企業選び

PEファンドへの転職難易度は高い?未経験でも転職できるのかを解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
PEファンドへの転職難易度が知りたいです……
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
PEファンドはかなり転職難易度の高い業界だよ!

PEファンドは「責任ある立場で企業経営にかかわれる」「成果によっては非常に高い給与を得られる」などのメリットがあります。しかしあまり求人が出ていないため募集もできず、転職方法を知りたい人は多いはずです。

そこで本記事ではPEファンドの転職難易度を徹底解説します。PEファンドに転職したいと考えているビジネスパーソンは、ぜひ参考にしてください。

本記事でわかること
  • PEファンドの転職難易度の高さ
  • PEファンドは未経験でも転職できるのか
  • PEファンドに転職する方法

PEファンドへの転職を考えている人は、転職エージェントのJACリクルートメントに登録しましょう。どちらもハイクラス求人に特化したエージェントです。PEファンドの転職実績もあるため、求人が出ていないかチェックしてみましょう。

\PEファンドの求人多数!/
無料登録をする
(公式サイト)


PEファンドとは?業界の概要を解説

PEファンドとは?業界の概要を解説

PEファンドのPEとはプライベート・エクイティ(未公開株)の略で、未公開の株式へ投資をするファンドを指します。

投資家から資金を集めて複数の企業へ参画し、利益を出した後に株式を売却、差額の利益(キャピタルゲイン)を得ることを目的とした投資方法です。

ここでは、PEファンド業界の詳細を次の項目に分けて解説します。

「PEファンド業界について詳しく知りたい」「PEファンドに転職したい」と考えている人は必見です。

ビジネスモデル

PEファンドのビジネスモデルは、まず資金を得るために出資家を募集するところから始まります。

出資者から十分な資金が集まれば企業への出資スタートです。出資するのみでなく、利益を出すために経営にも携わります。

企業の価値を上げることに成功すれば、M&A(企業の合併・買収)や上場を行い収益を回収、投資家と自社に利益を分配すれば完了です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
利益は投資家に80%、運営会社に20%程度分配されるよ!

企業の類型

PEファンドを行う企業は次のタイプに分かれます。

バイアウト 成熟した企業への投資:企業の問題解決で利益を獲得
事業再生 経営不信に陥っている企業への投資:事業を再生させて利益を獲得
ディストレス 経営破綻した企業への投資:破綻した企業の価値向上で利益を獲得
ベンチャーキャピタル ベンチャー企業への投資:創業したばかりの企業に参画して利益を獲得

バイアウトはある程度成熟している企業、ベンチャーキャピタルはベンチャー企業・スタートアップ企業を対象と、FPファンドは投資する企業の経営状況によって名称が異なります。

どのタイプも出資する企業の価値を引き上げることが目的です。ただしバイアウトは成熟した企業のため安定したリターンを期待できる、ベンチャーキャピタルはハイリスクハイリターンな投資と、それぞれ特徴があります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
投資する対象によって分かれるんですね……

基本的な職種

PEファンドの基本的な職種は次のとおりです。

アソシエイト マネージャーから指示をもらい分析・資料作成・交渉などを担当する
マネージャー ディレクターから指示をもらいアソシエイトに作業を割り振る
ディレクター 責任者としてチーム全体のマネジメントや企業との交渉・開拓を行う

企業と最初に交渉し、投資先を決定するのはディレクターです。その後はマネージャーが作業を担当するアソシエイトに業務を割り振ります。

アソシエイトの業務には企業の活動を分析する「モニタリング」や投資先の価値向上に努める「バリューアップ」などがあります。企業の価値を引き上げることに成功したら投資資金の回収「EXIT」を行う流れです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
アソシエイトには財務スキル、ディレクターには投資全体の知識などが必要だよ!

業界の最新動向

PEファンド業界は、近年需要が増加しています。世界的な低金利により、利回りの高いPEファンドが投資家たちから注目を集めているためです。

日本でもPEの大規模案件は増加しており、PE市場は成長を続けています。コロナショック以降も安定して市場が成長し続けているPEファンドは、非常に将来性の高い業界といえるでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
年収も期待できそうですね!

PEファンドへの転職難易度は高い?

PEファンドへの転職難易度は高い?

「PEファンドの転職難易度を知りたい」と考えている人も多いはずです。

ここではPEファンドの転職市場の現状を解説したうえで、未経験やコンサル、会計事務所からの転職難易度を紹介します。

転職市場の現状

PEファンド市場は需要の高まりにより求人は増加していますが、転職難易度については高い傾向にあります。PEファンドの業務は責任が大きく、優秀な人材にしか任せられず、採用基準が非常に高いためです。

基本的にはファンド市場に精通した外資系やコンサルティング系出身者が採用されます。いきなりマネージャー以上に抜擢されることは少なく、大多数がアソシエイトの募集です。

PEファンドの市場規模は拡大しているものの、採用基準が低くなったわけではないため、転職するには高いスキルや実績が必要となります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
PEファンドの転職難易度は基本的に高いと理解しよう!

未経験からの転職難易度

未経験からPEファンドに転職することは可能ではありますが、非常に難易度が高いです。PEファンドはそれほど人員が必要な業界ではないため採用人数は少なく、求人数はあまりありません。金融・コンサルティングで実績を積んだ人材が転職するのが基本となります。

ただし20代でコミュニケーション能力が高く熱意の高い人材がいれば、ポテンシャル採用で起用される可能性はあります。

未経験からの転職はまったくないわけではありませんが、基本は投資銀行やコンサルティングの経験が必要です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
未経験での転職はかなり難しそうですね……

コンサルティングファームからの転職難易度

コンサルティングファームからPEファンドへの転職難易度は、PEファンドがコンサルタント人材を求めているかどうかで異なります。

PEファンドは投資先の企業の価値を引き上げるために事業に参画するため、コンサルティングファームの経験を活かせるケースが多いです。ただしPEファンドによってはコンサルティングファーム出身者をそこまで求めていない場合もあります。

PEファンドは金融業であり、投資に関しての知識も必要です。コンサルティングファーム出身というだけで転職できるわけではありません。

コンサルティングファームからPEファンドへ転職するのであれば、応募するPEファンドがコンサルを求めているかどうかチェックしておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
コンサル出身者を採用した実績のある会社なら、転職チャンスは大いにあるよ!

会計事務所からの転職難易度

会計事務所で勤めていた経験があればPEファンドへの転職が有利になりますが、それでも転職難易度は高い傾向にあります。会計士の経験よりも戦略コンサルや投資銀行の経験の方が優先されるためです。

ただし20代で会計士の経験があり、PEファンド業界への意欲も高い若者であれば、ポテンシャル採用が期待できるかもしれません。

よほどの実績がない限り、外資系やコンサル出身者の方が優先されるため、会計事務所からの転職は難しいといえるでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
会計事務所からの転職は難しいんですね……

年齢別の転職難易度

PEファンドは、20代ならポテンシャル採用が期待でき、30代なら金融関係やコンサルの経験が必要です。しかしどの年代でも、転職難易度は高い傾向にあります。

PEファンドでは20代が最も転職しやすく、ポテンシャル採用に加え投資や融資などの経験があれば採用されやすいです。

30代は20代よりもさらに経験が重視されます。金融機関で勤めた経験やコンサル経験などがあると転職しやすいでしょう。

30代後半になると、応募できる求人を見つけることが困難になります。若いうちに金融機関で経験を積み、転職を目指すのがPEファンドの基本的な転職方法です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
採用人数が少ないから、年齢にかかわらず狭き門だよ!

PEファンドへの転職を成功させるポイント

PEファンドへの転職を成功させるポイント

PEファンドへの転職を成功させるためには、次のポイントを押さえておきましょう。

詳しく解説します。

面接の傾向を理解して対策を行う

PEファンドが重視する傾向を理解して対策を立てておくと、内定獲得率が上がります。

PEファンドが重視するのは「PE業界への理解」「投資ファンドの実績」などです。他にもコミュニケーション能力やしっかりとしたキャリアプランも必要となるでしょう。

他にも企業によって重視するポイントがあります。「これまでに携わってきた業務を詳細に説明できるか」「取引先とうまくやっていく調整能力はあるか」などです。

企業分析をしっかりと行い、対策を練っておきましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
面接の傾向を理解して、しっかりアピールしないといけませんね!

PEファンドへの転職で生かせる経験・能力・資格を獲得する

転職難易度の高いPEファンドへ転職するのであれば、活かせる経験や能力、資格を獲得しておきましょう。

PEファンドの転職で役立つ経験やスキルは次のとおりです。

  • M&A関係の経験
  • コンサルタントの経験
  • 事業分析能力
  • コミュニケーション能力
  • 忍耐力

企業の買収や合併を行うPEファンドではM&Aに関連する経験があると有利になります。企業に参画する際にコンサルタント経験も必要です。

企業の価値向上のために何が必要か分析する能力、投資家や企業と交渉するためのコミュニケーション能力、結果を出すまで粘り強く待つ忍耐力もあれば役立ちます。

資格については、会計士や税理士などの財務系の資格があるとよいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職難易度の高い業界だけあり、さまざまな経験や能力を見られるよ!

PEファンドへの転職が向いている人の特徴

PEファンドへの転職が向いている人の特徴

PEファンドへの転職が向いているのは、次のような人です。

  • M&Aの経験がある人
  • 財務系のスキル・実績を持っている人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 時には合理的な選択もできる人

企業の買収や売却の一連の流れに携わった経験がある人は、PEファンドで重宝される人材です。財務系のスキル・実績を持っている人もPEファンドの業務で活かせるため、向いているといえます。

コミュニケーション能力の高さも重要です。PEファンドでは投資家や企業の経営者、従業員などさまざまな人物と関わり、時にはアドバイスをしなければいけません。

企業の価値を上げるために必要であればコストカットやリストラなどの判断も必要です。そのため感情を切り離して合理的な選択ができる人も向いています。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
M&Aや財務系の経験者が向いてるんですね!

PEファンドへの転職で失敗を避けるための注意点

PEファンドへの転職で失敗を避けるための注意点

PEファンドへの転職で失敗を避けるためには、最後まで責任を持って仕事をやり遂げる覚悟が必要となります。

PEファンドの業務は長期にわたることが多く、途中で思わぬトラブルが発生する可能性もあるでしょう。企業改革に失敗すると大きな損失となるため、リスクを常に抱えている部分も注意すべきです。

人員削減やコストカットなど、非常な決断を下さなければならないときもあります。経営に関わる以上、必ず責任を持って最後まで取り組まなければいけない仕事であると理解して応募しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
責任が重い分、やり遂げた後の達成感と収益も大きいよ!

PEファンドに転職した後のキャリア形成

PEファンドに転職した後のキャリア形成

PEファンドに転職した後のキャリアアップとしては、企業や独立がメインとなります。

PEファンドは一つの業務が数年と長期にわたって継続することが多く、短期で退職する人はそれほど存在しません。PEファンドで長期に働く人が多数派といえます。

PEファンドの中で経験を積んでアソシエイトからマネージャー、ディレクターへ昇格するか、経営に携わった経験を活かして最終的には起業する人が多いです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
独立する選択肢もあるんですね!

PEファンドへの転職実績のある転職エージェント

PEファンドへの転職実績のある転職エージェントは次の2つです。

特徴やおすすめポイントを詳しく解説します。

JACリクルートメント

エージェント名 JACリクルートメント
おすすめ度
料金 無料
求人数 公開求人:14,801件
非公開求人:不明
(2023年1月14日現在)
今の求人数:公式HPを参照
対象年代 30~50代
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
得意分野 外資系、グローバル系
公式HP https://www.jac-recruitment.jp
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社
ジェイエイシー
リクルートメント
拠点 東京・埼玉・横浜
名古屋・静岡・大阪
京都・神戸
広島・福岡
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 メール・電話
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
JACリクルートメントの特徴
  • ハイクラス・ミドルクラス向け転職エージェント
  • 約43万人のハイクラス転職を支援してきた実績
  • 外資系企業の転職に強い

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラス向け転職エージェントです。オリコン顧客満足度5年連続No.1を誇ります。

約43万人ものハイクラス転職を支援してきた実績を持ち、PEファンドへの転職実績も豊富です。マネージャー以上の役職の人の転職活動にも向いています。

海外進出をしている外資系企業へとくに強いつながりがあるため、国内のみでなくグローバルに活躍する企業の紹介も期待できます。

PEファンド業界を目指している人は、外資系に強いJACリクルートメントに登録しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
世界11ヵ国に広がる独自のネットワークを持っているよ!
良い口コミ男性

複数のエージェントに登録をしましたが、一番信頼も出来、こちらを通じて次職も決められました。他社とは異なり、求人者1人に対して1人の担当者が付く形ではなく、案件毎に担当者が異なり、JAC社の複数のエージェントとやり取りを行う形になります。
他社では一度担当者に背景等を説明すれば済みますが、こちらでは最初の面談で話した内容が社内でシェアされていますが、担当者毎にその都度説明することにもなりますので、人によっては少々面倒に感じる事もあるかもしれません。

引用:みん評

良い口コミ女性

私の転職希望地域では、私がこれまで続けてきたキャリアを続けられるような職種がほとんどなく、一時的に子育てのためパートに切り替えたのですが、やはり正社員で働きたいと求職活動を始めたものの大変困っていました。JACリクルートメントの担当の方は、とても親身になってくださり、私の続けてきたキャリアだけでなく、経験から可能性のある職種を紹介していただきました。別のエージェンシーの方と話していた時に、JACの担当の方のことをご存知で、その方だったらこの辺りの企業から厚い信頼を受けているから、大丈夫ですよと言われたくらいです。密な連絡もしてくださり、安心して転職活動を行えました。もし次があれば、ぜひまたお願いしたです。

引用:みん評

\グローバル企業への転職なら/
無料登録をする
(公式サイト)

【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメイ...

リクルートダイレクトスカウト

エージェント名 リクルートダイレクトスカウト
おすすめ度  
料金 無料
求人数 公開求人:389,510件
非公開求人:非公開
(2023年1月14日時点)
今の求人数:公式HP参照
対象年齢 30代~
対応エリア 全国/海外
オンライン面談 あり
得意分野 外資系企業、ハイクラス
公式HP https://directscout.recruit.co.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社リクルート
拠点 札幌・仙台・宇都宮
さいたま・千葉
西東京・横浜・東京
京都・大阪・神戸
岡山・広島・福岡
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 メール・電話
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 経営・管理職などに特化したハイクラス向けスカウト型サービス
  • 1,000万円以上のハイクラス求人多数
  • スカウトサービスは完全無料

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが展開するスカウトサービスです。ハイクラス向け案件に特化しており、PEファンド求人の取り扱い実績もあります。

ハイクラス向けサービスだけあり、年収1,000万円以上の求人が豊富です。職種によっては年収2,000万円の求人も多数存在します。

スカウトサービスのため、登録すれば待っているだけで優良求人から紹介がくるところが魅力です。スカウトサービスはヘッドハンターの検索・相談も無料で利用できます。

PEファンドのスカウトが来る可能性もあるため、ぜひ登録しておきましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ヘッドハンティングがくるかもしれないんですね!

\年収アップ確実の案件多数!/
無料登録をする
(公式サイト)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、ヘッドハンティングを強みとするハイクラス向けの転職エージェントで...

PEファンドへの転職希望者からよくある質問

PEファンドへの転職希望者からよくある質問

PEファンドへ転職を希望する人がよく疑問に感じる点は次のとおりです。

一つずつ解説します。

PEファンドの激務度はどれくらい?

PEファンドの激務度はすべての業界から見ると忙しい部類に入ります。しかし投資銀行やコンサルティングファームなど関連する業界に比べると比較的自由な時間が取れる業界です。

理由は投資銀行やコンサルティングファームと比べクライアントに合わせる必要が薄く、裁量権を持って仕事に取り組めるためです。ただし投資が始まり本格的に企業に参画すると、忙しくなる部類といえるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
PEファンドは自身でスケジュールを組んで仕事をしやすいよ!

PEファンドの年収・給与水準は?

PEファンドの年収・給与水準は、非常に高い傾向にあります。平均年収はアソシエイトでも800万〜1,000万円、ディレクターになると1,500万〜2,000万円です。

給与はインセンティブで大きく変わります。固定給にイグジットボーナスや賞与がプラスされる形です。

自身が担当する案件で大きな利益をあげれば、支給される給与も高くなります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
頑張りがそのまま給与に反映されるんですね!

PEファンドの代表的な企業は?

PEファンドの代表的な企業は次のとおりです。

外資系のPEファンドは歴史の長い企業が多く、日系のPEファンドは2000年代と比較的近年に新規参入した企業が多いです。

事業再生に力を入れていたり、上場株式にも投資を行っていたりと、企業によって事業展開は異なります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
必要なスキルや経験も企業によって異なるよ!

PEファンドは転職難易度が高い!成功を目指すならエージェントサービスを活用

投資銀行やコンサルのキャリア先として有力なPEファンドは、転職難易度が非常に高い傾向にあります。

PEファンドへの転職を目指す場合は、転職で活かせる経験・スキル・資格を獲得してから選考に臨みましょう。

「獲得した経験やスキルを効率的にアピールしたい」「PEファンドの求人を探したい」人は、エージェントサービスの活用がおすすめです。

求人数の多いマイナビエージェントリクルートエージェントなどを活用して、PEファンドへの転職を成功させましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
本記事で紹介したJACリクルートメントやリクルートダイレクトスカウトと併用しよう!

\PEファンドの求人多数!/
無料登録をする
(公式サイト)

転職難易度一覧
ハイクラス向けの記事
外資系転職向けの記事
ABOUT ME
くろのとおる
大阪府出身。趣味はサウナ。現在はフリーランスのライターとして活動中です。得意分野は金融・転職・旅行など。転職活動をする方々の悩みに寄り添う、わかりやすい文章を執筆します。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。