転職コラム

仕事を辞めたらどうなるの?あなたが知っておくべき辞めた後のメリットとデメリット

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事を辞めたらどうなるの?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
辞めたらどうなるか知っておこう

「仕事を辞めてしまいたい…」と思う人多いですよね。仕事を辞めたら、今より精神的に楽になります。

一方で、仕事を辞めたらどうなるのか…という不安も出てきますよね。あなたが仕事を辞めたら、一体どうなるのでしょうか?

今回は、あなたが仕事を辞めたらおこるメリットとデメリットを紹介します。「仕事を辞めた後のこと」をあらかじめ知っておくことで心構えができますね。

正直、仕事を辞めたいなら辞めてしまった方がいいと思います。転職エージェントを使って転職するのもおすすめです。

たった一度だけの人生を、苦しみながら過ごすのはもったいなさ過ぎませんか?

実際、私も仕事を辞めて転職したのは本当に良かったと思っています。仕事を辞めても何とかなります。不安に思っている人はぜひ読んでみてください!

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

仕事を辞めたらどうなる?人生終わり?

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事辞めたら人生終わりなのかな?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
大丈夫。仕事を辞めたくらいで取り返せるよ。むしろ人生楽しすぎる展開になるかもね!

「仕事を辞めたらどうなってしまうの?人生終わり?」と不安になる人の気持ちもわかります。

ただ、仕事を辞めたところで人生は終わりません。むしろ楽しくなることだってあります。

いま少しでも仕事を辞めたいと思っている人は、とりあえず転職エージェントに相談しましょう。おすすめはリクルートエージェントです。

もしかすると、より良い第二の人生やキャリアが見えてくるかもしれません。転職はそこまで考えてなくても、ひとまず話を聞いてもらうのがおすすめです

「仕事を辞められる」選択肢が増えるだけでも、かなり気持ちも変わりますよ!詳しく見てみましょう

\仕事辞めたいならひとまず相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

仕事を辞めるメリットとは?

仕事を辞めるメリットとは?

仕事を辞めるメリットは以下の通りです。

  • 仕事のストレスから解放される
  • 時間に余裕が生まれる
  • 煩わしい人間関係がなくなる
  • 心と体を休ませることができる
  • 視野を広げることができる

以下で詳しく見てみましょう!

仕事のストレスから解放される

仕事を苦痛に思っていた人は、会社を辞めることでストレスから解放されて楽になるはずです。働いていると、さまざまなプレッシャーや責任に押しつぶされそうになるものですが、仕事を辞めるとその辛さがなくなります。

朝早く起きなくてよくなり、通勤ラッシュに悩まされませんから、気分が良いかもしれません。また、職場の人間関係に悩むこともないので、精神的な負担が軽減するでしょう。ノルマに怯えたり、上司から怒られることがないため、気持ちが楽になるはずです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
大きなストレスで心が壊れそうなら、仕事を辞めることも「ストレスから抜け出す」ひとつの手段として考えてみよう。

時間に余裕が生まれる

会社を辞めたのですから、当然会社に行かなくていいわけです。仕事を辞めれば、毎日が自由時間ですから、時間的な余裕が生まれます。仕事をしていればできなかった長期の旅行もできますし、趣味を楽しむこともできるでしょう。

明日の仕事のことを考えなくてよくなるので、夜更かししたり、昼まで寝ていても自由です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
家族がいる場合は難しいかもしれませんが、自由な時間が増えるのは事実ですね。

煩わしい人間関係がなくなる

仕事を辞めたい理由の第1位が、「人間関係」です。人間関係の悪さから、仕事を辞めることを考える人が大勢います。そこで実際に仕事を辞めれば、煩わしい人間関係から解放されるでしょう。

冷たい先輩社員、悪口や陰口ばかりする同僚、パワハラをしてくる上司など…。職場の人間関係は、ストレスの元になります。良好な人間関係が築けていれば良いですが、そうでない場合は、職場に居る時間が苦痛なものになってしまいますよね。

人間関係は、あなたひとりの問題ではありません。相手に問題があると、自分がいくら改善しても効果がないことも多いでしょう。思い切って会社を辞めることでしか、解決できないこともあるのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人間関係が最悪な職場から脱出することができれば、煩わしい人間関係が消え、ストレスからも解放されるよ。

心と体を休ませることができる

長時間勤務や残業をしていた人は、かなり体力的にもしんどい思いをしていたことでしょう。仕事を辞めれば、肉体的な辛さから解放されます。過労死してしまうレベルまで働かされる人がいますが、仕事と自分の命は、間違いなく自分の命の方が重いはずです。

仕事を辞めれば、激務から解放されて、精神と肉体を休ませることができます。きつい仕事をずっと続けていくと、ストレスを溜めて病気の原因になってしまうでしょう。我慢し続けるとうつ病などの精神的な病気になってしまう可能性もあります。

あなたの辛さを無視して働かされるような職場で、無理して働き続ける必要はありません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
我慢し続けて体が壊れてしまっては、元も子もないですよね。
うつ病・うつ病経験者におすすめの転職エージェント5選|仕事を探すポイントについても紹介 「うつ病の人は転職できないのかな」と悩んでいませんか? うつ病の人でも、今回ご紹介するポイントを意識すれば効率よく転職活動...

視野を広げることができる

同じ会社でしか働いたことがないと、その会社の仕事のやり方や価値観しか知ることができません。転職経験のある人は、一つの会社で働き続けた人よりも仕事観に関する視野が広くなります。

経験値が高いということですね。ずっと同じ会社で働き続けることができれば、視野が狭くてもいいかもしれません。しかし、リストラや倒産のリスクがある以上、視野が広いほうがいいのは言うまでもありませんよね。

一つの会社で40代、50代になった時にリストラされてしまったらどうなるでしょう。その会社でしか通用しないので、雇うほうも慎重になるのではないでしょうか。

今の時代、転職したことがないと言う人の方が少数派です。仕事を辞めると言うことは、ネガティブに捉えられがちです。しかし、経験を積めると解釈してみてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仕事を辞めることは、狭い価値観でしか見ることができなかった視野を広げるチャンスでもあるんだ。

\仕事辞めたいならひとまず相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

仕事を辞めるデメリットとは?

仕事を辞めるデメリットとは?

仕事を辞めるデメリットは以下の通りです。

  • 生活リズムが崩れる
  • 家族から理解されにくい
  • 収入がなくなる
  • 無職でも社会保険料・住民税の支払いをしなければならない
  • 生活費で貯めたお金はどんどん減っていく
  • 社会的な信用を失う

以下で詳しく見てみましょう!

生活リズムが崩れる

仕事を辞めると、自由な時間ができる一方で、全ての時間を自分自身で管理していかなければなりません。会社勤めをしていれば、通勤電車の時間に間に合うように起きていたはずですが、会社を辞めたとたん自堕落な生活に陥ってしまう人もたくさんいます。

会社を辞めれば「毎日が日曜日」なわけですから、自己管理を徹底しなければダラダラした生活に慣れてしまって、社会復帰が遅れてしまうことになるでしょう。また、食生活が疎かになったり、家に引きこもりがちになり、体調を崩してしまうこともあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
毎日やることを決めて、無職だからといって自堕落な生活を送ることは避けよう。

家族から理解されにくい

仕事を辞めることのデメリットの中に、「家族から理解されにくい」というものがあります。仕事を辞めるわけですから、家族からすれば、「その後どうするの…?」という気持ちになるのは当たり前の話です。

妻や夫から見れば、収入がなくなり家でゴロゴロしているあなたのことを、だんだんと疎ましく思うようになるかもしれません。妻や夫だけでなく、両親との関係も悪化する恐れがあります。世間は、働いていない人に対して冷たい目を向けてきますから。

「働かないで家にいる」というだけで、ダメ人間の烙印を押されてしまう可能性があるのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事を辞めるという決断は家族を巻き込む問題ですから、辞める前には必ずしっかりと話し合っておきましょう。

収入がなくなる

会社を辞めれば、収入も途絶えます。仕事を辞めることの一番のデメリットは、経済的な問題でしょう。会社を辞めても生活できるだけの資産や貯金があればいいですが、多くの人はそこまで十分なお金を持っていません。

仕事を辞めた後の収入源として、「失業保険」がありますが、自己都合で辞めると3ヶ月間の待機期間があります。また、失業保険は前職の収入の5割~8割程度ですし、もらえるのはせいぜい数ヶ月間ですから、失業保険だけに頼るのは心もとないはずです。

次の仕事を決めないと、生活費が足りなくなる…こうした中で転職活動をするのは、かなりの精神的なプレッシャーになります。焦って入りたくもない会社に入社してしまうと、転職先でもうまくいかず、すぐに辞めてしまうことになるかもしれません。

また、中には経済的な不安から一時的にアルバイトをする人もいます。そうすると、転職活動の時間が取れなくなって、転職が決まらずに、そのままフリーターになってしまう人もいます。

こうならないためには、在職中に転職先を決めておくのがベストでしょう。そうすれば収入が途切れませんから、経済的な不安もありません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
もし仕事を辞めてから転職先を探す場合は、しっかりと貯金を確保して置く必要がありますね。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職活動が長引くことも考慮して、余裕をもった計画を立てておこう。転職エージェントを利用すれば、スムーズな転職活動を実現できるよ。

無職でも社会保険料・住民税の支払いをしなければならない

あなたが仕事を辞めて無職になったとしても、「健康保険」「年金」「住民税」の支払いはしなくてはいけません。会社勤めをしていたときは、給料から天引きされていたため、手取りで生活していましたが、会社を辞めたらそれらを自分で支払わなければいけないのです。

健康保険は、①任意継続、②国民健康保険、③家族の被扶養者のいずれから選択することになります。①任意継続の場合は、前職の会社の健康保険を継続できますが、会社が折半していた分も支払うことになるので、保険料が2倍になります。

②国民健康保険は、前職の収入を元に保険料を算出するため、任意継続の方が安くなるのが一般的です。市役所に保険料を算出してもらい、任意継続の方が安い場合は退職してから20日以内に手続きをしなければいけません。

他には、③家族の被扶養者になるという選択もあります。家族が会社で健康保険に入っている場合は、被扶養者になることで保険料を払わなくてよくなるのでこれが一番お得です。ただし、失業保険を受け取っている間は被保険者になれないので注意しましょう。

いずれにせよ、会社を辞めても健康保険料を払わなくてはいけないということです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
任意継続も国民健康保険も、会社勤めのときより高くなるので結構きついですね。

年金は、会社を辞めると「国民年金」に加入することになります。無職でも、月額16,340円を支払うことになります。無職の間は、この支払いがキツイはずですから、役場で「免除申請」を行うことで、年金を免除できる制度があるので覚えておきましょう。

免除している間も、年金には加入しており「未納」とは違います。年金が支払えない場合は、ほったらかしにするのではなく、必ず「免除申請」を行うようにしてください。

次は住民税ですが、住民税は前年度の収入を元にして算出されます。1年ずれて課金されることになるので、無職でも前年分の住民税を支払わなければいけません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
無職でも、さまざまな出費があるんだ。

生活費で貯めたお金はどんどん減っていく

仕事を辞めて無職になれば、社会保険や住民税の支払いもありますが、もちろん「生活費」も今までどおり必要になります。家賃(住宅ローン)、光熱費、携帯代などの通信費、保険料や子供の学費など、仕事をしていなくても支払いは待ってくれません。

無職の状態でも貯金はどんどん減っていきます。失業保険があると言っても、各種支払いでカツカツの状態でしょう。失業保険をもらっていても、ずっともらえるわけではありません。受給期間が決められているので、経済的な不安は尽きないはずです。

転職活動をしてすぐに転職先が決まればいいですが、半年以上も決まらずに長引く可能性もあります。そうなってしまったら、かなり焦ることになるでしょう。失業保険はもう切れそうなのに仕事が決まらない…貯金もなくなってしまいそうだ…このような状態では転職活動も身が入らなくなってしまいます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
無職の状態でどんどん貯金が減っていくというのは、真綿で首を絞められているような息苦しさと恐怖を感じるものですね。

社会的な信用を失う

会社員(サラリーマン)の社会的な信用はとても大きなものです。正社員ならば、社会的なステータスがありますから様々な契約時に有利に働きます。

一方、仕事を辞めてしまった人は「無職」という扱いですから、賃貸を借りるのにも審査が通らないかもしれません。また、クレジットカードなども無職では作ることが難しいでしょう。

このように、仕事を辞めてしまうと社会的な信用がなくなります。何かの書類を書くときにも「職業」欄というのは必ずと言っていいほどありますが、「無職」と書き込むのは少々恥ずかしいですよね。

また、周囲の目も気になってしまうかもしれません。大の大人が働いていないというだけで、不審者扱いされてしまうこともありますから。なかなか厳しい世の中です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仕事を辞めたい人は、仕事を辞める前の社会的な信用があるうちに各種手続きを済ませておくのが無難だよ。

\仕事を辞めることが不安なら!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

仕事を辞めた後のことをある程度は考えておく

仕事を辞めた後のことをある程度は考えておく

「仕事を辞める」と決意したら、仕事を辞めたあとのことをある程度は考えておく必要があります。そうしないと、辞めたあとで窮地に陥ってしまう可能性があるからです。前章で見てきたように、仕事を辞めることにはメリットもデメリットもあります。

仕事を辞めるということは、「仕事から解放される」という反面、「未来への不安」も同時に襲ってくるものでしょう。もちろん、在職中に転職先を確保している人は、不安を感じずに辞めることができるでしょうが、仕事が決まらないまま逃げるように会社を辞めてしまった人は、不安で悩んでしまうかもしれません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
行き当たりばったりで仕事を辞めてしまうのではなく、ある程度は考えて辞めるようにしよう。できれば在職中に転職先を決めておくことをおすすめするよ。

そうは言っても、ブラック企業に勤めていたり、パワハラを受けていて、すぐに辞めざるを得なかった人もいますよね。

そのような状態ならば、辞めたことを振り返らず、「これからどうなりたいのか」に意識を集中させてみましょう。辛すぎる環境から脱出できたのですから、これからは上がるしかありません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
心身ともにゆっくり休ませて、自分を回復させましょう。

\仕事辞めた後のことも相談できる!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

仕事を辞めた方がいいのか辞めない方がいいのか

仕事を辞めた方がいいのか辞めない方がいいのか

仕事が嫌で苦しんでいる人は、仕事を辞めたらとても晴れ晴れした気持ちになるはずです。しかし、その一方で将来への不安や周囲の目などが気になってしまうかもしれません。

「辞めたほうがいいのか」「辞めない方がいいのか」、その狭間の中で悩んでしまっている人もいると思います。「辞めようかな」と考えていること自体、あなたが仕事に疲れきっている証拠だと考えられます。

仕事は長く続けた方が良いと、一般的には言われていますが、あなたが自分に向いていない仕事についていたり、辛くて仕方がない仕事をしているなら思い切って仕事を辞めてもいいのではないでしょうか。

人生は一度しかありません。嫌いな仕事に何十年も無駄に費やすのはもったいことでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
新しい一歩を踏み出すことで、何かしらの変化が起こるなら、「辞める」という切り札を使ってみてもいいんだ。

あらかじめ準備をしておくことも大事ですが、無計画に止めたとしてもなんとかなるものです。あなたにとって何が大事かは、あなたにしか分かりません。世間的な目を気にしたり挫折感などを感じてしまうかもしれませんが、それも一時的なものです。

仕事を辞めたいと言う気持ちが一時的なものならば、やり過ごすことで我慢はできるでしょう。しかし、あなたが無視できないほど大きな悩みに成長しているならば、今が仕事を辞めるタイミングなのかもしれません。

あなたがあなたらしく人生を送れるように、心の声に耳を傾けてみてください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事を辞めたところで、人生は終わりになんてなりませんよね。

\仕事辞めたいならひとまず相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

仕事を辞めたいなら辞めればいい

仕事を辞めたいなら辞めればいい

これから「仕事を辞めようかな」と悩んでいる人もいるはずです。仕事を辞めることで、あなたの抱えている精神的苦痛が解消されるなら、思い切って辞めてしまいましょう。しかし、

  • 次の仕事が決まるか不安だ…
  • 転職に失敗してしまったらどうする?…
  • 住宅ローンを払えなくなったらどうする?…
  • 家族になんて言えばいいのか…

このように悩んでしまって、仕事を辞める決断を選択できなくなってしまう人がいます。そして、「仕事を辞めたい」という思いを抱えながらも、鬱々とした気分で、今日も会社へと出社するのです。

しかし、あなたが「仕事を辞めたい」と考えているなら、その考えを意識の奥にしまいこむのではなく、一度真剣に転職することを考えてみてほしいと思います。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
今の会社で、この先何十年も勤めることができるのか、働き続ける未来を想像してみよう。

いかがでしょうか?もし、順調な未来が想像できれば、今の会社にとどまるという選択肢もありでしょう。しかし、どうしようもなく暗い気持ちになってしまうとしたら…その会社を辞めて転職した方が、あなたの未来が明るくなる可能性があります。

もちろん、安易に仕事を辞めることを推奨しているわけではありません。仕事を辞めることは、「収入を失うこと」とイコールですから、簡単に辞めるわけにはいきませんよね。

頭の中で辞めたあとのことをシュミレーションすればするほど、会社を辞めることが怖くなってしまうかもしれません。「仕事が嫌でたまらないけど、自分さえ我慢すれば給料はもらえるんだから」このように我慢して働き続けてしまうのです。多大なストレスを溜めながら…。

あなたは今、とても悩んでいる状態でしょう。悩んで悩んで身動きが取れないように思えるかもしれません。「辞めたいけど辞めれない」そんなジレンマに陥っているのかもしれませんね。

しかし、はっきりと言いますが、あなたが仕事を辞めて転職してしまえば、そのような悩みは吹き飛んでしまうはずです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職すれば、新しい仕事に集中しなければいけないので、過去を振り返る暇もなくなりますね。

\仕事辞めたいならひとまず相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

会社辞めたらこうなった!仕事を辞めたら人生楽しすぎた私の転職体験談

会社辞めたらこうなった!仕事を辞めたら人生楽しすぎた私の転職体験談

ここからは私個人の話になりますが、8年勤めた会社を思い切って辞めて、それから半年間は休んでいました。仕事に疲れきっていてとにかく辞めたい一心でしたね。

辞めてからの解放感と言ったらとても清々しい気分で、一日中映画を見たり昼まで寝ていたりと、完全に怠け切った生活をしていました。不安感はあったかと言うと、確かにありました。しかし心にぽっかり穴が空いたような気分で何もする気持ちになれなかったのです。

とりあえず雇用保険(失業保険)の手続きだけは済ませましたが、少しハローワークで求人検索をするぐらいで転職活動らしい転職活動もしていませんでした。そのとき私は三十歳だったので本当は焦らなくてはいけない年齢ですがなぜか焦りも少なかったですね。

「半年ぐらいはのんびりしてから転職先を探そう」とのんきに考えていました。ぶっちゃけ、これぐらいのゆるい気持ちでもなんとかなりましたよ。

もちろん、面接などでは「半年間の空白期間は何をしていましたか?」と聞かれましたが、「転職活動をしていました!」と堂々と言って乗り切りました。

仕事を辞めて半年ぐらい経った頃、「さすがにそろそろ動かないといけないな~」と感じてきたので、転職活動を再開しました。

ここからが少し大変でした。なにせ半年間もダラダラと過ごしていたものですから生活リズムが乱れまくっています。エンジンがなかなかかからず、本格的に動き出せたのは転職活動を決意してから1ヶ月後ぐらいでした。

脳が仕事モードに入らないんですよね。蕩けているというか、やる気が起きないと言うか、とにかくスイッチが入らない。

とりあえずハローワークとかで求人票を見ても、年間休日がとてつもなく少なかったり、給料が安い求人ばかりだったので、転職エージェントに登録して相談することにしました。

転職エージェントは使ってよかったですよ。「最初からこうしときゃ良かった」と思ったほどです。自分で色々やるのも面倒なので、「いい求人を見せてください」という感じで待遇の良い非公開求人を持ってきてもらいました。

転職エージェントは3社くらい使っていましたね。担当者との相性もあるので、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。一番良かったのはリクルートエージェントでしたね。とても親身になってくれる人で使って良かったです。

こんな感じで、私は仕事を辞めた後に半年間も無職生活を送っていました。こんな私でも再就職はする事は出来たし、失業保険が3ヶ月あったので、不安なく生活を過ごすことができました。貯金もそこそこありましたし。

もちろん家族がいる人などは半年間も休んでいられないかもしれませんね。その場合は一週間とか2週間とか区切りをつけて、家族旅行に行ってみるのもおすすめですよ。

家族にとっては不安もあるでしょうから、転職エージェントに相談してさっさと転職先を決めておく方がいいと思います。

一度しかない人生ですから、たまには仕事をせずに休んでいる期間があったっていいじゃないですか。仕事を辞めたらどうなるのか不安に思っている人には、「どうにかなるよ!」という言葉をかけたいですね。仕事を辞めたってどうってことないのですから。

\仕事辞めたいならひとまず相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職エージェントを使って転職活動をしてみよう

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

満足できる転職がある一方で、後悔する転職があります。私自身は、転職エージェントに登録することで、満足できる転職をすることができました。あなたも、転職での後悔を避けたいはずです。

転職で失敗したくないのなら、ぜひ転職エージェントを活用してください。転職エージェントは、過去に何千・何万人もの転職者たちを成功へと導いてきた、「転職のプロ集団」でもあります。

あなたを転職成功までガッチリとサポートしてくれるので、スムーズに優良企業へ転職を実現できるでしょう。

おすすめな転職エージェントは、業界No.1のリクルートエージェントです!

「まだ仕事を辞めるかどうか決めかねている」という人でも、転職エージェントに相談することで、あなたに合った求人を教えてくれたり、キャリアカウンセリングなどを行って、適切なアドバイスをしてくれますよ。

少しでも仕事を辞めたいと思っているなら、いちど詳しく見てみましょう!

\仕事辞めたいならひとまず相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...
転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

まとめ:仕事を辞めてもなんとかなる!後悔する前に転職のプロにまず相談!

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事を辞めても何とかなるんですね…!

本記事では、仕事を辞めたらどうなるのか、仕事を辞めるメリット・デメリットを紹介してきました。

結論、仕事を辞めても思っているより何とかなります。生活ができなくなったり、仕事に一生つけなかったりということはまずありません。

仕事を今すぐ辞めてもいいと思いますが、不安な人は転職のプロに相談しましょう!一番のおすすめはリクルートエージェントです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
つらいなら仕事を辞めても問題ないよ!自分の人生は自分で決めていこう!

転職エージェントなら、希望のライフスタイルに合わせた求人を紹介してくれます。場合によっては好条件の求人に転職できるかもしれません。

まずは転職のプロに今の悩みを相談してみましょう。もし仕事を辞める時、辞めた後にどうすべきかも教えてくれます。

一度きりの人生です。あなたが後悔ない選択ができることを願っています!

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。