退職交渉

【面接官に使える例文付き】第二新卒での採用確率を高める退職理由の伝え方

第二新卒が面接を受けるときに面接官から注目される「退職理由」。

せっかく採用してもすぐに退職されては時間と労力とお金のムダになってしまうため、採用を検討している会社は応募者がどんな人物なのか、会社に貢献してくれるかなどを知ろうとします。

面接で好印象を残すためにも退職理由の伝え方は非常に重要です。

面接官の印象を良くできれば、採用される確率を高められるはずです。

本記事では、厳しいチェックを行う面接官に対して、第二新卒者向けに印象の良い退職理由の伝え方について解説します。

【第二新卒向け】面接官がチェックしている4つのポイント

面接官が第二新卒を採用するかしないかを判断するポイントは4つあります。面接での受け答えの中で、まんべんなく盛り込めるようにしましょう。

  1. すぐに辞めずに長期的に働けるか
  2. 仕事に対して意欲的はあるのか
  3. ビジネスマナーは身に付いているか
  4. 既存社員とコミュニケーションを図れるか

すぐに辞めずに長期的に働けるか

面接官は、あなたを採用したら長く働いて会社に貢献してくれるのかを見ています。

理由としては新人の採用と教育には、求人広告費、面接官の人件費、新人研修費など多くの経費がかかるからです。

短期間で辞めそうなイメージを持たれないためには、前職を早期退職してしまった経験を糧にしたことをアピールできたかがポイントになります。

具体的には会社選びを妥協せず、長期で働き続けることができる、やりがいのある会社を厳選して応募したというところをアピールしましょう。

仕事に対して意欲的はあるのか

働く意欲が低い人に給料を払い続けることは、会社にとってマイナスでしかないため、面接官はあなたが意欲的に仕事をする人物かをチェックしています。

会社の業務内容に興味を持ち、指示される前に問題提起を行い、改善のための調査を自発的に行える人材を会社は評価します。

そこで面接でも積極的に質問などを行い、意欲的に仕事を行うイメージを与えましょう。

ビジネスマナーは身に付いているか

面接官は、ビジネスマナーが身に付けているかを確認します。

第二新卒のメリットは社会での経験があることです。ビジネスマナーを習得していれば、会社側は研修にかかる費用や時間を節約することができます。

そのため、ビジネスマナーを身に付けていることをアピールできるように尊敬語・丁寧語・謙譲語の使い分けを意識し、行動においても洗練された振る舞いをしましょう。

特に若者言葉はうっかり出てしまうので、面接が盛り上がったときに気をつけてください。

転職の面接をより効果的なものにする面接の流れとマナーとは? 転職者は、社会人経験がある分だけ、一般常識やビジネスマナーに習熟しているのが当然とみなされています。 その分、転職...

既存社員とコミュニケーションを図れるか

面接官は既存の社員とあなたが良いコミュニケーションが取れる人物かチェックしています。

新しく人材を補充してもコミュニケーション能力が低く、社内の雰囲気が悪くなってしまうようでは、会社の業績や効率に関わるからです。

多くの会社は、既存社員に良い刺激を与えることができてチームワークを重んじることができる人物を欲しています。

第二新卒の採用確率を高める退職理由の伝え方

第二新卒に対し面接官が気になるのは、やはり前職の退職理由。

退職理由はネガティブな伝え方ではなく、印象を良くする伝え方をしましょう。そのときの返答の仕方ひとつで、採用される確率は大きく変動します。

  1. 退職理由1:上司や同僚との人間関係が悪かった
  2. 退職理由2:給料や労働条件に不満があった
  3. 退職理由3:仕事内容が合わなかった
  4. 退職理由4:ハラスメントを受けていた
転職者必見!面接で「退職理由」を聞かれた時の受け答え方を知ろう 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞...

退職理由1:上司や同僚との人間関係が悪かった

退職理由として、人間関係が原因ということはよくあります。しかし、伝え方によっては「あなたが悪いのでは?」と思われる可能性もあるので気をつけましょう。

ネガティブな退職理由の伝え方をすれば、入社してからも安易に不満や不平をいうイメージをもたれやすくなります。一方でうまく変換してイメージの良い退職理由の伝え方をすれば、共感や興味を抱かれる可能性が高くなります。

【ネガティブな伝え方】
前の会社ではパワハラ上司に嫌われていたため、まともに仕事をさせてもらえなかったので退職しました。

【イメージの良い伝え方】
前の会社では、トップダウンの傾向が強く、新しい発想の提案を聞いてもらうことができませんでした。そのため、御社のように柔軟な対応ができる企業で力を試してみたいと思い、面接に応募させていただきました。

人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの? 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相...

退職理由2:給料や労働条件に不満があった

給料が労働に見合わないと考え、退職する人も少なくありません。ただし、会社からすると「給料に見合う仕事をしていたのか?」という疑問が湧いてきます。

前職では年功序列などの理由により正当な評価が得られなかった旨を面接官に伝えましょう。

【ネガティブな伝え方】
前の会社は給料も安くて人使いが荒い会社でした。自分の能力に見合った給料じゃなかったので退職しました。

【イメージの良い伝え方】
前の会社は、仕事の成果に見合った評価が行われる会社だと思い入社を決意したものの、年功序列の風土が強く、成果に対する正当な評価を得ることが難しい状況でした。そのため、御社のように仕事の成果に対して正当な評価を行う会社で働きたいと思い、応募させていただきました。

給料が安いから会社を辞めたい。給料が低くて悩むなら転職すべき本当の理由 給料が安い…少ない…。もっと給料上げてくれ! このように悩んでいる人は大勢いるでしょう。給料が少ないと、仕事に対するモチベ...

退職理由3:仕事内容が合わなかった

入社してみたら、仕事が自分に合わなかったということはよくあります。実際に働いてみないと正確な仕事内容はわからないため、ある程度仕方がないものの一般的には良いイメージの退職理由ではありません。

面接時にマイナスイメージを与えないために、正直に自分の適性に合わなかった理由を伝えましょう。

【ネガティブな伝え方】
前の会社では簡単な事務作業ばかりで、自分の能力を活かせる職場ではありませんでした。

【イメージの良い伝え方】
以前勤めていた会社では営業職を希望していたのですが、人員不足の事務職への配属になりました。事務職でも学ぶことは多くありましたが、私が得意としているのは顧客との信頼関係を構築することですので、営業に力を入れている御社への入社を希望しました。

退職理由4:ハラスメントを受けていた

上司や同僚からのハラスメントが退職する理由になることも少なくありません。

もちろんハラスメントは許されることではないものの、ハラスメントを申告する人は小さなことを大きな問題にする人物というイメージを与えかねません。

面接官に悪いイメージを与えないためには、法令遵守に大きく反したハラスメント行為があったことを伝えましょう。

【ネガティブな伝え方】
上司からセクハラを受けたので会社に相談したのですが、まともに聞いてもらえませんでした

【イメージの良い伝え方】
上司から何度も体を触られたり、断っても強引に飲みに連れて行かれたりしていたことを会社に相談したのですが、軽い注意で終わってしまいました。上司の行動に改善が見受けられなかったため、仕事に集中したいと思い、御社の面接を受けさせていただきました。

職場でのパワハラ・いじめ…。人間関係で会社から逃げたい人はすぐに転職すべき! 職場の「パワーハラスメント(パワハラ)」「いじめ・嫌がらせ」が、近年、社会問題として顕在化してきています。 いじめ・嫌がら...

第二新卒の採用確率を高める退職理由の伝え方【まとめ】

第二新卒は一度退職していることが、面接官に取ってマイナスイメージにつながりやすいです。そのため退職理由の伝え方が採用確率を高めるために非常に重要になります。

退職理由を伝えるときは、ネガティブな印象を与えないように注意し、新しい会社に対して希望を持って働く意欲を見せることがポイントです。

そうはいっても自分の退職理由を客観的に把握して、採用確率を高めるよう上手に説明するのはとても難しいかもしれません。

そんなときにおすすめなのが転職エージェントです。

人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの? 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相...
転職の面接成功術!面接のための準備と心構え5つのポイント 面接こそ、うまく転職できるかどうかを決める最重要ポイントです。 どんな企業情報を集め、完璧な書類を用意できたとして...
転職の面接で弱点をついてくるプレッシャー質問にどう返せばいい? 転職の面接においてその内容はいろいろですが、中には疑念をあげて、弱点をついてくるプレッシャー質問があります。 ここではそれ...
「転職」のための面接で「前職」の事を聞かれたら、どう答えればいいの? 転職を行うために色々な会社の面接に行くと必ずといっていいほど聞かれるのが「前職」についてです。 転職を思い立つ理由は様々で...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。