転職コラム

必須条件を満たしていなくても転職は可能!成功する4つの方法

企業の求人票に記載された必須条件を見て「満たしていないから応募するのはやめよう……」と思ったことはありませんか?

しかし、必須条件を満たしてくなくても、実は転職は可能であり、少しでも気になったらまずは応募してみることをおすすめします。

本記事では、必須条件が満たしていない場合に転職を成功させる4つの方法を中心に、必須条件を満たさなくても採用されている人の特徴をお伝えします。

[template id=”8828″]

必須条件を満たしていなくても転職は可能

企業の求人票には「必須条件」と「任意条件」の2つが記載されていることが一般的です。任意条件は満たしていなくても応募には問題ありませんが、必須条件が満たしていないと応募してはいけないと考えがちです。

しかし実は、必須条件を満たしていなくても応募は可能であり、転職を成功させる人もいます。必須条件が満たされていないからといって、諦めるのは早いです。

もし興味があるなら必須条件を満たしていなくても、まずは応募してみましょう。

  1. 必須条件であってもあいまいな場合が多い
  2. 業務独占資格が必要な仕事は、資格がないと難しい

必須条件であってもあいまいな場合が多い

なぜ必須条件を満たしていない場合でも転職は可能であるのかは、そもそも企業が提示している必須条件があいまいな場合が多いからです。

任せたい仕事内容を考えて、必要な経験やスキルを必須条件に設定するのが一般的ですが、しっかりと業務を遂行できのであれば、そこまで厳しく条件を問われることは少ないでしょう。

例えば「経験5年以上」と必須条件に記載されていたとしても、5年未満の経験者が採用されることはしばしばあります。企業側で考えている経験5年のスキルを有していれば、経験が3年でも問題なく採用されます。

逆に5年以上の経験があったとしても、企業が求めるスキルを有していない場合は不採用になる可能性が高いといえます。

 

業務独占資格が必要な仕事は、資格がないと難しい

ただし、弁護士や公認会計士、司法書士といった業務独占資格が仕事を行う上で必要な求人の場合、その資格を持っていなければ採用はされません。そもそも、その資格がないと仕事を行うことができないためです。

ただ、資格取得の見込みがある、あるいは現在勉強中であれば採用される確率はゼロではありませんので、企業に問い合わせた上で応募してみるのも良いでしょう。

 

必須条件を満たしていない場合に受かりやすい人の2つの特徴

必須条件を満たしていない場合でも企業から選ばれる人には、個人の差はあれど共通点があります。ここではその中でも特に重要な2つの特徴をお伝えします。

  1. 充分なスキルがある人
  2. 入社意欲が高く、前向きな姿勢が見える人

充分なスキルがある人

必須条件を満たしていなくても受かりやすい人の特徴として、充分なスキルがある点が挙げられます。

たとえば「経験3年以上」など記載があったとしても、それに値するスキルがあるとアピールできれば、仮に経験年数を満たしていなくても採用される人は多いです。他にも以下のような点は、企業側へのアピールポイントとなるでしょう。

  • 社内トップクラスの成績を有している
  • 表彰経験がある
  • マネジメント経験がある
  • Twitterフォロワー数1万人以上など、個人として影響力がある

上記のような実績があると企業から即戦力として期待され、経験年数など条件を満たさなくても、採用される可能性が高いです。

 

入社意欲が高く、前向きな姿勢が見える人

入社意欲が高く、明るく前向きな姿勢が見える人も、必須条件を満たしていなくても採用される可能性が高いといえます。

志望動機は面接でもっとも重要視される項目の一つですが、入社意欲が高く、しっかりとした志望動機を伝えられれば、面接官に好印象を与えられるでしょう。

また、明るく前向きにハキハキと受け答えができる人は、どこの企業でも好印象に映ります。

こうした人柄の良さをアピールできれば、たとえ必須条件に満たしていない場合でもポテンシャルの高さを期待され、採用してもらえる可能性は高いです。

 

必須条件を満たしていない場合に転職を成功させる4つの方法

では実際に必須条件を満たしていない場合、どのように転職を進めれば成功する確率を高められるのでしょうか。ここでは重要なポイントを4つにしぼり、必須条件を満たしていなくても転職を成功させる秘訣をお伝えします。

  1. 応募書類の質を高める
  2. 筆記試験で高得点を狙う
  3. リファラル採用を狙う
  4. 転職エージェントに登録する

応募書類の質を高める

まず必須条件に満たしていない場合、最初の書類審査第一次選考が重要になります。初期の段階で自分自身についてしっかりアピールできなければ、その後の選考に進めません。

そのため、応募書類の作成には時間をかけ、質の高い書類を企業に提出しましょう。満たしていない必須条件を補填できるまでの実績や経験、スキルを企業側に分かりやすく提示するのがポイントです。

 

筆記試験で高得点を狙う

採用試験に筆記試験を課している企業の場合、筆記試験での高得点を狙いましょう。

転職で課される筆記試験は企業によってさまざまであり、適性検査や論作文などが一般的です。専門職の場合は専門的な知識を問う場合もあるでしょう。

どんな試験であるにせよ、筆記試験は応募者の知識や能力、性格などをチェックするために行われるのが一般的です。

必須条件を満たしていない分、筆記試験で高得点を取ることで、企業側へのアピールにつなげていきましょう。

 

リファラル採用を狙う

必須条件を満たしていない場合、リファラル採用を狙うのも一つの方法です。

社員の知り合いから採用するリファラル採用は、企業側からも社風に合った人材を集めやすいといったメリットがあるとして、最近では多くの企業で導入され始めています。

リファラル採用であれば、多少条件を満たしていない場合でも、人柄や実績の信頼性などから採用してもらえる可能性が高いです。

 

転職エージェントに登録する

転職活動を行うにあたり、必須条件に満たしていなくても応募したいと考えている場合、転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェント経由で応募することで、仮に必須条件が満たしていない場合でも融通を効かせてもらえる可能性が高く、転職の成功率を高められるでしょう。

おまけに転職エージェントでは、求人の紹介から面接の調整、書類添削、面接対策まで転職活動で必要なあらゆるサポートを受けられます。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。