転職コラム

転職して1週間で辞めたいと思ったときに注意すべきことを解説|1週間で辞めるときに取るべき行動

後輩ちゃん
後輩ちゃん
1週間前に転職しましたが、周囲の環境に馴染めず仕事を辞めたいと思っています。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職後に、「条件面が合わない」「周りとうまくやっていけない」「仕事についていけない」とわかると、転職してから1週間でも辞めたくなりますよね。

世間的には「すぐに仕事を辞めると次の転職先が見つからない」と言われますが、実際は転職エージェントなどのサポートを十分に活用すれば転職を実現できます。

転職エージェントは、求人紹介・面接対策・条件面の交渉などの支援をしてもらえるサービスです。ほとんどの転職エージェントは、無料で利用できます。

なかでもリクルートエージェント・マイナビエージェントは、利用者からの評判が良く「希望条件に合った企業に転職できた」という口コミが少なくありません。

リクルートエージェントもしくはマイナビエージェントを利用すれば、短期間で仕事を辞めても転職を実現しやすくなるため、必ずどちらかには登録しておきましょう。

この記事では、転職後1週間で仕事を辞めたいときに注意すべきことをはじめ、辞めたいと思ったときに取るべき行動を解説します。

\選考対策を受ければ問題なし!/
無料登録をする
リクルートエージェント

転職1週間で辞めたいと思う理由とは?

転職1週間で辞めたいと思う理由とは?

転職1週間で辞めたいと思う理由によって今後の対応が変わってきます。まずは何で辞めたいと思っているか理解することが大切です。

下記は転職して1週間で辞めたいと思っている人が主に辞めたい、と思う理由になります。

ここからは、5つの理由を一つずつ解説します。

思っていた仕事内容と違う

思っていた仕事内容と違う場合は、転職1週間で仕事が辞めたくなる原因になります。求人票や面接で仕事内容を確認して転職しても、自分と企業でイメージする仕事内容に食い違いが生じることが珍しくありません。

例えば、工場の求人で「軽作業」と書いてあった場合、自分は軽いものを取り扱う仕事、企業側は自社で作っている製品で軽いものを取り扱う仕事と解釈している可能性があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自分と企業で仕事内容の食い違いを起こさないためには、「どのような業務をするのか」など、業務内容を具体的に質問することが大切です。

入社前伝えられていた条件と違う

入社前に伝えられていた条件と違う状況で働く場合も、転職後、短期間で辞めたくなる理由の一つです。転職をする際は、入社前に提示された条件に合意できたからこそ、次の職場に移る方がほとんどです。

入社前に伝えられていた条件よりも、給与が下がっていたり、正社員雇用のはずが契約社員雇用になっていたりすると、転職先を辞めたくなるのも仕方ないでしょう。

企業側は、求職者と話し合う場を設けず勝手な都合で条件面を変えることはできません。入社前に伝えられていた条件と今の条件の違いを説明してもらえないは、労働基準監督署や弁護士に相談することも手段の一つです。

やばい上司にあたってつらい

転職する際は、どのような上司と一緒に仕事をするのかを自分で決められません。転職後に直属の上司がやばいときも、すぐに仕事を辞めたくなる原因になります。

やばい上司の特徴は、「配属後に紹介してくれない」「仕事の流れを教えてくれない」「あたりが強い」などが挙げられます。新しい環境に馴染めないなかで、上司との関係につまずくと仕事を続けることが難しくなるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
やばい上司とあたってつらいときは、先輩社員に相談してみましょう。職場によっては、上司がやばいだけで先輩社員などは親身に接してくれる場合があります。
上司が嫌いすぎて限界な場合の対処法|人間関係がストレスなら転職した方がいい? 厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況」によると、若年層が初めて勤務した会社を辞めた主な理由では、「人間関係が...

人間関係が悪すぎる

人間関係が悪すぎる職場は、転職してすぐにでも辞めたくなる方がほとんどです。人間関係が悪すぎる職場の特徴は、「仕事の悩みを気軽に相談できない」「悪口や陰口が多い」ことなどがあります。

人間関係がギクシャクした職場では、気持ちよく仕事ができず、本来のパフォーマンスを発揮できません。

人間関係が悪すぎる職場で働き続けると、ネガティブな気持ちを持ちやすく、ストレスを感じやすくなります。立ち振る舞い方によっては、自分がイジメなどの対象になることも少なくありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人間関係の良し悪しは入社後にわかる場合が多く、転職活動中に気づくことは困難です。
人間関係が最悪な職場の特徴6選|そのまま働くとやばい理由とは?対処法・解決法も解説 社会に出て働いていると、さまざまな悩みが尽きません。特に職場の人間関係が最悪では、自分でも気づかずうちにストレスを溜め込...

他の社員よりも仕事ができないのが情けない

他の社員よりも仕事ができないのが情けないときも、短期間で仕事を辞めたくなります。特に、ベンチャー企業や外資系企業では、成果主義を掲げていることがほとんどで、レベルの高い方が働いています。

そのため、前職では仕事をバリバリこなせていた方が、転職先ではなかなか活躍できないというケースは多くあります。

ただし、転職1週間で他の社員よりも仕事ができないと落胆する必要はありません。前職と同じ業界・業種に転職したとしても、入社後1〜2か月程度は仕事を覚える時期です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職して間もない時期は、「周囲に迷惑をかけている」と落ち込むのではなく、「早く仕事を覚えて貢献する」というポジティブな考え方を持つことが大切です。
新卒でベンチャーを辞めたい時に知っておきたいこと【後から後悔したくない人必見】 ベンチャー企業を「辞めて後悔しないかな」と不安になっていませんか。 本記事では新卒でベンチャー企業を辞めるメリット...
ベンチャー企業についていけない人がいる原因を解説|合わない・向いていない人の特徴を紹介 ベンチャー企業は、失敗を恐れず何事にも挑戦していく企業であることが大きな特徴です。しかし、何でも挑戦していくという特徴に魅力を感...

転職して1週間で辞めることはできるのか?

転職して1週間で辞めることはできるのか?

原則、転職して1週間で仕事を辞めることはできません。民法第627条1項では、「仕事を辞めたいことの申し出から2週間で辞められる」ことが記載されています。
(出典:e-GOV法令検索「民法」

1週間でこのまま居続けるのが難しいと判断したら、退職を申し出ることは可能です。ただ、最低でも2週間〜1か月程度は転職先で働かなければなりません。

仕事を辞めることに関するルールは、社内規定で定められていることもあります。勤め先とトラブルを起こさないためには、民法および社内規定に従って退職手続きを進めることが無難です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
辞めたと思ったらまずは転職エージェントに相談しよう!

転職して1週間で辞めるときに注意すべきこと

転職して1週間で辞めるときに注意すべきこと

転職して1週間で辞めるときは、下記のことに注意しましょう。

ここからは、3つの注意点を詳しく紹介します。

突然バックレる

仕事をいくら早く辞めたくても、突然バックレることは社会人としてマナー違反です。短期間で仕事を辞めることは問題ありませんが、バックレる行為は職場に迷惑をかけるだけでなく、損害賠償を請求される恐れがあります。

早く仕事を辞めたい場合は、退職代行サービスを利用することがおすすめです。退職代行サービスとは、利用者の代わりに退職手続きを進めるサービスのことを指します。退職代行サービスを利用すれば、最短即日での退職が可能です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職代行サービスは、労働組合法人と提携している企業・顧問弁護士が退職代行するサービスもあるため、安心して利用できます。
仕事を飛ぶ方法とその後どうなるかを解説【体験談】仕事をばっくれた友人の末路…|正社員をばっくれた体験談あり本記事では、正社員をばっくれた友人が使った手法を紹介します。友人は、問題もリスクもなく退職したので、参考にしてみてください。ちなみに友人は、再就職も成功させています。...
退職代行の利用が転職先や親にバレる可能性はあるのか?バレるパターンを紹介 退職代行を利用したいと考える人の中には、転職先や親にバレないか心配する人も多いです。 結論、バレる心配はいりません...

今後の見通しを立てずに辞める

今後の見通しを立てずに辞めると、生活面に苦労する可能性が高くなります。短期間で仕事を辞める場合、「収入源が途切れる」「個人で保険料や住民税の支払いをする必要がある」など、金銭的な負担が大きくなることが一般的です。

短期間で仕事を辞める場合、無収入になる期間が数か月程度続きます。今までであれば、保険料や住民税は給与から天引きされていましたが、退職後はすべて自分で納付する必要があります。

今後の見通しを立てずに仕事を辞めると支出が増え続けるため、ライフプランが大きく崩れる可能性がゼロではありません。

転職先が決まってから転職するのが理想です。ただ、どうしても限界な場合は見通しだけでも立てておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職先が決まるまでの期間は、3〜6か月程度と言われています。短期間で仕事を辞める際は、今後の見通しを考えるだけでなく、3〜6か月程度の貯金があるとよいでしょう。

転職活動が不利になる可能性があることを理解しておく

仕事を1週間で辞める場合、転職活動が不利になる可能性があることを理解しておきましょう。採用担当者は、短期間で仕事を辞める方に対して「すぐに辞められてしまうのでは?」と考えます。

転職市場では、短期間で仕事を辞めた方に対するイメージが悪くなります。そのため、これまでよりも書類選考で落とされる可能性が高く、短期間で仕事を辞めた方は転職活動が難航するケースがほとんどです。

転職活動が難航するとキャリアに空白期間ができ、採用を見送られることがさらに増えます。転職して1週間で辞めることを検討している方は、「本当に辞めるべきなのか」をもう一度考えてみることをおすすめします。

転職して1週間で辞めたいときの世間から持たれるイメージは?

転職して1週間で辞めたいときの世間から持たれるイメージは?

理由によっては、1週間で仕事を辞めたいと思うことは仕方ありません。しかし、転職して1週間で辞める方に対して、世間はあまり良い印象を持ちません。

感じ方はそれぞれではあるものの、1週間で仕事を辞めた方には「根性がない」「忍耐力がない」「ストレス耐性がない」と思う方がほとんどです。

すぐに仕事を辞めることに対してマイナスイメージを持つ方が多いため、新たに転職する際は、短期間で仕事を辞めた妥当な理由を準備することが大切です。

転職エージェントを利用することで短期退職した方が、どのようにすれば内定がもらいやすくなるかアドバイスをもらえます。転職して1週間で辞めたいと考えている人は転職エージェントの登録は不可欠です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人間関係が理由の場合は改善する余地があり、説得力に欠ける可能性があります。「なぜ改善できないのか」を踏まえて、退職した経緯を話すことが大切です。

\転職者のほとんどが利用!/
無料登録をする
リクルートエージェント

転職して1週間で辞めたいと思った時に取るべき行動

転職して1週間で辞めたいと思った時に取るべき行動

転職して1週間で仕事をやめたいと思う方は下記の3つを行動をするのがおすすめです。

短期間で辞める人は一般的な行動をしていても転職活動はうまくいきません。今回紹介する行動を実践してみましょう!

転職エージェントに登録する

転職を検討する際は、まず転職エージェントに登録しましょう。転職エージェントは、キャリアアドバイザーから求人紹介・面接対策・年収交渉などのサポートを受けられるサービスです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが利用者の希望条件をヒアリングして求人紹介をするため、自分が理想とする働き方を実現できる求人に出会えます。

目的なく短期間で仕事を転々とする行動は、キャリアを形成する上で避けたい行動です。転職して1週間で仕事を辞めたい方は、自分に適した求人を紹介してもらえる転職エージェントを必ず利用しましょう。

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

退職理由を明確にする

転職して1週間で辞めたいときは、退職理由を明確にすることが重要です。短期間で仕事を辞めた場合、選考では必ずと言ってよいほど退職理由が聞かれます。企業側は退職理由を知り、採用後に求職者が長く勤めてくれるのかを判断したいと考えています。

短期間で仕事を辞めた方は、漠然とした退職理由を企業側に伝えても採用してもらえません。仮に採用されたとしても、退職理由が明確になっていないことが原因で、転職先でも同じような悩みを抱えて仕事を辞めたいと思う可能性があります。

転職して1週間で仕事を辞めるべきか考えている方は、退職理由を明確にして長く続けられる仕事を見つける準備をしましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職理由によっては、短期間で仕事を辞めたことがマイナス評価にならないこともあります。

自己分析を行う

入社後すぐに転職を検討する場合は、自己分析を行った上で次の仕事を探しましょう。仕事を辞めたくなった原因は、前回の転職時に行った自己分析が不十分だったことが考えられます。

自己分析を行う目的は、自分に合う仕事・職場環境を把握することです。自己分析を行う際は、今までの人生で起こった出来事に対してどのような行動を取ったのか、そこで感じたこと・身につけたことを書き出しましょう。

自己分析して得た情報は、選考時に自己PRをする際にも役立ちます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自己分析が思うように進められないときは、転職サービスが実施している「適正診断」を受けることがおすすめです。
ミイダスは嘘が多い?実際の評判・口コミを調査|年収診断の仕組みを解説|転職時の年収と比べてみた年収診断サービスのMIIDAS(ミイダス)の口コミ評判をまとめてご紹介しています。「年収診断は嘘?」という噂も、筆者が実際に転職して年収が当たっていたかを検証してみました。転職活動をしている方は、ぜひ参考にしてみてください。...
【5分でわかる】リクナビのグッドポイント診断のやり方・注目されている理由など紹介!結果から適職を見つけよう リクナビのグッドポイント診断は質問に答えるだけで、自分ではわかりにくい強みを的確に診断できるサービスです。誰でも無料で登...

転職して1週間で次の転職先を考えている人におすすめの転職エージェント

転職して1週間で次の転職先を考えている方は、大手の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職活動の軸が定まっていない方がほとんどだと思うので、まずはほとんどの業界・職種の求人を取り扱っている下記2つへの登録をしましょう!

ここからは、リクルートエージェントとマイナビエージェントの特徴を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、実績豊富なキャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられる転職エージェントです。転職サポートの質が高いことから、転職支援実績No.1の実績を誇っています。

リクルートエージェントでは、2022年7月18日時点で公開求人・非公開求人を含めて約50万件の求人を取り扱っています。総求人数のうち半数以上が非公開となっており、好条件の求人を見つけやすい点はリクルートエージェントの魅力です。

豊富な求人のなかから適職を探せるため、転職してから1週間で次の仕事を探している方でも、長く勤められる企業に出会える可能性が高くなります。

さらに担当者に「なぜ1週間で辞めたいと思ったか」を伝えることであなたにぴったりの求人を提案してくれます!

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代・30代の転職支援に強い転職エージェントです。希望・悩みを聞く力が高いことで知られており、利用者からは「自分に合った求人を紹介してもらえた」など、良い口コミが多く寄せられています。

転職してから1週間で仕事を辞めたい方が利用する場合、「どのような仕事が合うか」をマイナビエージェントが一緒に考えてくれるでしょう。話し合った結果から、自分に適した求人の紹介・転職プランの提案をしてもらえます。

まずは、マイナビエージェントの面談を受けて転職活動を進める準備から始めましょう。

\傾聴力の高さが持ち味/
無料登録をする
(公式サイト)

1週間で仕事を辞めたとき履歴書には書く必要ある?

1週間で仕事を辞めたとき履歴書には書く必要ある?

1週間で仕事を辞めた場合、試用期間内であれば法的には退職した旨を履歴書に書く必要はありません。ただし、仕事をしたという事実がある以上、1週間で退職したとしても履歴書には経歴として書くほうが無難です。

履歴書に1週間で仕事を辞めたことを書く際は、退職理由をポジティブな内容にして伝えることが重要です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職理由をポジティブな内容に変えるときは、失敗した経験からどのようなことを企業選びに活かしたのかを採用担当者に伝えられると、印象がよくなるでしょう。
転職者必見!面接で「退職理由」を聞かれた時の受け答え方を知ろう 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞...

1週間で仕事を辞めたことが転職先でバレることはある?

1週間で仕事を辞めたことが転職先でバレることはある?

1週間で仕事を辞めたことは、転職先でバレる可能性があります。転職後は、社会保険と雇用保険の加入手続きを次の職場ですることが一般的です。企業側は、各種保険の手続きをする際に、以前の職場で加入していた保険の情報を確認できます。

つまり、転職活動中は転職してから1週間で仕事を辞めたことが隠せても、入社後にバレる可能性がかなり高いと言えます。

企業によっては、1週間で仕事を辞めた経歴を書いていない方を「経歴詐称」と判断することがあります。経歴詐称だと企業から判断された場合は、解雇される恐れがあるので、1週間で辞めた会社のことも経歴書に書くようにしましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
職務経歴は、職場に勤めていた期間に関係なく正しく伝えることが重要です。

転職して1週間で退職するときの伝え方は?

転職して1週間で退職するときの伝え方は?

転職して1週間で退職する旨を伝えるときは、直属の上司に仕事を辞める意思を伝えてください。仕事を辞める意思を伝える際は、2人で話せる場を設けてもらうとスムーズに話を進められます。

本来であれば、転職してから1週間で辞めることは好ましくありません。そのため、「謝罪を述べること」「『なぜ仕事を短期間で辞めるのか』について妥当な理由を準備すること」が大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職理由に説得力がないと、上司から間違いなく引き止められます。転職して1週間で退職するためには、「仕事を辞める意志が固い」と直属の上司に伝えること意識しましょう。
円満退職につながる「おすすめの退職理由」と「伝え方の例」 「会社を辞めるときは、円満退職せよ」とよく言われます。 あなたが会社を辞めるのは、現在の仕事が自分に合わないと思われたのか...
【試す価値あり】引き止められない退職理由3選!上司からの引き止め対処法も解説 「勤めてみたら自分が考えていた仕事と違う……」そんな経験はありませんか? 転職するなら会社に退職の意思表示をしなけ...

転職して1週間で辞めたいならその後の行動が大切!

転職して1週間で仕事を辞めても、次の職場に就くことは可能です。しかし、世間は転職後1週間で仕事を辞めることに対して、マイナスイメージを持ちます。

転職してから1週間で仕事を辞める場合は、周囲が納得できる退職理由を用意することが大切です。

1週間で仕事を辞めたいと思った場合は、まずは転職先を決めましょう。次が決まれば、お金の心配もほぼなくなるので安心して辞めることができます。

短期間で仕事を辞めた方が転職活動を成功させるには、転職エージェントを利用しましょう。なかでも、リクルートエージェントマイナビエージェントは、転職サポートが充実しており、求職者から人気を博しています。

1週間で辞めたいと思ったらまずは転職エージェントに相談してみましょう!

\転職成功者のほとんどが利用!/
無料登録をする
(公式サイト)

転職一年目が辛いのは当然?辛いときの対処方法や転職を考えたほうがいい職場の特徴を紹介 転職してから1年目は、辛くなる方が多いです。そのうえ、また転職したくなっている方も少なくありません。 そこで転職1...
正社員を1ヶ月で辞めるのは大丈夫?1ヶ月で辞めるメリットとデメリット、注意点などを徹底解説 「1か月で辞めることによる悪影響がないか」と不安になっていませんか?入社前と入社後のギャップや自分に向いていないかったと後悔して...
転職して3ヶ月で会社を辞めても再転職できるのか?退職前に考えるべき3つのこと 転職して3ヶ月経ち「やってみたら自分に仕事が向いていなかった」「思っていた職場と全然違ってしんどい」など、転職前との...
ABOUT ME
緒方 透也
キャリアクラスの執筆を担当しています。製造業からIT業界へ異業種の転職、県外への転職を経験しました。転職関連のライティングは、これまでに100記事以上携わっています。実体験を踏まえて、読者に有益な情報をお届けします。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。