤手当が含まれているかもしれないことを忘れてはいけません。

仮に、あなたの会社は、残業や休日出勤がほとんどないとしましょう。この場合、残業や休日出勤がある会社と比べると、どうしても給与額は低くなりがちなのです。

もちろん、残業や休日出勤がある会社に転職をすることで、給与額を上げることはできることでしょう。ただ、「給料は少なくてもいいから、残業や休日出勤がない会社がいい」と感じる人が多いのも事実です。

今一度、「残業や休日出勤がある代わりに給料が高い会社」と「残業や休日出勤がない代わりに給料が低い会社」とを比較して、自分はどちらが向いているのかを考えてみたいですね。

 

「給料が低い」と思い込んでいる

 ◇「給料が低い」と思い込んでいる

「給料が低い」と思っていたが、客観的なデータなどを見てみると、「自分はそこまで給料が低いわけではなかった」という場合もあるものですよ。つまり、「給料が低い」と思い込んでいたということです。

「給料が低い」と思っているのなら、「給料について」の信頼できるデータを参考にしてみてはどうでしょうか?

「自分と年齢が近い人のデータ」「自分と業種や職種が似ている人のデータ」「自分の住んでいる場所が近い人のデータ」などを参考にすることで、より「自分は本当に給料が低いのか」ということがわかるはずです。

 

自分の能力を過大評価している

 ◇自分の能力を過大評価している

自分の能力を過大評価している場合も、「給料が低い」と感じてしまうことでしょう。もちろん、自分に自信を持つことは、とても大切なことでしょう。

ただ、「自分が思い描く評価」と「実際の自分の評価」とが食い違っている場合、いつまでたっても「自分の能力を過大評価しているがために、給料が低く感じられる」ということに、気付くことはできないでしょう。

いろいろな人と話をしてみることで、「実際の自分の評価」を感じることができるかもしれません。

特に、同年代や同職種の人と話す機会を増やしてみると、「社会における自分の立ち位置」をなんとなく判断することができるのではないでしょうか。

 

会社がブラック企業である

◇会社がブラック企業である

「給料が低い理由」として、1番厄介であるといっても過言ではない理由が、「会社がブラック企業である」ということです。

そもそも、ブラック企業であるのなら、「給料が低い」などと悩んでいる以前に、いち早くブラック企業から逃れるべきでしょう。

このままブラック企業に身を置いてしまうと、転職活動以前に、身体や精神が病んで働くことすらできなくなってしまうかもしれません。

「自分の会社はブラック企業である」と確信しているのであれば、いち早くブラック企業から逃げ出す方法を考えるべきでしょう。

また、高収入を目指して転職活動をするにあたって、「求人票の給与額」にはとても留意することでしょう。ただ、ブラック企業の求人票の傾向として、「高額な給料が書かれている」という点が挙げられます。

そのため、高収入を目指す転職活動の場合、「ブラック企業でないか」という点を特に注意をして、転職活動を行ってゆきたいものです。

▼関連記事
ブラック企業に転職しないために。危ない会社の7つの見分け方

 

今よりもっと高収入の会社に転職できる方法

今よりもっと高収入の会社に転職できる方法

給料は会社側が決めるものです。したがって、現職の給料が低いと感じており、高収入を目指したいのなら、転職をするという方法が一般的です。

「給料が低いよ~」と悩むことは、大いに結構でしょう。ただ、悩んでいるだけでは、高収入を実現させることはできません。つまり、真剣に高収入を目指したいのなら、行動をしなければいけないのです。

 

自分の市場価値を受け入れることが大切

◇自分の市場価値を受け入れることが大切

まずは、自分の市場価値をきちんと受け入れるようにしましょう。いうまでもなく、自分の市場価値が低ければ、高収入を実現させることはできません。

高収入を目指して転職活動を進めたはいいものの、なかなか採用が得られない場合は、そこまで自分の市場価値が高くないのかもしれません。

ただ、現時点で自分の市場価値が低いとしても、諦める必要は全くありません。なぜなら、自分の市場価値を高めてゆけばいいからです。

人並み以上に稼いでいる人は、やはり人並み以上に努力をした人でしょう。したがって、高収入を実現させるためには、人並み以上に努力をしてゆくことが大切です。

ちなみに、社会人になると、ほとんどの人は、著しい努力をしなくなります。なぜか、日本人は学生時代までは必死になって努力をするのに、社会人になると努力をしなくなってしまうのです。

だからこそ、「社会人の努力」は「学生時代の努力」以上に実を結ぶと考えることができます。ぜひ、社会人になった現在も努力をして、高収入を実現させたいものです。

 

自分の市場価値を高める

◇自分の市場価値を高める

では次に、自分の市場価値を高める方法です。自分の市場価値を高めてゆくことで、高収入を期待することができる、と先述いたしました。では、どのようにすれば、自分の市場価値を高めることができるのではないでしょうか。

私は、自分の市場価値を高めるためには、「資格」「スキル」「勤続年数」が大切であると考えています。

「資格」は、その名の通り、資格を取得することです。「その分野の資格を持っていると、給料が高くなりやすい」ということは、誰もがイメージすることができるのではないでしょうか。

「資格を持っている」とは、「その分野の知識や技術に精通している」という評価を得ることができます。

社会的に需要があり、難関な資格であるほど、資格を持っていることで高収入につながりやすいといえるでしょう。

ただ、これから資格を取るさいには、「どのような資格を取るのか」ということを考えることが大変重要です。

世の中にはたくさんの資格がありますが、全ての資格が高収入に直結するわけではないのです。きちんと、「この資格を取ることで自分の市場価値を高めることができるのか」という点を考えてから、資格取得にチャレンジしたいものです。

▼関連記事

【資格は転職に役立つのか?】転職を有利にする本当に役立つおすすめ資格43選

資格ブームにおどらされずに、本当に資格を転職に役立てるための5つの方法

次に「スキル」についてですが、「資格のような説得力はないまでも、知識や技術がある状態」とも考えることができます。

例えば、営業の仕事で実績を上げることで、「営業スキルがある」と評価されるという具合です。

また、独学などで習得した知識や技術も、スキルとして評価される場合が多々あります。そのため、独学などで習得した知識や技術も、就職活動において、積極的にアピールしてゆくべきでしょう。

最後に「勤続年数」についてです。いうまでもなく、勤続年数が長いだけで、自分の市場価値を高めることができます。

例えば、「翻訳家歴30年」と聞いただけで、「凄い人」だと思えませんか? 勤続年数は、それだけ能力を証明するものでもあり、高収入につながりやすいのです。

ただ、現時点で「勤続年数」で、自分の市場価値をアピールできる人は少ないかと思います。

そのため、「資格」「スキル」で、自分の市場価値をアピールしたいものです。もちろん、現時点で自分の市場価値が低いと感じられる場合は、より積極的に「資格」「スキル」を習得してゆき、自分の市場価値を高めてゆきたいものです。

 

職種や業種を変更してみる

◇職種や業種を変更してみる

先述したように、あくまでも傾向ですが、「給料が安い職種」「給料が高い職種」があります。

現に「給料が安い職種」に勤めているのであれば、「給料が高い職種」への転職を考えてみてもいいのかもしれません。

ただ、異職種への転職の場合、「なぜ違う職種へ転職をしたいのですか?」と面接で聞かれることが多々あります。さすがに、「この職種は給料が高い傾向にあるので、転職を考えています」とは答えることができないでしょう。

「なぜ違う職種へ転職をしたいのですか?」という質問に対して、説得力のある答えを出すことが重要です。また、異職種へ転職をしたい場合は、より「資格」「スキル」の取得に重きを置くべきでしょう。

「一生懸命に資格やスキルの勉強をしている」ということをアピールできれば、採用に近づくことができるかもしれません。

ちなみに、異職種への転職においては、若さが大変武器になりますよ。「異職種への転職」に興味があるのなら、「若さが大きなチャンスになる」と考えて、積極的に転職活動を進めてみたいものです。

 

転職エージェントに相談をする

 ◇転職エージェントに相談をする

転職エージェントとは、転職のプロのような存在です。あなたの転職活動において、さまざまな角度から、支援をしてくれることでしょう。

やはり、転職においては、転職のプロを大いに活用したいものです。そのため、積極的に、転職エージェントを活用してみてください。

もちろん、転職エージェントには、自分が希望する転職を正直に伝えるべきでしょう。転職エージェントを活用するさいに、プライドは必要ありません。

「月収は○○万円以上がいい」「ボーナスは○○ヶ月分はほしい」「土日祝休みがいい」という具合に、自分の希望をストレートに伝えることが大切です。

もし、あなたの条件が高すぎて、採用が見込めない場合は、転職エージェントが「もう少し条件を下げてみましょうか」という具合にアドバイスをしてくれます。

転職エージェントは、あなたの希望を少しでも叶えようと考えつつ、より採用が見込めるような転職活動をアドバイスしてくれることでしょう。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。