転職コラム

会社辞めたら終わりなのか?会社を辞めても終わらなかった体験談

会社辞めたら終わりなのか?会社を辞めても終わらなかった体験談

会社辞めたら終わりなのでしょうか?

世間ではそう言われているし、あなた自身も少なからずそのような考えを持っているのかもしれません。会社員である以上、辛いことがあっても会社辞めることは「逃げである」という風潮がありますよね。

会社辞めてしまったら、「人生の落伍者」「人生の脱落者」のような目で見られてしまう可能性があると思って、どんなに辛い仕事でもなかなか辞めることができない人もいるでしょう。

ブラック企業で苦しんでいて会社辞めたいと思っているのになかなかやめられない。パワハラを受けていていじめられているのになかなかやめられない。

そんな人は、「会社を辞めたら終わり」という考えで身動きできなくなっているのかもしれません。では、本当に会社辞めたら終わりなのでしょうか?

[template id=”8828″]

辞めたいならさっさと辞めたらいい

辞めたいならさっさと辞めたらいい

最初に言っておきますが、そんなに会社が嫌ならさっさと辞めたらいいでしょう。あなたの人生は、それで終わりになったりしません。

辞めないことこそがリスクかもしれませんよ。何故かと言うと、あなたが今いる労働環境は、あなたの手で変えることは難しいからです。会社というのは既に出来上がってしまった組織ですから、環境自体が腐っていると、そこにいるあなたも腐ってしまうのです。

そのような腐敗した環境からは、逃げ出すしかありません。それなのに、「会社辞めたら終わり」と考えて、そのような腐った環境に浸かってしまっていては、ドロドロに溶けてしまいますよ。

あなたが追い込まれているのは、会社の労働環境が悪いからでしょう。会社の労働環境がもっと良ければ、あなたはそんなに追い詰められることがありませんよね。

「会社辞めたい」と考えるのは、極端に言えば、会社のせいなのです。つまり、もっと良い環境の会社に転職できれば、あなたの悩みは消失するということです。

あなたが今いる会社が全てではありません。他にもさまざまな会社があり、驚くべき好環境で働いている人たちもいっぱいいるのです。

あなたがそうした現実に目を向ければ、そのような情報はあなたのもとへとやってきます。楽しそうに働いているあなたの友人に話を聞いてみてもいいですし、転職エージェントに相談してみても良いでしょう。

「非公開求人」というのは、転職エージェントにしか集まっていません。待遇の良い企業、ホワイト環境の企業は、非公開求人を活用することで見つけることができるでしょう。

あなたの会社は、あなたを奴隷のように扱い、辞めさせたくなくてつかんで離そうとしないかもしれません。会社辞めるのに多少の勇気も必要でしょうが、会社辞めることで未来が開けるなら、思い切って今すぐ会社を辞めてはいかがでしょうか。

 

会社辞めたら終わりだと言われる理由

会社辞めたら終わりだと言われる理由

会社辞めたらそこで終わりなのでしょうか?あなたの会社でも、辞めた人を見たことがあるでしょう。その人たちは、終わってしまったのでしょうか?

会社を辞めた人たちの悪口を、同僚が言っているのをあなたは聞いたことがあるかもしれません。「あんなやつどこの会社も雇わないよ」「辞めるなんて根性なしだな」「裏切り者め」

このような悪口を言われてるのを聞くと、会社を辞めるのを躊躇してしまうかもしれませんね。では、なぜ「会社を辞めたら終わりだ」と世間では言われているのでしょうか?

 

会社辞めるというマイナスイメージ

会社辞めるということには、どうしてもマイナスイメージがつきまといます。実際に、私も会社を辞める際、そうしたマイナスイメージに翻弄されてなかなか決断することができませんでした。

しかし、会社辞めることにも明確なメリットが存在します。それは、今の現状から脱出できるということです。あなたがぬかるみにハマっているのにそのままでいるのは愚かなことですよね。

抜け出したいと思っているのに何もせず抜け出そうとする努力もしない。それが、「会社を辞めたいのに会社を辞めない人」の現状です。

抜け出す努力をする人は、転職活動を実際にスタートさせています。マイナスイメージは、周囲からももたらされますが、あなたの頭の中にも存在しているものです。

そのイメージは現実ではありません。実際に会社を辞めてみないと、どんな現実が待っているのかはわかりません。そして、殆どは大したことがないものです。

あなたは、周囲の人からどう思われるかなどが気になって、不安になるかもしれませんね。ですが、周囲の人間は、あなたが会社やめて転職しようと、そんなに気にしていないはずです。

なぜなら、自分自身のことに夢中だからです。結局のところ、他人は自分自身のことしか考えていません。あなたのことを悪く言ったとしても、それは一時的なことで、時間が解決してくれる話です。

あなたが転職に成功し、生き生きと働いているならば周りからどう思われようと関係がなくなります。また、「親にどう説明したらいいか」など迷っている人もいるかもしれませんが、あなたはすでに自立した大人として働いているはずです。

親から反対されようが、あなたの人生はあなた自身が決めるべきです。会社を辞める事にはマイナスイメージがつきまとっています。現代では転職が当たり前になってきたとはいえ、まだまだそのイメージが拭えません。

しかし、実際には会社を辞めたからと言って、世間で言われているほど悪いことは起きません。良くなる可能性さえもあります。あなたが決断して心に決めたことだったら、自分自身を信じてあげてください。

 

周りの反応が気になって辞められない

あなたが会社を辞めようと周りの人に相談すると、「辞めてどうするんだ」「甘えている」「どんな仕事も辛いものだ」などと説教されるかもしれません。

日本の社会は、典型的な村社会です。古い価値観では、「1つの会社で定年まで勤めあげることが良いことだ」と考えられていました。

いまだにその価値観を引きずって、「会社を辞める事=終わり」というふうに結び付けている人もいます。若い世代でも、会社辞めることに対して恐怖心を持っている人もいます。

それは、「親にどう思われるか」など、世間の目が怖いからでしょう。周りの目というのは、常に否定的です。その言葉を真に受けて、あなたがやりたいことができないならば、それは単なる足かせとなります。

会社辞めることに対して、世間の目は確かに厳しいものでしょう。しかし、「会社を辞めたら終わり」なんてことにはなりません。嘘偽りですので、あなたは信じてはいけません。

 

会社を辞めるあなたを妬んでいる

職場の労働環境が悪いと、内心では「会社を辞めたい」と思いながら我慢して働き続けている人も多くなります。その中で、あなただけが本当に会社を辞める決断をすると、同僚があなたのことを妬んで攻撃してくる場合もあります。

同僚も本当は、心の中では「辛い、きつい」と思いながら働いているわけです。そんな中で、辞めずに働いているのに、あなただけが辞めるなんてズルイと感じてしまうのです。

「会社辞めたら終わりだよ」と言ってくるのは、「お前だけ辞めるなよ」と脅しているわけですね。「自分より先に辞めるなんて抜け駆けだ」と思っているのかもしれません。

しかし、そのような人は会社辞める決心が出来ずに、ストレスを抱えながらこの先も苦しみながら働いていくのです。あなたは底なし沼に沈んでしまう前に、勇気を出して会社を辞めましょう。

 

会社辞めることが恥ずかしいと思っている

会社を辞めることが恥ずかしいと思っているため、なかなか辞められない人もいるでしょう。なぜ恥ずかしいと思うかというと、「レールから外れた脱落者」のように思ってしまうかもしれません。世間の言うレールというのは、

  • 転職は少なければ少ないほど良い
  • 1つの会社で長く働くのがよい
  • 仕事が辛くても辞めるな
  • 給料をもらうのは苦労することだ
  • 嫌な仕事でも耐えることが良いことである

このような世間的な価値観のことです。あなたが会社を辞めることで、この価値観から外れて周りから白い目で見られているような感覚になるかもしれません。また、あなた自身が自信を失ってしまったり、劣等感を抱いてしまう可能性もあります。

このような価値観に縛られてしまい、なかなか仕事を辞める決心がつかない人もいるでしょう。しかし、それではあなた自身の人生を無駄にしてしまう可能性さえあるのです。

あなたがどう思っているかは、あなたにしか分かりません。また、あなたの辛さはあなた自身にしか分かりません。本気で辛いと考えているのに、「甘えるな!」とか、「情けない!」とか言われてしまうわけです。

しかし、本当に会社辞めるというのは恥ずかしいことのでしょうか?私はそうは思いません。会社を辞めただけで、終わりというのは間違っています。会社辞めることで気持ちが楽になるなら、その選択肢を選んでいいと思います。

日本の労働観は、労働者にとって大変厳しいものです。あなたも感じていることかもしれませんが、たとえブラック企業でも「会社を辞める」というだけで大騒ぎする人がいるのです。

あなたが我慢し続ければ、「うつ病」になってしまったり、もしかしたら自殺を選んでしまう可能性があるのにもかかわらず、会社を辞めることを反対するのです。

あなたは、自分自身で選ばなければいけません。このまま今の会社で働き続けるのか、会社を辞めて新しい人生を始めるのかを。

 

非正規社員になってしまう可能性があるから

あなたが正社員で働いているとして、会社辞めたあとでなかなか転職先が見つからず、派遣やアルバイトとして「非正規社員」になってしまう可能性があります。

もちろん、転職先の企業をあらかじめ見つけておけば、スムーズに転職することができるので、そのような事態にはならないでしょう。

しかし、楽観的に「会社を辞めてからゆっくり転職先を探そう」と考えて、半年とか1年とか何もせずに過ごしていたら、ブランクの期間を説明できずに長い間転職できないという事態は考えられます。

会社辞めたら終わりではありませんが、その先のことある程度は考えておかないと窮地に陥ってしまう可能性もあるのです。

あなたが今の時点でまだ転職先が見つかっていないなら、プロ目線でサポートが受けられる「転職エージェント」を活用することをおすすめします。

 

会社を辞める人は大勢いる

会社を辞める人は大勢いる

会社辞める人は大勢います。また、それに伴い転職する人も大勢いるわけです。転職サイトで有名なリクナビNEXTにも、毎月12万人以上の登録があるそうです。転職者全体で考えれば、それ以上の数がいるでしょう。

それを考えると、あなたが会社を辞めたからってどうってことないと思いませんか。それぐらい会社辞める人は大勢いるのです。

会社を辞めたら終わりならば、その人たちは全員終わりだということになりますが、そういうわけではないでしょう。あなたの周りにも会社辞めた人はいるのではないでしょうか。

その人たちが終わってしまったという話を聞いたことがありますか?もしかしたら、そのままホームレスになってしまった…などという人がいるかもしれませんが、そんな人は滅多にいないでしょう。

会社を辞めたら終わりならば、世の中の大半の人は終わっていることになりますよね。ほとんどの人は、1度くらいは転職を経験したことがあるはずです。

今の時代、転職したことがないという人の方が少数なのですから。会社辞めたとしても、終わりません。人生は続いていきます。であるならば、より良い人生を目指して転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

 

会社辞めることで見える広い視点

会社辞めることで見える広い視点

会社を辞めることで、初めて見えてくる視点というのがあります。会社で働いていると、その会社の狭い価値観でしか物事を見ることができません。

しかし、会社を辞めると、その会社に縛られていた価値観がとてもちっぽけなものに思えてくるのです。会社の常識は、非常識なモノだったとさえ思えることもあるでしょう。

その会社にいるときはそのことに気づくことができません。ほとんどの時間を会社で過ごしていますから、とても狭い視野になってしまうのです。その世界から外に出てみると、もっと広い視野を持つことができるはずです。

あなたが生きる道は、たくさんの選択肢によって広がっています。転職するのもよし、フリーランスになるのもよし、起業してみるのも良し。

狭い価値観でしか見ることができないと、そのような選択肢を選ぶことができませんが、会社辞めると様々なことを考えざるをえなくなりますよね。

自分自身の将来についても真剣に考えるでしょう。会社辞めることで、自分がちっぽけな価値観で生きていたことに気づくことができるはずです。それは、会社を辞めたことがない人との大きな差になって、あなたの人間性を豊かにしてくれるでしょう。

 

会社を辞めてもなんとかなる

会社を辞めてもなんとかなる

会社を辞めても何とかなります。私自身が何とかなっているのですから、あなたも何とかなるでしょう。無責任ない言い方かもしれませんが、あなたなら大丈夫です。

あとで私が会社を辞めた体験談も記述しますが、辞めたいならさっさと辞めてしまった方がいいと思います。なぜなら、年齢が若いうちの方が転職にも有利だからです。

あなたが今いくつなのかわかりませんが、たとえ40代50代だとしても転職は可能でしょう。しかし、40代50代から未経験の仕事を始めるというのはなかなか厳しいかもしれません。

現実的なことを言うと、転職において年齢というのは非常に重視される項目です。未経験なら、20代のうちにという企業も多いでしょう。30代になればそれなりの経験が企業に求められます。

もちろん、だからといって転職に躊躇するのではなくて、早めに転職を始めたほうがいいという話なのです。あなたは今が一番若いのですから、このまま嫌な会社でズルズルと何年も働き続けるよりは、今のうちに見切りをつけて、スパッと転職してしまいましょう。

「過労死」という言葉も聞きますよね。うつ病になる人も多い世の中です。あなたが精神的に病んでしまったら、そこから抜け出すのはなかなか難しいものがあります。

うつ病の人が一般企業でやっていくには、まだまだ環境が整っていないのが現状です。仕事を辞めてもなんとかなりますが、うつ病にもなってしまうとそこから抜け出すのは何年もの時間を要します。

そうなる前に、今の会社から抜け出したほうがいいのです。あなたが今の会社でつぶれてしまう前に、新しい環境求めて転職活動を始めてください。

うつ病・うつ病経験者におすすめの転職エージェント5選|仕事を探すポイントについても紹介 「うつ病の人は転職できないのかな」と悩んでいませんか? うつ病の人でも、今回ご紹介するポイントを意識すれば効率よく転職活動...

我慢して働き続ける方がリスクである

我慢して働き続ける方がリスクである

「会社を辞めたら終わり」と考える人もいますが、「会社を辞めないほうが終わり」という状況に陥っている人もいます。とても辛く苦しい環境にもかかわらず、我慢し続けて働いている人です。

我慢が美徳と考えているのかはわかりませんが、我慢し続けても、状況は良くならないでしょう。そのまま働き続けても、ストレスにやられていつか倒れてしまいます。

そんなに苦しいならさっさと辞めてしまえばいいのに、なかなか辞めることができない…。でも、会社辞めることはそんなに大したことではないし、とても簡単なことでもあるのです。

あっさりと辞めてしまう人もいますよね。あっさりと会社を辞めてしまう人は、人生をきちんと考えていないわけではありません。会社をすぐに見限って、さっさと辞めているのです。

「このような会社にこれ以上いる義理はない」という風に考えています。あなたは、会社を辞めることに不安感を覚えているかもしれません。しかし、会社を辞めてもどうにかなります。

辞めたところで死ぬわけではありませんし、未来のことは未来にしかわかりません。我慢してストレスを抱えながら働き続けることの方が、よっぽどリスクがあるのではないでしょうか。

 

会社を辞めても終わらなかった体験談

会社を辞めても終わらなかった体験談
  • 会社辞めたら人生終わり
  • 一度レールから外れたら悲惨な人生を歩むことになる

そのように考えている人もいるかもしれません。私自身もそのような考えを持っていました。ですから、どんなに苦しくても我慢して会社を辞めずに働き続けていました。

私の周囲の人も、「会社は辞めないほうがいい」という考えを持っていたため、尚更辞めることができませんでした。

大学卒業後に大手食品メーカーに就職した私は、親や親戚からも「大企業だね」と褒められ、就職した当初はとても誇らしい気持ちでした。しかし、実際に働き始めるとかなり過酷な現場で、毎日ギリギリの状態で働いていました。

さらに、体育会系の職場でもあったため、上司が机を叩きながら怒鳴るお尻を蹴られるなどのパワハラが日常的に繰り広げられていたため、体力的にも精神的にも限界を迎えていました。

残業も長時間あり、プライベートな時間をとることができません。寝るだけに家に帰り、起きたらすぐに出勤です。たまに実家に帰ると、「すごい痩せたね」と言われました。

毎日「会社を辞めたい」「転職したい」と思いながら働き続けていました。でも、なかなか決断できなかったのは、「会社を辞めたら終わり」という気持ちが心の中にあったからです。

しかし、限界がやってきました。退職届を提出し、私は会社を辞めました。意外にもあっさり辞めることができて、拍子抜けでした。

それで人生終わったかというと、まったく終わりませんでした。今も終わることなく続いています。そして、転職を果たし、以前の会社よりも気持ちよく働くことができています。

会社辞めても終わりではありません。これは結論として言っておきますが、「会社を辞めて良かったな」とさえ思っています。私の決断は間違っていなかったのです。

前の会社で働いていたときは、大げさに思えるかもしれませんが、自殺を考えたこともありました。それほど苦しく精神的に追い詰められていました。

あのまま働き続けていたら、それこそ人生が終わっていたかもしれません。「そんなに辛いならさっさと辞めれば良かったのに」と思う人もいるでしょうね。

でも、会社辞めたら親や親戚に合わせる顔がないと私は考えていました。それで苦しくても辞めるに辞められませんでした。同じ状況で苦しんでいる人もいるはずです。その人に言っておきます。辞めても何とかなりますよ!私は辞めて良かったです。もう限界でしたから。

親への説明も、案外あっさりとしたものでした。私の辛い状況を正直に親に話すと、「そこまで辛いんだったら辞めればいい」「辞めたって何とかなる」と言ってくれました。

電通の若い女性社員が自殺した事件のことも親の心に変化をもたらしていたのかもしれません。とにかく私は、会社を辞めたことで救われました。

日本の価値観では、会社を辞めることは、まだまだネガティブな印象がつきまといます。世間体を考えて会社を辞めることを諦めてしてしまう人もいるかもしれません。また、家族を養っているいるから辛くても辞められないと考える人もいるでしょう。

しかし、あなた自身がどう考えるかが一番大事なのです。今の時代、さまざまな働き方を選ぶことができます。例えば、会社を辞めたとしてもフリーランスになって稼いでいる人もいます。

自分自身の得意なことを見つけて、個人事業主として仕事をしている人もいるでしょう。会社から給料もらうという以外にも、働き方は多様化してきているのです。

あなたがどのような道を選択するかわかりませんが、私は、辛い会社を辞めて転職という道を選びました。転職することで、辛い環境から脱出することができました。

そして私は、今の職場環境に満足しています。もちろん、仕事ですからしんどいことはあります。しかし、以前の会社に比べれば、天国と地獄です。

働く会社によって、こうも変わるのかというのが驚きです。何よりも、人間関係がいい会社に転職できたことがとても有難いです。以前の会社はパワハラの嵐で、本当に生きるのが辛いくらいの気持ちでした。

辞めるに辞められず、ずっと悩んでいました。私の背中を押してくれたのが、転職エージェントの担当者でした。軽い気持ちで転職エージェントに登録しましたが、自分の現状を話すと、親身になって相談に乗ってくれました。

転職エージェントのイメージは、「強制的に転職させられる」というものでしたが、イメージとはかなり違いましたね。

「今すぐに転職しなくてもいいし、あなたが転職したいなら全力で応援する」と言ってくれたのです。私はすぐに転職したかったので、「お願いします」という返事をしました。

私が転職で重視したのは、「ブラック企業ではない」ことです。ブラック企業と言っても一概には言えず、さまざまな種類があると思います。

私の場合は、「労働環境が悪い会社は絶対に嫌だ」という意味でした。そのことを素直に転職エージェントに伝えました。担当者は、私の意図を理解してくれて、条件の良い非公開求人を探してきてくれました。

転職考えてる人は、一度転職エージェントに相談することをおすすめします。軽い気持ちで相談しても全然構いません。私を担当してくれた転職エージェントの担当者も「軽い気持ちで来てください」と言ってましたから。

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。