転職コラム

転職してすぐ辞めるのは悪いこと?転職に失敗したら考えたい今後のこと

転職してすぐ辞めるのは悪いこと?転職に失敗したら考えたい今後のこと

転職してすぐに「辞めたい」と考える人もいるでしょう。

大変な思いをして転職を果たした会社なのに、どうしても自分に合っていない…。入社してみたら、

  • パワハラが横行している
  • サービス残業を強要される
  • 仕事内容が求人とまるで違った
  • 職場の雰囲気がギスギスして人間関係が悪い

など、あきらかに「転職に失敗した」と感じることもあります。そうした事態は、絶対に避けたいはずですが、現実にはそのような状況に陥っている人も少なくありません。

転職したら、新しい職場で明るく働けると思っていたのに、転職に失敗してしまった…。この事実は、あなたを落ち込ませ、暗い気持ちにさせてしまうかもしれません。

では、転職に失敗してしまったあなたは一体どうすればいいのでしょうか?転職してすぐに辞めるのは悪いことなのでしょうか?

\転職のプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職してすぐに辞めるのは悪いことではない

転職してすぐに辞めるのは悪いことではない

転職してすぐに辞めてしまうのは、悪いことなのでしょうか?結論から言いますが、「転職に失敗した」とあなたが感じているのならば、辞めることは悪いことではありません。

転職してすぐに辞めることに対して、周囲の人は「もったいない」「もう少し我慢してみたら」など、とやかく言ってくるかもしれませんが、あなたが「辞めたい」思うような状況であるならば、早い決断をした方が将来的にもプラスに働きます。

なぜなら、今の会社で働き続けたとしても、「辞めたい」という気持ちは払拭できないだろうからです。転職者が入社てすぐに「辞めたい」と思わせるような会社は、やはりいい会社とは思えません。そこで働き続けても、結局のところ、いずれは辞めることになるのです。

それならば、傷が浅いうちに早めの決断をした方が賢明でしょう。もちろん、すぐに辞めることにリスクがないわけではありません。次の転職活動で不利になることは間違いないですし、採用担当者にもそこを突っ込まれるでしょう。

ですから、退職の決断は慎重かつ冷静に判断するべきですが、あなたの気持ちを暗くしてしまうほど「辞めたい」と感じるならば、その会社に居続ける意味はありません。あなたの人生は、「失敗した」と感じる会社で我慢して働き続けるためにあるのではないのですから。

\転職のプロに相談しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

我慢して働き続けた先にあるもの

我慢して働き続けた先にあるもの

転職した会社をすぐに辞めることに、罪悪感を感じる人もいるかもしれません。また、周りの人から「せっかく入ったのにもったいない」「1年は続けないと会社のことなんか分からない」と言われ、どうしたらいいのか分からなくなっている人もいるでしょう。

では、その言葉を受け入れて、嫌な気持ちを我慢して働き続けたらどうなるでしょうか?我慢して働き続けることで、いつかは良くなる…そう言い切れるのでしょうか。「辞めたい」と感じながら働き続けることで、あなたは多大なストレスに苛まれることになります。

ストレスが蓄積されていくと、いつかあなたの精神と肉体を破壊してしまうことにもなりかねません。あなたがどのくらい我慢できるかは分かりませんが、転職してすぐの状態のときに「辞めたい」と思うような会社では、今後働き続けることが難しいと思いませんか?

我慢することで精神的に追い詰められて、うつ病などの精神疾患になってしまったら、元も子もありません。そんなことになってしまったら、我慢して働き続けたことを、本当に後悔してしまうでしょう。

もちろん、転職した以上、イメージと現実とのギャップは少なからずあります。「すべて完璧な理想通りの会社」は、ほとんどないのですから。しかし、多少のギャップは、働いているうちに埋めることができるし、だんだんと慣れてくるのが普通です。

そのことは、あなたも理解しているはずでしょう。それにもかかわらず、転職してすぐ「もう辞めてしまいたい」と感じているのであれば、あなたに原因があるのではなく、会社が問題を抱えている可能性があります。最初にも言いましたが、会社を辞めることは悪いことではありません。

転職してすぐに会社を辞めることに対して、後ろめたい気持ちや、「失敗した」という後悔する気持ちもあるかもしれません。それでも、今のあなたの気持ち・心からの感情を大切にして、もう一度転職に挑戦するべきなのです。

 

「試用期間」の退職は履歴書に書く必要がある?

「試用期間」の退職は履歴書に書く必要がある?

転職してすぐに会社を辞めるということは、「試用期間」の間に辞める人もいるはずです。では、試用期間中に辞めた場合、職歴に記載する必要はあるのでしょうか?厳密に言えば、試用期間中の退職は履歴書に書く必要はありません。

ただし、記載しなかった場合は、前職を辞めてから今の会社で働いていた期間が、丸々「空白期間」となってしまうので、面接でそのことを聞かれる可能性があります。

「空白期間に何をしていましたか?」と面接官に聞かれた場合は、正直に答える必要があるでしょう。なぜなら、嘘をついて入社した場合は、それが後に問題になることがあるからです。下手な嘘をつくと、返って自分自身の首を締めることになります。

試用期間で退職したという事実を認め、「反省している」という態度で面接官に伝えることが大切です。会社側に問題があって辞めた場合でも、会社の悪口にならないように、誇張なく事実を伝えてください。

  • 求人票と仕事内容が異なっていた
  • 定時以降のサービス残業を強要された
  • 人間関係に問題があり、精神病で退職する社員が多数いた

面接では、あなたの受け答え次第で挽回のチャンスがありますから、採用担当者が「それなら辞めてもしょうがない」と納得する理由を言うことです。

 

会社を短期間で辞めるリスク

会社を短期間で辞めるリスク

会社を辞めることは悪いことではない我慢して働き続ける必要はないということをお伝えしました。ただし、「短期離職」という事実は、転職活動で不利になってしまうのは間違いありません。そのリスクを受け入れたうえで会社を辞める覚悟が必要です。

 

転職活動で不利になる

短期離職は、転職活動で不利になります。これは事実なのでしょうがありません。「すぐに会社を辞めてしまう」というのは、会社にとってもリスクとなります。「採用してもまたすぐ辞めてしまうのでは」という懸念があるからです。ですから、企業は短期離職者を積極的に採用しようとは思いません。

しかし、不利な状況とはいえ、もう転職できないのか…というとそうではありません。多くの企業は、1度くらいの短期離職なら問題なく採用していますし、面接の際に、納得のいく説明ができれば、そこまで気にされません。本人の人柄ややる気が伝われば、短期離職という不利な状況でも採用されます。

 

次の会社がいい会社とは限らない

あなたが今の会社を辞めて転職したとして、また同じようにすぐに「辞めたい」と思ってしまうな会社だったらどうしますか?勢いで会社を辞めてしまった場合、不利な状況のなかで転職活動を進めていくことになります。

なかなか転職先が決まらないという事態も、あり得る話でしょう。そうなるとあなたは「早く転職しなきゃ」と焦って、誰でも入れるような、労働環境の悪い会社に再び入社してしまう可能性もあります。

求人票に年中募集しているような会社というのは、離職率が高く人手不足のため、年中募集をかけていることが多いのです。それを知らずに、焦ったり妥協して転職すると、また転職に失敗してしまうでしょう。

\転職のプロの力を借りて転職しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

▼関連記事

転職活動で妥協はNG!妥協転職がよくない理由と後悔しない転職をする方法

会社を辞めるのであれば、次の転職は必ず成功させたいですよね。では、短期で会社を辞めたあなたが転職を成功させるには、どうすればいいのでしょうか?

 

短期離職でも転職を成功させるポイントは?

 短期離職でも転職を成功させるポイントは?

転職活動では、短期離職の理由を聞かれるのは避けられません。短期離職者を採用するのは、会社にとってもリスクが大きいため採用には慎重になるのです。

そのため、そのリスクを上回るような、誠実な人柄ややる気をアピールすることができなければ、採用されるのは難しいでしょう。そのためのポイントは、

  • 自分の判断や見通し、情報収集力が甘かったと素直に反省すること
  • このままでは自分のスキルアップに支障が出るために退職したということ

この2つを誠実に伝えることが重要になります。職場の不満を口にするのではなく、あくまでも自分の力量不足だったことを反省するのがコツです。また、「今回は短期離職をしてしまったが、今度は必ず長く続けたい」「そして御社に貢献したい」と強く訴えるのも効果的でしょう。

「今度は簡単にやめません」という気持ちが、嘘ではなく本音であると伝われば、採用される可能性は高まります。そのためには、なぜその会社に入社したいのか入社して何をしていきたいのかを明確に述べる必要があります。付け焼刃ではない本音でぶつかれば、短期離職でもそこまで不利にはなりません。

 

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを活用しよう

「転職に失敗した…」そう感じるのは、とても辛いことです。あなたがこれまで頑張ってきた転職活動が意味のないものに思えてしまうかもしれません。しかし、失敗したことをいつまでも悔やんでいても始まりませんし、その失敗を次の転職に活かせばいいのです。

次の転職では「失敗した」「辞めたい」なんて思わない、良い会社を選ばなければいけません。では、そのような会社にはどうしたら転職できるのでしょうか?転職に失敗しないためには、転職エージェントを活用するのが一番賢い方法です。

転職エージェントは、過去の膨大な企業データから、離職率が高い会社や残業時間が多い会社などを把握しています。離職率、残業時間などの各種データは、「働きやすさ」にもつながる貴重な情報です。離職率が高い会社は、職場環境が悪く人間関係がギスギスしがちで、人間関係が悪いと、パワハラにもつながります。

また、残業が多く長時間勤務の職場は、入社しても激務で仕事を教えてくれる暇さえない職場かもしれません。そうした企業を避ける意味でも、膨大なデータの中から優良企業を厳選して紹介してくれる、転職エージェントを活用することを推奨します。

\転職のプロの力を借りて転職しよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。